19/02/08 00:57

シュミットカメラ

まず写真をご覧ください。
今回はちょっと難しい内容もあるので、写真だけ見ていただければ、と思います。
とにかくこんなに撮れたのは初めてです。

オリオン座の大星雲

アンドロメダ座大星雲

ペルセウス座の二重星団

撮影は氷点下10度の中、長時間頑張りました。
三脚が雪にズブズブ沈んで行ってしまうので、セッティングが狂って苦労しました。

こちらは「カニ星雲」
平安時代に超新星が爆発した後に残されたガス星雲です。
カニというよりも佐渡ヶ島のような形に見えますね。もっと大きな望遠鏡で撮影するとカニのような形に写ります。
距離は7000光年。
この超新星は日本では「客星」として記録があります。昼でも見えるほど明るかったとか。

左が普通の反射望遠鏡で撮影、右はそれを改良したシュミットカメラでの撮影です。
かに星雲は写野の中心なのでどちらも良く写っていますが、左は端のほう(右側)の星がピンボケで長く伸びています。しかし右は全面シャープな点像に写っています。

こちらはプレアデス星団の写真から写野の一番隅の角の所をトリミングしました。
左側は普通の反射望遠鏡で撮影。星がピンボケの三角形になっています。
右側はシュミットカメラで撮った物。
少し暗いですが全面均一な丸い点になっています。
広い範囲に均一でシャープな画像、というのがシュミットカメラの特長です。
少し暗くなるのは、露出時間を延長すれば簡単に解決できます。

左のが今回の撮影に使用した機材。
厚紙の簡単な工作で、ちょっとした仕掛けを作って取り付けただけで劇的に改良されました。
正式名「レンズレスシュミットカメラ」です。

本式のシュミットカメラは、特殊なレンズ(シュミットレンズ)を使用するので高価ですし、市販品はほとんどありません。
この写真は1948年にアメリカで作られた口径122cmの物です。日本には国立天文台木曽観測所に105cmの物があります。

 

しかしレンズは省略しても一応実用レベルの性能になるんですよ。
一般観賞用の写真を撮るぐらいなら十分な性能です。
普通の反射望遠鏡の筒の長さを2倍にして、先端にドーナツ板(絞り)をはめ込むだけなので簡単。
(作例は主鏡の口径11cmで絞りは9cm)
不思議ですね。もちろん専用のレンズを使えば性能は完全無欠となります。
これを発明したシュミットさんは、とても頭の良い人だと思います。
頭の良い人は難しい事をごちゃごちゃ言わずに、シンプルに物を考えますね。
広い範囲のきわめて解像度の良い写真が撮れる、画期的な発明でした。
天文機材の分野では20世紀最大の発明と言われています。
今日でも最先端で活用され、多くの新天体が発見されています。

 

明治時代の人で、昭和初期まで活躍されました。
これが彼の作業場。
大きな反射鏡を2枚同時に製作しています。
私もこんな事をやってみたい。
天文台向けの大型望遠鏡を多数製作し、その優秀性が高く評価されました。
子供の頃に事故で片腕を失ってしまい、片腕ですべての作業をこなし「片腕の魔術師」と言われました。
助手を雇うことはあまり好まず、ほとんど1人で製作したらしいです。
そのため彼のノウハウは秘密のベールに包まれていました。
ドイツの人ですが、出身はエストニアです。
エストニアってどこ?
知らなかったので地図を見ました。
旧ソ連から独立したバルト三国ですね。
フィンランドの首都ヘルシンキの対岸です。
シュミットさんが生まれたのは離島で、そこではスウェーデン語だったそうですが、シュミット家ではドイツ語だったそうです。
北欧は複雑ですね。

古い歴史のある発明ですが、
こんな簡単な物では、どうせダメだろう・・・
皆さんそう思うのか、アマチュア天文家が実用化して使っている例はほとんどありません。
ネット検索してみたら、ちゃんとした物は2件だけ。
しかも本格的に写真撮影に使った例は1件だけでした。
この方は知り合いで、何度かお会いしたことがあります。何でも作ってしまうすごい人です!しかも有名企業の要職で超多忙でした。
私より年上なので今はもう退職され、趣味と実益をという事で個人ブランドの小さな光学メーカーを起業されました!

日本中で2件だけというのは、気分が良いですね。
ですが、ネット上に公表しないだけで実用化している人は他に何人かいると思います。

私も10年前にちょっと実験してみただけで、その後は本気で作る気にならずお蔵入り。
今回はマジメに作って写真も撮ってみました。

そしたら満足いく結果が得られ、将来への希望がふくらんできて、とても楽しくなりました。
もっと改良できそうだし、良い写真がどんどん撮れそうです。
今後にご期待ください。

安いからダメだろう・・・
簡単だからダメだろう・・・
そういう先入観がいけないんですよね。

製作費用は、中古の安物望遠鏡を元に改造したので、たったの1000円でした!
しかし性能は20万円の大口径カメラレンズと同等です。
これはもう、楽しくてたまりません。

他にも隠し玉があります。中学生の頃から温めていたアイデアですが、材料は揃っているのでこれから着手します。
これもたぶん日本で一台か二台か・・・です。

こういった話題は天文趣味のサイトへ投稿すれば良いのでしょうけど、この分野日本では高齢化が著しく、私など一番若いほうです。
だから硬直化していて活気がない。どこのサイトも面白くない。
中国やベトナムなどへ行けば、若い人が多くて活気があって面白いかもしれませんね。

私はパソコンITや電気系が苦手なので、今後のテーマは”アナログ回帰”です。
たとえば「江戸の伝統工芸」のような古い技術でも、まだまだ多くの可能性が残されていると思います。
たとえば前回ご紹介したTさんが作る籠もそうです。
天体望遠鏡も古風な発想でも、まだまだ改良できると思います。

今回のは猫界の天文学者、トラ教授のご指導により完成しました(笑)

カテゴリ[ 天体]   コメント[8 ]   トラックバック[0]