18/12/28 00:46

クリスマスからお正月へ

クリスマスも過ぎ、もうすぐお正月。
皆さんのクリスマスはいかがでしたか?

昔の写真ですが、
ぬいぐるみのワンコをそりに乗せて、2頭のトナカイにゃん(=^・^=) サンタのそりを引く。

最初はうまく行きそうでしたが、2頭のトナカイのチームワークは最悪。ストライキを起こしてしまい、それでソリは前に進まず(≧m≦)ぷぷ
いつもは仲良しなんですが、お散歩に行った帰り道にどちらかが理由もなくいきなりパンチして
「ウー!」唸り声を上げて喧嘩が始まります(^_^;)

 

 

小枝の雪が朝日に輝いています。
いつも暴力的なまでの大雪に悩まされているので、雪は大嫌い。
美しい景色を見てホワイトクリスマスという気分になったのは初めてです。
雪も適度に降ってくれると良いですね。今年のクリスマスは適度な積雪で、ちょうど良いホワイトクリスマスでした。

二階の窓から見た東側の森。
ずっと向こうまで家がないのが良いです。
ここには毎年キノコがたくさん出ます。

 

庭の一角に自然に生えたヤドリギです。
広葉樹の幹から生える寄生植物です。
これはpilさんによるとドイツではクリスマスの縁起物だそうです。色合いがいかにもクリスマス♪
冬でも緑だから生命力の象徴なんですね。

実は小鳥が喜んで食べるし、人間が食べても良いのです。
柿のような甘い味ですが、納豆のような強い粘りがあって気持ち悪いです。

 

ちょっと豪華に角切りの牛肉を買って来て、ビーフシチューを作りました。自家製のジャガイモ・人参・タマネギを大きく切ってストーブの上で2日間煮込んで、とろけるチーズも入ってます。
緑色の野菜は自家製のルッコラです。
ルッコラはイタリアの野菜なので、トマト味やデミグラスソースには良く合います。
アブラナ科だそうですが、クセが強い洋風の味です。クレソンにもちょっと似ています。

ビーフシチューはご飯にも合いますが、スパゲティにかけてみたらとても美味しかったです。

生クリームたっぷりのロールケーキやシュークリーム、焼きプリンも食べました。

トラちゃんは大好物の缶詰を食べました。

クリスマスは飽食だけでなく何か有意義な時間を、
と思いましたが、とくに何もせず。
ラジオから流れるクリスマスソングを聞きながら静かに過ごしました。

 

庭に動物がたくさん来たのがわかります。ずいぶん賑やかですね。
動物たちのクリスマスパーティかな。

庭の簡易ビニールハウス。
中にはサンチュが植わっています。トラちゃんの猫草も。
今年は雪が少ないので助かります。
これから大雪になる予報なので油断はできませんが。
地球温暖化なので雪も長くは続かないだろうし、大したことにはならないだろうと、タカをくくっています。

皆様、良いお年をどうぞ (^_^)/

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/12/21 00:37

仲良し姉妹

冬至が近いので、部屋の奥深くまで日差しが届きます。
トラちゃん”赤鼻のトナカイ”
鼻に光が当たって輝いて見えましたが、撮影に失敗。ブレてしまいました。

 

19日は仲良し姉妹だったサクラちゃんの命日でした。
あれから5年。
2人で仲良くストーブにあたっていたのに、今は1人寂しく。
左はNEccoSunさんに描いていただいた絵、
右は震災チャリティで福島県の若杉さんに作っていただいたレリーフです。

石油ストーブには関心を示しませんが、
ダルマストーブ(薪)は大好きです。
お手手をなめたり、入念にお手入れをします。

 

見事なシンクロ。さすがきょうだいです。
顔を合わせたくなくて、時には反目し合うことも(~_~;)

喧嘩をして睨み合っています。
トラちゃんのキックが入ってます(笑)

 

1個だけ異様に赤い星がありますね。
他にも赤い星はいろいろありますが、この星の赤さは全天一と言われています。
オリオン座の下にのほうにある、うさぎ座のR星です。12月15日撮影。
脈動変光星で、430日周期で明るさが100倍も変わります。
今は明るい時期で、小さい望遠鏡でも良く見えます。
(残念ながら肉眼では見えません)
サクラちゃんの星かな?
白くてウサギに似ていたしね。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/12/14 00:25

彗星接近中!

一気に気候が変わり、外は雪と氷の世界となりました。
この1週間はずいぶん長く感じました。
皆さんはいかがでしたか?
少し早く更新しようかと思いましたが、規則正しく1週間おきが良いと思うので、今後もそういう方針で行きたいと思います。

ウィルタネン彗星が地球に大接近しています。
夕方の空高く、肉眼でもかすかに見えています。
この写真は12月8日22時53分撮影です。
青緑色が神秘的ですね。これを「翡翠色」と表現する人がいます。彗星特有の色です。
肉眼で見える彗星が来るのは、3年に1回ぐらいでしょうか。
久しぶりの感動です!

ちょうど今ふたご座流星群の時季なので、空を見上げているとシュッシュ!と頻繁に流星が飛び交います。
明るい流星が飛ぶと、ドキッとしますね。

※流星が飛ぶとき「シュッ!」
という音が聞こえることがあります。私は実際に聞いたことがあります。
音の速度は光よりもずっと遅いので、同時に聞こえるはずはないのですが、同時に聞こえました。
天文雑誌にもこの事が書かれていましたが、音が聞こえるメカニズムは謎です。
音ではない何らかの衝撃波のようなものが、鼓膜を震わせるのかもしれません。

話が横道にそれました。
ウィルタネン彗星ですが、北方向へ毎日少しずつ移動し、くじら座からおうし座へ。
最接近は12月16日です。
その頃には「すばる」のすぐ近くに見える予報です。
クリスマスの頃にはぎょしゃ座にいます。

こちらは、上の写真の前日です。
とりあえず「証拠写真」程度。
ちゃんとした機材の準備が間に合わなかったので、望遠鏡の上にカメラを搭載してパチリ。
簡単に撮れたので、翌日は本格的な機材を準備して撮影しました。

使った機材です。
左が最初の日でお手軽な方式、右が本格的な機材です。

この彗星は肉眼で見えるとは言っても、カメラでは見つけることのできない暗さなので、
望遠鏡とカメラを正確に同じ方向に向けて調整しておいて、望遠鏡で彗星を見つけて、それからシャッターを切りました。(左側の機材)
なかなか難しいんですよね。

一番上の写真はモーターで星の動きを追尾できる装置を、ちゃんと調整しておいて追尾しながら撮影しました。(右側の機材)
複雑なシステムで、使いこなすのが大変です。

500mmF4.5という大口径の反射式超望遠を使ったので、大きく鮮明に撮ることができました。
ピント合わせも難しかった。オートフォーカスなんて絶対無理!
天体の撮影はなかなか大変ですが、うまく撮れたときの喜びは格別です。

こちらは「すばる」
西洋名プレアデス星団です。
同じ機材で撮影しました。
青白い星の集団で、これらは誕生して間もない若い星だとされています。
明るい星の周囲にガス星雲がかすかに見えています。
元々はガス星雲が凝縮して星が生まれたと言われています。
私は子供の頃は、すばるを北斗七星と勘違いしていました。
小さいですがひしゃく形をしていますからね。
本物の北斗七星は、あまりにもスケールが大きくてわかりませんでした。
すばるを天体望遠鏡で初めて見たときには、肉眼で見えない星が何十個も見えたので感激しました。

ところで、彗星の何が面白いかというと、
地球に生命が誕生したのは彗星の衝突がきっかけ、という説が有力だからです。
彗星は「汚れた雪だるま」のような物と言われ、氷の塊なので水なんですよね。生命の誕生に必要ないろんな成分も含んでいます。

彗星は太陽の熱でガス状になって膨張するので大きく見えますが、実はごく小さい天体で、何百何千と無数にあって太陽の周囲を回っています。
確率的に地球に衝突するケースも多いでしょう。
太陽系の外から飛んで来て、通過して行ってしまう(二度と帰って来ない)彗星も多くあります。

新彗星には第一発見者から3番目までの人の名前がつきます。
この彗星はアメリカのウィルタネンという人が1948年に発見し、以後5年ごとに帰って来ていましたが、
今回は地球との位置関係がとても良く、肉眼でも見える明るさになりました。

昔は多くのアマチュア天文家が彗星を発見しましたが、今はロボット天文台が活躍していて、ドンドンと機械的に発見するので、アマチュアの活躍の場は少なくなってしまいました。
ロボットが発見した彗星には、その天文台の名前が付いています。
先日は珍しく日本人の藤川さんと岩本さんが新彗星を発見しましたが、太陽にごく近い大変見づらい位置にあって、しかも暗いので私はまだ見ることができません。
どんどん条件が悪化しているので、たぶんもう無理でしょう。
日本人が発見した彗星を見ることができなくて、とても残念です。

さて、この彗星が来る直前の事、
いつも行くリサイクルショップで、とてもラッキーな事がありました!
上の望遠鏡はそのとき買った物なんです。
三脚は別で本体だけなんですが、なんと
カツ丼1食分のお値段でした^^¥

いくら安くてもヘンな物は買いませんが、これは昭和の昔の名品、お宝級でした!
店員は知識がなくて価値がわからず、単に古いからという理由で安値を付けたのでしょう。
もちろんネットで中古相場を調べるでしょうが、商品知識がないためにちゃんとした検索ができなかったのだと思います。

昔の資料を引っ張り出して調べてみました。
昭和50年頃の資料によれば、
本体23000円
ファインダー3800円
天頂プリズム4500円
接眼レンズ2個はそれぞれ
5000円と4000円
鏡筒バンド2500円
合計で42800円。
40年以上前の貨幣価値ですから、これは大変な金額です。
付属していた2個の接眼レンズのうち1個は今まで見たことがないレア物で性能も良く、棚からボタ餅、柳の下にドジョウが二匹でした。

中古品のお値段は通常「古半値の5割引き」
と言われ、つまり新品のときの4分の1ですから、1万円はするはずです。
ネットで調べた相場はもう少し安くて5000円程度でしたが、これは付属品なし本体のみなので、全部セットなら8000円ぐらいかな。
しかもキズひとつない綺麗な品物でした。
ピカピカに磨いてやりました。

ネットでこれの評価を調べてみたら、大変な高評価で、私が入手した物も期待以上に素晴らしい性能です!!
しかも発売当初の初期型なので、外観がレトロ(黒い部分は渋いチリメン塗装)で作りも丁寧です。
昔の職人さんは良い仕事をしていました。

クリスマス前に嬉しいプレゼントでした。
年に1回ぐらいですが、掘り出し物があるんですよ。
しかし今回のは数年ぶりの良い品物でした。

この望遠鏡、筒が短く視野が広く明るいので、彗星を見るのには最適です。
オリオン座の三ッ星が全部視野に入るし、すばるなんか素晴らしく綺麗に見えます。

オリオンの三ッ星は、こんな感じに見えます。
下の方に見えるのはオリオン座大星雲です。
ちなみに、ウルトラマンの故郷とされているM78星雲は三ッ星の左上にあって、この望遠鏡で良く見えます。

望遠鏡は他にも何台か持っていますが、今後はこれが第一線で活躍します。
単なるコレクションではなくて、実用品です。使ってやらないと可哀想。
一生大切に愛用したいと思います。

 

この後、お祝い(?)に道の駅でソースカツ丼を食べました。
美味しいソースカツ丼に具だくさんの味噌汁が付いて、望遠鏡とほぼ同じお値段でした(笑)

トラちゃんも子供の頃は天文学者志望でした。
にゃんこ大学の天文学科を受験する予定でしたが、
当日の朝、寝坊してしまい・・・
やっぱりねぇ(笑)

カテゴリ[ 天体]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

18/12/07 00:33

エリンギをメンマ風に

明日から雪の予報ですが、今はまだまだ暖かいです。
トラちゃん、いつものようにお外でタップリ遊んで、
これからはお昼寝の時間です。
顔がますます丸くなってきました o(^-^)o
快適な生活で、満足そうな顔をしています。

 

道の駅中条の新メニュー、エリンギメンマラーメン。
エリンギをメンマ風にトッピングしてあります。
良いアイデアですね。
お値段390円の安さが魅力^^¥
一度食べてみて、家で真似して作ってみました。

エリンギは、あらかじめラーメンスープでメンマ風に煮付けておきます。
粉末の醤油味ラーメンスープだけで良いのですが、ゴマ油少々、醤油と砂糖も少々入れると一層美味しくなります。
皆さんもやってみてください。

市販のメンマは中国産で、防腐剤など添加物が心配ですが、エリンギなら安心です。
キノコは健康に良いですしね。
味・食感ともメンマに似ています。
右側の黒っぽいのはワカメではなく、ほうれん草です。

 

妻の畑の収穫です。
白菜・大根・蕪・人参・ほうれん草。
蕪の漬物はとっても美味しいです。
ほうれん草もラーメンに入れたら美味しかった。
大根はこの前のは売り物になりそうな形でしたが、
今度のはこんな形(笑)

 

10月末の事ですが、
庭の畑を耕していたらクルミ!
が出て来ました。

森にクルミの木はありますが、20mぐらい離れています。
誰が運んで来て埋めたんでしょう?
ネズミ?ネズミがこういう事をすると読んだ記憶があります。
これを運んで来るんですから、少し大柄なネズミでしょう。
リス?リスはよく見ますが、餌を土に埋めるという話は聞きません。

栗が埋まっているのはよく見ますが、クルミは初めてです。(そういえば今年は栗が不作で全然なりませんでした)
食料を蓄えるつもりで土に埋めて、しかし忘れてしまってやがて発芽して木が生える。
そういう事なんです。面白いですね。
そうやって栗の木やクルミの木は増えていきます。

このクルミ、食べてみようと思って1ヶ月以上干して乾燥させました。
昨日金槌で割ってみたら、食べられそうだったので少し食べてみました。マアマアの味。
半分ぐらいは食べられる状態でしたが、半分は腐りかけていたので外に置いて鳥が食べに来るかどうか試してみます。

普通、売られているクルミはカシグルミですが、これはオニグルミ。
殻が固くて金槌でもなかなか割れません。強く叩いて粉々になってしまうこともあります。
食べにくいですが、味は良いです。

普通栽培されているのはカシグルミです。
カシグルミは簡単に割れるので食べやすいです。

道の駅にクルミがあったので買って来ました。
袋に大量に入って250円でした^^¥
見た感じではオニグルミのようです。食べてみました。旨い!やっぱりオニグルミです。山の幸、珍味ですね。
割ってから箸でほじくって食べるのが良いとわかりました。

 

自作の”ケチケチ鉛筆サック”(笑)ですが、
市販品に比べると、うんと短くなるまで使えるのが利点。
こんなに短くなって、さすがにもう捨てる決心をしました。
貧乏性なので物を捨てる気にならないんですよね。

今度の鉛筆はいつまで使えるでしょうか。
鉛筆が好きなので、簡単な日記をつけています。
しかも古風な縦書きで。
ボールペンやサインペンは嫌いなんです。

今回は雑多な内容でしたが、おつきあいいただき、ありがとうございました。

カテゴリ[ 料理]   コメント[8 ]   トラックバック[0]