17/12/12 07:22

ねずみ大根

ねずみ大根を買って来ました。
トラちゃん、これはネズミじゃないよ。
右;ネズミとの記念撮影は、ヒジョーに不愉快だと申しております(笑)

ねずみ大根というのは、ネズミに似た形の辛味大根です。
うどん・蕎麦の薬味に最適。
今が旬。冬の味覚、体が温まります。

坂城町に鼠という地名があり、鼠宿という宿場町です。ねずみ大根はそこが発祥の地です。
ちなみに、小諸市には「猫原」という地名があります。

坂城町は”おしぼりうどん”が名物です。
辛味大根の搾り汁に味噌を解いて、釜揚げうどんの付け汁にします。
私の一番好きな食べ方です。
長野市南部まで同じような食文化です。

冬至が近くなったので、
夕方トラちゃんの寝床に、お日様の光が当たる角度になりました。
木のうろで眠っている子リスのようですね(*^_^*)

夜はこんな状態。
気持ち良さそうに伸びて眠っています。

 

「れいか」という珍しいキノコを買いました。
ヒラタケの一種だと思います。
炒めて塩味だけで食べました。
これが旨い! 普通のヒラタケの何倍もの旨味です。
この前の「シモフリヒラタケ」に似ていますが、もっと美味しいです。
今はもう、昔のような普通のヒラタケは売られていないかも。
どんどん品種改良が進みます。

 

道の駅中条も
ちょっとだけクリスマスっぽい飾り付けになりました。
このへんの村には、こういう感じのおばちゃんが多いんですよね(^^♪
「よっとくらえ」というのは「寄ってってください」という意味です。
この絵のおばちゃんそっくりの人、
昔会社の帰り道によく行った焼き鳥屋のおばちゃんです。
その人は小川村出身でした。
このお店、長野市中心市街地で、つい最近までやってましたが、ご高齢のため店を閉めました。
若い頃から、酔っぱらい相手に焼き鳥屋を一人で切り盛りしていたそうですから、すごい度胸と根性ですね。
”肝っ玉母さん”風で、話がとても面白かったので、またお会いしてみたいです。
おばちゃんの故郷のほうへ引っ越した、と言えば喜んでくれるでしょう。

今回はかき揚げ蕎麦を食べました。
半ライスを付けました。
これはお得だし、味も大満足でした。

ここはメニューが豊富で良いです。
まだ食べていないメニューがたくさんあります。
次回はカツカレーかな?親子丼も気になります。

あとひき豆も買いました。
食べだすと後をひいて止まらなくなるという物。
ビールのおつまみに最適です。
長野市西山産(長野市西側の山村を西山と呼びます)の豆は美味しくて昔から定評があり、京都の丹波の黒豆のような感じです。
丹波も京都盆地の西側の山なので、気候風土が似ているのでしょうか。

カテゴリ[ 料理]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

17/12/07 01:45

道の駅めぐり

旧中条村から見た北アルプス鹿島槍ケ岳です。
この日は不思議な天気で、空は曇っていましたが遠くの山が鮮明に見えて幻想的でした。

中条村は長野市に合併しましたが、隣の小川村は独立独歩で頑張っています。
幹線道路沿いに、5分で小川村道の駅に到着。
中条道の駅とはライバル関係です。
互いに意識しているらしく、同じ物は売っていません。

食堂、中条のほうは食券方式ですべてセルフサービス、お値段安いですが、小川村は丁寧な接客サービスです。
お料理も高級感がありお値段高め。
それぞれ特徴があって良いと思いました。

鶏唐揚げ定食900円、珍しいおからコロッケ定食が700円。
大豆の名産地でもあるので、豆腐やおからが自信作です。
お米も最高に美味しく、野菜いっぱい具だくさんの味噌汁は美味しくて感動モノでした。

お土産におやきを買いました。
おやきは小川村のほうが力を入れています。
右下のは初めて見る珍しいおやき。
皮は紫色の小麦で作られています。中身は甘い白豆あん。
これはとても美味しく高級感があって、贈答用にもいけると思いました。
※ネットで調べてみたら、これは紫米を小麦粉に混ぜた物でした。米と麦のコラボだったんですね♪モチモチ食感がとても美味しいです!


中条道の駅では、名物のおぶっこは勿論ですが、アジフライとか山賊焼きなどの揚げ物がイチオシ。

これが山賊焼き定食。山賊焼きは松本名物で鶏の唐揚です。
意外なのは普通のラーメンがとても美味しいことです。
和風味のシンプルな醤油ラーメン、540円です。写真がなくて残念!

道の駅っていいものですね。
今まではほとんど利用したことがありませんでした。

信州新町道の駅も近くにあり、そこはお蕎麦が大好評。
なんと500円で、とても美味しい本格手打ちのざる蕎麦が食べられます。

フクロタケの水煮、大量に入って650円。
スーパーではあまり見かけない中華食材です。
中華料理店で八宝菜などに入っています。
それとは形がちょっと違っていました。中国産ではなく日本産?袋詰めした工場は地元でしたが、キノコの産地はわかりません。当然栽培物です。
風味も食感も良く、とても美味しいです。和食にも合います。

赤カブ5個100円。
簡単浅漬にしました。葉っぱはおひたしに。

 

1歳になる前のトラちゃん姉妹です。
特別寒かったこの年の12月、室内に入れてあげました。
天敵もいなくて安心できて、暖かくて極楽です。
サクラちゃんがトラちゃんをもみもみマッサージ(*^o^*)/

同じ姿勢(シンクロ)で眠っています。
あちらのほうにぼやけて写っているミケちゃん。
「ヒジョーに不愉快だ」と言って距離を置いています(~_~;)
受け入れたくない現実から目をそむけています(笑)
ミケちゃん、勝手に変なの連れて来ちゃって、ごめんね。

トラちゃんとミケちゃん。
距離を置いていて冷戦状態です (-_-;)

翌年こっちへ引っ越して来て、ストーブをつけたら「停戦状態」
ストーブの前では”一応”仲良しです。
トラキチとは犬猿の仲でしたが、サクラとは大丈夫だったのかな。
サクラちゃんもこの頃は丸々と太っていて健康でした。
もうすぐ4年目の命日がやって来ます。

昨夜長野県中部で地震がありました。
緊急地震速報が出ましたが、大した事ありませんでした。
私の所はガタガタと細かく揺れた程度でした。
しかし、震源がフォッサマグナの所なので要注意です。
断層が少しずつ動いています。

昨日は今季2度目の除雪車出動。
予報では積雪30cmでしたが、その半分程度で助かりました。

ですが、この先ずっと雪マークです。
太陽の光が欲しい!

カテゴリ[ 料理]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/10/28 01:06

秋の美味しい物特集 (*^o^*)/

うちの庭です。怪しい?キノコ畑は右手奥(笑)
毒キノコ、正体不明のキノコ、美味しい食用キノコ、わずか3坪ほどの面積に大量に生えます!!
真っ赤なカエデの紅葉、一週間後ぐらいが最盛期です。

先日の台風で大きな白樺が倒れていました。
電線の上に寄りかかっていて危険!
漏電しているかもしれません。触ってはいけません。
こういう場合は中部電力に電話すれば、すぐに片付けに来てくれます。

こんな事はこちらではしょっちゅうです。

これは長野名物の大根おしぼりうどんです。
熱々の釜揚げうどんで、つけ汁には大根おろしの搾り汁を使います。
味噌味か醤油味が選べます。
体が温まるし、大根とネギは風邪に薬効があるそうです。
この写真左上の小さなお猪口は追加用の搾り汁、右側の徳利の中身は蕎麦つゆのような物だったと思います。
味噌の量が少なすぎたので、この倍は欲しいと思いました。

シンプルですが、とても美味しいです。
麺の本来の美味しさを味わうことができます。
簡単ですから、皆さんも真似して作ってみてください。
私は手抜きをして、大根はおろしてそのまま全部使います。
普通の大根でも良いですが、辛味大根なら本格的です。
お蕎麦もこれと同じようにして食べます。

野菜直売所でたくさん買い込みました。
大根とカボチャは鍋物にすると美味しいし、栄養があるし、本当に経済的です。
これ全部で900円、2人で10日分です。
あと肉と魚を少々、豆腐・納豆・卵を買えば、とても豪華で美味しい食卓になります^^¥

直売所で買う野菜と、スーパーで買うその他の食材と、金額的には半々ぐらいですね。
一番高くつくのはお菓子です。ですが、甘党なのでつい買ってしまいます(^_^;)

黒っぽいリンゴは今が旬の秋映。甘酸っぱくてシャキシャキ♪一番のおススメです。

大根と蕪は葉っぱが付いていて嬉しいです。
葉っぱのほうが栄養があるし美味しいんですよね。
芯のほうの綺麗で柔らかい部分だけ利用します。
サッと茹でて冷蔵庫に保存し、刻んで味噌汁やうどんに利用します。肉と一緒に炒めても美味しい。
蕪は塩とポン酢で浅漬にしました。
新米の炊きたてご飯には最高です!

 

森の散策は、ふかふかの落ち葉のじゅうたんが心地良い。

クリタケを見つけました。ちょうど食べ頃です。
今年は雨が多いのに、キノコは不作です。
収穫はほんの少しでした。

北海道産の氷魚(こまい)と一緒に酒蒸しにしました。
氷魚は氷の下に住むという、小さい鱈のような魚です。
味は鱈に似ていますが、ずっと美味しい!

こちらはチャナメツムタケ。
クリタケに似ていますが、木ではなく地上に生えます。
地中に腐った倒木が埋まっているような場所、落ち葉の下から生えて来ます。
よく似た毒キノコが多いので地元の人に教わって覚えました。
実物を見ればすぐにわかりますが、図鑑などの写真では判定が難しい。
クリタケやナメコより美味しく、味は最高です。
歯ざわりが実に良い感じです。落ち葉の爽やかな香りがします。
数年前は大量に採れたのですが、最近めっきり減ってしまいました。
昆布と一緒に塩茹でして冷凍保存しました。
うどん・鍋物などに最適です。大根おろしとの相性が抜群です。

 

怖い物見たさという事で蜂の巣。
もうそろそろ働き蜂は全部死滅して、女王蜂だけが冬眠に入ります。
来年うちに来ませんように!

トラちゃん、お腹こちょこちょするとゴロゴロ言って喜びます。

 

最後に、素晴らしいニュース!(一般にあまりウケの良くないキノコの話題ですが)
ついに出ましたシモフリシメジ(*^▽^)ノ彡☆
これは”味シメジ”の代表格で最高に美味しいキノコなんです(^◇^)
霜が降る頃に出るのでシモフリシメジ。
数年前にはもっとずっと太くて立派な物が大量に採れたんですよ!見るからに”シメジ”っていう感じの物、売っているシメジの数倍の大きさでした。
なぜか最近めっきり減ってしまいました。

見た目はアイシメジによく似ていますが、黄色味が少ないです。
いつも裏切られていました。アイシメジは正露丸のような味で、美味しくないのです(~_~;)
でも、これは違いました。
ヘンな匂いは全然なくて、それはそれは美味しくて最高!!

この大きいのは腐っていたので、周囲に生えていた小さいのを2本だけ収穫して塩味のホイル焼きで食べました。
この根本から若いのが育ってきているので、3日後ぐらいにはまた収穫できそう^^¥
これは大変貴重な珍味です。山の住人の特権です。
どこにも売られていないし、もし東京の高級料亭なんかで食べたら、どんな値が付くのか想像もつきません。

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/10/18 18:53

古民家カフェ

先月の話になってしまいますが、旧中条村を楽しく探訪して来ました。
今度妻が引っ越す場所なので、良いお店など見つけようと思って。
ちなみに、私は今年も今の場所で冬を越すつもりです。
厳しい自然の中で困難に耐えて精神を鍛えないと!!
冬は家に缶詰状態で、まるで南極越冬隊のような生活になります!

それでも今までとは違い、最悪の場合には避難する場所ができたので少しは気が楽になりました。
雪の降らない暖かい土地は本当にいいなぁ・・・心底憧れます。

前から気になっていた古民家田舎カフェ。
初めて行ってみました。
この日は残念ながら雲に隠れてアルプスは見えませんでした。

セットで700円、うどん・ラーメン単品だと何と500円 (*^o^*)/
激安です!
大瓶ビール1本+ラーメン+おやきで1000円というセットもありました。
これじゃ儲けは出そうもないな、と思いました。

ボリュームあって具だくさんで栄養満点、お腹いっぱいになります。

「おぶっこ」はカボチャの入った味噌煮込みうどん。
「ぶっ込みうどん」の略で、丁寧に「お」を付けて「おぶっこ」です。
野菜ラーメンはユニークでした。モヤシ・キャベツ・モロッコインゲン・カボチャが入っていて醤油味です。良いダシでした。

どちらも肉は入っていませんで、まるで精進料理。
こんな美味しい野菜たっぷりのラーメンは他では食べられないでしょう!!
おやき2個が付いて700円は、すごいお得ですが食べきれません。
おやきはお持ち帰りになりました。
最初からビニール袋に入っているのは気がきいています。
おやきの皮の小麦粉の味と食感は素晴らしく、中身の各種野菜炒めも最高の味でした。
しかし、何度も言いますが肉はまったく使われていませんでした。この村の衆は皆さん敬虔な仏教徒で肉食はご法度!?

話が前後しますが、まず席に付くと蕎麦茶とジャガイモの甘辛煮が出てきました。
これは最高の味!今まで経験したことのない美味しさでした。
これは無料サービスでした。

ごく普通の家なので、お店には見えません。
窓はアルミサッシに改装されていましたが、聞いてみたら築100年の古民家だそうです。

庭には花がいっぱい咲いていました。
晴れていれば、この向こうに北アルプスが屏風のように見えるはず。

庭先には畑。新鮮野菜が調理場へ直行です。

 

若い人の個人経営のパン屋さんも見つけました。
これは美味しい! クロワッサンもメロンパンも最高でした。
店内が喫茶店のようになっていてその場で食べることもできます。お値段も安かったです。

中条村は平成の大合併で長野市になりましたが、隣の小川村は今も合併せずに独立独歩で頑張っています。
同じ道沿いですぐ隣です。小川村にはホームセンターがあるし、店が多いです。

不思議なのは旅館が3軒ある事。
雰囲気の良い旅館なので、いつか泊まってみたいと思っています。下には川が流れています。
ちょっとした探検ですね。とにかく面白そう。
猫同伴はダメでしょうか?

数年前は古い木造だったと思うんですが、今は鉄筋コンクリートに改装されていました。そんなに儲かってたのか?
まったく不思議です。他の旅館もみな立派でした。
温泉は出ないし観光地ではないので、ビジネスホテルでしょうか?
そんなにビジネス客はないと思うので不思議です。ここに泊まって長野市へ仕事に行く・・・ちょっと考えにくい。
前に送迎用のマイクロバスが停まってました。

旅館の前の川に魚の群れ!
何の魚でしょうか?高級な魚だったら良いのですが、拡大して見たらたぶんフナだと思います。
イワナとかヤマメだったら大した物ですけどね。

これから始まる新生活、とても楽しみです。
もう住民票も移しました。早速その住所で選挙も済ませました。
来年はいい年になるといいな。

カテゴリ[ 料理]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

17/10/03 08:50

ヤマブドウ

前回のキノコの記事は不評だったので、今回はトラちゃんに先頭に来てもらいました。
これからはずっと猫ブログで行こうかな?(笑)

皆さんコニャニャチワ〜♪トラちゃんで〜す(=^・^=)
良いお天気で気持ちいいニャ〜(^O^)/
お耳のピンクがいいでしょ〜(^^♪


右側の葉っぱは白樺の苗です。種がこぼれてどんどん増えます。
ピッカピカの栗も (*^o^*)/
これも野生の物で、そこらじゅう栗の木だらけです。
クマさんは餌に困らないと思う。
トラちゃんて、なんとなく栗のイメージなんですよね(^◇^)
マロンちゃんという名前のほうが良かったかも。

 

ヤマブドウが実りました。
去年見つけた場所です。しかし高い所にあるので手が届きません。
高枝切りハサミを使って収穫します。
ずっと上を向いて長時間の作業なので、首と肩が痛くなって大変でした。
このブドウは高くつきます(笑)

生では酸っぱくて食べられません。
でも去年より収穫日を遅らせたので、少しは甘みがありました。
普通のブドウよりずっと小さく、種ばかり大きいです。
買ったブドウと違って汚れているし、腐った実も付いているので良い物だけ選り分けて洗うのが大変な作業でした。

砂糖を大量に加えて、スプーンで潰しながら煮詰めてジャムを作ります。
石油ストーブを利用したら、穏やかな火力でちょうど良かったです。
(右)出来上がり。
色鮮やかで、甘酸っぱくて、香りは素晴らしく良いです。
裏ごしするのが面倒なので、このまま食べることにします。
お湯で解いて飲むと色鮮やかで美味しいです。
炭酸水で割るのも良いですね〜

※ヤマブドウはかなりの老木でないと実を付けません。何年かかるのか?わかりませんがたぶん10年以上でしょう。
ヤマブドウを人工栽培して、ワインを作っている農家がテレビで紹介されていましたが、苦労がすごく多いとの事でした。
出来上がったワインはすごく高価な物なのでしょうね。
 


秋の風景

スキー場は一面にススキ野原です。

とても綺麗なリンドウ!
植えられた物ではなく、野生です。
先日0℃近くまで冷え込んだので、葉っぱが紅葉しています。
県内では氷点下の所が2箇所ありました。

大きくて妖艶な感じのオオマツヨイグサが咲いていました。

薄紫色の小菊の花園。

 

あまりウケが良くないキノコの話題ですが、凝りずに行きます(^_^;)
秋も深まり、シメジの季節になりました。
アイシメジとキシメジを見つけました。
見るからに「シメジ!」って感じで美味しそうw(*゚o゚*)w
似たような毒キノコはないので安心です。

ですが「ううぅ〜まずい! (≧ω≦*)」
アイシメジは正露丸の味だし、キシメジは苦くて食べられません。毎年食べてるんですが、今年は特にまずく感じます(≧m≦)ぷぷ
でも、ちょっとした珍味かも(汗)
どちらも茹でこぼして味を消して食べるのが良いらしいです。
シメジもピンからキリまで、十数種もあります。
キシメジそっくりのシモコシは、とても美味しい。今回はシモコシ!と思って期待したのでしたが、食べてみてガッカリでした。
美味しい高級シメジが、そう簡単に手に入るはずがありませんよね。

 

秋の夜長は黄金の毛布にくるまって、お休みなさ〜い(=^・^=)

いい夢見てネ〜♪

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0]