19/11/29 00:21

赤い鳥が来た!

庭にイスカが来ました。
赤い鳥! 鮮やかです。メスは地味ですが黄緑色が綺麗です。
2羽はとても仲良しで、口移しに食べ物をやりとりしていました。
その写真を撮りそこねて残念!

シベリアから渡ってくる冬鳥ですが、地元飯綱山での繁殖も確認されています。スズメよりやや大柄です。

クチバシが食い違っているのが特徴で、これによって松の実を食べやすい。

みんなで仲良く水を飲んでいます。可愛いですね♪
うちには水場があるので来てくれました。野鳥を呼ぶには餌より水だと思います。
小鳥は水浴びが好きなので、浅いトレーも用意しています。
シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、メジロ、マヒワ、アトリ、ミヤマホオジロなどなど、たくさん来ます。
今度頑張って写真撮りますね。

他にも冬鳥には赤い鳥がいます。
ベニマシコ、オオマシコ、ベニヒワなど。
しかし滅多に見られません。憧れの鳥です。

ロダン作「考える人」
ヒジョーに考え深い顔です(笑)
そしてその後ろ姿です。
松の倒木の上は見晴らしが良くて楽しい。お外遊びが嬉しい暖かい初冬の午後でした。

 

プロユースの高級カメラ三脚がリサイクルショップで50円!?
「これがお値段なんですか?」
とレジで聞きました。(誰かのイタヅラではないかと思ったんです)
そしたら「ジャンク品ですからね」
という答え。
「これは安い!お買い得です」
と言ったらニコニコして喜んでいました(笑)

このお店は店員が女性ばかりで、商品も女性向け衣料品やバッグが主体。
男性が喜ぶような機械物の価値がわからないらしい。
でもネットでヤフオク相場なんかを見れば、価値はすぐにわかるんですけどねぇ。
商売が下手です。もっとしっかり儲けなきゃ(*≧u≦)ププッ
買ったお客としては笑いが止まりません。

これは一流メーカー品で、新品だと5万円以上!
しかも今は新品が入手できない絶版の名品です!!
ネットオークションではジャンクでも3000円ぐらいの値が付くと思います。
昔の品物のほうが丁寧な作りで品質が良い場合が多いんですよね。
ジャンク品とは言っても悪い所はまったくなく、動きがスムーズでガタはまったくありません。さすが一流品!
古い品ですが素晴らしい耐久性でこれは一生モノです。
今後ますます良い写真が撮れそうで楽しみです。

ちなみに、カメラに付いている望遠レンズですが数年前にやはり中古で500円でした。
イスカの写真はこれで撮りました。
これはマア相場どおりのお値段といったところ。
トミーという玩具メーカーの製品ですが、とても高性能なので80年代には業界に旋風を引き起こした品です。
後継者によりその後ますます改良を重ねて、今も続いています。
安くて高性能。
カメラメーカーのレンズの1/5のお値段ですからね。新品でも1万円以下だったような。
これを企画し製品化したMさんにはお会いしたことがあります。元々は天文マニアだったそうです。
私の前の会社の同僚だったNさんが転職して彼の後継者になりました。
そしてブロ友さんのGaviちゃんの旦那様が奇遇にも元ここの社員でNさんと知り合いでした!
そういう関係で、これをリサイクルショップで見つけたのは幸運でした。
今後は一生大切に愛用したいです。本当に綺麗に撮れます^^¥

Mさんはその後独立起業され、もうご高齢ですがご自宅でマニアックなカメラレンズの特注製作をされています。
今はあまり儲からないこの業界ですが、技術的には世界の最先端を行っていてすごく面白いです!

初夏に戸隠へ行ったら、野鳥趣味の人たちで賑わっていて別世界でした。
何が別世界かと言うと、
皆さんすごいリッチなんですよ (@_@;)
カメラと三脚で100万円もするセットを肩にかついで闊歩しています。
双眼鏡とかフィールドスコープなんかも20万円クラス。
もちろん車はドイツ製高級車。都会の県外ナンバーです。
それも大勢なんですよ(汗)
どういう人種なんだろう?理解に苦しみますが、
高級官僚OBとか大会社の重役でしょうか?年齢的にはだいたい65歳以上です。
知的レベルも高そうです。
「それでどんないい写真が撮れたの?」とツッコミを入れたくなってしまいます。
皆さん鳥を見つけることができず苦戦していました。全然違う所を見てるので隣で教えてあげたんですけど・・・
高級な機材に凝るのは楽しいでしょうけど、使いこなすのは大変です。
その間隙をぬって私はバッチリ良い写真を撮ってサッサと帰りました。
軽量小型の安物機材のほうが機動性に優れています。
シャッターチャンスを逃しません。

こんな季節なのにまだマツムシソウが咲いていました。
夏の花なんですけどね。
道の真ん中にあったので、救出して庭に植え替えました。
来年また咲いてくれるかな?楽しみです。
種もたくさんできていますが、同じ株から何年も続けて咲くそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0] 

19/11/22 04:27

遅い初雪

ずいぶん前に氷点下4度を記録しましたが、その後暖かい日々が続きました。
20日に初雪がありました。
朝起きたら白い物が舞っていて地面はうっすら白く。霜柱も。
でも比較的暖かく0度でした。

雪が降る日は暖かく、晴れた日は寒い。
昨日はよく晴れて星が綺麗で冷え込み、厚い氷が張って終日解けなかったので早朝にはたぶん氷点下5度ぐらいだったのでしょう。(寒くて嫌なので外の温度計は見ませんでした)
野辺山高原では氷点下7.9度だったそうです。
今うちではストーブは24時間稼働しています。灯油代がすごくかかる!!
今年はとくに灯油が高いです。
でも薪ストーブは面倒なので週一ぐらいです。
薪が足りないので、二宮金次郎みたいに薪拾いに行かなければ。

ここは高原なので平地に比べて気温は約10度も低く、冬の到来は約1ヵ月早いです。
ですが、私が子供の頃は平地でも初雪は今頃でした。
ずいぶん暖かくなったものです。

今年はタマネギを植えてみました。
妻の所で苗が余ったんです。
ここは北海道と同じでタマネギは春蒔きで初夏に定植、収穫は秋なんですが、うまくすると冬越しして来春に収穫できるかも?と期待しています。
初めての挑戦です。深い雪に埋まっていれば凍ることはないだろうと。

飛騨赤カブも作っています。
土地が痩せていてなかなかうまくできませんが、少しは食べられるかな?
寒くなると美味しくなりますが、凍るとスポンジ状になってしまうので早く収穫しないと。
ちなみに氷点下5度なら大丈夫。10度になるとダメ!

妻の畑では素晴らしい収穫!
白菜すごく大きいです。これで毎日鍋三昧^^¥
漬物も作ろうかな。
大根は葉っぱも美味しいので、油揚げとともに味噌汁の具に。
ゴボウはけんちん汁に。
生姜もできました。
味噌漬けにしたら、熱いご飯に最高(^O^)/風邪の予防に良さそうです。
生姜の味がする味噌は野菜炒めや味噌ラーメン用に良いです。
豊かな食生活で体力をつけて厳しい冬を乗り切ります。

妻の所では桑の切り株からエノキタケが出ていました。
これ、本当にエノキタケ?

去年も同じ場所にあったので少しだけ毒味してみたら大丈夫でした。
まだちょっと不安だったので、今年も1本だけ食べてみました。
エノキタケ特有の匂いがするし、結構なお味でまさしく本物のエノキタケでした。(裏のヒダが茶色いのは猛毒のコレラタケです)
これは冬のキノコなんです。雪の下から生えてきたりします。
市街地でも庭先などによく生えるそうです。
栽培物に比べると?気のせいか少し美味しいような。
天然物はもっと大きくなるはずなので今後に期待です。

暖かいのでナデシコも咲いていました。
これは秋の七草ですが7月頃から咲き始め、
一休みした後、晩秋にまた咲き始めました。
価値ある花ですね。

去年買った柚子の鉢植えに見事な実がたくさん!
まだこんなに小さい木なのに驚いてしまいます。
長野では屋外では冬越しできないので室内で越冬させます。
柚子は利用価値が多いです。
レモンティのように紅茶に搾って飲んだ後、皮は細かく刻んで「ゆべし」風にしてみました。
砂糖と味噌で甘く煮付けます。
本来は餅用なんですが、パンに塗りつけてオーブントースターで焼いたら美味しい「柚子みそパン」ができました。

キンカンも順調に育っています。
長野では寒さのため柑橘類は育たないので室内で大切に育てます。

 

暖かい昼下がり、外でお昼寝するトラちゃんです。
両手を揃えてお行儀良くポーズ (*^_^*)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

19/11/15 03:22

美味しい物特集

台風の災害があって楽しい話が後回しになってしまいました。
突然キツネも来たし(笑)
10日前の写真です。

今年の紅葉はいつの間にか終わってしまった感じ。
赤くならず枯れ葉になってしまった木が多く。

青空に映えるカツラの黄色、電線が邪魔ですが。

カラマツの黄色は今も盛りです。

 

信州新町の道の駅の蕎麦は安くて美味い!!
スープの味も最高です。

山国なのになぜかエビ天が(笑)
蕎麦湯はセルフサービスで飲み放題。
唐辛子も大量にあって使い放題です(汗)
本物の手打ち蕎麦です。実演しています。

メニューも豊富です。
味は高級店と同じなのに、どうしてこんなに安いのか?

小川村の地場産品の店では新蕎麦祭りをやっていて、くじ引きがありましたがハズレ。ポケットティッシュをもらいました。
おやつの蕎麦せんべい。いろんな薬味が入った甘い味噌の味が絶妙!
そば粉をこねてホットケーキのようにフライパンで焼くだけですから、家庭でも簡単に作れます。

台風の前日は旧中条村の田舎カフェへ行ってゆっくりくつろぎました。
何度行っても良い大好きな場所です。
野菜たっぷりのラーメン。カボチャが入ってるのがユニークですね。
春には菜の花、初夏にはタケノコ。
季節によって具材が変わるので飽きません。
ダシ(鰹節?)のきいた醤油味のスープはバツグンに旨い!麺(中細ちぢれ麺)も美味しい。
肉が入っていないのに、こんな美味しい味になるなんて感心します。

おやきは刻みナスでした。おやきの具はこれが一番と思います。
これはたぶん長ナス。味噌で油炒めにされています。
おやきといえば丸ナスの輪切りが定番で見た目も良く、地元の人はなんと言っても丸ナスびいきですが、長ナスも美味しいです。
野沢菜や切り干し大根、キャベツと人参の野菜ミックスも美味しいですよ。

お店の前には畑があって、ここの野菜が調理場に直行です。
その向こうには竹やぶが見えます。初夏のタケノコラーメンはここから来たのですね。
天気が良ければ北アルプスが綺麗に見えます。外にも席があります。
若い頃はこういう美味しさがわかりませんでしたが、信州の田舎には美味しい物がいっぱいあって本当に良いです。
農家のおばちゃんは料理が上手なんですよね。

こんな物も売られていましたよ(=^・^=)

 

こちらは自家製。シモフリシメジのピザトーストです。セロリをトッピング。
焼きマヨネーズも美味しいです。
パンはシキシマパン(Pasco)の超熟です。高価なパンが売れ残って値引きされたところを買います。トーストにするので古くても美味しいんです。
安いパンはまずいので、新しくても買いません。
シキシマパン、フジパン、名古屋の会社のパンが好きです。

トラちゃんは何か刺激的な木の根を見つけました。
マタタビのような?メロメロです .+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

カテゴリ[ 料理]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

19/11/08 04:29

キツネとお友達

「ワオーワオー!」トラちゃんが大声で鳴くので何事か!?
なんとキツネに向かって鳴いていました。

キツネもこっちを見ていますが、トラちゃんには興味なさそうです。
でもトラちゃんはキツネとお友達になりたい!
無理だと思うけどねぇ。相手は野生動物だし2倍以上大きいので危険です。
犬は嫌いなのにキツネは大好きだなんて不思議です。

カメラを持ってそっと近づいたら、なんとこっちへ来ます!!

オオーw(*゚o゚*)w さすがにお尻尾が立派です。

キャットフードをあげたら喜んで食べました Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

ご機嫌になって伏せてニコニコ。これは親愛のポーズですね。

帰って行きます。お耳が黒いのがチャームポイントですね。
お尻尾の先が白いのもおシャレ (^_^)
この後は森の中の枯れ草の上でまったり。

2日後にまた会いました。
近寄ったら逃げて行きました。その後は民家の庭へ入って行きました。

野生動物がこんなに人懐っこいのは絶対おかしいです。
飼われているのかもしれません。
大人になってからでは懐かないので、子ギツネの頃から馴らしたんでしょう。
若そうなので、まだ1歳ぐらいかも。
とても可愛いですが、野生動物を餌付けするのは好ましくないです。
自然界で生きていけなくなったり子孫を残せなくなったりします。

 

毎日良いお天気なので日なたぼっこが嬉しいトラちゃんです。
ここなら北風が当たらなくてとっても暖かい。

 

3色のシメジ収穫です。左からシモフリ、黄色いのはシモコシ、そしてムラサキシメジです。
前回のキノコ特集でシモコシの話をしてたら本当にシモコシが出現しました!!
これはすごく珍しいキノコで10年ぶりかな?
別名キンタケ。黄金のキノコです!
前回とは全然違う場所に出ました。神出鬼没です。
ムラサキシメジも10年ぶり。これはシイタケに似た味で美味しいダシが良く出ます。
シメジなのでサクサクして食感はシイタケよりずっと良い。

シモコシの料理、とても美味しかった。
大根、人参、油揚げ、ホタテ、昆布。
鉢植えですが柚子ができたので、薄く削って香りを付けました。
大根も自家製です。鍋物が美味しい季節になりました(^◇^)
ムラサキジメジは土鍋に大根と鶏肉でキノコ雑炊にしてお夜食にしました。

 

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

19/11/01 00:16

きのこ大収穫(^◇^)

雨は怖いですが、恵みにもなりますね。
雨のおかげか、こんな見事な収穫は生まれて初めてです!
とくにムキタケは大量収穫で味も最高。去年初めて覚えたキノコです。

黄金のキノコ発見!
道端の目立つ場所に生えていました。その正体は?
最初はシモコシ(別名キンタケ)かと思いましたが、よく調べてみたらアブラシメジの仲間の「ツバアブラ」のようでした。
シメジという名ですが、フウセンタケ科です。
これは20年ぶりです。
その当時は知識がなかったので警戒して捨ててしまいました。
近所のキノコ名人の話ではこの土地で採れるキノコでは最高級品だそうな。
アブラという名前ですが、全然脂っこくありません。シメジとナメコの中間のような味です。
ちなみにシモコシは数年前に出ましたが今は皆無です。これはシメジの仲間で高級品です。

さて今回の主役はムキタケです。
自分の目を疑いました。こんなにたくさん!マボロシではないかと。
ヒラタケに似ていますが、ムキタケはシメジの仲間なのでとても美味しい。
ヒラタケの栽培物は「シメジ」という名で売られていますが、シメジの仲間ではなくヒラタケ科です。味も全然違います。
ムキタケは栽培できません。
最初見つけた場所で袋が満杯になりましたが、家に帰ってみたら、すぐ近くにまた発見!
今年はムキタケの当たり年なのか?それともいままでは見つけられずにスルーしていたのか?
煮るとナメコのようなぬめりが出て、汁物・鍋物には最適の美味しさです。
肉厚だし食感(歯ざわり爽やか)がとても良いです。

ところで、毒キノコのツキヨタケはムキタケに似ているので中毒が多いです。
私も最初は自信がありませんでしたが、今はもう簡単に見分けられます。
色が違うし(ムキタケは黄色っぽい)ツキヨタケは裂いてみると根本が黒いです。
幸い、この地区にはツキヨタケはまったくありません。

”虎の子”のシモフリシメジが1本だけ。
虎の子(トラちゃん)に見せましたが、興味を示したのは最初だけ。
「しつこいニャー」撮影を嫌がりました。
シモフリシメジはまさに「味シメジ」優れた旨味があります。
本シメジは高嶺の花ですが、シモフリなら少しですが毎年出ます。
去年は豊作でしたが、今年はこれから出るのかな?
霜が降る頃に出るのですよ。
今はもう0度まで冷え込みます。

その2日後さらに素晴らしい物を見つけました^^¥
巨大ですが、虫食いがなく鮮度良好です。
見つけた瞬間「うわぁー!」と声を上げてしまいましたよ(笑)
これより低級なウラベニホテイシメジがスーパーに1本980円で売られていたことがありました。
思い切って買ってみましたが期待に反してまずかった(~_~;)
シモフリならもっと高いのかな?シモコシはもっと高いかも?
キノコの値段なんて水物です。
今や天然の本シメジは松茸以上の希少品ですし、他のシメジ類でも高値が付きます。
もし東京の高級料亭で食べたら腰を抜かすほどの高値なんでしょうね。

右側はチャナメツムタケです。
ナメコのような味の庶民的なキノコです。味噌汁やうどん、鍋物に最適。

 

さて、ご近所にあるスズメバチの巣 (・_・;)
台風のとき表面が吹き飛ばされてしまいました。
中がむき出しになっています。
撮影していたらブンブンと攻撃して来ました(@_@;)
人間の仕業だと思い込んでいるようです。被害妄想!
10日後に撤去されていました。誰かが刺されたのかもしれません。

※蜂の巣を駆除するなら夏までです。この季節に駆除しても無駄な努力。
蜂はもう活動を停止する時です。女王蜂だけが生き残って冬眠し、他の蜂たちは全部死んでしまいます。
巣を再利用することはなく、来春は別の場所に営巣します。
ですから、巣をそのまま残しておけば同じ場所には来ないので安心なのです。

 

紅葉は今年は遅れていますが、1週間後ぐらいに最高潮に達すると思います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0]