19/08/16 01:27

美しい公園

家から歩いて10分ぐらいのところに公園があります。
最近よく行くようになりました。

この日は親子連れが来ていて、シャボン玉遊び(^^♪
心癒やされる光景でした。
シャボン玉が輝いて綺麗!

都会から陸上部の合宿も来ていました。
この広々したフカフカの芝生で走ると筋肉や関節に優しいです。

オミナエシとマツムシソウが咲いていました。

赤とんぼが出て来ました。羽が輝いて綺麗でした。
秋の七草は
ススキ・桔梗・ナデシコ・オミナエシ・葛・フジバカマ・萩
です。
もうススキの穂が出て、高原では7種咲き揃いました。

黄色いのはオミナエシ、白いのはオトコエシです。

ナデシコと、ナデシコ科のフシグロセンノウ。

桔梗も。

 

裏庭にコオニユリが咲きました。

ヤマユリとの共演です。ヤマユリは1株に9個も咲きました。

 

お盆なので、12年前に天国へ行ってしまったミケちゃんに出演してもらいます。
この頃住んでいたのは平屋の古い借家で、エアコンがなく猛烈な暑さに耐えていました。
廊下で倒れているミケちゃんに氷嚢を載せてあげました。
1歳ぐらいの時で可愛い盛りでした。
13歳まで生きて、最後の2年はトラちゃんたちと一緒でした。

右;ひょうたん島の夕涼みです(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0] 

19/07/19 00:29

高原の花

ホタルブクロに続き、急にたくさんの花が咲き始めました。
梅雨で毎日お天気が悪く、良い写真が撮れませんでしたが、
できる限りご紹介したいと思います。

ナツツバキ。一日で散ってしまう花だそうで、諸行無常の象徴でシャラノキとも呼ばれます。
長雨のせいでしょうか、残念ながら真っ白の綺麗な花は見つかりませんでした。
ヤマボウシは普通は白ですが、たまにピンクがかったのがあります。
実際にはもっと綺麗な色でしたが、写真では色がうまく出ませんでした。

純白のノリウツギ。これはアジサイに似ています。山アジサイと言っても良いかな。
右はたぶんウツギの一種。

オカトラノオ。この曲線美! 右はカラマツソウ。

2色のヤマオダマキ。

シモツケソウ、白いホタルブクロ、ヤマハハコ

他にも次々と綺麗な花が咲き始めました。ご紹介しきれません。
これで梅雨が明ければ、花いっぱいの高原は年で一番良い爽やかな季節になります。

 

去年ご紹介した「アジサイ御殿」ですが、アジサイはまだ色づいていませんでした。アジサイはここでは初秋の花です。
この豪邸は個人宅とは考えにくいので、たぶん会社の保養施設でしょう。
家主は滅多に来ることがなく、普段は管理会社に委託して庭などいつも綺麗にしています。
一般庶民とは別次元の世界ですね。

真っ赤なバラが咲いていました。この地区でバラを見るのは初めてでした。
寒さのため育たないのか、と思っていました。
これは小さいバラなので野生種に近くて強いのでしょう。

ド根性ワラビ!
分厚いビニールシートを突き破って出てきました。ワラビは今も毎日少しずつ収穫できます。

今年初めてタマゴタケを発見。
汚れているので採りませんでした。
今年は雨が多いのでキノコは豊作になるかな。
タマゴタケは真っ赤で毒々しいですが、晩秋のシモフリシメジと並んで一番美味しいキノコです。
※真っ赤なキノコに猛毒のはないらしいです。ベニテングタケも死ぬほどの毒ではないらしい。
真っ赤なドクベニタケは実際には毒ではないというので、少し食べてみたら味は最悪でした(~_~;)
一番危ないのは白い大きいキノコ、ドクツルタケです。
茶色くて大きいニセクロハツも猛毒です。
地味なキノコのほうが危ないんですよね。

 

梅雨寒なのでトラちゃんはお布団でまったり。
お目々キラリ(^_-)-☆

その後ウトウトして気持ちよくおネンネしました。

モリアオガエルがまた産卵しました。
夜中にケロケロと賑やかだと思ったら、カエルのお祭りだったんですね。
卵塊が2つ付いています。これで今年4回目の産卵!
今年は梅雨が長く雨量が多いのを知っているのでしょう。
しかしあまり遅い産卵は、オタマジャクシがカエルになってすぐ冬が来てしまうので、生き残るのが厳しくなります。
ここでは9月末にはもう冬の気温ですので。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/06/07 01:25

滝藤

この藤は毎年ご紹介しているかもしれません。
福島県の滝桜は有名ですが、これは私が名付けた滝藤です。
最高に見事だった年は、この2倍ぐらい咲いていて、まさに滝のようでした。

今年はちょっとイマイチかな。
まだ咲き始めなので、これから最高潮に達するのかも。
でも咲き始めは紫が濃くて良い色だと思います。

 

ツツジの季節になりました。
高原にしかないレンゲツツジです。
関西の人は見たことないそうです。
オレンジ色のが多いですが、少し違う色のもあります。
今年は家の庭にも咲きました。

これも高原にしかないベニバナイチヤクソウ。
道端に普通に咲いています。
庭のブルーベリー、可愛い花ですね。
今年は豊作かな?

 

美味しい水を汲みに行ったらツツジが見事でした。

ここは民家の庭なので、このツツジは植えたものらしいです。

そのすぐ近くにはフウロソウ
他にも今は花がいっぱいの季節で、ご紹介しきれません。

 

もう早、セミの季節になりました。
小さくて可愛い春ゼミです。
鳴き声はミンミンではなく「ガヤガヤガヤ」
森に何百、何千といるのでしょう。
とても賑やかで、熊よけの鈴の音も聞こえないほどです。

玄関横にクワガタ虫が来ていました。
ここは自然が豊かなので何でもいそうですが、クワガタは珍しいです。
カブトムシなんか一度も見たことがありません。

 

巣箱のシジュウカラに雛が生まれました (*^o^*)/
親鳥は忙しく餌を運んでいます。5分に1回ずつです!
巣立ちも近いと思います。
餌となる虫の大きさと、糞の大きさで雛の成長がわかります。
餌を運び入れ、出る時は糞をくわえて遠くへ捨てに行きます。
これは重要なこと。
糞が近くに落ちていると、天敵に巣の場所を知られてしまうからです。

そして、やっぱりヘビが出ました(~_~;)
巣箱のすぐ近くの木に登っているのを発見し駆除しました!
南無阿弥陀仏(-_-;)
ヘビを捕まえるのは子供の頃から手慣れたものです。

偶然ですが見つけて本当に良かったです。
アスパラの苗の様子を見に行ったら上にいたんですよ *ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ
かなり大きい2m近いアオダイショウで、何かエモノを食べた後で腹が膨れていました。
まさか犠牲者は鳥さんでは?
ヘビはまだいるかもしれません。油断なりません。
いつも見張っていないと!

裏庭の巣箱は空き家になってしまったらしいです。
理由はわかりません。
2個目の巣箱を設置して良かったです。
早く無事に巣立つのを祈るばかり。

トラちゃんは巣箱の見えない場所で休んでいます。
手前の棒は綿毛が飛んだタンポポの茎です。
この場所は美味しい草があるし、日陰で快適なんです。
最近は年のせいか?どうしたことか、家の敷地から外に出ません。
自分の土地がちゃんとわかっているのなら大したもんですが。
「お散歩行くよ」
と言っても家の周囲を一周するだけでおしまいです。
家にいるのが一番安全ですよね。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/05/17 04:33

桜前線の終着点

15日の朝、戸隠牧場へ行って来ました。
車で15分。
いったん下ってまた上がります。
うちより少しだけ標高が高い。
しかし車で行ける一番の奥地です。
ここから先は戸隠連峰や高妻山への登山道になります。
大変険しい道だそうです。

戸隠山の谷には残雪があります。
これは大量の雪が上から崩れて来て、場所によっては深さ10mぐらいになっていると思われます。

牧場の小径を歩いて行くと、正面にピンク色の大きな桜が見えて来ました。

見事な大木です!
これは紅山桜(大山桜)という品種です。
葉っぱと花が同時です。
花はピンクで、葉っぱも赤いので、全体でより一層紅が際立ちます。
北海道も釧路あたりではソメイヨシノが育たないので、桜の基準木(エゾヤマザクラ)はこれと同じ品種だそうです。

ちょうど満開でした。
過去に何度も行きましたが、ちょうど満開だったのは今回が初めてです。
ラッキーでした。
これで今年の桜は見納めです。
北海道の一番遅い地域と同じぐらいでした。
でも意外と知られていないらしく、東京や名古屋から近いのに観光客は来ません。
ひっそりと静かです。

戸隠牧場には桜の他にも、
コブシ、水芭蕉、カタクリ、ニリンソウ・・・花々の素晴らしい楽園でした。
写真が多すぎて、ご紹介できなくて残念です。

戸隠牧場から少し離れた場所からの景色です。
尖った高い峰は高妻山(2353m)
私は勝手に「東洋のマッターホルン」と思っています。
戸隠牧場は高妻山の登山道入り口です。

ギザギザの山脈は戸隠連峰です。

拡大して見ると、
下に見える家々の感じもなんとなくヨーロッパ的です。
この山の向こう側は新潟県。
雪が5メートル以上も積もります。世界一の豪雪地帯です。

こちらは湖畔の桜。
うちから車で5分ぐらいの場所です。
この桜がこの地区では一番遅い。5月13日に満開でした。

湖畔の桜からちょっと行くと広大な農場になります。
キャベツや白菜など高原野菜を作っています。
冬が長いので農作業ができるのは5月から10月まで。
赤い屋根の農機具小屋、ピンクの枝垂れ桜、遠くに見える北アルプスが綺麗でした。

うちの庭の純白の桜もその後満開になりましたが、載せるスペースがなくなってしまいました。

 

一気に春になり、山菜が次々と出始めました。
左からコゴミ、タラノメ、オヤマボクチです。
コゴミは茹でてマヨネーズで。
タラノメとオヤマボクチは天ぷら。
オヤマボクチは十割蕎麦のつなぎに使う、別名ヤマゴボウです。
(漬物のヤマゴボウとは別物)

妻の畑ではウドができすぎて困るので持って行ってくれ、とのこと。
季節は1ヶ月先を行っています。
根本の白い部分が美味しいので、土の中から掘って収穫。
酢味噌和えにして食べました。冷蔵庫で保存して3日間美味しく食べられました。
サッパリして美味しいので、サラダ感覚でカレーの付け合わせに良かったです。
焼肉やトンカツにも良さそうです。

サンチュも見事に育っていました。
なんと、こぼれ種から自然に育って冬を越した物です。
レタスの仲間ですが、こちらのほうが味があって好きです。
苦味はほとんど感じません。

木の根を夢中でかじるトラちゃんです。
マタタビのように無限大の魅力があるみたいです。
薬効があるのかも。
何の木なのか?
たぶんリョウブではないか、と思います。
このあたりにはたくさん生えていて、
新芽を天ぷらで食べるとお茶のような味がします。
初夏に咲く花は真っ白で綺麗で、とても良い香りがします。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/05/10 00:13

桜前線、来ました!

日本列島の桜前線、ほとんどもう話題に上らなくなってしまいましたが、調べてみたら今は釧路でした。
私の所は5月4日に開花して、その後ますます綺麗です。
木によって咲くのが早かったり遅かったり。
庭の一番の本命の純白の桜は今まだ3分咲きです。
戸隠牧場の桜は、たぶん5月15日頃でしょう。

近所の広場にある大木は見事です。
これは毎年一番早く咲きます。
右上の写真もこの木です。

青空には飛行機雲。

2個目の巣箱は桜の木に設置しました。
シジュウカラが入っているらしいですが、警戒して「いないふり」をしています(笑)
今はたぶん卵を温めているのでしょう。
雛が生まれると餌運びに忙しくなります。
蛇よけを付けてありますが、効果は?
無事を祈るばかりです。

うっすらピンクの花。
これは紅山桜だと思います。

10年前にここでの生活がスタートしたときに、庭を桜でいっぱいにしようと小さい苗木をたくさん植えました。
花を付けるまで5年ぐらいかかりましたが、その後は年々花数が増えて豪華になります。

切り花で楽しむのも良いですね。
電線に接触していたので泣く泣く枝を切りました。
室内で机の上に置いています。

ショウジョウバカマも咲きました。

 

トラちゃん、良いお天気でゴキゲンです。
お外でカツオを食べました(^O^)/

爪とぎも楽しいね。ちょっとカメラ目線。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0]