18/10/08 00:20

村の駅 つくし食堂

家の西の窓から見た景色です。
紅葉が進んできました。
真っ赤なのはヌルデです。ウルシに似ていますが毒はなく、実(灰色で固い)は食べられます。塩分があると言われており、食べると塩辛いのが不思議です。
冬にはシジュウカラ科の小鳥が喜んで食べています。

リンドウが咲いています。
右上の所にUPしてある写真は、夏の終わりに咲いた別種のリンドウ(園芸種?)ですが、こちらが本命です。
光線の加減で、写真の撮り方で色が違って見えます。

本当に天然の、山に自生しているリンドウです。
リンドウは長野県の県花ですが、平地では見られません。標高1000m以上の高原に咲きます。
晩秋から初冬に霜が降りるまで、昼に開花し夜には閉じてを繰り返しながら長期間咲き続けます。
宿根草なので一度植えると同じ場所に何年でも咲きます。
細かい種がこぼれて自然に増えますが、発芽して花を付けるまで年数がかかります。
大切に保護しているので、この10年で庭にずいぶん増えました。

ズミです。別名コリンゴ。
森にたくさん自生しています。今年は良質の物が大豊作です。
リンゴの原種のような物でよく似た味ですが、とても酸っぱくて種が80%、食べられた物ではありません。
ホワイトリカーに漬け込むと、風味豊かで美味しい果実酒ができます。漬けると甘味が出てくるのが不思議です。

この前のウワミズザクラとは違い、低い所にあるので簡単に採れます。
たくさん収穫しました。
トラちゃんも「珍しい物が来たな」興味を示しました。
寝ているように見えますが、実は鳥に盗まれないように監視しているのですよ(笑)
忠実な相棒です^^¥

 

究極のうどんに出会いました!
「おぶっこ(ぶっこみうどん)」が名物の旧中条村、
いわゆる”オリンピック道路”沿いにある小さな食堂。
”村の駅つくし”可愛い名前ですね。
通称「つくし食堂」
地元の人の話では、ここが一番美味しいとのこと。

親子ぐらいの年齢差の女性2人でやってます。
おばあちゃんがお料理をして、中年の女性がウエイトレスです。
「村の駅」という名前は「道の駅」を意識しているのかな。中条道の駅とは同じ道沿いで1kmぐらいで近いのです。
ライバル同士というのではなく、互いに協力してやっているような感じですが、よくわかりません。

道の駅には「つくしブランド」の商品も売られていたと思うし、別棟の野菜直売所がこのグループの経営らしいです。道の駅の中にも野菜直売コーナーがあるのですが。
競争原理で品質向上、そういう事なのかも。

驚いたのは注文を受けてからうどんを打つ、本物の手打ちだったこと。
ガラス張りになっていて外から見えるんですよ。
おばあちゃん、うどん打ちは力仕事なのに頑張ります。
この地区では昔から「嫁はうどんが打てて一人前」
と言われているそうです。
おばあちゃん、そうやって修行を積んだのでしょう。

待ち時間が少々長いですが、味は他とは全然違いました。工場で作るうどんと違って新鮮だからでしょうね。保存のための添加物も入っていませんし。

いろいろ食べ歩いたけれど、こんなに旨いうどんは初めてです。「新鮮なお刺身のようなうどん」と言う表現が良いと思いました。
これなら讃岐うどんとも勝負できます。
コシが強くてアゴの筋肉が疲れました。アゴが発達して顔が四角くなってしまいそうだ(笑)

スープは田舎風の味噌汁そのものです。
味噌汁にうどんを入れた物が「おぶっこ」なのですね。
かぼちゃ・大根・キャベツ・人参・キノコ
野菜がたくさん入っていて、とても良いダシが出ています。キャベツが入っているのはユニークです。これが美味しさの秘訣かも。
油揚げが入ってるのできつねうどんですね。

右下の小皿の唐辛子味噌とネギを薬味にします。
こんな豪華な美味しいうどんは初めてです!!
肉や魚介類を使わずに豪華にしているのが凄いです。
材料費は安いと思いますが、人件費(手間と工夫)がかかっています。
料理って奥が深いなぁ、と思いました。

右上の小鉢は良いサービスですね。
菜の胡麻和え、きゅうりの漬物、中華風野菜炒めです。豚肉抜きの酢豚という味でした。
とても良い味付けで、美味しかったです。
肉や魚はまったく使われていないので、完璧な精進料理ですね。

これ、600円でした。
量が多くて満腹になりました。体が温まって汗びっしょり!
手間がかかっているので、人件費も考えるとほとんど儲けなしだと思います。
もし街中の食堂ならば800円でも行列ができると思います。

壁に貼られたメニューを見ると「おとうじ」というのがあるので「これ何ですか?」
聞いてみたら、醤油味の細いうどんだそうです。
ワッフルやコーヒーもあるのは良いですね。
カレーも食べてみたい。

手作りパンも1個100円で売られていました。
クルミとドライフルーツが入った丸いパン。これも素晴らしく美味しかった。残念!写真撮るの忘れました。

おやきが売り切れなのは残念でした。人気があるので早々と売り切れてしまうようです。

この地区は小麦粉で作る料理「粉物文化」が昔から盛んなので、小麦粉の旨味を生かすワザを良く知っているのでしょうね。
ここでは米は必ずしも主食ではないのです。
これは江戸時代以前からの、何百年もの伝統文化なんだと思います。
縄文時代の遺跡からも、似たような郷土料理の痕跡が発見されているそうです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/10/03 01:07

秋の美味しい物(^O^)/

食欲の秋と言いますが、私の場合は年じゅうです(笑)
秋も深まり、美味しい物がたくさん出回るようになりましたね。

野菜直売所へ行ったら大きなキャベツが100円!!
直径22cmありました。
巨大パプリカも買ったので、庭で収穫したクリタケも入れてキャベツたっぷりのソース焼きそばを作りました。タマネギ・人参・辛子マヨネーズ、最高に美味しかった(^◇^)
パプリカはナポリタンを作りたくて買いました。(ピーマンでも良かったんですけどね)昭和の喫茶店の懐かしい味を自宅で作ろうという計画です。
チキンライスやオムライスも食べたいですねぇ。

リンゴは津軽です。津軽は早生品種で保存がきかないので、これで食べ納めです。
売れ残りなので100円値引き、3個で200円でした。期待以上に新鮮で美味しかった。

さてさて、キノコ狩りにいざ出陣^^¥
と思いきや、自宅の庭でスバラシイ物を発見!w(*゚o゚*)w
白樺の切り株からクリタケが大量に出ています!!
雨上がりなのでピカピカに光っています。
去年はここには無かったので、今年初です。
驚きました。
来年も同じ場所に出ると思います。

上質な物がこんなに採れました。
虫食いがなくて綺麗です。

サッと茹でこぼして保存しておけば、どんな料理にも使えます。
上質なキノコなので、シンプルに醤油を付けて食べるとか、大根おろしで食べると美味。

近所に毎年クリタケが出る場所があるので行ってみました。
すごい!こんなにたくさん(@_@;)
全部採るような事はしません。大きく育った物だけ採って来ましたが食べきれないので保存用にしました。

別の場所へ行ったら巨大クリタケ?
こんなのは初めて見ました。
2倍ぐらいの大きさですが、特徴はクリタケと同じ。
まあ、危険をおかして食べることもないだろうと、これは撮影のみ。

右はクリフウセンタケ。シメジに匹敵する上等なキノコです。
クリタケとは違って土から生えます。

虫食いのない汚れの少ない物だけを選んで収穫しました。
左からショウゲンジ・ヤマイグチ・ハナイグチ・クリフウセンタケです。

全部一緒に茹でこぼしてアクを取り、味噌汁にしました。種類の違うキノコの味比べができて楽しいです。
ショウゲンジも正露丸のような味はあまり感じませんでした(笑)キノコがまだ若かったのと、味噌味でカモフラージュされたのでしょうね。

茄子を入れると毒キノコの毒消しになるという話がありますが、これは完全に迷信です。
ですが、茄子と一緒だと美味しいんですよね。
味噌汁は地味な料理ですが、美味しい味噌汁は一番のご馳走かもしれません。
アイデア次第でいろんなのができて、豚汁など具だくさんの味噌汁も良いですが、シンプルなのが美味しいですよね。

老夫婦がやってる古い食堂があって、昭和にタイムスリップした雰囲気なので入ってみました。(これは数年前の事です)
食品サンプルが昭和レトロですよね。これは希少価値!!
豪華なパフェが目を引きますが、一番下にあるお子様ランチが泣かせます.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。
大人が注文しちゃ、いけないんでしょうか?

さらに驚いたのは「みそ汁定食」
味噌汁が主役の定食なんて、他では見たことがありません。
東京にいた頃、大きな丼に入った具だくさんの味噌汁が名物の定食屋がありました。

そういうのを期待して注文したんですが、
単なる「目玉焼き定食」でした。
味噌汁には具が入ってない!?
ちょっと期待はずれでした。

 

先日の台風は直撃でした。
飛来物で窓ガラスが割れるといけないので、板戸を締めました。
朝になって板戸を半分外して、外の様子を見ます。
いろんな物が吹き飛ばされて散乱していましたが、倒木はなく被害はありませんでした。

トラちゃんの横すわりです。
やっぱり女の子ですね。
前半分は模範的なスフィンクスですが、後ろ半分は人魚姫です(笑)

とても珍しい美しい蝶を見ました。生まれて初めて見ました!
平地のほうです。
調べてみたらウラギンシジミ。
暖地性の蝶だそうなので、気候温暖化で進出して来たのでしょう。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/08/24 05:16

ピーマンが安い!

皆さん、ピーマンはお好きですか?
「話がピーマン」ってわかりますか?(笑)
話の中身が空っぽっていう事(-_-;)
若い頃流行ったので、これを知ってる人は同世代かな。

野菜直売所へ行ったら、
袋に満杯のピーマン、なんと100円w(*゚o゚*)w
数えてみたら12個入っていました。しかも特大サイズ。
キュウリは6本で120円。
キャベツはずっしり重い良質な物で、150円でした。
真夏に平地でキャベツはできないので、高原の農場の産品です。
とんかつ屋へ行くと、キャベツおかわり自由っていうサービスは嬉しいですよね。
レトロな洋食屋のロールキャベツが旨い!!
キャベツたっぷりの塩ラーメンとか味噌ラーメンも良いですね(^O^)/

子供はだいたいピーマンが嫌いですよね。
私はピーマンが大好きです
ピーマンの入ったカレーは、なぜかパキスタンカレーだそうな Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?
でも店主は日本人でした。東京にいたときよく食べに行きました。
スパイシーなカレーにはピーマンが相性良いですね。
自分で作るカレーにはピーマンを入れます。
逆におふくろの味みたいな甘口カレーには合いませんね。

洋風ランチに付いて来たミニサラダ。
ピーマンをごく薄く輪切りにして、キャベツとレタスの上にお洒落にトッピングされていました。飾り付けと薬味の働きです。ほんの少しの量でした。
これは良い!その後真似するようになりました。
ポタージュスープにも同じような薄切りピーマンを少々。パセリの代わりなんです。
これは、ほんの少しだから美味しいので、量が過ぎると美味しくないです。多く入れると、ピーマン嫌いな子供になってしまいますよ(笑)

ソース焼きそばにもピーマンは欠かせません。
豚挽肉とピーマン炒めはご飯に良いし、ピーマンの天ぷらはお蕎麦に合うんですよね。
ピーマン料理を食べていれば、夏バテとは無縁です^^¥
 

この前ここでご紹介しましたが、中野市の美里食堂の美里ラーメン。場所は中野インター出てすぐです。
ピーマンが入った醤油味スープですが、これが旨い!
普通はラーメンにピーマンは美味しくないですが、このお店は豚肉の細切りとピーマンなど野菜を片栗粉でまぶしてから一旦炒めて、それからラーメンスープをジュワ!っと注ぎます。
このひと手間でバツグンに美味しくなります^^¥
お店の名前を冠しているだけあって、さすが自信作です。

最近多い全国チェーン店とは真逆の、田舎っぽいレトロなムードが私は好きです。
老夫婦が経営している老舗食堂です。
 


さて「話がピーマン」
という事で、すごくバカバカしい笑い話を用意していたのですが、今回は割愛します。街でタイガースの過激な「トラ車」を見かけた話なんですが。
「割愛」なんて難しい言葉を使ってしまいました。ちょっとした思いつきだったんですが、これは学のない私は初めて使った言葉です。
念のため辞書を引いてみたら「おしみながら、はぶくこと」
ああ、ナルホドね。ひとつ勉強しました (^_^;)

うちの”トラしゃん”(トラ車ん)
岬の先端で見張りをしています。
ひょうたん島のようですね。
アレの作者も猫好きだったのかも。
ちなみに鉄腕アトムも、アレは猫ですね。頭に猫耳が付いています(笑)
当時の漫画家たちが住んでいた、東京豊島区だったかの安アパートの周囲には、野良猫たちがウロウロしていたのでしょうね(=^・^=)
そういう雰囲気は大好きです。
私が住んでいたアパートもその近くだったんですよ。
やっぱり野良猫がいっぱいでした (^_^;)

この前の白っぽい猫はその後一度も来ません。
過去の写真を調べてみたら、同じ猫が写っていました。
これは今年の4月末でした。
前々からここを縄張りにして、見回りをしていた様子です。
いつも家のない方向に帰って行くのが不思議です。
この坂道を下って、急傾斜の森を抜けた所に大きな蕎麦屋がありますが、そこの猫でしょうか。それにしても道なき道を、距離的にも少し遠いです。

トラちゃん、見張りに飽きてしまって、お昼寝です。というか、もう夕方なので夕涼み寝。
外では天敵がいるので安心して眠れない、という事を知らない脳天気さです。

 

翌日は反対側の別の場所で何かエモノを見つけました。
食い入るように見つめていましたが、エモノは逃げてしまったようでした。たぶんトカゲだと思います。
あのこざかしいチョコチョコしたヤツ、絶対に許せないらしい!(≧m≦)ぷぷ
いつも切れた尻尾のほうに夢中になっている間に、本体が逃げてしまっているのに気づかないんですよね(爆笑)

 

美しい夕焼けの写真が撮れました。
いや、これは失敗作なんですよ。
この少し前にはもっとずっと綺麗だったんですが・・・
カメラと三脚を準備しているわずか3分の間に、色がドンドン変化してしまいました。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/08/04 01:53

来たぁー!!

今回のテーマは「みつ豆」の予定だったんですが、
昨夜、突然あの”幽霊猫”が来ましたw(*゚o゚*)w

トラちゃんを外に出したまま、ほんのちょっと室内へ入ったら、外で猫の鳴き声がするので慌てて外に出たら、白っぽい猫が来ていました!
まるで発情期のような声で鳴いていました。
トラちゃんと接触する寸前でした(汗)

すぐに逃げて、しかしまだ庭にいたので撮影に成功。
「猫ちゃん、おいで」
やさしく声をかけましたが、数分後に去って行きました。
トラちゃん、とても残念がって寂しそうにしていました。

オス猫にしては小柄です。
痩せていて、年齢もかなり行っている感じ。

写真を見て「まさか!?」
と思いました。それで過去の写真を引っ張り出して比較してみました。
子猫時代トラちゃんと仲良しだった子とそっくりです。
ある日突然姿を消してしまいました。
誰かに飼われて可愛がられていれば良いなぁ・・・
と思っていましたが、偶然同じ地区にいるとは。
いや、よく見たら模様が少し違います。別猫でしょう。
それにあの子猫はメス猫だったと思います。

しかし、人間でもたまにありますよね。
すごい奇跡的な偶然の出会い。
私は東京のド真ん中で、偶然小学校の同級生にバッタリ出会ったことがあります。確率的には何百万分の1です。
こういうのは単なる偶然ではなくて、お互いに惹かれあっていて必然的に出会ったのかもしれませんね。

 

みつ豆って最近はメジャーではありませんが、昭和の思い出です。
子供の頃に食べた記憶があるので、懐かしくなってスーパーで探してみました。寒天が入ってるので健康食ですね。

父が戦前に東京で学生生活を送った頃の話、一番の贅沢は「あんみつ」だったそうです。これはみつ豆にあんこを載せた物ですよね。
父は大学ではなく専門学校でした。やっとの事で進学したのに、わずか1年で出征となりました(学徒出陣)
室蘭沖で撃沈され、半数以上が死亡。生きて帰って来たのが奇跡と言われるほどの惨事だったそうです。
漁船に救助された父は、昭和20年の今頃は北海道の病院で治療を受けていました。
8月は戦争の事が多く話題に上りますが、重苦しくて嫌です。昔はほとんど無関心でしたが、最近は少しはマジメに考えるようになりました。

久しぶりのみつ豆、とても美味しかったです。
豆と言えば、うちではネコちゃんの肉球の事を「豆」と言います。

これを見ると甘くて美味しいみつ豆を連想するんですよね。
サクラちゃんのマメはお洒落な色合いでした。
トラちゃんは縁起の良いお正月の黒豆です。

缶詰ではなく、自分でも意外と簡単に作れそうですね♪
洋風のケーキ作りよりずっと簡単だと思います。
子供の頃、母を手伝って寒天で水菓子を作りました。缶詰のミカンを入れたり、牛乳を入れたり、カルピスを入れたり。
豆はこれと同じ物ではなく、和風の煮豆に使う金時豆とかトラ豆などを利用したほうが美味しいかもしれません。
ハチミツとか黒砂糖を少し混ぜると美味しいと思います。
 


さて、次は夏のスタミナ料理です。
台湾風玉子焼きのレシピ
https://www.elle.com/jp/gourmet/gourmet-recipes/a50470/gco-846/
これを参考にして、思いっきり手抜きをして作ってみたら美味しかった^^¥

写真も手抜きです。お皿に綺麗に盛り付けるのが面倒なので。
ニンニクの醤油漬けが重要ポイントだと思います。切り干し大根は省略しました。
減塩のため塩は省略。逆に旨味を出すためにみりん少々。
ニンニク醤油は卵2個なら小さじ1杯ぐらいが適量です。
ごま油とニンニク醤油で、旨味たっぷりな台湾風の味になります。
ニンニクの醤油漬けは、他にもラーメンや麻婆豆腐、焼き肉、野菜炒めなど利用価値が広いです。醤油漬けなので冷蔵庫で長期保存できそうですね。

 

赤とんぼが出て来ました。秋近し。

今年初、タマゴタケを見つけましたが、もう干からびていました。家のすぐ近くにありました。
柄が黄色くてだんだら模様なのでタマゴタケとわかります。
灯台下暗し。見つけるのが遅くて残念!いつもの場所に行っても生えていなかったのに。
油で揚げると上品な旨味が出て美味しいんですよね。鯛のような味がします。
他のキノコは1本見つけると周囲にたくさんありますが、タマゴタケは単独でポツンと出ます。
でも毎年同じ場所に出ます。この場所は来年も期待できます。

右側のは見るからに美味しそうですが、敬遠です。
ベニタケの仲間だとわかりますが、たぶん猛烈に苦いと思います。たまにとても美味しいのがあるらしいですが、区別が難しい。ボソボソして食感は悪いです。
日照り続きで雨が全然降らないのに、キノコは少しだけ出ています。ひと雨欲しいところです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

18/02/25 01:54

とら豆&トラちゃん(=^・^=)

この前道の駅で買った”とら豆”食べてみました。
黒豆など大豆類の豆に比べると、ホクホクに柔らかくなって、もっちり感もあって最高に美味しいです。
また今度買って来ようと思います。
皆さんも見つけたら買ってみてください。

金時豆とかうずら豆とか、似たような豆がありますね。
しかし、コレがどうして”とら豆”なんでしょう?
縞模様でもないのにねぇ(笑)

甘い煮豆の他、カレーにも利用しました。
カレーに入れる場合は事前に柔らかくなるまで煮ておきます。
このカレーはオリジナルの辛口チキンカレーで、皮付きジャガイモとピーマン・タマネギが入っています。
カレーには大豆類の”くらかけ豆”なども、適度に歯ごたえあって美味しいです。すぐれた旨味も出ます。
食欲モリモリで無限大に食べられます(爆)
これはインドカレーのお店へ食べに行って覚えました。

※とら豆、ネット検索してみたら、煮豆用の最高級品種だそうです!
300円はお買い得でした。量が多くて鍋に満杯です。

「北海道が主産地で、模様の入り具合が虎に似ていることから、虎豆と称されます。
もともとはconcord poleという品種で、明治時代にアメリカのマサチューセッツ州コンコードから導入されて栽培が始まりました。」
アメリカではTigerとは呼ばないようですね(笑)

 

トラちゃん、お腹こちょこちょ上機嫌です(*^o^*)/

幸せいっぱい夢いっぱいです(*^_^*)

今回はトラちゃんの大特集でした(^◇^)
なにしろ2月22日はニャンX3の日でしたからね(笑)

 

リスの足跡です。
4つ同時なので特徴あってすぐわかります。
右側は来るときのもの、左は帰って行く足跡です。
早朝、窓の外に何か茶色い物が見えたのはリスだったんだとわかりました。
毎日のように遊びに来ているようです。
ピーナツを置いたこともあるんですが、食べませんでした。
トラちゃんが毎朝窓に張り付いているわけがわかりました。

カテゴリ[ 料理]   コメント[8 ]   トラックバック[0]