17/05/30 22:55

トラちゃんの誕生日 (*^o^*)/

元々は野良猫の子だったトラちゃん。

12歳になりました。
誕生日はお母さん猫に聞いてみないとわかりませんが、
たぶん今頃だろうと。

昔住んでいたアパートの隣の空き家で生まれたらしいです。
これは9月頃だったと思いますが、飢えた子猫でした。

もっと小さいとき、お母さんのお乳を飲んでいました。
これは8月頃だったかな。

お母さん猫は近所の人の話では、元々は飼い猫だったのに引っ越しのときに置き去りにされてしまったのだとか。
6匹もいたきょうだいたちは、次々と姿を消していまいました。
まったくの謎です。
誰かにもらわれて行って幸せになっていれば良いのですが・・・
最後に残ったのがトラちゃんだったのです!

 

お母さん猫

お父さん猫はボス猫同士の闘いで傷を負い、バイ菌が入って死んでしまったそうです。(近所の人の話)
怖い顔をしていますが、優しい子煩悩な猫で、時々我が子の様子を見に来ていました。

 

お誕生日で大好物のカツオを満喫

 

山菜の季節がやって来ました (^_^)/ 
庭で収穫できる物だけでもこんなにバラエティに富んでいます。
これで全部ではなく、他にも食べられる山菜がいろいろあります。
しかし普通の野菜と違ってアクが強いので、たくさん食べる物ではなく、あくまで珍味です。

上左の丸い葉っぱはヤマブドウ。ブドウのような酸っぱい味がします。

その右がツリガネニンジン(トトキ)これはアクがなくて山菜としては最良。ホウレンソウと同じようにして食べられます。
左下はギボウシ、その右がアマドコロ、その右はノコンギク(ヨメナ)右端はギョウジャニンニクです。

天ぷらにするとアクがなくなるので、一番良い食べ方です。
それでもたくさんは食べられないので、お上品に少しだけ。
ヤマブドウはたくさん生えていますが、ブドウの実がなるまでには10年以上かかるので葉っぱだけ利用します。
アマドコロはほろ苦く、ギョウジャニンニクはニンニク臭があって美味しい。なかなか増えないので貴重品です。
ノコンギクは春菊のような風味です。
他はほとんど無味無臭といった感じでした。

 

庭に自生していたウワミズザクラに初めて花が咲きました(左)
「桃栗3年柿8年」と言われますが、これは8年ではまだダメなようで咲くまで10年ぐらいかかります。
秋にはブドウのような実がなって食べられます。果実酒用です。

ズミの花(右)
別名コリンゴ。秋には小さい赤い実がなって食べられますが、ほとんど種ばかりです。リンゴのような風味です。
これも果実酒用。

 

裏庭に去年初めて生えた野生のランの一種、ノビネチドリが今年も咲きました!
こうして見ると大きい感じに見えますが、菜の花よりも小さい花です。
去年初めて見て感激しました。近所に生えている場所は見つかりませんが、今年はかなり離れた場所で見つけました。
ここよりもずっと低い山の道端の土手にありました。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

17/05/26 16:57

安曇野

23日に安曇野市へ行って来ました。同じ長野県内ですが片道3時間もかかるので、数年ぶりでした。

長野と違って川の水が綺麗で、水量豊かです。
これは北アルプスの雪解け水の恩恵です。
※安曇野市はいくつかの町村が合併して、最近できた新しい市です。松本市の北に隣接しています。

目的地は豊科近代美術館で、
岩橋崇至 山岳写真展。

圧倒的な迫力の畳一枚分ぐらいの大判の写真が、なんと120点も!
3000m級の山で、12時間もシャッター開きっぱなしで撮った星の写真もありました。
アラスカの北斗七星とオーロラも。
花の写真も素晴らしい!

悪天候の中、厳しい気候の中、命がけで撮った貴重な作品も多かったです。
北朝鮮の白頭山の写真もあってビックリ!
外国の山は、木も草も生えていないような砂漠地帯が多く、日本がいかに緑豊かな恵まれた環境なのかわかりました。
6月4日までやってますので、お近くの方も遠くの方もぜひどうぞ。

こちらです(^_^)/
http://www.azumino-museum.com/

常設展は上質なブロンズ像がすごく多くて、見ごたえがあります。絵画も多数ありました。
碌山美術館が近いのでその影響か、彫刻家を志す人たちが集まる場所らしいです。

美術館の横の庭園です。バラがいっぱいでした。

美術館の入り口に咲いていたバラは最高に綺麗でした。

 

次に行ったのは国営アルプスあづみの公園。
広大な敷地で、全部回ることは不可能、まるで遠足です。
室内の展示を見て来ました。
大きな水槽がたくさんあって、いろんな川魚が展示されていました。

これはイワナ。30cm以上ありました。
小さいときはヤマメに似た美しい模様があります。

ヤマメは少し小さいです。イワナもヤマメも最高に美味しい魚です。

 

これは面白い!
カジカは須坂市の鮎川にいる、と小学生の頃友達に聞きましたが、自分で捕まえたことはありませんでした。
5cmぐらいなのか?と思っていましたが、これは15cmぐらいあってビックリ (@_@;)
安曇野にはカジカ料理のお店があると聞きました。
希少な魚なので、かなり高価だと思います。

綺麗な水にしか住めないシマドジョウ。
左側の面白い顔したヤツはカマツカ。これは長野市の犀川にもいます。

昔の農家の室内を再現した展示室もあって、猫つぐらがありました(=^・^=)
皆がこのぬいぐるみを撫でて行くらしく、手垢が付いて汚れていました (^_^;)


さて、ここからは家の猫グッズです。

一昨年Gaviちゃんにもらった猫ひげスタンドで〜す。
トラちゃんのヒゲがやっとたまったので、こんな具合に♪

これは東京赤坂TBS前のお店で買った箸置き。
20年ぐらい前に買った物ですが、しまい忘れ最近やっと出て来ました。

オヤジ寝ネコ。
中に電池を入れると、右手をグルグル振り回します(笑)

 

お庭で見張り番のトラちゃん。
怪しい人は来ないか?怪しい動物は来ないか?
しっかり見張りをしてくれるので安心(??)です。
先日の早朝には珍しくキツネが通りました。

【番犬昼寝】
玄関前でお昼寝トラちゃん。番犬(ばんにゃん)の役目は果たせませんねぇ(^_^;)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

17/02/18 13:08

いいお天気だニャ〜(=^・^=)

さて、今回はトラちゃんが主役です(*^o^*)/
先日16日は最高のお天気で暖かくて、本当の春のようでした。
 

その翌日も暖かくて雨でした。2月に雨が降るなんて異常です。
冬季国体のスキー競技は雨の中行われました。

トラちゃんの日光浴用のウッドデッキ、雪を完璧に片付けて乾燥させて掃除したので気持ち良いです。
これがその全景です。
庭の雪の山から見下ろして撮りました。

ブラッシングしてもらって、ご機嫌です。ゴロン(^^♪

伸びぃ〜(^◇^)            お昼寝しようかな。

 

猫草が美味しそうに育ちました。外で食べると最高です〜o(^-^)o
種から育てていて、冬は苦労します。
鉢ごとプラケースに入れて温室のようにして、暖かい室内で育てます。

 

たっぷり日光浴したので外遊びは終了かと思いきや、お散歩に行く! と言います。
元気ですねぇ^^¥

左のこの足跡の主(野生動物)は、道路を横断して大ジャンプ!
路側の1m以上の雪の壁に跳び乗ったとみられます。

右の写真、大きい足跡も (°◇°;) これはお散歩のワンコかも。

 

今回は帰り道も尻尾が立っていました(^_-)-☆

 

土が凍ってウッドデッキが盛り上がって来る・・・
これです。この前修正したのに、また盛り上がってきました。段差2センチぐらい。
2〜3日暖かくても地下の氷は解けません。

下はこうなっています。このネジで調整します。

久しぶりに出かけてみたら・・・
近所の別荘の屋根の雪 (°◇°;)
家主は品川ナンバーの人で、夏にちょっと来るだけ。去年は来ませんでした。
冬は放置ですが、もっと積もったこともあったので、この程度の積雪なら大丈夫。

右のこの家は、もうダメ(~_~;) お気の毒です。

 

うわぁ〜!!ひどいですねぇ。
この地区は町へ出る途中の場所で、うちより雪は少ないのですが。

 

うちの庭です。
屋根の雪は綺麗に落ちています。人が住んでいる家は暖房の熱が屋根を裏側から温めるので、雪は自然に滑り落ちます。
しかし、空き家だと凍りついてしまって落ちません。

庭に積み上がった雪の山。
今年はまだ少ないほうです。しかし駐車スペースを作るのに苦労しています。
一昨年はすごい大雪だったので、雪の山が屋根まで届きそうでした。屋根に上って遊ぼうかと思いましたが・・・(笑)
うちの屋根は、これは二階の屋根なので普通より高いです。

 

せん龍へ行って念願の玉子丼を食べました (^_^)/
新入社員で東京にいた頃は、近所の蕎麦屋でよく玉子丼を食べたものです。
あれ以来かもしれません。
東京の蕎麦屋には「とじ蕎麦」(玉子とじ)というのもありました。
安くて美味しかったんですが、長野では見かけません。

高級感のある器ですね。フタ付きというのが良いです。
最近の全国チェーン店のカツ丼などフタは省略です。

チャーハンには付いていなかった紅生姜ですが、付いていました。前回たまたま切らしていたのか、忘れたのでしょう。
玉子丼の場合は、紅生姜ではなくミツバにすれば、高級感あって美味しいと思います。

とても美味しくて大満足でした。580円ナ〜リ。
(親子丼は680円です)
ダシのきいた味噌汁が特に美味しかった。八丁味噌がブレンドされたような味でした。
カツ丼や親子丼よりもシンプルで良い感じです。栄養的にも十分です。
昭和の頃は、これでも贅沢品でした。
今度家で真似して作ってみたいです。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/02/08 10:33

はつらつお散歩(*^o^*)/

2月4日立春の日、まるで4月の陽気で、とても暖かかったのでトラちゃん久々にお散歩で〜す(=^・^=)
雪の回廊を通って道路に出ます。いざ出陣!
尻尾が立って上機嫌^^¥

雪道をどんどん行きます。

立ち止まって安全確認。
車は来ないか?危ない動物は来ないか?怪しい人はいないか?

何か言っています。
猫語がわからなくてゴメンネ(^_^;)

躊躇して、ちょっと顔が曇ってきました(~_~;)
引き返します。

一目散に逃げ帰ります。
これがいつものパターン。

行く時は絶好調なんですが、すぐにイヤイヤになってしまいます(~_~;)
あんよが冷たいからかな?
いえいえ、夏でも同じパターンなんですよ。
若い頃は喜んで遠くまで行ったんですがねぇ。

若い頃の写真です。
サクラちゃんと一緒のお散歩は楽しかった。
無謀にも雪深い雪原に突入!
猫は石頭で融通がきかないので、雪が無い頃に遊びに行った広場へ行こうとしています。どうしても行きたいらしい。
しかし「これは想定外!」
体験してみて初めて気づいて、腰が引けています(笑)
この後退却しました (-_-;)


夜はいつもこんな状態(*^_^*)
お腹こちょこちょするとゴロゴロ言って喜びます。
この手は何だね?

(^_-)-☆ちょっと面白い話
「はつらつ」という言葉にはちょっと語弊がありまして・・・
過去には禍根を残す”事件”がありました。

積雪が3mにもなる新潟県の旧中里村の「雪国はつらつ条例」
雪に負けずに頑張って村興し!!

これが中学の社会科教科書に掲載され、
しかし、なんと「雪国はつらいよ条例」
と記載されていたのです!
ふざけるな、バカにしている!!怒り心頭、当然ですよね。
※中里村は今は合併して十日町市です。

 

ここからは汚い話ですみませんm(_ _)m
最悪の苦労話、聞いてください。

一番恐れていた事が起こりました (≧ω≦*)
トイレが凍ってしまったのです!
流れて行きません。
お湯を注ぎましたが、まったく効果なし。水がたまる一方です(~_~;)
水洗ではなく汲み取り式なんですが。
径15センチもある太いパイプなのに、芯まで凍ってしまったようです。
このままだと氷が膨張してパイプが破裂する心配があります!

こんな事は初めてです。
つまり、今年の寒さは過去最高ということなんですね。
身体が寒くてブルブル、とかいう話とはまるで次元が違います (°◇°;)
縁の下に石油ストーブを持ち込んで、パイプを直接温める作戦に出ました。
火事になると大変なので、消火器を準備しました。
雪が多いので家は高床式で、縁の下は半地下室、物置になっています。

なんと5時間! 地下室でストーブ焚きっぱなし。
同時に上からもお湯を注いで長い棒で突いて、
ようやく解凍できました。(その棒は当然捨てました)
地下室に住んでいるネズミたちが
暖かくて喜んだでしょう(≧m≦)ぷぷ
ヘビも冬眠から覚めてしまうかも?

うちのほうでもこんなに大変なんですから、
県内でも、もっと寒い菅平・野辺山さらには
北海道で一番寒い陸別なんか、この問題どうやって解決してるんだろう?
うちの地区は札幌よりも寒くて、理科年表で調べると網走と同じぐらいです。

ちなみに、この前テレビで見た陸別だったか、家が土台から傾いていました。
その原因は地下深くまで凍ってしまって、土が膨張して家の基礎が傾いてしまったのだそうです(;゜ロ゜)
うちの場合は幸いそこまでは行かず、土が凍ってテラスのウッドデッキが下から盛り上がって来るぐらいです。
それをネジで高さ調整できる構造に作ってあります。

地下20センチぐらいまではカチカチに凍っています。
まるでコンクリートのような固さ!
ツルハシでも掘れません。カチン!はじかれてしまいます。
4月でもダメ。畑仕事は5月からです。
ここに来て、実際に住んでみて何もかも驚く事ばかりです。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

16/12/27 16:21

懐かしい市民菜園

今年は雪が大変少なく、スキー場関係者は困っているでしょうが、私はとても嬉しいです。
これまでは、クリスマスにはいつも暴力的なほどの大雪に襲われ、生命の危険を感じるほどで、ホワイトクリスマスという浮かれた言葉が大嫌いでした。

今年は、ほどよく雪が積もり、ホワイトクリスマスでした(^_-)-☆
これ家の西側の白樺。芸術的でしょ (*^o^*)/

道路の向こう側の大きな松の木が、みんなクリスマスツリーです。

ですが、この地域の年末の天気予報を見ると、この先ずっと雪マークです。
やっぱり雪からは逃れられませんね。
でも大晦日は晴れるのかな、嬉しいです。

 

昨日の朝、庭の一角に作った小さな池の上には、
動物の足跡がこんなに!
水を飲みに来たら凍っていて飲めなかった・・・
いや、野生動物はそんなに馬鹿じゃないでしょうから、
エモノを探していたのか?
氷の下の水の中にはカエルなどが冬眠しているはずですから。
でも氷が厚いので捕まえるのは無理だな。
いや、ここはトイレか〜Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

 

昨日は町へ買い物に行ったついでに、
昔借りていた懐かしい市民菜園を見てきました。
ここまで来るのに曲がりくねった山道、片道25キロもあります。

この前もここでご紹介しましたが、
あれとは別の畑です。
この前のは10年間借りていて、それから引っ越して、
今度の場所は5年間借りていました。
借地料は一年で4000円ぐらいだったと思います。
駐車場は月4000円でしたから、農地は安いです。

引っ越しはしたくないですね。本当に嫌です。
すべて一からやり直しですからね。
先祖代々の農地を持っている農家が羨ましい。

立派に管理され野菜がたくさん育っている畑がありましたが、
自分が借りていた区画は、誰も使っていなくて荒れ果てていました。
とても寂しかった。

隣の果樹園も、10年前には良い状態でしたが、
今はもう、こんなにひどく荒れ果てた状態でした。
有効利用されず、本当にもったいないと思います。
農業をやりたい人はたくさんいるはずなのに、しかも中心市街地で住宅が多く、しかし表通りから一本裏に入ると田園風景。
とても良い場所なんです。
宣伝が足りないんでしょうね。

 

畑の片隅にクロちゃんのお墓があります。
お線香をあげてお参りしました。

クロちゃんはトラちゃんの兄弟で、体格の良い男の子でした。
小さい頃は病弱で死にそうでしたが、奇跡的に回復してめきめき健康になったのです。
この写真、トラちゃんは写っていませんが、右端がサクラちゃんです。
左端の青い目の猫は、よく懐いていたのですが、突然いなくなってしまいました。

クロちゃんは、とても人懐っこくて、カメラを向けると喜んで急接近して来て、レンズを舐めてしまいました(笑)
この写真、ピンボケなのはそのせいです。
寒い夜は、うちで泊まって行きました。
ところが!
この写真が最後でした・・・
突然いなくなってしまったのです。
11年前の、ちょうど今頃でした。
寂しくて毎日探し回りましたが、手がかりはなく・・・

この年は市街地のほうでも何十年ぶりの大雪でした。
その雪が解けて地面が見えてきたのが2週間後。
そしたら、クロちゃん道端で死んでいました。
頭に大きなケガがあり、車にはねられたらしいです。

いつもトラ・サクラ・クロの3匹で行動していたので、
一緒に道路を横断するときに、クロちゃんだけが災難にあったのでしょう。
わずか半年間の命でした。
トラたちも目撃していたらしく、今でも車が来ると異常におびえます。
野良猫・放し飼いの猫の運命は過酷ですね。

クロちゃんの歌、聴いてください。
本当にすべてそっくり同じなんです!
遊佐未森”クロ”です。
https://www.youtube.com/watch?v=IPtOz9CaCgU
偶然にも、ちょうどこの年に”NHKみんなの歌”でやっていたんです。

お墓参りから帰る途中で、白猫ちゃんに会いました。
クロちゃんの生まれ変わりかもしれませんね。

 

町のほうはとても暖かくて、
もう春の花が咲いていました。
ホトケノザです。

こっちは自宅の庭。
ナニワズは来年の春に向けて蕾ができています。
ジンチョウゲに近い種類で、黄色い小さい花を咲かせます。
関西にあるオニシバリとは別種で、これは名前とは違ってナニワ(大阪)には無く北海道・東北に多いのです。
長野でも平地では見られません。
寒さには滅法強く、緑の葉っぱで越冬して、春先一番に花を咲かせます。

 

一杯のかけそば。
年の瀬も押し迫り、もうすぐ年越し蕎麦ですか・・・
前回ここでご紹介したかけそばは、730円もして豪華版でした。
あれでは雰囲気が出ません。

今度のは”本物”ですよ!
何も入っていません。これが本当のかけそば(笑)
だから美味しいんですよ。シンプル・イズ・ベスト。
このお蕎麦は本当に美味しかったです。

このお店です。
結構高級で他のメニューは高いですが、かけそばは安くて600円でした。
これぞ、かけそばの真髄!
これを親子3人で食べるんですか〜(泣)
大晦日の札幌で。
その後、家に帰ってからお腹がすいて、今度はインスタント麺を食べたのかもしれませんね。
(タモリさんの説もたぶん正しい)

席に付くと、まず美味しい熱々のそば茶が出て来ました。
器もいいですね〜
ちょっとした至福のひとときでした。
本当の贅沢って、やたら高い物、豪華な物を食べる事じゃなくて、
シンプルだけど、安いけど本当に美味しい、そういうものじゃないかな、と思うんです。
でも、さすがに食後の蕎麦湯は出ませんでしたねぇ。
かけそばじゃねぇ。。。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]