19/11/29 00:21

赤い鳥が来た!

庭にイスカが来ました。
赤い鳥! 鮮やかです。メスは地味ですが黄緑色が綺麗です。
2羽はとても仲良しで、口移しに食べ物をやりとりしていました。
その写真を撮りそこねて残念!

シベリアから渡ってくる冬鳥ですが、地元飯綱山での繁殖も確認されています。スズメよりやや大柄です。

クチバシが食い違っているのが特徴で、これによって松の実を食べやすい。

みんなで仲良く水を飲んでいます。可愛いですね♪
うちには水場があるので来てくれました。野鳥を呼ぶには餌より水だと思います。
小鳥は水浴びが好きなので、浅いトレーも用意しています。
シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、メジロ、マヒワ、アトリ、ミヤマホオジロなどなど、たくさん来ます。
今度頑張って写真撮りますね。

他にも冬鳥には赤い鳥がいます。
ベニマシコ、オオマシコ、ベニヒワなど。
しかし滅多に見られません。憧れの鳥です。

ロダン作「考える人」
ヒジョーに考え深い顔です(笑)
そしてその後ろ姿です。
松の倒木の上は見晴らしが良くて楽しい。お外遊びが嬉しい暖かい初冬の午後でした。

 

プロユースの高級カメラ三脚がリサイクルショップで50円!?
「これがお値段なんですか?」
とレジで聞きました。(誰かのイタヅラではないかと思ったんです)
そしたら「ジャンク品ですからね」
という答え。
「これは安い!お買い得です」
と言ったらニコニコして喜んでいました(笑)

このお店は店員が女性ばかりで、商品も女性向け衣料品やバッグが主体。
男性が喜ぶような機械物の価値がわからないらしい。
でもネットでヤフオク相場なんかを見れば、価値はすぐにわかるんですけどねぇ。
商売が下手です。もっとしっかり儲けなきゃ(*≧u≦)ププッ
買ったお客としては笑いが止まりません。

これは一流メーカー品で、新品だと5万円以上!
しかも今は新品が入手できない絶版の名品です!!
ネットオークションではジャンクでも3000円ぐらいの値が付くと思います。
昔の品物のほうが丁寧な作りで品質が良い場合が多いんですよね。
ジャンク品とは言っても悪い所はまったくなく、動きがスムーズでガタはまったくありません。さすが一流品!
古い品ですが素晴らしい耐久性でこれは一生モノです。
今後ますます良い写真が撮れそうで楽しみです。

ちなみに、カメラに付いている望遠レンズですが数年前にやはり中古で500円でした。
イスカの写真はこれで撮りました。
これはマア相場どおりのお値段といったところ。
トミーという玩具メーカーの製品ですが、とても高性能なので80年代には業界に旋風を引き起こした品です。
後継者によりその後ますます改良を重ねて、今も続いています。
安くて高性能。
カメラメーカーのレンズの1/5のお値段ですからね。新品でも1万円以下だったような。
これを企画し製品化したMさんにはお会いしたことがあります。元々は天文マニアだったそうです。
私の前の会社の同僚だったNさんが転職して彼の後継者になりました。
そしてブロ友さんのGaviちゃんの旦那様が奇遇にも元ここの社員でNさんと知り合いでした!
そういう関係で、これをリサイクルショップで見つけたのは幸運でした。
今後は一生大切に愛用したいです。本当に綺麗に撮れます^^¥

Mさんはその後独立起業され、もうご高齢ですがご自宅でマニアックなカメラレンズの特注製作をされています。
今はあまり儲からないこの業界ですが、技術的には世界の最先端を行っていてすごく面白いです!

初夏に戸隠へ行ったら、野鳥趣味の人たちで賑わっていて別世界でした。
何が別世界かと言うと、
皆さんすごいリッチなんですよ (@_@;)
カメラと三脚で100万円もするセットを肩にかついで闊歩しています。
双眼鏡とかフィールドスコープなんかも20万円クラス。
もちろん車はドイツ製高級車。都会の県外ナンバーです。
それも大勢なんですよ(汗)
どういう人種なんだろう?理解に苦しみますが、
高級官僚OBとか大会社の重役でしょうか?年齢的にはだいたい65歳以上です。
知的レベルも高そうです。
「それでどんないい写真が撮れたの?」とツッコミを入れたくなってしまいます。
皆さん鳥を見つけることができず苦戦していました。全然違う所を見てるので隣で教えてあげたんですけど・・・
高級な機材に凝るのは楽しいでしょうけど、使いこなすのは大変です。
その間隙をぬって私はバッチリ良い写真を撮ってサッサと帰りました。
軽量小型の安物機材のほうが機動性に優れています。
シャッターチャンスを逃しません。

こんな季節なのにまだマツムシソウが咲いていました。
夏の花なんですけどね。
道の真ん中にあったので、救出して庭に植え替えました。
来年また咲いてくれるかな?楽しみです。
種もたくさんできていますが、同じ株から何年も続けて咲くそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0]