18/10/13 01:18

鉄の枕 (^_^;)

トラちゃん(=^・^=)
鉄の枕ってそんなに気持ちいい?
ヘンな趣味だねぇ。

トレーナーを脱ぎ捨てておいたら、抱きついて寝ていた。
こういう事は皆さんも経験しておられると思います。
飼い主の事が本当に好きなんだ、と微笑ましい気持ちになりますね (^^♪

 

ついに発見!何年ぶりかのベニテングタケです。
いや、何十年ぶりかも。
うちのすぐ隣の空き地に出ていました。
庭に生えてくれると嬉しいんですが。
観賞用には良いですね。

森の小人とベニテングタケ。
童話の挿絵などに使われていますね。
西洋では毒キノコなのに皆に愛され、縁起が良いとされているそうです。

食用のタマゴタケに似ていますが、タマゴタケは夏のキノコ。今はもうありません。
ベニテングタケは傘に白いポツポツがあって、柄は白いです。タマゴタケの柄は黄色でだんだら模様があります。
どちらかと言うとタマゴタケのほうが外観は毒々しいです。

隣に小さい可愛いのも顔を出していました。
卵のように見えるのはタマゴタケだけではなく、ベニテングタケも同じです。

折れた白樺の幹から生えたキノコ。
去年も同じ場所に生えました。去年は知らなかったので警戒して食べませんでしたが、その後これは食用のヌメリスギタケモドキとわかりました。
去年はもっと大きいのがたくさん出たんですが、今年は小さくて残念(-_-;)

左は去年の写真です。数日前には見事だったんですが、この時はもう腐ってしまっていました。

間違いやすい毒キノコがないので安心です。
別名キナメコ。
ナメコに似ていますが、より美味しいと思います。
シンプルに醤油だけで食べました。
とても結構なお味でした。
またひとつ食用キノコを覚えました。

 

妻の畑でミニトマトがたくさんできたので、トマトソースを作って、ナポリタン(??)
を作ってみました。
ナポリタンには市販のケチャップを使うのですが、あれは甘くて美味しくないです。
でもそれがナポリタンの味なのですよね。

ですが、今回は辛目の味にしました。
ナポリタンにソーセージとピーマンは必須。
ブラウンマッシュルームも。
青いピーマンは家でできた物、赤いパプリカは買った物です。
パプリカから甘味と旨味が出ました。イタリアンパセリを散らしました。
アサリも入れて、コンソメスープを入れたのでとても美味しくなりました。
食欲無限大になってしまいます。いくらでも食べられます(*^o^*)/

しかし、いくら食べても体重が増えず。
減る一方で心配になったので、3ヵ月前から筋トレを始めました。
そしたら確実に効果が表れ、少しずつ体重が増えて理想の体型になってきました。
運動不足だったのですね。運動って大切なんだと実感しました。
その話は今度またいつか。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/09/23 00:22

ひょうたん島(=^・^=)

秋深し
ひょうたん島
タオルケットの海で眠りにつく .+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

 

美しいブルー系のタテハチョウの撮影に成功!
ルリタテハです。この前の孔雀蝶よりも珍しい。
タテハチョウの仲間は成虫のまま冬越しをして、来春に子孫を残します。
雪深い土地では薪置き場などに隠れています。

 

ウワミズザクラが実って収穫しました。これはかなりの老木でした。
家の庭にも小さい木が2本ありますが、実が収穫できるまでにはかなり年数がかかるようです。
黒光りしたピカピカの実は美しいですね!

サクラという名には似合わない、春にはこのような花穂を咲かせます。
これも天ぷらや塩漬けなどで食べられますが、何と言っても秋に実った赤黒い実が美味しいのです。

ホワイトリカーに漬け込んで果実酒を作ると素晴らしく香り高く、色鮮やかです。
漬けて3日でこんな綺麗な色になりましたが、3ヵ月以上熟成させると完成です。2年熟成だとさらに美味しい。
しかし、この実は高い所にあるので収穫は高枝切りハサミを使って上を見上げて大変な作業になります。
低い所にはなかなかありません。

今年はキノコが大豊作(^◇^)
これはショウゲンジです。飯田市にある正源寺の和尚さんが村人に広めたのが由来だとか。
見た目が良く食感が良いですが、味はイマイチ。それで、味がわからないようにゴマ油で味噌炒めにしてみたら結構美味しく食べられました。
まるで正露丸のようだった悪臭や苦味が消えて、キノコ独特の旨味が出ました。
野生のキノコは、なかなか難しいです。
一般の方々には、スーパーで売られている栽培物のほうが良質でずっと美味しいと思います。

今後は秋本番で、美味しいクリタケやシメジ類が期待できます。
しかし、もうキノコは多すぎて飽きてきました(^_^;)

 

心機一転、パソコンが新しくなりました^^¥
容量は160GBですが、私の場合は10年前からの画像ファイルなどなど全部保存されていて、それでもまだ半分は空いているので余裕です。

いや、新しくなったのは中身のソフトウェアだけなんですが、パソコンを買い替えたのと同じ効果です。これで2年後まで安泰です。
今年の4月に出た最新版「Lubuntu18.04」をインストールしました。
もう少しサポート期限が長いと嬉しいのですが。
前の情報はすべて消去されてしまうので、メールや画像・文書ファイルなどなど個人データの引っ越しが面倒でした。
そのまま「アップグレード」もできるようですが、その方法だとシステムトラブルまで引き継がれてしまう心配があります。
全部消去してインストール(クリーンインストール)すれば新品のように好調なパソコンに生まれ変わります。

私が使っているのはLinux系のLubuntuというマイナーなOSなんですが、UbuntuというメジャーなOSならサポート期限は5年間です。
しかしUbuntuは重いので新しい高性能なパソコンに買い換えないと動きません。使い方もWindows10に似ているらしいので慣れるのが大変です。
Lubuntuの場合はWindowsXP世代のパソコンでもまだ実用になります。すごい省マネー効果です。

旧版と使い方がほとんど変わらないのも安心です。前と95%同じでした。動きは前より軽く鋭敏になったような気がします。
壁紙は銀河の星のようなデザインに変わりました。

気になったのは字体(フォント)が変わった事です。前のほうが良かった。

上が旧版、下が新版。
字体は使っているソフトウェアの違いによって微妙に変わるんですよね。
だから私がこちらで見ている字体と、皆さんがそちらで見ている字体は違うかもしれません。
たとえばFC2ブログでもサイトによって違います。
好みのフォントをインストールして字体を変える事もできますが、面倒なのでこれに慣れる事にします。

私の場合WindowsはMeが最後で、その後のXPは少ししか使ったことがなく、Vista以降は触れたことさえありません。
今使っているLubuntuは慣れ親しんだWindowsMeとほとんど同じ使い方で行けます。

11年前にLinux系に乗り換えたときはFedora7というアメリカの会社の物で入門し、これは意外にもトントン拍子で順調にでき、なによりネット接続の設定が簡単で、自力で一発で成功したのは幸運でした。
Windowsのときは難しくて大苦戦だったのでした。Meはなんとかできましたが、XPはネット接続が結局できずに諦めました。今はWindowsも改良されて簡単になったのでしょうね。
Fedora7はとっても使いやすく安定性に優れていたので、フリーズに悩まされたWindowsMeとは別世界!
これは記念に残しておくべきでしたが、消してしまいました。残念!
これを消して何を入れたかと言うと、イギリスの会社のUbuntu8.04(2008年4月リリースという意味)でした。これまた最高に優れたOSで今でも使える状態に保っています。これが何と無料なんですから信じがたい事です。

この鳥は不死鳥のように見えます。
WindowsMeだったノートPCにインストールしてあります。もちろんWindowsMeは消去してしまいました。
18年も前のPCですが故障もなく、ちゃんと使えます。しかしUbuntu8.04もサポート期限がとっくに切れているので、セキュリティの問題でネットには繋げません。

パソコンがどんどん高性能化してソフトウェアも新しくなるのは、便利な機能の獲得というよりも、セキュリティの問題への対処なんですよね。
ネット犯罪が増える一方ですから。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/08/29 05:39

トラ車に遭遇 (°◇°;)

私は野球には興味ありませんが、
世の中には熱烈なファンがいるものですね(汗)

先日信号待ちのとき「猛虎タイガース」
の車が隣にいたのでビックリしてしまいました(@_@;)

しかし大阪ではなく長野ナンバーだったんですよね。長野ではタイガースファンは少数派だと思いますけど。
車種は目立たない地味な車でした。よくお手入れされピカピカでした。

 

この写真ここでは2度目になりますが、うちの近所にも熱烈なトラファンがいました。
こっちはちょっと過激です(°◇°;)

全体がトラ模様になっているし、名誉の負傷も(^_^;)
黄色のガムテープなんて、よくあったものですね。

この車もトヨタでしたが、トラファンはトヨタ車が好きなのでしょうか?
トヨタの本拠地は愛知県なのでドラゴンズだと思うんですけど。
実は・・・
コレ、建設会社の営業車だったんですよ。
コレで取り引き先回りとか、お客への対応とか、
いくらなんでも、こんなトラ車では仕事にも支障があるでしょう(笑)

このトラ車は廃車になり、この人今は地味な古い軽自動車に乗っています。

猛虎といえば、この顔。
トラちゃんのお父さんはマフィアのボスみたいな顔でした(汗)
白いお饅頭のようなお手手は可愛いですね。
触ったことはありませんでしたが、フライドチキンをあげたら目の前で喜んで食べました。飼い猫だったのかも。

よく見ると顔はお父さん似です。
お母さんは細長い顔をしていました。
バケツの水を飲もうとしています。
このときのトラちゃんは生後6ヵ月ぐらいで可愛い盛りでした。

シシャモをテーブルの上に置いて、ちょっと目を離したら下へ引きずり落として食べようとしていました。
「シシャモ泥棒!」
いままでこんな事はありませんでした。
人間の食べ物に手を出すことはありませんでした。
「お食べ♪」と言ってもシシャモは食べませんでした。
食べるのはカツオだけだったんです。

このシシャモはよほど美味しかったとみえ、喜んで食べました。でも塩分があるので猫には有害です。少しだけにしておきました。
普通のシシャモは卵の入ったメスですが、これはオスです。メスに比べるとずっと安かったので試しに買ってみたら美味しい!
オスのほうが美味しいかもしれません。メスは卵のほうに栄養を取られてしまうのかも。
猫は本当に美味しい物を知っているのですね(=^・^=)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/07/25 04:35

夕涼み

先日トラちゃんが見つけた「エモノ」は蝉の幼虫です。
生まれたばかりの蝉は黄緑色ですが、やがて茶色になります。
野良ちゃんは蝉やバッタなど昆虫も食べます。

右見て左見て、エモノさがし。怪しい者は来ないか?
日もとっぷりと暮れて、野生の本能が目覚める(ФωФ)
夜遊びダメよ(^_^;) 性格が豹変してしまいます。

そういえば、あの幽霊ネコちゃんはその後一度も見ていない。やっぱり幽霊だったのかも。

午後の強烈な日差しに当たって毛づくろい。
日光消毒かな?
人間は年をとると暑さを感じにくくなるというけど、猫も?

(;゜ロ゜)エェ??(爆)

 

ユウスゲが咲きました。
夕方咲いて翌朝しぼみます。だから写真がなかなか撮れません。

遠くからでも輝いて見える美しい黄色です。
ニッコウキスゲとは色も咲く時季も全然違います。
ユウスゲは平地にはありませんが、植えれば育ちます。

 

新居の庭の家庭菜園です。
ズッキーニは価値ある野菜です。栽培は簡単。
一株植えておけば食べきれないくらいできます。
晩秋まで継続して収穫できます。

ブルーベリーは今春植えたばかりですが、早速実を付けました。普通の2倍ぐらいある大きな実で驚きました。品種が良いのでしょうね。

他にもナスやキュウリなどなど、いろいろ作っています。
こんな巨大なニンニクは初めて見ました。タマネギほどの大きさです。
これは最初から植えてあった物です。品種が違うのか、肥料が良いのか、植えた人に今度聞いてみます。
下の小さいのは子供です。これを植えて増やしますが、2年かかります。
普通は大きいほうを植えて翌年の収穫です。種苗店で買わなくても、スーパーで買った中国産ニンニクでも簡単に栽培できます。

うちのほうは高原なのでワラビがまだ出ています。毎日少しずつ収穫できます。

 

可愛いアカガエルが来ました。
数年前まではよく見ましたが、最近は珍しいです。なぜか減ってしまいました。

オタマジャクシは足が生えて来ました。これはアオガエルの子です。スイレンの葉っぱをかじっています。
今年は天敵のチビヘビが来ないので順調に育っています。

オタマジャクシのおかげで水が浄化されました。
それまではドロドロの緑色だったんです。
プランクトンを食べているのですね。

水が綺麗になったので、朝になると小鳥たちがたくさんやって来て水浴びします。
そのときはオタマジャクシは深く潜って隠れます。
この水場は10種類ぐらいの小鳥たちが、仲良く共同で利用しています。小鳥たちの社会、大したものだと感心します。

カテゴリ[ ]   コメント[4 ]   トラックバック[0] 

18/07/15 05:07

幽霊?

やっと雨が止んで、久しぶりに星が見えた夜のことです。
雨で空の塵が洗い流され、空はとても綺麗でした。

天体望遠鏡を出して、いて座のM17星雲を見ていました。
南の空低く、松の木の頂ギリギリの位置に見えます。
湖面に泳ぐ白鳥のような形をしています。
背景には無数の星!

この写真はあまり良く写っていませんが、
本当はもっと星が多いです。

そして、レンズから目を離して前を見たら、
わずか3メートルぐらいの近くに白い物が(°◇°;)
危険な野生動物!?
背すじがゾクッと寒くなって「シッ!」と言って追い払いました。

動物は裏庭へ逃げました。
懐中電灯で照らしてみたら猫です。
5年前に天国へ行ってしまったサクラに似ています。
夜だったので写真は撮れませんでした。

これがありし日のサクラです。
逃げてしまって「森の猫」になったときです。

この白っぽい猫は裏庭からなぜか家を一周して、また表へ出てきたので
「ネコちゃん」「サクラちゃん?」と呼んだら一瞬こっちを見ましたが、前の道路へ帰って行きました。

サクラよりも白い部分が多かったですが、鳥にたとえれば鶴のような細長い体形はよく似ていました。
ちなみにトラキチは色も体形もウズラです(笑)

いままで一度も見たことがない猫です。
だいたい、この土地には野良猫はいないし、猫を見るのは年に1回ぐらいです。

あまり警戒心がないので飼い猫でしょう。
まさか捨てられたわけじゃ・・・
最初に追い払うことをしなければ、寄って来たかもしれません。
しかし真夜中に突然ですから驚きました。最初は白いキツネかと思って怖かったです。
(稀に白いキツネがいるそうで、剥製を見たことがあります)

あれから何日かたちますが、その後見ていません。
また来てくれると嬉しいのですが。
それとも、あれは幽霊だったのか・・・

昔の写真を引っ張り出して来ました。
こんなに仲良しだったのに・・・

 

さて日常に戻って、庭で遊ぶトラちゃんとキノコです。
このキノコはツルタケ。茶色っぽいのもあって、それはカバイロツルタケ。夏にたくさん出ます。
どちらも食用だそうですが、食べたことはありません。猛毒種が多いテングタケの仲間なので敬遠です。
こういう危ないキノコほど美味しいのでしょうね。

トラちゃん、キノコを倒しちゃダメですよ(^_^;)

 

極楽の顔でお昼寝です。

 

あくる日も。
昼下がり、緑の中のお昼寝は最高ですね(^◇^)
こんなにぺちゃんこです。

足がずり落ちてる(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]