19/06/14 03:15

ブラックホール

シジュウカラの雛は元気に育っている様子ですが、巣立ちはまだです。


少し前の話ですが、ブラックホールを直接観測に成功!と話題になりましたね。
昔々の天文雑誌に掲載されていたこのイラスト、結構な傑作です。

ブラックホールはその強い引力で、光さえも吸い込んでしまう。
それで真っ黒なので見えないわけですが、
周囲の星の状態を観測することによって、存在が推定される場所がたくさんあります。
何百光年という大きなスケールの現象なので、
昔SFにあった「地球や太陽の近くに小さなブラックホールが突然現る!?」
などという心配はないので、ご安心ください。

ブラックホールが観測されたという、
その話題の天体M87を撮影してみました。
場所はおとめ座の上の方です。
明るいのですぐ見つかりました。
中央の丸いぼやけた星がM87です。
右側のほうにも子分のようなのが2個見えています。
何も面白くありませんね。
小さい望遠鏡でも見えますが、渦を巻いているわけでもなく、ただ丸くぼんやり見えるだけです。

ここに掲載した写真はすべて自分で撮影したものです。
難しい撮影機材も使こなせるようになってきて、面白い写真が次々と撮れるようになり、楽しいです。
昔フィルムの時代にも撮ったことがありましたが、こんなに撮れるなんて当時からすると夢のようです。
ちなみに、デジカメは10年以上も前の物ですし、天体望遠鏡も古い物なので、お金はかかっていません。

今後ますます楽しみが増えました。
5月は星が見える夜が多くて収穫が多かったです。

「ウルトラマンの故郷」とされているのはM78星雲ですが、
台本の誤植でM87だったはずがM78になってしまい、「マアいいか」ということでそのままGOになったのだそうです。
M78星雲はオリオン座に実在し暗いぼんやりしたガス星雲で、これもあまり面白くない天体です。
M78には宇宙人は住めそうにないですが、M87ならばたぶんいるのではないか、と思います。

M87ですが、この天体は強い電波を放っており、我々の銀河系に比べるとずっと大きい巨大な天体です。
それで中心部では猛烈な活動(爆発・収縮)があるらしく、すべてが潰されてしまって巨大ブラックホールができたとのこと。
無限に潰れて行って、すべての物を吸い込んでそれが永遠に続くのだろうか?
吸い込まれた物質(星々)の出口はないのだろうか?
わかりませんねぇ。
粉々に潰されてしまって、高熱で融けて、また新しい星が生まれるのだという話もあります。

丸いM87の本体から尻尾のようなジェットが出た写真を見たことがありますが、ブラックホールから吐き出された物質かもしれません。
いや、逆に吸い込まれて行く物質かもしれません。
残念ながら私の写真には写っていません。

M87は巨大なのでブラックホールが最初に観測できたわけですが、
他にも似たような天体はたくさんあります。
どれもこれも、中心部にはブラックホールがあるのではないかと推測されています。

春の空には面白い天体(銀河)がたくさんあります。
これらは何千万光年の彼方にあり、
それでも大きく見えるのですから、実際の大きさは巨大です。
直径が10万光年以上もあります。
この中には太陽や地球のような天体が無数にあり、宇宙人は必ずいるはずです。

黒目銀河と呼ばれるM64です。
初めて撮影に成功しました。
黒い部分がクセモノですね。
暗黒星雲と呼ばれるガス星雲で、背後からの光をさえぎっています。
何万光年という規模です。
この中にもブラックホールがあるのでしょうか。

左上のM82銀河ですが、中央部がくびれたようになっています。
大爆発が起きているらしく、たぶんブラックホールがあるでしょう。
赤外線で撮ったという大爆発の写真を、どこかの本で見た記憶があります。
右下はM81です。場所は北斗七星のひしゃくの左下あたりで、この2つは明るいので澄んだ空なら小さな双眼鏡でも見えます。

形が美しいやまねこ座のNGC2683(左)
おとめ座のソンブレロ銀河(右)

しし座の棒渦巻状銀河NGC2903

しし座の銀河団
こういうのが、それこそ無数にあります!

 

ピンクのレンゲツツジです。
右上にUPしたのはタニウツギです。
私の故郷では見られませんでした。日本海側の山地にしかないそうです。
大阪から来た人が喜んで庭に植えていました。

庭の小さな池にモリアオガエルが産卵しました。
木の枝に産み付けて、オタマジャクシになると池に落ちるようになっています。
嬉しいことに毎年来てくれます。
でもヒキガエルは今年は来ませんでした。
親ガエルが死に絶えてしまったのかもしれません。

梅雨の合間にトラちゃん、お外でくつろいでいます。
この手は何?お医者さんの聴診器みたいだ。
病気があるかないか、診察してくれるのかな?

カテゴリ[ 天体]   コメント[5 ]   トラックバック[0] 

19/06/07 01:25

滝藤

この藤は毎年ご紹介しているかもしれません。
福島県の滝桜は有名ですが、これは私が名付けた滝藤です。
最高に見事だった年は、この2倍ぐらい咲いていて、まさに滝のようでした。

今年はちょっとイマイチかな。
まだ咲き始めなので、これから最高潮に達するのかも。
でも咲き始めは紫が濃くて良い色だと思います。

 

ツツジの季節になりました。
高原にしかないレンゲツツジです。
関西の人は見たことないそうです。
オレンジ色のが多いですが、少し違う色のもあります。
今年は家の庭にも咲きました。

これも高原にしかないベニバナイチヤクソウ。
道端に普通に咲いています。
庭のブルーベリー、可愛い花ですね。
今年は豊作かな?

 

美味しい水を汲みに行ったらツツジが見事でした。

ここは民家の庭なので、このツツジは植えたものらしいです。

そのすぐ近くにはフウロソウ
他にも今は花がいっぱいの季節で、ご紹介しきれません。

 

もう早、セミの季節になりました。
小さくて可愛い春ゼミです。
鳴き声はミンミンではなく「ガヤガヤガヤ」
森に何百、何千といるのでしょう。
とても賑やかで、熊よけの鈴の音も聞こえないほどです。

玄関横にクワガタ虫が来ていました。
ここは自然が豊かなので何でもいそうですが、クワガタは珍しいです。
カブトムシなんか一度も見たことがありません。

 

巣箱のシジュウカラに雛が生まれました (*^o^*)/
親鳥は忙しく餌を運んでいます。5分に1回ずつです!
巣立ちも近いと思います。
餌となる虫の大きさと、糞の大きさで雛の成長がわかります。
餌を運び入れ、出る時は糞をくわえて遠くへ捨てに行きます。
これは重要なこと。
糞が近くに落ちていると、天敵に巣の場所を知られてしまうからです。

そして、やっぱりヘビが出ました(~_~;)
巣箱のすぐ近くの木に登っているのを発見し駆除しました!
南無阿弥陀仏(-_-;)
ヘビを捕まえるのは子供の頃から手慣れたものです。

偶然ですが見つけて本当に良かったです。
アスパラの苗の様子を見に行ったら上にいたんですよ *ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ
かなり大きい2m近いアオダイショウで、何かエモノを食べた後で腹が膨れていました。
まさか犠牲者は鳥さんでは?
ヘビはまだいるかもしれません。油断なりません。
いつも見張っていないと!

裏庭の巣箱は空き家になってしまったらしいです。
理由はわかりません。
2個目の巣箱を設置して良かったです。
早く無事に巣立つのを祈るばかり。

トラちゃんは巣箱の見えない場所で休んでいます。
手前の棒は綿毛が飛んだタンポポの茎です。
この場所は美味しい草があるし、日陰で快適なんです。
最近は年のせいか?どうしたことか、家の敷地から外に出ません。
自分の土地がちゃんとわかっているのなら大したもんですが。
「お散歩行くよ」
と言っても家の周囲を一周するだけでおしまいです。
家にいるのが一番安全ですよね。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]