19/04/05 00:29

菜の花摘み

妻の畑の野沢菜が菜の花になりました。
たくさんあって食べきれないほどです。
摘んでも摘んでも新しいのが出て来ます。

梅の花も咲きました。
これは梅干し用にと思って苗を買いました。
植えた翌年にこんなにたくさん咲きました。
普通は3年かかるはずですが、育った状態で売られていました。
右は新築祝いにお友達から頂いた、観賞用の紅白の梅です。

帰り道は冬季間敬遠していた山道の、小川村→鬼無里→戸隠ルートを選びました。
そしたら途中から猛烈な雪になりました。

家に着いたときはテラスのテーブルに雪が積もり、春から一気に真冬に逆戻り。
ちなみに妻の所では雨だったそうです。
菜の花は熱湯で3分茹でて、冷蔵庫に保存しました。
どんな料理にも利用できて美味しいです。
これを食べ続けて3日後には体調が良くなりました。
植物の新芽の部分には生長ホルモンがあるので、若返りの薬効があるのかもしれませんね。

私のふき味噌の簡単な作り方、なっつばーさんのブログでも紹介していただきました。
うちの庭のはまだ雪の下なので、収穫は来週頃になるかと思います。
これは去年作った冷凍物です。ふき味噌は冷凍にしても味が落ちないのが嬉しいです。
食パンに載せてチーズとともに焼いてみました。
こんな食べ方も美味しいです。

 

さてこの後2日間というもの猛吹雪が続き、家に缶詰状態でした。
木に積もった雪が雪玉になり、強風で飛ばされて来て窓や壁にバンバンと当たります。
ストーブの灯油がどんどん減って行きます。

つららもできました。

 

昨日は久しぶりに明るい太陽が顔を出し、ホッとしました。
暖かい陽射しの中で外を見るトラちゃん(^◇^)
階段の途中の所がちょうど良い見張り台です。
ヒゲが生えている部分が、ゴマフアザラシに似ていて可愛いです (*^o^*)/
茶色の鼻もチャームポイントです。

 

吹雪で家に缶詰状態だったので、工作をしました。
この前作った”ケチケチ鉛筆サック”の止めネジがバカになってしまったので、改良しました。
パイプが薄肉だったのでネジがバカになるのは予想していましたが、面倒なのでそのまま使っていたのでした。

今度は半永久的に使えるように、しっかり作ります。
真鍮パイプの切れ端を利用して工作します。
表面はクロームメッキなので美しい輝きです。

万力にくわえてプラスチックハンマーで叩いて少しずつ曲げて、鉄の丸棒を芯にして叩いて、きっちり嵌まるように丸く仕上げました。
切り口の尖った部分はヤスリで削って角を取ります。

ドリルで穴を開けてタップでネジを切ります。
この程度の工作は、中学の技術家庭科で教わったのが役に立っています。

きつく嵌まるように調整して嵌め込みます。
止めネジを通して完成。
グラグラせず、しっかり固定できるので、こんなに小さくなるまで使えます。
ケチケチ鉛筆サックは”ケチケチ教”
教祖の象徴グッズです(。^p〇q^。)プッ
ボールペンでもなく、シャープペンシルでもなく、木でできた鉛筆が好きです。
最近は手書きで文字を書く機会が減っていますが、雑記帳を作って日常手書きするように心がけています。

 

昨夜は久しぶりに晴れて星が見えました。
オリオン座は西の空低くなっています。
オリオン座の下にうさぎ座があり、ここに面白い星があります。
この前もご紹介しましたが、全天一赤い星で変光星のうさぎ座R星です。(変光星の名前は星座ごと発見順にR・S・T・・・)
6等星から10等星まで430日周期で変光します。
肉眼では見えないので双眼鏡か望遠鏡を使用します。
カメラなら余裕で撮影できます。
12月15日には明るくて真っ赤でした。次第に暗くなっています。

こちらが全景。トリミングなしです。
慣れないと望遠鏡で見つけるのに少し苦労しますが、真っ赤なので視野に入るとすぐわかります。
もう夕方の薄明中の空でしか見えなくて、観測シーズン終了です。
今度見えて来るのは明け方の東の空で8月になります。
その頃にはどんなふうに見えるでしょうか・・・

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0]