17/11/17 05:18

積雪

昨日の朝、トラちゃんが日光浴する台が真っ白でした。
気温は高いので昼には消えましたが。
夕方から晴れて星が輝き、どんどん冷え込んで今朝は−5℃。
これまでの最低が−3℃だったので少しだけ更新です。

最近は冬の前半12月に突然の大雪に見舞われる事が多い。
昔は大雪は2月頃だったんですがね。
一晩でいきなり1mも! ドッサリ積もって玄関が開かないとか (≧ω≦*)
そういうときは窓から出るわけです。
新潟県境には二階の窓から出入りする地方もあります。

キーンと寒い日ではなく、妙に生暖かい日に雪が降るんですよ。
東京あたりとは寒さの基準が違いますけどね。
東京だと雪はめったに降らないし、「氷点下」と言っただけで震え上がりますが、この土地では昼間の最高気温が−10℃という事があります。

0℃だと、今日は暖かいという事なんです。

東京から弟家族が来ると寒い寒いと大騒ぎです。
(もっとも、ここまでは来ず、須坂市の実家ですが)
着ている物が全然違うんです。あれじゃ、寒いのは当然だ(~_~;)
さすが都会の人。高級なダウンジャケットを着ていますが、下着は夏と同じなんです。

ヘンな話で恐縮ですが、子供の頃は最高8枚も着て学校へ行った事がありました。友達と「何枚着ているか?」と自慢し合ったものです。
女の子は「毛糸のズロース」が必須。母は男物でも「ズロース」と言ってましたけどね(笑)あれ?これってもう死語かな?
”ラクダのももひき”とか、真綿の”チョッキ”も暖かかった。
毛糸の腹巻きもしてたと思います。
”ラクダ”は今でも愛用していますよ。上下ともラクダで決めてます。CAMELって言うとカッコいいけどね(笑)
本当に寒い夜は毛糸の帽子(ニット帽)をかぶって寝ます。

今だからまだこのように饒舌ですが、真冬の本当に厳しい季節になると無口になります(-_-;)

 

NEccoSunさんちのサスケくん、うちのトラキチと同い年です。
紀文の餃子の箱が大好きなんです。
この箱のサイズとか素材とか匂いが猫に好まれるのか、と思って私も探していますが見つかりません。
売り場に紀文の餃子はあるのですが、空き箱がないのです。もしかすると猫好きの人が先にもらって行ってしまうのかも?

ところが、どっこいしょ。
「太郎の箱」がありました^^¥
ドイツ在住のalpenkatzeさんちの太郎くんと同じ名前のお菓子です。

とても美味しいんですよ。食べだすと止まらなくなります。和風の味で渋茶に良く合います。

はちみつ太郎
なんて甘々のトラちゃんにお似合いですね(^^♪
自分からは入らなかったので、抱き上げて箱に入れてやったら一応は喜んだみたいですが、すごくお気に入りというわけでもなさそうです。

角にスリスリしたり、ボロが出ている場所をさらにボロボロにしようとしたり(笑)

結局、今の季節はホカホカのお布団のほうが良いみたいです。

暖房完備の暖かいお部屋で、ぐっすり気持ちよくお寝んねです(*^o^*)/

 

キノコ大好きのpilさんへ。
キノコ狩りの季節は残念ながら終了しました。
もしかすると、これからムラサキシメジやナメコに出会えるかもしれませんが。
今回はスーパーで買った栽培物で、霜降りヒラタケ。
名前が良いですね!
この写真ではわかりにくいですが、傘の頂上に霜降り模様があります。158円でした。
味は普通のヒラタケでした。いや、少し上等かな。
昔のヒラタケは変な臭みがあって、鍋物にはブナシメジよりランクが下でした。
これは臭みがなく、旨味も若干良いです。
私はチャーハンと味噌ラーメンに利用しました。
洋風のポタージュスープやクリームシチューにも合うと思います。
名前は似ていますが、天然のシモフリシメジに比べると旨味は何十分の一でした。

他にも「ヒマラヤヒラタケ」なんてのもありましたが、最近は見かけません。
これも味は普通のヒラタケでした。色は白かったような。
いろんなのがあって面白いです。

余談ですが、冬季五輪に期待されたスケルトン(そり競技)の越選手、キノコ栽培の会社の所属で、
「金メダルを取れるように」と、キノコの「菌」
の塊を大量にもらった映像がテレビに出ました(笑)
菌なんかもらっても、自宅では栽培できないのにねぇ。ご本人も困惑の表情でした。

昨日は野菜直売所へ行って大きなおかめ大根を買って来ました。
これ100円でした。ストーブの上でホクホクの煮物を作ります。豚汁もいいねぇ。

驚いたのはキノコの販売。
天然物が各種ズラリw(*゚o゚*)w
買わないので写真は撮りませんでしたが、
クリタケ・ナメコ・ムキタケ・ヒラタケ
どれも見事な物でした。「今朝採れました」と言っていました。
大量に入って1パック450円でした。
去年は買って食べましたが、ヒラタケに似たムキタケは旨味も風味も大した事なく、期待したほど美味しい物ではありませんでした。

まだ出るんだな、と思って早速家の周囲を探し回ったところ、
チャナメツムタケを1本だけ見つけました。
すごく良い香りがします。

 

先日庭に赤い鳥の群れが来ました。
この日は残念ながら写真が撮れなかったので、これは数年前の写真ですが。
イスカです。珍しい鳥で数年に1回ぐらいしか見られません。(ただ単に見逃しているだけかも)上がメスです。

この季節に北国(シベリア?)から渡って来て、通り過ぎて行ってしまうので一瞬しか見られません。
スズメよりやや大きく、面白いのはクチバシが上下で食い違っている事。これは松の実を食べるのに便利なのだそうです。
春になっても北に帰らず、この近くの山で繁殖した記録があるそうですが、見てみたいものです。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/11/07 01:15

充電中(=^・^=)

その後また暖かくなって、トラちゃんは日光浴が楽しみです。
朝起きると玄関のドアをガリガリやって「外に出してくれ!」と要求します。
猫なのに早起きで勤勉です(笑)

 

 

alpenkatzeさんにお見せしたくて、
30年前に私が最初に飼った猫、ニャゴ丸です。女の子です。
七夕の日に、田んぼの中の川のほとりで出会いました。

とってもお利口で忠犬ハチ公のような猫でした。
私の車の音を覚えていて、いつも帰宅時にはお出迎えしてくれました。
この頃は放し飼いでした。

”ごめん寝”をしています(笑)

 

今年はカエデは紅葉せずに落ち葉になってしまいましたが、ドングリの木(コナラ?ミズナラ?)は綺麗に色づきました。
ドングリの実は、ほとんど成りませんでした。
黄色いのはカラマツです。東京にはないのだそうで珍しがられます。

 

大きなシモフリシメジ、見つけました。
落ち葉の下になっていて見つけにくいです。
茎が地中深くまで入っているのが、このキノコの特徴です。茎が美味しいので切らないように注意深く掘って収穫します。

こんな晩秋には似たような毒キノコはありませんが、裏のヒダが黄色っぽいので確実です。
ヒダが真っ白いのやピンクっぽいのは、毒のニセシモフリ・ネズミシメジ・クサウラベニタケです。
そういう毒キノコは、もう少し早い季節に出ます。
初心者には見分けがとても難しいです。
間違えて食べても大した毒ではないらしいですが。

クリタケは栗の木の周囲に生えます。地中に栗の枝が埋まっていたりします。栗や白樺の枯れ木から生えます。

左側の裏が黄色いのもクリタケ?
毒のニガクリタケと間違えるといけないので、その場で噛んで味を見ました。すぐに吐き出せば大丈夫です。
苦くなかったので食用とわかりました。
ニガクリタケは傘の表面も黄色いし、ずっと小さくて貧弱なので全然違いますが、念のため味で確認。

これはクリタケモドキでした。クリタケと違って針葉樹の枯れ木にも生えます。
クリタケよりもクリタケモドキのほうが美味しいのです。

これで今年のキノコシーズンも終了でしょうね。
雪が積もってから稀にムラサキシメジが出ることがありますが。
トラちゃんを連れて行くと「ここ掘れニャンニャン!」
と言ってキノコのありかを教えてくれるのです(笑)
これは冗談ぬきで、本当にあった話です。
雪の下から美味しいムラサキシメジが顔を出しました^^¥

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/10/22 18:29

アンモニャイト♪

台風が接近して風が強くなってきました!
光ケーブルが倒木で切れる心配があるので、予定より半日早く更新します。
今回の台風は伊勢湾台風に似ているというので、警戒を要します!
それで、風が強くならないうちに二階の窓の板戸を閉めて来ました。
これで来春3月まで真っ暗な生活になります。冬の間は西風が台風なみに強くて危険ですし、防寒のためにも板戸は閉めたままです。
真っ暗な部屋にいると性格まで暗くなってしまいます(~_~;) 

伊勢湾台風のとき、私はまだ2歳でしたが恐怖の記憶が残っています。
タクシーを呼んで、家族3人で親戚の家まで逃げたのでした。
家は川の近くで堤防決壊の危険があり、風が強く家がミシミシきしみました。
真っ暗な道をタクシーに乗って、大きな神社の横を通り過ぎるとき、巨大なケヤキの木が強風にあおられて怪獣のように暴れていました。
翌朝帰るときそこを通ると、巨大な木が根こそぎ倒れていました。幸い我が家に被害はありませんでした。

 

冬用の厚い羽毛布団を出しました。
フカフカのホワホワ♪
トラちゃん、大喜びです(*^o^*)/

アンモニャイト♪になっています。

布団を2つ折りにすると自分で中へもぐって行きます。
中はトラちゃんの体温でホッカホカに暖かいです。
ネチョネチョの納豆(~_~;)になってしまうのではないか?と思うほどです(笑)

 

ツルリンドウの実。
街にいた頃は見たことありませんでした。花は薄紫色です。

 

毎日雨ばかり。
雨が上がったとき久しぶりに森を散策してみたら、お目当てのキノコが大量に生えていましたが、もう腐っていました。残念至極です。
これはヌメリスギタケモドキ。
1本だけ綺麗なのがあったので食べてみました。
ナメコそっくりで美味しい!

同じ場所に去年見事なのが生えた(右)のですが、初めて見るキノコだったので警戒して食べませんでした。
その後調査して食べられることが判明。
1年でずいぶん増えました。
また来年に期待です。
同じ木にまた生えるでしょう。

ピカピカのクリタケです。
これはまだ小さいので、そっとしておきました。
近くに生えていた大きいのを1本だけ収穫しました。
今年はクリタケはとても少ないです。
毎年たくさん出るのに、どうしちゃったのかな。雨は多いんですがね。
期待のシモコシ、シモフリシメジ、ムラサキシメジはまだ1本も出ません。

 

追記です。(23日夕方)
台風は去りましたが、停電です!
昨夜の深夜に停電し、なんと復旧まで16時間もかかりました。
市街地のほうに電話してみたら停電はなかったそうです。
中部電力に電話したところ「広域停電、復旧のメドが立っていません」
昨夜は東海道新幹線も停電でストップしました。

この写真はさきほど夕方4時半、もう薄暗くなってストーブの明かりだけが頼り。
真っ暗になると夕食が作れないので、明るいうちにストーブの上で料理しました。
懐中電灯はありますが、片手で照らしながらの料理は難しいです。
もう一夜、電気なしで過ごすのかと覚悟を決めていましたが、
夕方5時半にようやく復旧しホッとしました。
一番の心配は冷蔵庫。
冷気が逃げるのを恐れて一切開けませんでした。復旧してから冷凍庫の中を見たところまだ凍っていて大丈夫でした。
蓄冷剤などギッシリ詰め込んでおいたのが幸いしました。
日頃からの備えが必要だと痛感しました。
炊飯器が使えないので、インスタントラーメンやカンパンが重宝します。
幸い、残りご飯がたくさんあったので良かったです。

ラジオのニュースで状況がわかりました。
あちこちで倒木があり、道路が通行止め。これでは中部電力のトラックが電線が切れた現場に到達できません。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/08/14 05:26

お盆

今回は古タンスのレストア記事の予定でしたが、急きょ変更。タンスの記事は次回になります。

皆さんのお子ちゃまはお利口にお墓参りできましたか?
うちは、最悪でした(≧ω≦*)
牙をむいて怒り爆発(;゜ロ゜)ヒェ〜ッ
お墓の前でそんなに怒ったらバチが当たるよ!

妻が来たので、いきなりいい所を見せようとしたのがいけませんでした。
慣れない人が来ていたので、緊張と恐怖だったようです。
いつもは機嫌の良いときに、慎重にお墓の前に連れ出していました。
だから、お利口にお墓参りできたのでした。

一応神妙な態度で両手を合わせていますが、もう我慢の限界!という表情ですね(笑)

お墓にいるのは4年前のサクラちゃん。すごく賢そうな顔ですよね。トラちゃんとは仲良し姉妹でした。

それと9年前のミケ丸姉さん。結局仲良くできなかった。
この写真、子猫のような可愛い顔をしていますが10歳過ぎています。

そのずっと前のニャゴ丸大姉様の事は、トラちゃん生まれる前なので知りません。
たった5年の命でしたが、とても賢くて最高に良い猫さんでした。

木下藤吉郎のようにスリッパを温めてくれています(^O^)/

トラちゃんも今は12歳になって成長したので、人格(ニャン格)的にも立派になって諸先輩方に近づいて来ました。
猫は10歳過ぎるとドンドンお利口になるようです。

 

トラちゃん、この前はおばちゃん(妻)に叱られなかったので安心してタンスに入るようになりました。もう自分の物と思っています(^_^;)

リラックスしてお昼寝してしまいました(^^♪

上の段もいいですね〜(^◇^)

 

ヤマユリの花、その後ますます見事に咲きました。
しかし毎日天気が悪くて綺麗な写真が撮れません。

コオニユリも。
今年はユリの当たり年です。
今までじゅうで一番見事です。

桔梗が咲きました。
これも秋の七草です。

キノコマニアの方へ。
昨日撮影のマツオウジです。枯れた松の木から生えます。
初夏のキノコですが今年は遅い。松茸のような風味で美味しいですよ〜

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/08/04 15:41

後ろにエモノが!(笑)

トラちゃん、後ろに何かいるけど・・・Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
呑気な猫だと思ってバカにされてるみたいだよ〜(≧m≦)ぷぷ

この状態で気が付かずに15分もこのままでした(笑)
トカゲさんも結構冗談が好きな性格のようですね。
まさか猫より賢いって事はないと思うけど、爬虫類って意外と頭が良いです。鳥と同じぐらいか、いや例えばヘビは爬虫類ですが鳥よりも賢いかも?

桐のタンスのレストア、まだまだ続きます。
引き出しが終わったので、今度は本体の3分割が来ました。
横の金具が壊れていたり、後ろの板も外れかかっていたり、修理箇所が多いです。
室内に置くとトラちゃんに爪とぎでボロボロにされてしまうので、外に置いています。

ところが・・・
トラちゃんの巣箱になってしまいました(^_^;)
妻が見たら「猫厳禁!!」
と怒るでしょうけど、オジさんは甘いからネ〜(*^o^*)/
でもキズにされないよう、ちゃんと監視していますよ〜

何も知らないトラちゃんはゴキゲンです〜(=^・^=)

 

今高原ではリョウブの白い花が綺麗です。

リョウブの拡大です(左)
とても良い香りがします。美味しい蜜があるらしく、蝶が集まります。
春先の新芽は天ぷらで食べられます。
幹は炭焼きの材料として優秀だそうです。
すごい繁殖力でドンドン増えるのも良いです。

ナデシコ。秋の七草です(右)
子供の頃は道端などで普通に見られましたが、最近は激減。

 

ヒヨドリバナ。
これにも蝶が集まります。
これも秋の七草で、フジバカマの代用品です。
もう高原は秋の気配です。
写真はありませんが萩の花も咲きました。

 

秋の虫。ツユムシです。「ツツツツ♪」と鳴きます。
垂直な壁に止まっています。
これも最近は激減。
子供の頃は市街地にもたくさんいましたが、今はこんな山奥に少しだけしかいません。

オトギリソウ(右)
種類が多いので何オトギリなのか?不明です。
これは菜の花ぐらいの大きさです。

 

栗のような形をした面白いキノコ。
ツチグリです。
まさかこれが食用とは知りませんでした。
数冊あるキノコの本、これ1冊だけに食べ方が書かれていました。

上の栗の形に開いたのは、胞子を放出して干からびた去年の物です。
その下の土を掘ってみたら、ありました^^¥
まるでトリュフのよう。
地上に顔を出したときは、もう食べられない状態だそうです。

茹でて食べてみました。煮たらずいぶん小さくなりました。
味付けはシンプルに醤油だけ。

これは旨い!
本に書いてあるとおり、黒くなったのは固くて苦くて食べられませんでした。
皮は歯ごたえが良く、内部の白い所は豆腐のような食感です。
和製トリュフと言っても良いでしょう。
和食に合う美味しいキノコです。
これできのこ飯を作ったら贅沢ですね〜♪

 

サントリー金麦のシールを集めて応募したら景品が届きました。
これは当たるんじゃなくて、必ずもらえるんです。
去年ももらいました。
高級なお料理を少量入れるのが似合う、上品な小鉢でした。

今年は大きめのお茶碗を選びました。
大盛りご飯にはちょうど良い大きさです。お茶漬けやうどんにも良さそうです。
京都たち吉ですから高級品です。
※トラ吉(=^・^=)ではなく「たち吉」です(笑)
器が良いとご飯も美味しく楽しく食べられますね。

カテゴリ[ ]   コメント[21 ]   トラックバック[0]