20/03/27 07:57

また雪だ!

お花見シーズンが待ち遠しくて、
街へ出る中間点にある神代桜の様子を見に行って来ました。
前は昭和天皇誕生日4月29日に満開でしたが、最近はもっと早く咲きます。
今年は特別早いかも。
花が咲いていなくても圧倒的な存在感です。

それもそのはず。
樹齢1200年なんです!
人間界のいろんな出来事を静かに見守って来たのですね。

看板が新しくなっていました。桜の蕾が右側に見えます。
古い看板には「樹齢2000年」と書かれていましたが、撤去されました。
という事は、樹齢1200年というのは信憑性高いです。

この場所には梅が咲いていました。
良い香りが漂っていました。

 

この翌日また雪が降りました。
朝起きたらトラちゃんのお立ち台は使用不能な状態に。
そして除雪車が出動。
今年の冬は後半になって出動回数が増えました。

これは若い頃の写真です。
この年はお立ち台の高さまで雪が積もりました。
ちょっと冒険?
ルンルン気分でお尻尾立てて絶好調です。

お立ち台から雪の中に降りようとして・・・
ありゃ?底なし沼のようにズブズブと沈んで行く!
それでもまだゴキゲンで尻尾が立ってます(笑)

助けてー!!
完全にもう顔が曇ってます。目つきがもう真剣です。
やっと気づいたか! 気づいた時には遅かった・・・
なんてこともあるんだよ。
若者は向こう見ずだねぇ。

雪の翌日には晴れて厳しい冷え込みになりました。
二重窓なのでガラス窓に美しい霜の結晶ができます。
朝日に輝いて美しい!
この日は−8℃でしたが、−10℃以下になるともっと美しい模様が出現します。

 

妻の畑の菜の花です。良い色合いに茹で上がりました。
菜の花には種類が多いですが、これは野沢菜なので最高に美味。菜の花ラーメンにしました。
ネギもどんどんとれます。今のうちに早く食べないとトウが立ってしまいます。ネギは風邪の予防に良いと言われますね。
子供の頃は「ネギを食べると頭が良くなる」と言われました。
タマネギもニンニクもそうですが、血のめぐりが良くなるのでしょうね。

先日のメカジキは最高でした。
最高に美味しかったんですが、お値段は?
たったの50円(@_@;)
安すぎて気持ち悪いので買う気が起きませんでしたが、試しに1パックだけ買って来ました。(写真上)
もう1パック買ってくるべきでしたが、後の祭り。その後は出ません。
たまに上物のメカジキが入荷したときだけに出るようです。
品質は最高でした。端切れですが、お客様に出すわけでなく自分用なので、見た目は悪くても品質さえ良ければ。
醤油と砂糖と生姜で煮付けました。

鶏のムネ肉が100g29円^^¥(写真下)
モモ肉は118円なのに、ムネ肉はなんでこんなに安いの?四国産の同じ鶏です。だから安全性や鮮度は同じ。
これは親子丼やカレー用です。
シンプルに醤油に柚子こしょうで食べるのも美味しい。
柚子こしょうは九州では日常使われているそうですが、これは重宝です。湯豆腐、魚、肉、白菜漬け、和食なら何にでも合います。
「こしょう」と言っても胡椒ではなく唐辛子です。

おからが安い!
39円で大量に入っていて、タマネギ・人参・シイタケ・鶏肉を美味しく味付けした後投入し、火が通ったら出来上がり。とても簡単です。
これにも柚子こしょうで風味づけ。

4日分のおかずにしようと思ったのに、美味しすぎて2日で食べてしまいました。
豆腐本体より、おからのほうが美味しいかも。
食物繊維が多いので、腸が健康になります。腸が健康になると免疫力アップ。
腸は第二の脳と言われるくらい重要な臓器です。最近の研究でいろんな事がわかってきたそうです。
おから・豆腐・納豆・こんにゃく・キノコを日常的に食べると良いと思います。
大豆には食欲を制御する成分があるのでダイエットに効果ありそうです。

なにも高いお金を出さなくても、安くて美味しい物はいくらでもありますね。
安い物のほうが健康に良い物が多いような気がします。
賢い消費者になりましょう!

カテゴリ[ 料理]   コメント[15 ]   トラックバック[0] 

20/03/20 00:25

千曲川の堤防へ

東京でも雪が降ったという日、こちらも降りました。
久々に除雪車が出動。道端に雪を寄せて行くので車が出せなくなってしまいました。
翌日に出かける予定だったので、車が出せるように雪を綺麗に片付けました。

そしたら、その夜再び雪! 予報では降らないはずだったのに・・・
元の木阿弥です。嫌になってしまって予定キャンセルかと思いました。
幸いこの日は暖かかったので、雪はどんどん解けました。解けるのを待って午後から出かけました。お墓参りです。

うちのお寺は去年秋の洪水の被害に遭ったので心配でした。お寺は川のすぐ横です。
現場が近づくと交差点の目立つ場所にこんな看板が。

この日近所の中学校は卒業式でしたが、この学校は川から2kmも離れた場所なのに1階は浸水したとのことでした。
何もなかったかのように街は綺麗になっていました。
ただ、所々に復興を諦めて閉店した店が目立ちました。
仮設住宅やトレーラーハウスが立ち並んでいました。
棲家を失うのが一番つらいですね。

お寺は無事でした。たぶん1階は浸水したはずです。
これが問題の堤防です。見事な桜の木がありますが、まだ固い蕾でした。

堤防が決壊した場所は思ったより下流で、ここから1kmぐらい離れていました。
堤防の上から見たお寺です。

この堤防道路の先、左にカーブしたあたりが問題の場所です。
軽トラが走って行った先では盛んに工事をしていました。

河川敷のリンゴ畑は濁流に飲まれました。
更地になってしまった場所で盛んに工事をしていました。
この向こう側を千曲川が流れています。
遠く右手のほうに白いビルが見えますが、これが私の故郷です。
高い山脈を越えた向こう側は群馬県です。

 

家に帰るとトラちゃんがお待ちかね。
お土産は美味しいメカジキでした。
最高に良いお天気で、窓際の特等席で日なたぼっこ。
「トラちゃん」
と呼ぶと振り向いて「ハーイ」とお返事しました。
ニコニコしています。

蜂に乗っ取られた巣箱を掃除しました。

やっぱり恐れていたとおりでした。
丹念に丸く作られた巣の上に卵が5個! 犠牲になっていました。
せめて卵を生む前だったら良かったのに・・・
親鳥は蜂と必死で戦ったのでしょう。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

20/03/13 00:40

ネコヤナギ

木立ごしに見る北アルプスも良いものです。
5月になるとここは山桜がいっぱい咲きます。今年は4月に咲くかな。

家の庭にネコヤナギが咲きました。

ずいぶん早いな、と思って過去の写真を見たら日付は4月でした。
これは水辺にある普通のネコヤナギではなく、森にある大きな木でバッコヤナギという名です。
ドイツにもあるそうですから寒冷地に多いのでしょう。
狭いうちの庭ですが3本生えています。繁殖力強くてどんどん増えます。



小鳥たちも子育ての季節が近づいて、巣箱にシジュウカラ夫婦が入ったり出たりしていました。
2個あるうち、裏庭の巣箱は去年途中で使わなくなってしまいました。
その後よく見たら蜂が出入りしていました。
冬になって蜂がいなくなったらフタを開けてみようと思っていました。
そして!

やっぱりねぇ (≧ω≦*)
蜂に巣箱を乗っ取られたのです。
ミツバチと同じぐらいの小さいクロスズメバチです。
この写真のはもう死んでいるので大丈夫。小さいので刺されても大したことありません。おとなしい性格なので滅多に刺さないです。
しかし小鳥にとって大きな脅威でしょうね。
働き蜂は冬になると全部死に絶えてしまいます。女王蜂だけが冬眠して翌春に活動を開始します。
巣は一年限りで再利用はしません。

普通は地中に巣を作るので地元では「地蜂」と呼ばれます。愛知や岐阜では「ヘボ」と言うそうです。
これの蜂の子は美味しくて最高級品なので、専門にこれを捕る業者がいるくらいです。



「大きいかまくら」の写真、ちょっと好評だったので「もっと大きいかまくらが作れるぞ!」の証拠写真を引っ張り出して来ました。

5年前の3月8日はこんな状態でした! 3月なのにこれですからねぇ(~_~;)
毎年こんな大雪でした。
ここに穴を掘れば大きいかまくらが簡単に作れます。
しかし!崩れて生き埋めになると命が危ない。
この雪の重さは数トンあります!! ダンプカー2台分ぐらいの量です。
雪の山がもうちょっとで屋根に届くところだったので、屋根に上って星を見ようかと思いましたが、高さが少し足りなかった。

この雪の山は屋根からすべり落ちた雪と、捨て場がないのでどんどん上に積み上げた庭の雪です。
雪の階段を作って上に運びました。毎日の事で大変疲れました。
玄関から外に出るための通路を作るだけでも重労働なんです。

「トラちゃんは雪遊びはしないんですか?」
というコメントいただいたので。

猫はコタツで丸くなる♪ そんな歌作ったのは誰だ?
猫も犬と同じですよ。外で喜んで遊びます。
雪で喜ぶなんてまだ子どもだねぇ。昔の写真です。

ありゃ、雪に埋まったねぇ。行き倒れだ (-_-;)
たすけてー (°◇°;)

今はもう年なので雪の日は外に出しません。

昔の懐かしい写真です。
早春だったと思います。
怪しい動物が来た!? 私には何も見えませんでした。
この頃はまだサクラは丸々と太って健康そうでした。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

20/03/06 03:15

福寿草

この土地ではまだまだ咲きませんが、町へ行く途中の山村では咲いていました。ずいぶん早いなと思って去年の記録を見たら、2週間早かったです。
去年も暖冬だったので、普通より3週間早いかも。
うちのほうでは4月に咲きます。

福寿草の次には何が咲くでしょうか?
似た種類で真っ白い花のアズマイチゲ、淡いブルーのキクザキイチゲが楽しみです。
街へ行ったら梅が咲いていました。これも2週間早い。
新型コロナのニュースばかりで嫌な毎日ですが、春は確実にやって来ています。花は心を癒やしてくれますね。
お花見の季節が楽しみ。美味しいお花見弁当を食べて元気を出しましょう (^_^)/

福寿草の場所から山を下って行って、長野県庁まで車で5分ぐらいの場所ですが、市街地に近いのに美しい自然環境です。
お花見の名所もあります。4月中旬が桜の季節です。今年はもっと早いかな。

ちょうど谷間に見える真っ白い山、神秘的! 何という山だろう?ずっと遠くの山です。
地図に物差しを当てて調べてようやく正体がわかりました。
北アルプスの唐松岳です。標高は約2700m。
直線距離で40kmもありました。
手前に見える人工物はダムです。
この険しい岩山の間を国道406号が走っています。国道とは思えないほど狭くて曲がりくねった嫌な道です。トンネルもたくさんあります。
山越え谷越え2時間ほど走ると白馬村に出ます。

 

うちの庭でも雪が解けたので畑をちょっと耕したら、フキノトウが出てきました。
春の味覚を早速いただきました。

ここでは降った雪は解けずにたまる一方なので、雪の量が最大になるのは3月です。かまくらを作って遊んだことがありました。
サクラがまだ元気な頃で3歳ぐらいでした。

この頃はまだ来たばかりで雪の恐ろしさを知らなかったので、こんな遊びをする余裕がありましたが、この翌年ぐらいから気分が一気に落ち込んで辛い冬が続きました。
この3倍の大きさのかまくらが作れるような雪が毎年積もりました。
雪の中を泳ぐようにしてスコップで掘って移動する・・・地獄です!
雪の上を歩くための「かんじき」を買いましたが、沈んでしまって歩けませんでした。
西洋かんじき「スノーシュー」なら良いみたいです。

そして去年は暖冬で雪の量が3分の1、さらに今年は10分の1。とっても楽な冬になりました。
もう3月ですから今後1mも積もることはないでしょう。
昨日から猛吹雪ですが、大した積雪ではありません。

トラちゃんは5月に15歳になります。野良猫だったので正確な誕生日はわかりません。
餌を15歳用に変えてみました。口に合うかどうか心配でしたが、すごく喜んで食欲倍増!! 食べすぎて太るほうが心配です(笑)
このお手手がカワイイ o(^-^)o

 

皆さん「やしょうま」をご存知ですか?
お釈迦様の命日(涅槃会)は2月15日なんですが、そのときに食べる物です。昔は必ず毎年食べたものでした。
今年は忘れていましたが、まだ売られていたので買って来ました。
旧暦ということで1ヶ月遅れなのかな。

「やしょ」という名のお弟子さんが病床のお釈迦様に差し上げたら「やしょや、美味かったぞ」と言って亡くなられたという話です。
それで「やしょうま」になったのだとか。
これは米粉(餅米ではなくうるち米)で作った餅で、ごく薄い塩味でゴマが入っています。青のりが入ってる物もあります。とにかく美味しい!
私は少し固くなってシコシコしたのが好きです。
古くなったのを焦げ目がつくように焼いたのも美味しいです。
形が面白いですが、これは馬の背の形?

この「やしょうま」は長野だけで、他の地方では違う食べ物の事を「やしょうま」と呼ぶそうです。
語源は「痩せ馬」だという説もあります。
地方によっていろいろ違うそうですが、皆さんの所の「やしょうま」は何でしょう?
今回のネット検索では他県の情報は一切出て来ませんでした。ラジオで大分県だったか東北地方の話も聞いた記憶があったんですが。
長野県内でも松本と長野ばかりで、他の地方の情報はありませんでした。
とくに多かったのが私の故郷の須坂市です。昔なつかしいお店の名前も出てきました。
こういう伝統的食文化は面白いです。
お正月のお雑煮も地方によって全然違いますし、桜餅も東西で違います。

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0]