21/04/16 05:32

お花見ドライブ

川向うに桜の並木道が見えます。
国道406号の小鍋地区、桜のトンネルです。
行ってみましょう。
4月12日のお花見ドライブです。

深く険しい渓谷の間に遠く真っ白い山が!
北アルプス唐松岳です。

大阪造幣局の桜の通り抜けは有名ですが、ここも桜の通り抜け。楽しいドライブですね。

たまにしかバスが来ない田舎のバス停。
向うの山の中腹には菜の花と桜がいっぱい!

さっき走ってきた道が見えます。街へ買い物に行くときはいつもこの道を通ります。

 

谷間の川べりまで下りて行くと、前から気になっている古民家があります。背景の岩山が凄い!

ずいぶん前から空き家になっていて、数年前までは三絃教授という看板がありましたが今は撤去されています。
三絃は三味線の別名だそうです。
渓谷の川沿いに三味線の音が静かに響くのは良い風情だったでしょうね。
壁に描かれた紋様は家主がご自分で描かれたのでしょう。良い趣味だと思います。

今度は高い所まで行って見ると、
険しい崖の上の山に集落が点々と見えます。
こんな所にも人々の生活があります。
昔は外界からは隔絶された場所だったので、忍者の里だったという話もあります。
近くに平家の落人伝説の村もあります。
ちなみに私の家は、この山の向こう側ずっと上の奥のほう車で30分で、こことは標高差が500mあります。

次は神代桜へ行きます。市街地にほど近い高台にあります。
いつもなら旧天皇誕生日の4月29日に見頃だったのに、今年は異常なくらい早いです。
右上の写真も神代桜に変更しました。
樹齢1500年とか2000年とか言われています。
この桜はソメイヨシノではなく野生種のエドヒガンです。
だから長命なのです。

長野市の市街地が眼下に見えて来ました。
お花見の名所城山公園が中央に見えますが、桜はもう終わっている様子で赤っぽい色に見えます。

 

家に帰って来ると、近所の家の裏庭にフキノトウがこんなにたくさん!
もう花が咲いてしまっていて食べられません。ここは別荘なので家主は夏しか来ません。
雪が全部消えるのはまだ先です。

この丸太が最近のトラちゃんのお気に入りです。
上で見張りをしたり爪とぎをします。
綱渡りの練習も(笑)
体操選手なら得意種目は平均台かな。

カテゴリ[ ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

21/04/02 00:33

雪解け

もう4月ですね。4月1日は聖火リレーで混雑するので、
3月31日に街へ買い物に行って桜を見て来ました。
7分咲きぐらいでお花見にはちょうど良いところでした。
不思議なことに梅も同時に満開でした。
東北など北国では梅と桜が同時に咲くんですが、桜が早くなっても梅は早くならず相変わらず同時に咲いています。

お花見というわけではなく、スーパーの駐車場からチラッと見た程度。
お花見用のご馳走もお菓子も買いませんでした。
なんだか気分が乗りません。コロナがまた急激に増えているせいもありますが、今年は桜が早すぎて面白くありません。
長野では史上最高に早い開花でした。
ありがた味がありません。ということで桜の写真はなし。
うちの桜が咲く頃になったらご紹介します。
だいたい3月に桜が咲くなんて間違ってます。
私が小学生の頃は校庭の桜は4月20日に満開でした。
春が遅いから嬉しいんですよね。

帰り道の道端にアズマイチゲが咲いていました。
絶滅危惧種だとかいう情報もありますが、たくさん生えています。
ここに来るまで見たことのない花でした。
この花は最高に大好きです。純白ですね。
たまにピンクっぽいのもありますよ。
うちの庭にも植えてあって葉っぱが少し出て来ましたが、花はまだまだ先です。
福寿草やクリスマスローズと同じキンポウゲ科で、福寿草より少し遅れて咲きます。
花が咲き終わると葉っぱは枯れてしまって、夏眠に入ります。どこに生えていたかわからなくなります。

トラちゃんのお散歩コースの「お花見広場」です。
雪解けが進んでいます。
今年はいつになく雪解けが早いです。
山桜の大木があって、4月末にはここでお花見ピクニックができるんですよ。
今年はもっと早く咲くと思います。

数年前の4月21日の写真です。上は落ちかかっている屋根の雪です。
こんなに気候が違うんです。前はこれが普通だったんですよ。
地球温暖化が急激に進んで、この土地には住みやすくなりました。(昭和30年代まで誰も住んでいませんでした)

1900mの山の頂上の雪も消えかかっています。
黄砂で山が少し霞んで見えます。
左端に家が一軒だけ見えますね。
こんな爽快な所に住んでみたいと思いませんか?
でもさえぎる物がないので風が強そう。冬は台風のような北西風が吹くんです。
周囲は高原野菜の広大な農場です。北海道を連想します。
ここは標高900mぐらいかな。
この場所は私の所よりも温暖なので雪はもう消えていますが、私の所にはまだ大量に残っています。
場所によっては人の背丈ほどの高さになっています。
それでも今年は平年の半分です。前は夏を越して万年雪になりそうなほどでした。

庭の畑に植えてあったキャベツの苗は雪でペチャンコになりましたが、今後復活してきそうです。
6月頃には丸い大きなキャベツが収穫できるかな?
初めてのチャレンジでしたが、ちゃんと冬越しできました。
右はロウバイです。やはりペチャンコです。
種から育てて12年ですが、まだ花は咲きません。
いままでは雪でペチャンコにはなりませんでしたが、今年はどうしたことか・・・
雪は少なかったんですけどね。
キャベツと違ってこれは枝が折れていてダメージが甚大です。
枯れることはないと思いますが、いつまでたっても大きくなりません。

アブラチャンが咲きました。
苗を植えて5年目、初めてで目出度いです。春真っ先に咲く花なんです。
サンシュユに似ていますが別種でクスノキ科です。
山にたくさん自生しています。

ナニワズも春一番に咲く花です。
北国の珍しい花ですが、黄色いジンチョウゲと言えばわかりやすいでしょう。しかし香りはほとんどありません。

早春には黄色い花が多いですね。
福寿草も今近所に咲いています。
「福寿草前線」が今到着。桜前線はいつかな?

さて、そろそろ巣箱の準備を。
毎年ヘビにやられて悲しい思いをするので、横に非常口を作りました。
外からは入れないけど、内側からは出られます。
時代劇で見た昔の武家屋敷を参考にしました。
敵の襲撃を受けたときに床の間の掛け軸をめくると、裏に隠し扉があってそこから逃げるんです。
巣箱の下には去年と同じようにヘビが登れないようにビニールシートのスカートを付けます。
しかしこれはどうやら完全ではないようでした。
ヘビとの知恵比べです。

嫌な冬がやっと終わりますが、これからはヘビや蜂や熊など野生動物が怖いです。
一番の心配は致死性の毒を持つスズメバチです。家に巣を作られたら大変!
巣は作り始めのうちに発見して駆除しないと。
大きな女王蜂を見つけて駆除すれば一番能率的なんです。
トカゲが冬眠からさめたので、他のいろんな動物も活動を開始する頃です。

トラちゃんは毎度同じです(笑)
変わりないのは元気で平和だということですね。日向ぼっこしてゴキゲンでお手入れをしてニコニコ。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

20/09/11 01:04

蕎麦の花

一面に白い花が咲いた蕎麦畑です。
蕎麦の名所戸隠の近くです。新蕎麦は11月?食べてみたいなぁ。
向こうに見えるこんもりしたのは高原花豆。煮豆にしてお正月に食べると最高です。

風にそよぐコスモス。
台風一過の青空です。
この写真は街へ買い物に行った帰り道で撮影しました。
家の場所とは気候がだいぶ違います。標高差は700mもあります。

ミズヒキです。小さい花ですが、拡大すると

ずいぶんリアルな熊ですねぇ(汗)
先日この近くで、犬の散歩中の女性が熊に襲われてケガをしました。犯人(熊)はまだ捕まっていません。

 

鮭の炭火焼き。すごく美味しい!
脂が乗っていたので煙がモウモウと出ました。住宅街では苦情が来ると思います。

トラちゃん、望遠鏡の守護神のように見えますね。
この長ーい望遠鏡は70年代の珍品で、火星観察に好適です。
手軽に使えるよう、三脚を軽くて丈夫な物に交換しました。
重量が以前の半分になり稼働率アップです。
火星は夜半後の天高く、異様なほどの明るさで赤く輝いています。
UFOかと思う人があるかもしれません。
これからますます接近して来ます。
望遠鏡で見ると、丸い土色の火星に白い極冠(ドライアイス)がクッキリ見え、青黒い模様がモヤモヤと見えます。
自転しているので模様は刻々と変化します。
火星への移住を真剣に考えている人がいます。私は絶対イヤです。すべて人工的な環境では、生きて行くのは無理だと思う。

良い顔に撮れました。お目々の輝きが(^_-)-☆
長年一緒にいると人間に似てきますね。

カテゴリ[ ]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

20/08/28 08:01

初秋の花々

右上の写真も小菊に変更しました。小菊の代表格ノコンギクです。
暑い日が続きますが、花の世界はもう秋です。

下から見上げる、人の背丈より高いコオニユリ、光に透かして見ると綺麗です。
これは夏の元気の象徴のような花ですね。

たくさんのヌルデが紅葉しています。
晩秋でなくても木が弱ってくると紅葉します。
カラカラ天気が続いたせいでしょうか。

栗ができてきました。

こうしてススキを拡大してみると花だとわかります。
ワレモコウは秋を感じさせますね。

ヤブマメ。つる草です。月見草(マツヨイグサ) コウゾリナ。
タンポポに似ていますが、背が高いです。雑草もよく見ると美しい。

キンミズヒキ、秋のキリンソウ。

ヤマハハコ。
黄色いのはオミナ(女)エシ、白いのはオトコエシです。昔の人は面白い事を考えますね。

 

お散歩に行こうかと思ったのに、庭と道路の境目で座り込んでしまいました。

無防備な姿で寝てしまった。こんな所で寝ると危ないよ。

起きたぞ^^¥ でも片側だけイカ耳だ→

結局やっぱり寝ました (-_-;)

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

20/08/07 00:39

もうコスモスが!

まずネオワイズ彗星です。
こんな素晴らしい大彗星は10年以上ぶりでした。
一番明るい時は1等星になったらしい。
しかし、まったく晴れず。
やっと撮影に成功したのが7月31日の夕方。わずかなチャンスでした。
彗星の多くはこのように美しい青緑色をしています。
翡翠色と表現する人がいます。
西の空低くて、すぐに木の陰に隠れてしまいました。
空が青いのは月明かりです。手前の木も明るく、まるで昼のようです。
満月に近い月が邪魔をして、尾はわずかしか見えませんでした。
この後彗星は地球から遠ざかって暗くなり、満月になったので彗星は見えなくなってしまいました。
しかもいつも夕方になると曇ってしまいます。

7月初旬から中旬に晴れて欲しかったのですが、まったくダメでした。
7月19日には薄雲を透して双眼鏡で一瞬だけ見え、尾の長い見事な姿でした。
しかしすぐに雲に隠れてしまいました。本当に一瞬でした。
写真には撮れませんでした。
沖縄では梅雨明けが早かったので、見事な写真が撮られていました。
青と白の長い尾が何本も伸びていて壮観でした。
二度と見られないのが残念です。

 

もうコスモスが咲いています。

裏庭にヤマユリが咲きました。こんなにたくさん!
香りが素晴らしいです。

ツリガネニンジンの花は可愛いですね。
人参ではなく桔梗の仲間です。
白いのもありました。種類が違うのかな?花の形も若干違います。

オトギリソウの一種。菜の花ぐらいの大きさです。
大きなセミが出て来ました。エゾゼミです。このセミはミンミンとは鳴きません。ここには他のセミはほとんどいません。
この草はワラビです。今でもまだ食べられます。

ルリタテハ。
年に1回ぐらいしか見られません。ラッキーでした。

 

とても美味しいキノコを収穫。ヤマドリタケモドキです。
オリーブ油で炒めて味付けは塩だけ。素晴らしい旨味です。
加熱するとほんのり紅色になるのはヌメリイグチと同じです。
ドイツで一番人気のキノコだそうです。ソーセージやポテトによく合う味です。

 

この前トラちゃんが乗っていた鏡台は、このように使います。
もう1枚の鏡はカメラ三脚に取り付けてあって、角度が自在に変えられます。
散髪を自前でやることにしました。お金も節約できるし一石二鳥です。
これも新しい生活様式ですね。
先日は県内の理容店でコロナ集団感染が発生しました。

ルンルン気分でお散歩に行って草を食べました。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]