18/08/19 09:37

孔雀蝶

カタカナでクジャクチョウと書くよりも、
この蝶には「孔雀蝶」のほうが似合っていると思います。
子供の頃、図鑑とか標本とかで見たことはありましたが、実物を見たことはありませんでした。
皆さんの地方ではどうでしょうか?
長野市では西部の山間地に行かないと見られません。標高600m以上の所で見られますが、数は少ないです。

この孔雀蝶は家の庭に来て、数日間滞在して毎日楽しませてくれました。夜はどこに隠れていたのでしょう?

孔雀蝶はタテハチョウの一種です。別名クジャクタテハ。
タテハチョウには種類が多いです。
どれも成虫のまま越冬するそうです。雪や雨の当たらない所に隠れて、じっと耐えているのです。
そして春が来ると産卵します。
幼虫は見たことありませんが、美しい成虫とは似ても似つかない黒っぽい毛虫のようなグロテスクな虫らしいです。

これはシータテハ。
数は結構多いです。羽の裏側にCという文字(赤い矢印)があるのでシータテハなのです。
ちなみに、エルタテハというのもいますよ。Lの文字が付いています。

クワガタムシを見つけました。
ここは自然豊かな土地ですが、なぜかクワガタとかカブトムシはほとんどいません。
カブトムシは一度も見たことがないし、クワガタはこの10年で3回ぐらいです。
このクワガタムシはフタを開けた洗濯機の中に落ちていたのを助けました。
ところが、その2日前にメスのクワガタが蟻の餌食になっていました。可哀想に、ペアだったのでしょう。

翌日には別種の小さくて可愛いクワガタムシが来ました。

 

ツリガネニンジンの花です。
スズランのような可愛い花ですが桔梗の仲間です。

道端にたくさん咲いています。
春先の新芽は「トトキ」という名の山菜で、ホウレンソウのような味で美味しい。
痩せた土地でも育つので、食糧危機に備えるためには良いかも。ちなみに根は人参とは全然違います。食用になるのは葉っぱです。

 

昨日の朝、寒くて目が覚めました。
重ね着をして、押入れから毛布を出して来て寝ました。
外の温度計は5℃をさしていました(@_@;)
石油ストーブをつけようかと思いましたが、省エネのため我慢しました。
明日からは薪ストーブの準備をしなければ。

ここに来て10年。
真夏でも一桁気温になることはありましたが、こんなに下がったのは初めてです。
カエルやトカゲ・ヘビなどは10℃を下回ると動くことができなくなり、冬眠するそうです。

トラちゃんの大好きな”黄金の毛布”
が出て来ました^^¥

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0]