18/09/18 00:30

タマゴタケ!

庭の桜が紅葉し始めていると思ったら、もう9月も後半ですね。

トラちゃんは秋の柔らかな光の中で、心地良さそうにお昼寝です(^◇^)
 


このところ秋の長雨が続いています。
それでキノコは大喜び(^O^)/

軒下に置いた雪かきスコップの下にも隠れていました(^^♪
もう巨大になってしまっていて食べられません。左側の小さいのは食べごろです。

同じ仲間の、これは上物!ハナイグチです。

 

ちょっと出かけた先で、道端を探してみたら
タマゴタケ w(*゚o゚*)w 
今頃出るとはねぇ。
普通なら梅雨明け頃に出る夏のキノコなんですよ。
今年はもうダメかと諦めていたのに。ここでは松茸は出ないので、タマゴタケが最高ランクです。
私は子供の頃からキノコに興味がありましたが、タマゴタケはこの土地に来るまで見たことありませんでした。そこには毒のベニテングタケはありましたが。
タマゴタケは憧れのキノコでした。
この土地の特産物と言っても良いと思います。

こんな見事なのもありました(右)
これは食べごろ、最高です。

こっちにも可愛いのがたくさん (*^o^*)/
これからドンドン出ますね。

こんなに採れました。(右)
最高の収穫です。大きいのや虫食いは相手にせず、綺麗で上等な物だけ採っています。

写真追加しました(20日)
上の可愛いタマゴタケの行列ですが、この翌日に行ったらもう何者かに取られていました (≧ω≦*)
真っ赤なキノコは皆さん敬遠するものですが、これが上物だと知ってる人がいるんですね。まあ、道端の目立つ場所でしたし。

 

タマゴタケのすぐ隣には、こんな物が!(左)
色が違うだけで形は似ていますが、これは猛毒のドクツルタケ?です。ドクツルタケは真っ白なはずですが、たぶんこれも猛毒でしょう。

そのすぐ近くには猛毒キノコの群れ。
これはテングタケです。
写真では小さく見えますが、かなり大きなキノコです。ドクツルタケも同じように大きいです。
ベニテングタケよりも、この茶色いテングタケのほうが毒性が強い。

色は違うが形は同じで、同じ環境に生えるということはタマゴタケと近縁種なのかも。ちょっとした遺伝子の違いで猛毒だったり食用だったり。
タマゴタケも突然変異で有毒にならないだろうか?
心配になってしまいます。
タマゴタケの場合は裏のヒダが黄色ですが、もしこれが白だったら猛毒です! 私は見たことありませんが、真っ赤ではなく黄色いタマゴタケで裏が白いのは猛毒で、北海道で死亡事故が起きたそうです。(タマゴタケモドキ・黄タマゴタケ)
これは日本には無いと思われていたタマゴテングタケ?ヨーロッパには多いらしいです。
まあ、とにかく真っ赤なキノコなら大丈夫です(笑)

毒のベニテングタケも裏は白いです。傘の表面に白いポツポツがあるし傘に条線がないのでタマゴタケとは明確に区別できるし、毒性もあまり強くはないらしい。
むしろ茶色いテングタケのほうが危険です。

ちなみに、虫食いだから無毒と思うのは大間違いで、虫にはキノコの毒は関係ないらしいです。猛毒キノコでも虫食いになります。

タマゴタケのすぐ近くに生えていたホウキタケ。
これは何十年ぶりかで見ました。子供の頃にはよく見かけたのでしたが、今もあの土地へ行けばあるかも。
ホウキタケは一部毒のもあるそうなので調べてみたら、これはハナホウキタケで毒でした。
白菜のような形をした白っぽいのは食用で、味も歯切れも良い一級品だそうです。
ハナホウキタケの毒性は強くないらしく、人によって下痢をする程度だそうです。
茹でこぼして塩漬けし、保存して食べている地方もあるそうですが、そこまでして食べるか?
たぶん美味しいのでしょうね。

こちらは巨大なヤマドリタケ。
もう虫食いになっていて食べられませんでしたが、ヨーロッパでは一番人気の美味しいキノコだそうです。
私も去年食べてみましたが、美味しかった。オリーブ油で炒めて食べます。
左側の小さいのは猛毒のテングタケです。もしかすると食用のガンタケかもしれませんが、この種のキノコには手を出さないのが鉄則。

これは見るからに旨そうですが、やはりテングタケの仲間なので猛毒でしょう。根本にツボがあるのでテングタケの仲間とわかります。
この仲間で食用になるのは真っ赤なタマゴタケだけです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[11 ]   トラックバック[0]