20/03/20 00:25

千曲川の堤防へ

東京でも雪が降ったという日、こちらも降りました。
久々に除雪車が出動。道端に雪を寄せて行くので車が出せなくなってしまいました。
翌日に出かける予定だったので、車が出せるように雪を綺麗に片付けました。

そしたら、その夜再び雪! 予報では降らないはずだったのに・・・
元の木阿弥です。嫌になってしまって予定キャンセルかと思いました。
幸いこの日は暖かかったので、雪はどんどん解けました。解けるのを待って午後から出かけました。お墓参りです。

うちのお寺は去年秋の洪水の被害に遭ったので心配でした。お寺は川のすぐ横です。
現場が近づくと交差点の目立つ場所にこんな看板が。

この日近所の中学校は卒業式でしたが、この学校は川から2kmも離れた場所なのに1階は浸水したとのことでした。
何もなかったかのように街は綺麗になっていました。
ただ、所々に復興を諦めて閉店した店が目立ちました。
仮設住宅やトレーラーハウスが立ち並んでいました。
棲家を失うのが一番つらいですね。

お寺は無事でした。たぶん1階は浸水したはずです。
これが問題の堤防です。見事な桜の木がありますが、まだ固い蕾でした。

堤防が決壊した場所は思ったより下流で、ここから1kmぐらい離れていました。
堤防の上から見たお寺です。

この堤防道路の先、左にカーブしたあたりが問題の場所です。
軽トラが走って行った先では盛んに工事をしていました。

河川敷のリンゴ畑は濁流に飲まれました。
更地になってしまった場所で盛んに工事をしていました。
この向こう側を千曲川が流れています。
遠く右手のほうに白いビルが見えますが、これが私の故郷です。
高い山脈を越えた向こう側は群馬県です。

 

家に帰るとトラちゃんがお待ちかね。
お土産は美味しいメカジキでした。
最高に良いお天気で、窓際の特等席で日なたぼっこ。
「トラちゃん」
と呼ぶと振り向いて「ハーイ」とお返事しました。
ニコニコしています。

蜂に乗っ取られた巣箱を掃除しました。

やっぱり恐れていたとおりでした。
丹念に丸く作られた巣の上に卵が5個! 犠牲になっていました。
せめて卵を生む前だったら良かったのに・・・
親鳥は蜂と必死で戦ったのでしょう。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[17 ]   トラックバック[0]