19/01/18 00:24

どんど焼き

皆さんの地方では何と言いますか?
西日本では「とんど」と言うらしいです。
同じ長野県内でも松本では「三九郎」だそうです。
名前は違っても、全国で同じような行事があるようですね。
子供の頃の私は、ドンドン燃やすので「どんどん焼き」だと思っていました(笑)
大人でも本気でそう思っている人がいるかもしれません。

私の故郷ではほとんど廃止されてしまいました。
市街地化して火災が危険で場所がないのです。
町内会の組織も弱体化して団結力がなく、参加者も少なく・・・
昔は校庭などを借りて行っていましたが、今はもう許可されないらしいです。

昨年妻が引っ越した地区では毎年盛大に行われます。
これはとても嬉しい体験でした。
去年はカメラを忘れて写真が撮れなくて残念でした。

 

元日に行ったときにはお隣さんの畑に菜の花がいっぱい咲いていて感激しましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
今回は残念ながら、もうほとんど花はしおれてしまっていました。
その後の厳しい冷え込みがこたえたようです。

拡大写真です。
土が泥んこで近寄れませんでした。
何しろ新年会出席前で、よそ行きの綺麗な靴を履いていましたので (^_^;)

妻の家は床暖房で24時間暖かいので、春を先取りです。
シクラメンが鮮やかに咲いています。
他にヒヤシンスも咲いているし、キンカンや柚子の鉢植えがあります。
働いていた頃は鉢植えを枯らす名人でしたが、退職して心に余裕ができて本当に良かったです。

 

どんど焼きの前には、昼から公民館で町内会の新年会でした。
30人ぐらい出席して賑やかに和気あいあいと、話に花が咲き楽しい時間を過ごしました。
この地区担当の市議会議員さんも出席されました。
すごいカーマニアで、とても面白いおじさんでした。(10歳ぐらい年上で、昔の日産の改造車の話が面白かった)

今年また新しい移住者がありました。他は過疎に悩んでいるのに、私たちの地区は人口がどんどん増えます。
若い夫婦が多いので、子供たちがたくさんいます。

お寿司や焼き鳥・エビフライなどなど、すごいご馳走で、お酒もふんだんにありました。
しかし会費は無料!
自治会費から捻出されます。

地元で今年スタートするジビエ肉の加工所から試食品として、イノシシの焼肉が出ました。
写真がなくて残念!
イノシシ肉は初めてでしたが、とても美味しく噛めば噛むほど味が出て、脂身も全然しつこくない。
薄い塩味なのに臭みはなく、とても良い味でした。
まさに絶品でした。肉の最高峰と言って良いかも。
豚とは親戚関係なので味は似ていますが、鶏肉と鴨肉の違いとでも表現したら良いでしょうか、そんな感じで高級感があります。
豚肉に比べたら2倍以上美味しいです。

しかし、よく考えてみたら今年はイノシシ年ですから、こんな物を食べたらバチが当たるかも?

気になるお値段ですが、最高級の肉でキロ4000円。
ミンチにするクズ肉で1500円だそうです。
100グラム150円から400円ということですから、けっして高くないですね。
たぶん道の駅中条で買えると思うので、いつから販売スタートなのか?期待が膨らみます。

子供たちの書き初めの作品、天まで昇る!
高く舞い上がるほど優れた作品だという言い伝えがあります。

こんなに高く舞い上がりました
天高く舞い上がり、もう点のように小さくて見えないほどです。

子供たちは火遊びに興じています。
この日だけは公認で火遊びができます。

こうして火の怖さも楽しさも恩恵も知って、
どんどん賢い子に成長して行くのですね。

公民館の庭にはブランコがあって、楽しいですね。
まだ小さいのにこんなにこげて、すごい運動能力だ!
田舎育ちの子は強いですね。
他にもいろんな遊具があります。
子育てをするには最高の環境だと思いました。

お餅を焼いて食べました。
表面は焦げて炭のようになっていましたが、これがまた旨い!
これを食べると1年間風邪をひかないと言われています。
田舎暮らしの良さをしみじみ感じた1日でした。
今後は地域の人たちと良い人間関係を構築して行くのが大切な目標です。
まだまだ書きたいことがあるので、後半は次回という事で。

予告篇として、この可愛い猫ちゃん。
2歳ですが、女の子なので子猫のように小さいミミちゃんです。

※訂正です!
ミミちゃんではなく、ナナちゃんでした(^_^;)
さきほど飼い主さんとお話して判明。
新年会の後で酔っ払っていたので、名前を覚えられなかった(笑)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[12 ]   トラックバック[0]