17/08/14 05:26

お盆

今回は古タンスのレストア記事の予定でしたが、急きょ変更。タンスの記事は次回になります。

皆さんのお子ちゃまはお利口にお墓参りできましたか?
うちは、最悪でした(≧ω≦*)
牙をむいて怒り爆発(;゜ロ゜)ヒェ〜ッ
お墓の前でそんなに怒ったらバチが当たるよ!

妻が来たので、いきなりいい所を見せようとしたのがいけませんでした。
慣れない人が来ていたので、緊張と恐怖だったようです。
いつもは機嫌の良いときに、慎重にお墓の前に連れ出していました。
だから、お利口にお墓参りできたのでした。

一応神妙な態度で両手を合わせていますが、もう我慢の限界!という表情ですね(笑)

お墓にいるのは4年前のサクラちゃん。すごく賢そうな顔ですよね。トラちゃんとは仲良し姉妹でした。

それと9年前のミケ丸姉さん。結局仲良くできなかった。
この写真、子猫のような可愛い顔をしていますが10歳過ぎています。

そのずっと前のニャゴ丸大姉様の事は、トラちゃん生まれる前なので知りません。
たった5年の命でしたが、とても賢くて最高に良い猫さんでした。

木下藤吉郎のようにスリッパを温めてくれています(^O^)/

トラちゃんも今は12歳になって成長したので、人格(ニャン格)的にも立派になって諸先輩方に近づいて来ました。
猫は10歳過ぎるとドンドンお利口になるようです。

 

トラちゃん、この前はおばちゃん(妻)に叱られなかったので安心してタンスに入るようになりました。もう自分の物と思っています(^_^;)

リラックスしてお昼寝してしまいました(^^♪

上の段もいいですね〜(^◇^)

 

ヤマユリの花、その後ますます見事に咲きました。
しかし毎日天気が悪くて綺麗な写真が撮れません。

コオニユリも。
今年はユリの当たり年です。
今までじゅうで一番見事です。

桔梗が咲きました。
これも秋の七草です。

キノコマニアの方へ。
昨日撮影のマツオウジです。枯れた松の木から生えます。
初夏のキノコですが今年は遅い。松茸のような風味で美味しいですよ〜

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/08/04 15:41

後ろにエモノが!(笑)

トラちゃん、後ろに何かいるけど・・・Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
呑気な猫だと思ってバカにされてるみたいだよ〜(≧m≦)ぷぷ

この状態で気が付かずに15分もこのままでした(笑)
トカゲさんも結構冗談が好きな性格のようですね。
まさか猫より賢いって事はないと思うけど、爬虫類って意外と頭が良いです。鳥と同じぐらいか、いや例えばヘビは爬虫類ですが鳥よりも賢いかも?

桐のタンスのレストア、まだまだ続きます。
引き出しが終わったので、今度は本体の3分割が来ました。
横の金具が壊れていたり、後ろの板も外れかかっていたり、修理箇所が多いです。
室内に置くとトラちゃんに爪とぎでボロボロにされてしまうので、外に置いています。

ところが・・・
トラちゃんの巣箱になってしまいました(^_^;)
妻が見たら「猫厳禁!!」
と怒るでしょうけど、オジさんは甘いからネ〜(*^o^*)/
でもキズにされないよう、ちゃんと監視していますよ〜

何も知らないトラちゃんはゴキゲンです〜(=^・^=)

 

今高原ではリョウブの白い花が綺麗です。

リョウブの拡大です(左)
とても良い香りがします。美味しい蜜があるらしく、蝶が集まります。
春先の新芽は天ぷらで食べられます。
幹は炭焼きの材料として優秀だそうです。
すごい繁殖力でドンドン増えるのも良いです。

ナデシコ。秋の七草です(右)
子供の頃は道端などで普通に見られましたが、最近は激減。

 

ヒヨドリバナ。
これにも蝶が集まります。
これも秋の七草で、フジバカマの代用品です。
もう高原は秋の気配です。
写真はありませんが萩の花も咲きました。

 

秋の虫。ツユムシです。「ツツツツ♪」と鳴きます。
垂直な壁に止まっています。
これも最近は激減。
子供の頃は市街地にもたくさんいましたが、今はこんな山奥に少しだけしかいません。

オトギリソウ(右)
種類が多いので何オトギリなのか?不明です。
これは菜の花ぐらいの大きさです。

 

栗のような形をした面白いキノコ。
ツチグリです。
まさかこれが食用とは知りませんでした。
数冊あるキノコの本、これ1冊だけに食べ方が書かれていました。

上の栗の形に開いたのは、胞子を放出して干からびた去年の物です。
その下の土を掘ってみたら、ありました^^¥
まるでトリュフのよう。
地上に顔を出したときは、もう食べられない状態だそうです。

茹でて食べてみました。煮たらずいぶん小さくなりました。
味付けはシンプルに醤油だけ。

これは旨い!
本に書いてあるとおり、黒くなったのは固くて苦くて食べられませんでした。
皮は歯ごたえが良く、内部の白い所は豆腐のような食感です。
和製トリュフと言っても良いでしょう。
和食に合う美味しいキノコです。
これできのこ飯を作ったら贅沢ですね〜♪

 

サントリー金麦のシールを集めて応募したら景品が届きました。
これは当たるんじゃなくて、必ずもらえるんです。
去年ももらいました。
高級なお料理を少量入れるのが似合う、上品な小鉢でした。

今年は大きめのお茶碗を選びました。
大盛りご飯にはちょうど良い大きさです。お茶漬けやうどんにも良さそうです。
京都たち吉ですから高級品です。
※トラ吉(=^・^=)ではなく「たち吉」です(笑)
器が良いとご飯も美味しく楽しく食べられますね。

カテゴリ[ ]   コメント[21 ]   トラックバック[0] 

17/05/30 22:55

トラちゃんの誕生日 (*^o^*)/

元々は野良猫の子だったトラちゃん。

12歳になりました。
誕生日はお母さん猫に聞いてみないとわかりませんが、
たぶん今頃だろうと。

昔住んでいたアパートの隣の空き家で生まれたらしいです。
これは9月頃だったと思いますが、飢えた子猫でした。

もっと小さいとき、お母さんのお乳を飲んでいました。
これは8月頃だったかな。

お母さん猫は近所の人の話では、元々は飼い猫だったのに引っ越しのときに置き去りにされてしまったのだとか。
6匹もいたきょうだいたちは、次々と姿を消していまいました。
まったくの謎です。
誰かにもらわれて行って幸せになっていれば良いのですが・・・
最後に残ったのがトラちゃんだったのです!

 

お母さん猫

お父さん猫はボス猫同士の闘いで傷を負い、バイ菌が入って死んでしまったそうです。(近所の人の話)
怖い顔をしていますが、優しい子煩悩な猫で、時々我が子の様子を見に来ていました。

 

お誕生日で大好物のカツオを満喫

 

山菜の季節がやって来ました (^_^)/ 
庭で収穫できる物だけでもこんなにバラエティに富んでいます。
これで全部ではなく、他にも食べられる山菜がいろいろあります。
しかし普通の野菜と違ってアクが強いので、たくさん食べる物ではなく、あくまで珍味です。

上左の丸い葉っぱはヤマブドウ。ブドウのような酸っぱい味がします。

その右がツリガネニンジン(トトキ)これはアクがなくて山菜としては最良。ホウレンソウと同じようにして食べられます。
左下はギボウシ、その右がアマドコロ、その右はノコンギク(ヨメナ)右端はギョウジャニンニクです。

天ぷらにするとアクがなくなるので、一番良い食べ方です。
それでもたくさんは食べられないので、お上品に少しだけ。
ヤマブドウはたくさん生えていますが、ブドウの実がなるまでには10年以上かかるので葉っぱだけ利用します。
アマドコロはほろ苦く、ギョウジャニンニクはニンニク臭があって美味しい。なかなか増えないので貴重品です。
ノコンギクは春菊のような風味です。
他はほとんど無味無臭といった感じでした。

 

庭に自生していたウワミズザクラに初めて花が咲きました(左)
「桃栗3年柿8年」と言われますが、これは8年ではまだダメなようで咲くまで10年ぐらいかかります。
秋にはブドウのような実がなって食べられます。果実酒用です。

ズミの花(右)
別名コリンゴ。秋には小さい赤い実がなって食べられますが、ほとんど種ばかりです。リンゴのような風味です。
これも果実酒用。

 

裏庭に去年初めて生えた野生のランの一種、ノビネチドリが今年も咲きました!
こうして見ると大きい感じに見えますが、菜の花よりも小さい花です。
去年初めて見て感激しました。近所に生えている場所は見つかりませんが、今年はかなり離れた場所で見つけました。
ここよりもずっと低い山の道端の土手にありました。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

17/05/26 16:57

安曇野

23日に安曇野市へ行って来ました。同じ長野県内ですが片道3時間もかかるので、数年ぶりでした。

長野と違って川の水が綺麗で、水量豊かです。
これは北アルプスの雪解け水の恩恵です。
※安曇野市はいくつかの町村が合併して、最近できた新しい市です。松本市の北に隣接しています。

目的地は豊科近代美術館で、
岩橋崇至 山岳写真展。

圧倒的な迫力の畳一枚分ぐらいの大判の写真が、なんと120点も!
3000m級の山で、12時間もシャッター開きっぱなしで撮った星の写真もありました。
アラスカの北斗七星とオーロラも。
花の写真も素晴らしい!

悪天候の中、厳しい気候の中、命がけで撮った貴重な作品も多かったです。
北朝鮮の白頭山の写真もあってビックリ!
外国の山は、木も草も生えていないような砂漠地帯が多く、日本がいかに緑豊かな恵まれた環境なのかわかりました。
6月4日までやってますので、お近くの方も遠くの方もぜひどうぞ。

こちらです(^_^)/
http://www.azumino-museum.com/

常設展は上質なブロンズ像がすごく多くて、見ごたえがあります。絵画も多数ありました。
碌山美術館が近いのでその影響か、彫刻家を志す人たちが集まる場所らしいです。

美術館の横の庭園です。バラがいっぱいでした。

美術館の入り口に咲いていたバラは最高に綺麗でした。

 

次に行ったのは国営アルプスあづみの公園。
広大な敷地で、全部回ることは不可能、まるで遠足です。
室内の展示を見て来ました。
大きな水槽がたくさんあって、いろんな川魚が展示されていました。

これはイワナ。30cm以上ありました。
小さいときはヤマメに似た美しい模様があります。

ヤマメは少し小さいです。イワナもヤマメも最高に美味しい魚です。

 

これは面白い!
カジカは須坂市の鮎川にいる、と小学生の頃友達に聞きましたが、自分で捕まえたことはありませんでした。
5cmぐらいなのか?と思っていましたが、これは15cmぐらいあってビックリ (@_@;)
安曇野にはカジカ料理のお店があると聞きました。
希少な魚なので、かなり高価だと思います。

綺麗な水にしか住めないシマドジョウ。
左側の面白い顔したヤツはカマツカ。これは長野市の犀川にもいます。

昔の農家の室内を再現した展示室もあって、猫つぐらがありました(=^・^=)
皆がこのぬいぐるみを撫でて行くらしく、手垢が付いて汚れていました (^_^;)


さて、ここからは家の猫グッズです。

一昨年Gaviちゃんにもらった猫ひげスタンドで〜す。
トラちゃんのヒゲがやっとたまったので、こんな具合に♪

これは東京赤坂TBS前のお店で買った箸置き。
20年ぐらい前に買った物ですが、しまい忘れ最近やっと出て来ました。

オヤジ寝ネコ。
中に電池を入れると、右手をグルグル振り回します(笑)

 

お庭で見張り番のトラちゃん。
怪しい人は来ないか?怪しい動物は来ないか?
しっかり見張りをしてくれるので安心(??)です。
先日の早朝には珍しくキツネが通りました。

【番犬昼寝】
玄関前でお昼寝トラちゃん。番犬(ばんにゃん)の役目は果たせませんねぇ(^_^;)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

17/02/18 13:08

いいお天気だニャ〜(=^・^=)

さて、今回はトラちゃんが主役です(*^o^*)/
先日16日は最高のお天気で暖かくて、本当の春のようでした。
 

その翌日も暖かくて雨でした。2月に雨が降るなんて異常です。
冬季国体のスキー競技は雨の中行われました。

トラちゃんの日光浴用のウッドデッキ、雪を完璧に片付けて乾燥させて掃除したので気持ち良いです。
これがその全景です。
庭の雪の山から見下ろして撮りました。

ブラッシングしてもらって、ご機嫌です。ゴロン(^^♪

伸びぃ〜(^◇^)            お昼寝しようかな。

 

猫草が美味しそうに育ちました。外で食べると最高です〜o(^-^)o
種から育てていて、冬は苦労します。
鉢ごとプラケースに入れて温室のようにして、暖かい室内で育てます。

 

たっぷり日光浴したので外遊びは終了かと思いきや、お散歩に行く! と言います。
元気ですねぇ^^¥

左のこの足跡の主(野生動物)は、道路を横断して大ジャンプ!
路側の1m以上の雪の壁に跳び乗ったとみられます。

右の写真、大きい足跡も (°◇°;) これはお散歩のワンコかも。

 

今回は帰り道も尻尾が立っていました(^_-)-☆

 

土が凍ってウッドデッキが盛り上がって来る・・・
これです。この前修正したのに、また盛り上がってきました。段差2センチぐらい。
2〜3日暖かくても地下の氷は解けません。

下はこうなっています。このネジで調整します。

久しぶりに出かけてみたら・・・
近所の別荘の屋根の雪 (°◇°;)
家主は品川ナンバーの人で、夏にちょっと来るだけ。去年は来ませんでした。
冬は放置ですが、もっと積もったこともあったので、この程度の積雪なら大丈夫。

右のこの家は、もうダメ(~_~;) お気の毒です。

 

うわぁ〜!!ひどいですねぇ。
この地区は町へ出る途中の場所で、うちより雪は少ないのですが。

 

うちの庭です。
屋根の雪は綺麗に落ちています。人が住んでいる家は暖房の熱が屋根を裏側から温めるので、雪は自然に滑り落ちます。
しかし、空き家だと凍りついてしまって落ちません。

庭に積み上がった雪の山。
今年はまだ少ないほうです。しかし駐車スペースを作るのに苦労しています。
一昨年はすごい大雪だったので、雪の山が屋根まで届きそうでした。屋根に上って遊ぼうかと思いましたが・・・(笑)
うちの屋根は、これは二階の屋根なので普通より高いです。

 

せん龍へ行って念願の玉子丼を食べました (^_^)/
新入社員で東京にいた頃は、近所の蕎麦屋でよく玉子丼を食べたものです。
あれ以来かもしれません。
東京の蕎麦屋には「とじ蕎麦」(玉子とじ)というのもありました。
安くて美味しかったんですが、長野では見かけません。

高級感のある器ですね。フタ付きというのが良いです。
最近の全国チェーン店のカツ丼などフタは省略です。

チャーハンには付いていなかった紅生姜ですが、付いていました。前回たまたま切らしていたのか、忘れたのでしょう。
玉子丼の場合は、紅生姜ではなくミツバにすれば、高級感あって美味しいと思います。

とても美味しくて大満足でした。580円ナ〜リ。
(親子丼は680円です)
ダシのきいた味噌汁が特に美味しかった。八丁味噌がブレンドされたような味でした。
カツ丼や親子丼よりもシンプルで良い感じです。栄養的にも十分です。
昭和の頃は、これでも贅沢品でした。
今度家で真似して作ってみたいです。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]