17/03/27 05:28

雪解け

雪解けという題名で書いていたら、雪が降ってきてしまいました (-_-;)
でも明日からは天気予報、ずっと晴れです^^¥

外はまだ氷点下5度の寒さですが、

暖かい室内の切り花が咲きました(^_^)/
サンシュユ(春黄金花)によく似たアブラチャンです。
この地方では山野にたくさん自生していて、春真っ先に咲く嬉しい花です。外のが咲くのは4月中旬だと思います。
私は最初知らなくて、3〜4年間はサンシュユと思い込んでいました。
アブラチャンはクスノキ科の木で、油分が多いのが名前の由来だとか。
部屋じゅうにとても良い香り。蝋梅とはまた違った香りです。

桜の枝も同じ花器に入っています。蕾が膨らんで来ました。

 

3日前のこと。良いお天気でトラちゃん、ブラッシング。
ゴロンゴロン転がって喜びました(=^・^=)

 

日向ぼっこ、香箱座りでゴキゲンです(*^o^*)/

 

前の道路はこんな風景です。
先日また10cmの積雪、誰も通った形跡がありません。


雪の深さはまだ1m近いです。

この上の方の雪原です。
ここは「お花見広場」と名付けた場所で、5月に咲く山桜の大木が見事!
トラちゃんお散歩のお気に入りの場所です。
前回のキツネさんの写真も、ここで撮影しました。

近所の別荘、屋根の雪が落ちました。
玄関前がすっかり埋まっています。
これは設計ミス! 雪国の事情を知らない人が設計すると、こんな事になってしまいます。

問題の小屋。(小屋というには大きいが)
危険だった屋根の雪、やっと落ちました。
横の道路に落ちなくて良かったです。
これからは車で右側通行しなくても、安心して通行できます。

 

数年前にサクラちゃんが元気だった頃の写真。
これも同じ3月でしたが、今年の雪の量はこの年の数倍もあります。
雪の厳しさをイヤというほど味わった今は、バカバカしくて、こんな遊びはする気になりません。

庭の雪ですが、今はまだこんなにあります。
ちょっと穴を掘るだけで、巨大なかまくらが簡単に作れます。
気温が低くて雪が解けないので、雪の量は増える一方! 積雪は3月に最大になるんですよ。

雪を解かした水は、食器洗いなどに使います。日に当ててもなかなか解けないので、ストーブの上に載せます。
雪は水の貯蔵庫、天然のダムです。
今はこんな金属製のバケツは珍しいですよね。これなら一生物です。リサイクルショップで買いました。
ここではポリバケツは外で使うと、冬の寒さで割れてしまいます。まるでガラスのように!

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[13 ]   トラックバック[0] 

17/03/17 05:23

道路の補修

3.11で重い話題が続いたので、今回はたわいない話です。

雪が解けるのは良いけれど、大変な事に!
毎年ガマンしてきたんですが、今年はもうダメ。
これまでで一番ひどいです。
道路が沼のようになって、車が沈んでしまいます。
私は車高の高い軽トラだから何とかなるけど、普通の車は立ち往生してしまいます。

犯人は除雪車。
道路の表面の砂利を削り取ってしまうのです。
でも除雪車を責めるわけにいきません。除雪車のおかげで生活できるのですから。

スコップ持って一人で手作業で補修をする事にしました。
この道路を使うのは私一人なので、一人でやるしかありません。
1時間半かかって、やっと大体平らになりました。
まだ8割ぐらいの出来で完成ではありませんが、猛烈な雪が降ってきたし疲れたので今日はこれで終了。
次回は足でよく踏み固めて、もう一度整地して、車で何度も上を走って踏み固めます。
もう1箇所こんな場所があるので、今度やらないと。

山の暮らしは楽ではありません。
冬は雪かきというよりも穴掘りのような毎日ですし、春は自分で道路の補修。土木作業員そのものです。体力勝負です。

砂利を運ぶのに一輪車が欲しい・・・
しかし、雪に埋まっていて下の方は凍りついていて、力一杯引っ張ってもビクともしません(~_~;)
やっとの事で掘り出しました。
そしたらタイヤがペチャンコでした (-_-;)
幸いパンクではなく、虫ゴムが古くなって空気が漏れていたので、簡単に直りました。

 

朝、新雪が少し積もった所にネズミの足跡が付いていました。
自分で道を作って進んで行くのですね。

トンネルを掘って雪の中へ入っています。
この前も同じ場所にトンネルがあったので、道は決まっているようです。土の中にトンネルを掘って住んでいます。
まるでモグラのような生活です。

ここから出て来たのがわかります。
これはたぶんアカネズミだと思います。
すごくたくさんいるらしいですが、見たのは一度だけです。明るい茶色の綺麗な色の、小さくて可愛いヤツです。

キツネとかフクロウの餌になるのでしょう。
キツネはたまに見るし、フクロウは冬でも夏でも夜はいつも鳴いています。姿を見たことは一度もありません。

 

トラちゃんは羽毛布団に深〜く沈んでいます (^^♪
この寝方を「ごめん寝」と言います(笑)

 

珍しい野菜を見つけました。
春の野菜が次々に出て来て嬉しいです。
ワサビのような味を期待していましたが、辛味はなくクセがなく美味しいですが、味がほとんどなくてちょっと物足りません。サラダ用でしょうか。
サッと熱湯をくぐらせて、醤油と鰹節で食べました。

クレソンは風味が良くて美味しかったです。
これも熱湯をくぐらせて同じようにして食べました。
レストランで肉料理の付け合せになっていますね。
千曲川の支流で清らかな清水が湧いている場所があって、そこに美味しいクレソンが自生しています。

長野では桃の節句は4月3日です。
道明寺を買って来ました。道明寺と桜餅の違いは?
地方によって逆転しているそうです。
道明寺というのはつい最近まで知りませんでした。
これは中身がこしあんでした。皮が米つぶだから、こしあんが似合いますね。

一口大で上品です。
桜の葉っぱの風味も良くて、とっても美味しかった(*^o^*)/
佐久市のカナメヤ製菓です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

17/03/10 12:46

震災後6年。

3月11日はとても複雑で気分が重い日ですね。
いろんな事を考えます。言いたい事はたくさんあります。
それこそ無限大に!
ずっと前からこの日のために膨大な量の下書きをしてきましたが、しかし全部ボツにしました。
でも、ちょっとだけ書きます。

ウェルシュコーギーがきた
http://ameblo.jp/x68030xvi/
このブログ、3月10日で途絶えています。
まさか翌日にあんな事が起きるとは・・・
飼い主さん、愛犬ともども津波で亡くなられました。
その後もブログだけが残っているのが悲しいです。
ブログ「おばん道」で毎年この時期に紹介されてきましたが、おばんさん1年以上前からブログをお休みしているので、私が引き継ぐことにしました。

いろんな考えの人がいて、この6年間で日本じゅうで人間関係が悪くなっている感じがします。
去年、学生時代の友人と久しぶりに話しました。
彼は今は東京で国家公務員をしています。
原発事故への対応で疲弊したのか、性格がすっかり変わってしまいました。
他に福島大学の教授になった出世頭の同級生も。

最悪なのが原発から避難した福島の子供へのイジメ。
大人も職場などでイジメを受けているそうです。
福島だけを特別視するのは、どうかしています!
隣の県だって、同じじゃないか。
最近は他にも嫌な事件が多く発生し、弱者を攻撃する社会になってしまいました。

震災当初の助け合いの精神はどこへ行ってしまったのでしょう?
純粋な気持ちで頑張っている方々、今もいらっしゃいますが・・・少数派という感じになってしまいました。
人助けって、なかなかできないものですね。無力感にさいなまれます。実際には義援金を出すぐらいしかできません。

それに「人助け」つまり「上から目線」「他人事」ではなく、自分自身の危機管理の問題として考えないと。
地震等の自然災害への備えは勿論ですが、
とくに原発事故への対処は福島だけの問題ではありません。
福島だけの問題にしてしまってはいけません。
東日本いや日本全体の問題です。過去に例のない事なので、わからない事が多過ぎます。
今後何十年と闘いは続くのだと肝に命じて、
けっして甘く見てはいけない、油断ならない、深刻な問題だと思います。
正しい知識を身につけて、自分や家族の健康を守るために適切に対処しなければいけません。

政府や他人を批判するばかりでは、何も解決しません。
自分が今何をしたら良いのか?
自分や家族を守るために、そして社会とどう関わるべきか?
危機管理、転ばぬ先の杖。そのために知恵を使う。
他人に惑わされることなく自分自身の頭で考えて、
今できる事から実行しなければ、と思います。

 

トラちゃんは純粋無垢で平和ですね〜♪

この平和な日々を守らなければ、と思います。
しかし難しい世の中になってきました。

 

3月8日、長野市の西厳寺では蝋梅が満開でした。

午後から急に晴れたので急いで出かけました。
晴れたのはこの日だけでした。

素晴らしい上品な香りが、周囲にただよっていました。
まるで香水のよう!
最初に見に行ったのが2月15日で、このとき2分咲きぐらいでしたから、ずいぶん長い期間楽しめる花ですね〜
前回の写真は失敗作でしたが、今度は綺麗に撮れたと思います。

次は福寿草、節分草、アズマイチゲ、カタクリ・・・早春の可憐な花々が次々と。
北信濃に遅い春の訪れです。
薄暗い雪降りの毎日でしたが、来週の予報を見ると晴れマークが並んでいます(^^♪ 
お花見シーズンに向けて、美味しくお酒とお料理が楽しめるように、健康管理に気をつけたいと思います。

今回は重いテーマなのに、読んでくださってありがとうございました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

17/03/05 07:02

桜の剪定

3月3日の雛祭りは、午後から良いお天気になりました。
朝起きたら15cmの新雪でしたが、太陽の光が強いのでドンドン解けます。

トラちゃん外に出て思いっきり爪とぎをしました。
この気持ち良さそうな顔、見てください。

 

長い間の懸案だった、庭の桜の剪定を実行に移しました。
元々ここに生えていた山桜なんですが、大きくなってしまって電線に接触する心配がでてきました。
私がここに来てから約2倍の大きさになりました!

こんなに大きくなる前に剪定しておけば良かった・・・
昔から「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
と言われますが、桜は切っても良いらしい。
青森県の弘前公園の桜は今の季節に剪定をする、
そういう話を聞いたからです。
ちなみに、私の経験ですが梅も切りすぎると弱ります。

剪定というには、かなり大掛かりです。伐採に近い作業です。
上3分の1を切ってしまう計画ですから、大変!
もしかすると枯れてしまうかもしれませんが、これ以上大きくなったら手をつけられなくなるので今年が最後のチャンスです。
危険な作業なので、ずいぶん前から慎重に計画を練っていました。
命ある物ですから、作業を始める前に合掌。
作業終了後も合掌しました。

雪が多いので、それを利用します。
雪を集めて足で踏み固め、高さ1m以上にしました。ハシゴの高さを高くできます。
左側に埋まっている脚立は高さ1.5mです。
上まで雪を積み上げて、ハシゴを使わずに切る方法なら安全で楽だ・・・と思いましたが、さすがにそこまでは (^_^;)

一番の問題は、倒す方向。
電線のほうに倒れたら大変な事になります!
重心を考えて、できるだけ上のほうにワイヤーロープを掛け、
隣の松の木に回して、左上に見える「ガッチャ」と呼ばれる道具(トラックに鋼材などを積むときの荷締め機)で少しずつ強力に引っ張ります。

少しずつノコギリを入れてはハシゴを下り、少しずつ引っ張って傾かせ、安全に予定通りの方向に倒す事ができました。
大変な重労働で、疲労困憊でした (-_-;)
これでやっと枕を高くして眠れます。
林業用の上等なノコギリを使用しました。山の暮らしの必需品です。高価でしたが、良い買い物でした。普通のノコギリでは危険で無理です。

倒した木を二階から見たところです。翌日また雪が積もりました。

桜の木、切ってしまって可哀想。
枯れなければ良いのですが・・・山桜は強いので、たぶん大丈夫でしょう。
切り口に雨水が入って腐らないようにフタをかぶせました。

切った枝をこのまま捨ててしまうのは可哀想なので、
暖かい室内で早く咲かせることにしました。
これが全部咲いたら素晴らしいでしょうね!

もう蕾が膨らんで来ています (*^o^*)/
この桜は真っ白な山桜です。
他にピンクの山桜など、庭に10本もあるんですよ〜
庭の桜が咲くのは5月5日頃だと思います。

「桃栗3年柿8年」と言われます。
桜も桃と同じかな?
と思っていましたが、苗を植えてから咲くまでに5年以上かかりました。
山桜の苗は森の中にたくさんあるので、それを庭に移植しました。

桜のビール、去年と同じかと思っていましたが、よく見ると違います。
右のが去年。鳥が2羽います。
左は今年。中央部小さい飛行機が飛んでいます。
鳥のほうが良かったなぁ。

前回の自作望遠鏡ですが、こんなところに空き缶を利用してあります。(中、右)
ハサミで簡単に切れるし、接着(ボンドG17)できるので小さい筒を作るのに便利。
小学校の夏休みの工作のレベルですから、楽しいです。

筒底にかぶせた布袋は埃の侵入を防ぐための物です。内側にはビニール袋が入っています。

(中)微動ハンドル(ネジで向きを細かく変える装置)は、鐘紡長野工場の糸巻きを利用。カメラレンズの廃品から取ったギザギザのゴムを貼りました。
寒い夜に使う物ですから木のぬくもりが良いです。
(右)左右に大きく動かすための取っ手。
善光寺でもらった物ですが、ただ飾っておいてもつまらないので、実用できるようにしました。何となく縁起が良いですね〜
上質な木で作られているので丈夫です。

このように、天体望遠鏡の自作と言っても難しいものではなく、
小中学生の夏休みの工作のノリでできます。
他にも工夫を凝らした所が数限りなくあって、ここでは書ききれません。

 

めでたく桜の剪定作業が終わったので、
夜は久しぶりに薪ストーブに火を入れてくつろぎました。
石油ストーブとは暖かさの質が違います。
これは不思議なんですが、たぶん遠赤外線が出るのでしょうね。
だから体の芯まで温まります。

トラちゃんも、超ゴキゲンです。
石油ストーブには当たりません。良い物はよく知っています。

薪ストーブを毎日焚かないのか?と言われそうですが、
薪を準備するのが大変だし、焚き付けに手間がかかるし、
ちょっと油断すると消えるので、とても手がかかります。
使用後は灰が出るので掃除もしないといけません。
しかし、庭で出る剪定枝などの大量のゴミが片付くので嬉しいです。

長いのに最後まで見てくださって、ありがとうございました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/01/19 06:09

雪との闘い

大雪警報が3日間出っぱなしでした。
昨日は1週間ぶりに晴れて太陽が見え、ようやく峠を越えました。

長野市でも45センチの積雪だったそうで、大混乱!
電車は止まるし、立ち往生する車多数、国道は通行止め。交通事故多発!
雪が降ってから町へ行ってないので、今はどんな状態なのかわかりません。
雪に弱いのは首都圏だけではありません。
近代文明でも雪には勝てませんね。

松の木も雪が重そう。
大きな松の木に積もった雪の重さ、1トンぐらいあると思います。
いきなり落ちて来たり、太い枝が折れたりするので下を通るときは大変危険です。
※1トンの雪・・・スコップで一回に運ぶ雪が10キロとして100回で1トンになりますから、驚くほどの量ではありません。
いちいち数えたわけじゃありませんが、除雪作業は普通1日でスコップ1000回ぐらいは運びます。

真っ白な雪煙で前が見えません。

厳しい冷え込みで、窓ガラスに霜の花が咲きました。
室内は24時間暖房で常に20度キープですが、
二重窓になっていて、間に空気の層があるので霜の花ができます。
二重窓でないと、ここでは生きていけません。
これでもまだ断熱性は不足です。
外が見える窓はここだけ。
他の窓は防寒のため全部板戸を閉めてあります。
だから室内は真っ暗です。

電線もご覧のとおり。着雪注意報ってやつですね。
電線が切れて停電することがあります。

この脚立の高さは1.5mあります。一夜明けると、もうこんな状態。

早起きして、じっと外を見るトラちゃん。

除雪車は朝暗いうちから出動します。
私がここに来るまでは、誰も住んでいないこの道は除雪しなかったのですが、
頼み込んで来てもらえる事になりました。
正義の味方です。おかげで、こんな所でも生活できます。
横にCATと書かれていますね。
怪獣のような大きな猫ちゃん。
トラちゃんの親分格です。

玄関から前の道路まで、わずか10mちょっとですが、
通路を作るのが大変な作業です。
まず上のほうから掘って、次に側壁を崩して幅を広げ、
下のほうを掘って。
雪が深くて一度に掘れないので3段階です。
掘った雪は遠くへ投げます。
「雪かき」ではなく「雪掘り・雪投げ」です。
北海道の小樽ではそういう言葉を使うそうです。

通路が完成する(右)まで1時間かかりました。
疲れたので、この日はこれで終了。

ところが翌日になったら、もうすべて埋まっていました(~_~;)
またやり直しです。

軽トラを道へ出せるようにします。
まず荷台の雪を下ろします。
このままバックして捨てに行ければ本当は楽なのですが、前の部分が雪で埋まっていてドアが開きません。
まず荷台を空にして、それから前のほうの雪を荷台に落とします。
もし地面に落としてしまうと大変!
下から持ち上げるので、労力が2倍かかります。

この道具を「雪ダンプ」と言います。雪ダンプ買って良かった!
すごい能率です。
雪を載せて、そりのように滑らせて引っ張って運びます。

片付けた雪は、除雪車が作った道端のくぼみに捨てます。
すぐに一杯になってしまうので、あとは道路わきに積み上げます。
道路が狭くなってしまうので本当はいけないんですが、他にやりようがありません。
翌日除雪車が来たときに、ついでに片付けてくれます。
ちょっと心苦しいのですが・・・

郵便は来るわけないと思いますが、一応除雪(右)
「郵便・宅配便は配達不可能」と皆さんに連絡済みです。

トラちゃんのお立ち台もご覧のとおり。前に一度除雪したのにこの状態。
80センチの物差しを立ててみました。積雪50センチぐらいかな。

ところが、翌日には・・・ 一夜にして、こんな山盛りに!
優に1m以上あります(右)まさに”想定外”
自作の台なので作りは貧弱。早くしないと倒壊します。
雪は恐ろしい (°◇°;)

めでたく開通(^_^)/

一応車が出られる状態になりました。
さて、この山盛りの雪をどこへ捨てに行くか?
近くに川でもあればそこへ流してやるんですがねぇ。
ですが、雪と一緒に川にすべり落ちて死んだ人も・・・
川が雪でせき止められて、近所一帯が洪水になることも多いです。

屋根の雪は大した問題ではありません。
雪下ろしなんて必要ありません。
うちの場合は急傾斜のトタン屋根なので、自然に滑り落ちます。
ニュースを聞くと、雪下ろし中の事故がしばしば報じられますが、ちょっと積もっただけで屋根を気にするからいけないんです。
雪国の経験がない気象予報士が、あまり頻繁に「雪下ろし中の事故には気をつけて」と呼びかけるので、これがまずいと思います。
むしろ「危険なので雪下ろしはなるべくしないように」
と呼びかけるべきです。
50センチや1m程度の積雪なら大丈夫です。
さすがに2mも積もると家が倒壊するかもしれませんが。

昨日は天気が良かったので、屋根の雪が全部滑り落ちました。
向こうに見える軽トラと大きさを比べてください。
この破壊力はすさまじいものです。
直撃したら車もペチャンコでしょう。
たまたま下にいたら命はありません。
大雪のときは、いつも頭上に注意を払うことが大切です。

千里の道も一歩から。
大雪のときも慌てず騒がず、できる事から少しずつやる。
雪が降り続いているときは、何もしないのが一番(=^・^=)
ストーブの前で美味しい物を食べて、猫ちゃんと遊んでいれば良いわけですね〜(笑)
外出することは命にかかわります。
大雪は長くは続きません。3〜4日待てば良いのです。

雪国の生活、慣れで解決できるものではなく、重要なのは”あきらめ”です。
皆さんも雪国で田舎暮らし、いかがですか〜
土地は安いですよ〜
坪あたり1万円程度です。
たまに1000坪で300万円という物件もあります。1000坪というのは畑です。
土地だけでなく、素晴らしい豪邸のような古民家付きだったりします。

除雪作業は体力勝負ですが、
体力を温存しながら少しずつ、牛歩の歩みで片付けるのが
ここに住んで得た教訓です。
体力を使わないように、知恵を使うことも覚えました。
除雪作業にも効率の良い技術が大いにあります。

道具選びは、とても大切。
いろいろ使ってみたところ、このタイプの軽量スコップが一番良いです。
ただ掘ったりすくったりするだけでなく、逆向きに使ったり、雪を四角く切ったり、雪を載せて滑らせながら引いたり、いろんな使い方ができます。
これは柄が長いから便利なのですが、狭い所で使うために柄を短く切った物も重宝しています。

ちなみに、除雪機は買いません。
高価なのも理由ですが、巻き込まれて命を落とす重大事故が多く、危険だからです。
除雪機は小回りがきかないので、家の庭など狭い場所では実用性が低いと思います。
とくに車の除雪などはできません。

予備のバッテリーを充電しておきます。
寒さでエンジンがかからなくなったら大変ですから。
持ち運ぶのに便利な、ちょうど良いサイズの丈夫なバッグを買いました。
充電器はホームセンターで買った一番安い物ですが、これで十分です。もう20年も使っています。
車のバッテリーは、停電したときには12V用の蛍光灯が使えるので便利です。
最近のバッテリーは進歩が著しく、安い物でも充電性能は素晴らしくて、寿命も5〜10年ぐらいと長いです。
(私が免許とったばかりの頃は2〜3年でダメになりました)

タイ国の離島では電気が来ていなくて、車のバッテリーだけで生活していると、テレビで見ました。
充電はソーラーパネルなどです。
もちろん、車で走っているだけでも充電できます。
驚いたことに、電気製品は一応揃っていました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[13 ]   トラックバック[0]