20/03/13 00:40

ネコヤナギ

木立ごしに見る北アルプスも良いものです。
5月になるとここは山桜がいっぱい咲きます。今年は4月に咲くかな。

家の庭にネコヤナギが咲きました。

ずいぶん早いな、と思って過去の写真を見たら日付は4月でした。
これは水辺にある普通のネコヤナギではなく、森にある大きな木でバッコヤナギという名です。
ドイツにもあるそうですから寒冷地に多いのでしょう。
狭いうちの庭ですが3本生えています。繁殖力強くてどんどん増えます。



小鳥たちも子育ての季節が近づいて、巣箱にシジュウカラ夫婦が入ったり出たりしていました。
2個あるうち、裏庭の巣箱は去年途中で使わなくなってしまいました。
その後よく見たら蜂が出入りしていました。
冬になって蜂がいなくなったらフタを開けてみようと思っていました。
そして!

やっぱりねぇ (≧ω≦*)
蜂に巣箱を乗っ取られたのです。
ミツバチと同じぐらいの小さいクロスズメバチです。
この写真のはもう死んでいるので大丈夫。小さいので刺されても大したことありません。おとなしい性格なので滅多に刺さないです。
しかし小鳥にとって大きな脅威でしょうね。
働き蜂は冬になると全部死に絶えてしまいます。女王蜂だけが冬眠して翌春に活動を開始します。
巣は一年限りで再利用はしません。

普通は地中に巣を作るので地元では「地蜂」と呼ばれます。愛知や岐阜では「ヘボ」と言うそうです。
これの蜂の子は美味しくて最高級品なので、専門にこれを捕る業者がいるくらいです。



「大きいかまくら」の写真、ちょっと好評だったので「もっと大きいかまくらが作れるぞ!」の証拠写真を引っ張り出して来ました。

5年前の3月8日はこんな状態でした! 3月なのにこれですからねぇ(~_~;)
毎年こんな大雪でした。
ここに穴を掘れば大きいかまくらが簡単に作れます。
しかし!崩れて生き埋めになると命が危ない。
この雪の重さは数トンあります!! ダンプカー2台分ぐらいの量です。
雪の山がもうちょっとで屋根に届くところだったので、屋根に上って星を見ようかと思いましたが、高さが少し足りなかった。

この雪の山は屋根からすべり落ちた雪と、捨て場がないのでどんどん上に積み上げた庭の雪です。
雪の階段を作って上に運びました。毎日の事で大変疲れました。
玄関から外に出るための通路を作るだけでも重労働なんです。

「トラちゃんは雪遊びはしないんですか?」
というコメントいただいたので。

猫はコタツで丸くなる♪ そんな歌作ったのは誰だ?
猫も犬と同じですよ。外で喜んで遊びます。
雪で喜ぶなんてまだ子どもだねぇ。昔の写真です。

ありゃ、雪に埋まったねぇ。行き倒れだ (-_-;)
たすけてー (°◇°;)

今はもう年なので雪の日は外に出しません。

昔の懐かしい写真です。
早春だったと思います。
怪しい動物が来た!? 私には何も見えませんでした。
この頃はまだサクラは丸々と太って健康そうでした。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]