20/01/17 00:19

薪割り

ワイルドな薪割りです。
普通は大きなマサカリで一刀両断にするものですが、元の木がこれでは不可能です。
あらかじめチェンソーで40cmぐらいの長さに切ってないと。
チェンソーは危険なので買わないことにしています。

この丸太は5年ぐらい野ざらしで腐らせたので柔らかいです。
新鮮な木では固くて歯が立ちません。
割れそうな場所を見はからって、タガネを何本も打ち込んで少しずつ割って行きます。
最後に長い鉄の棒でこじって割ります。

めでたく割れました(右)
疲労困憊です!!
これをさらに細く割って、ストーブに入るようにナタで短く切って使います。

こんなクズのような薪です。

苦労して準備した薪ですが、トラちゃんが喜んでくれるのが張り合いです。

とても手がかかるので、今ある大きな丸太が片付いたら今後は森から拾って来た細い小枝を使うようにします。二宮金次郎のように(笑)
いずれにしても半分腐ったスカスカの薪なので、すぐに燃え尽きてしまいます。
一晩暖房するのに大量に必要です。
灯油でも1日約200円ですから、苦労して薪割りをする必要もないような気がします。
薪は少々高くても買ったほうが良いと思います。
私の場合はゴミ(倒木など)を片付けるのが目的で薪ストーブを使っているようなものです。

 

レンジャクが来ました。珍しいです。
ムクドリやヒヨドリと同じぐらいの大きさで、頭に冠がある美しい鳥です。
いつも群れで行動しています。
尻尾の先が赤いのがヒレンジャク、黄色いのがキレンジャクですが、これはどちらかわかりません。
北国から来る冬鳥ですが見るチャンスはわずかな期間。
いつもだと3月頃ですが、この季節には珍しい。
この日限りでどこかへ行ってしまいました。12月21日撮影です。
写真を見てわかりましたが、電線に付いた氷をなめています。
冬は水がありませんからね。

腐ったリンゴを外に置いたらヒヨドリが来ました。
窓ガラスごしの撮影です。
左端にトラちゃんの耳が写っています。
猫に見つめられながらでは恐ろしくて喉を通らないのでは?(笑)
急いで食べて逃げて行きました。

 

野沢菜漬け(長野ではお葉漬けと言います)
をいただいたのですが、減塩なのでよく漬かっておらず腐ってきてしまいました。
自分で塩と醤油を追加して漬け直しましたが、美味しくない。
生で食べると危ないけど、捨てるのも忍びないので・・・
昔母がやったのを思い出して油炒めにしてみました。
鰹節をまぶして砂糖を少々入れて味をととのえ、美味しくなりました。
綺麗なアメ色になって出来上がり。照りも良いですね。
信州の田舎料理の代表格です。
これを饅頭に入れると「おやき」になります。
ツナ缶とマヨネーズで和えても美味しいです。

漬物はやっぱり最初が肝心ですね。来年は自分で美味しいのを漬けてみようかと思います。
減塩の漬物ってサラダみたいなものですから、新鮮なうちに食べないといけません。
漬物は本来保存食ですから、塩をたくさん使う昔ながらの方法が良いと思います。
健康を考えるなら少しずつ食べれば良いのですから。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[16 ]   トラックバック[0]