18/05/16 05:23

イワカガミ

この土地でイワカガミを見つけたときは驚きました。
まさか高山植物がこんな所に!
もちろん生まれて初めて見たのでした。
標高2000mぐらいの所にあると思っていたのでしたが、地元の資料によるとこの土地は異例で、標高1000m程度でも高山植物が自生しているのだそうです。
他にもいろいろあるらしい。

最初見つけたのは家の隣の空き地でしたが、そこから50mほど離れた場所に大群落を見つけましたw(*゚o゚*)w
斜面一面にすごい数のイワカガミが咲いています。

イワカガミという名前の由来は、岩場に生えていて葉っぱが鏡のように光っているからだそうです。
(ここは岩場ではありませんが)

 

こちらは日本のランの仲間でノビネチドリ。
3年前、裏庭に突然生えて来ました。
拡大してみると、千鳥に見えるでしょうか?

見たこともない珍しい植物だったので、調べてみて驚きました。北国に多いらしいです。
たったの1本だけなのが不思議でした。
近所で見たことはありません。

ところが、街へ出る途中の道端で発見!
この地域には元々自生していたのです。

 

ランといえば前回のトキ草ですが、あれはたぶん日本古来の種です。
こちらは数年前に初めて見たトキ草です。
とても鮮やかで目を引くので、つい買いそうになりましたが、熱帯植物なので屋外では越冬できないと聞き断念しました。
ネットで調べてみたら台湾などが原産地の、大輪トキ草だそうです。
たしかにこれは目にも鮮やかで素晴らしいですが、私は地味で小さな日本のトキ草のほうが好きです。

 

家の周囲は今ズミの花が満開です。
森の中に真っ白な花がたくさん咲いていて、桜の季節よりも賑やかです。

これはリンゴの花と同じく蕾が赤いのが魅力です。
秋になる実は、種ばかりですが一応食べられます。リンゴのような風味ですが、すごく酸っぱいです。

 

フデリンドウです。
車が通る砂利道に多いのが不思議です。
鉢植えにしたり庭に植えてもダメでした。

庭のチューリップが咲きました。
痩せた土地なのでヒョロヒョロです。肥料をやったほうが良いかな。
前はたくさん咲いたのに今年は1個だけでした。
白樺に赤い花がよく似合いますね。

ヤマブキは植えたらドンドン増えました。

 

ワラビを収穫しました。庭だけでこんなにたくさん^^¥
ワラビは雪深い土地で良く育つそうです。
山菜採りの人は一時しか来ませんが、ワラビの旬は意外と長く、7月頃まで収穫が続きます。

オヤマボクチを天ぷらで食べてみました。
クセがなくて美味しかったです。まるでお煎餅を食べているよう。
早い話がゴボウの葉っぱの天ぷらです。

右はオヤマボクチの種です。
アザミのような花が咲いて、タンポポのような綿毛があります。
これを庭にバラ撒いたので、来年に向けてドンドン増えるのを期待しています。
宿根草なので、一度生えると同じ場所に何年でも出続けます。

 

さて、トラちゃんですが(=^・^=)
木陰でお休みです。
最近はこの場所がお気に入りです。
地べたに直接寝そべると気持ちが良いのですね。
トラちゃんが大好きな美味しい草も生えています。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]