18/09/03 00:26

夏水仙

近所の別荘の庭に毎年咲く、美しい夏水仙。
家主は東京の人で、父と同年輩の大正生まれ。数年前までお元気で、なんと庭でゴルフのスウィングを(@_@;)練習し ていましたが、最近は来ません。
90歳にもなるのに、東京からご自分で車を運転して来て奥様と2人で毎年夏に1ヵ月滞在されました。
息子さんも私と同い年で、不思議な偶然でした。
もうずっとご無沙汰です。

この夏水仙を綺麗に撮りたくて、
しかし毎日雨降りで、わずかな晴れ間を狙って撮影しました。雨上がりで水滴が付いています。
これは野生の物ではなく、植えられた物だと思いますが、
野生化している所もあるらしい。

昔々に中国から持ち込まれた花で、水仙というよりも彼岸花に近い種類です。
彼岸花と同じくで、春に葉っぱが茂りますが夏には跡形もなく枯れてしまい、初秋になると、するすると花芽が伸びて美しい花を咲かせます。
彼岸花よりずっと背が高くて、1m近くになります。

輝くススキ。
たくさんのススキが道の両側から倒れかかってきて、道幅が狭くなってしまっています。
萩の花。ススキとともに秋の七草です。
そろそろ、お月見団子の季節ですね(^_^)

庭の畑。
今年はミニトマトが初めてできました。
ここは夏が短いのでこれまで一度も成功しませんでしたが、今年は初夏にビニールをかけて簡易温室にしてやりました。なにしろ夏でも朝晩は一桁気温ですからね。

それでもまだ足りなくて、夏野菜のはずが秋になってしまいました。赤く色づく前に冬になってしまいます。
大玉トマトとは実の付き方が違います。大量に列になっていますね。
大玉トマトは難しいですが、ミニトマトは初心者でも簡単に栽培できます。

来年は苗づくりを温室で、もっともっと早くやらないといけません。
土作りは10年近くかかってやっとできてきたので、肥料が効いて美味しい実ができました。

ブルーベリーも毎日少しずつ収穫できます。
今年は冬に半分ぐらいの枝が枯れてしまって大変なダメージでしたが、実の数が少ない分、大きな実がなりました。

ジャガイモも収穫できました。
これも10年目でやっと成功。今年は満足いく出来です(^_^)/ 
いままではピンポン球のような芋しかできませんでした。しかも味が悪い。カビ臭い芋でした。
市民菜園を借りていた頃に比べると、あまりの落差にガッカリ。ここは火山灰土で土地が痩せてるんです。しかも土中にはカビの菌がいっぱい!キノコが豊富に出る土地ですからカビも多いんです。
今年の芋は美味しいかな?味見はまだです。

北海道に似たような気候なので、初夏に植え付け秋に収穫です。
左側がキタアカリ、右側がメークインです。
キタアカリは男爵の改良品種で、北海道でできた新しい品種です。煮崩れしやすいのが欠点だが、味が良い。
メークインは煮崩れしにくいのが長所です。

キタアカリのほうだけ実がなりました。ジャガイモの実なんて初めて見ました。
トマトに似ていますね。(どちらもナス科です)
実がなった分、芋の収量は減ったかもしれません。来年は摘花しようと思います。
ちなみに、ジャガイモの芽や葉っぱは有毒なので、実も有毒かもしれません。

ミョウガですが、葉っぱが茂るばかりで収穫は限りなくゼロに近い状態です。
来年に向け、肥料をやらなければ。
少量でしたがお蕎麦の薬味に重宝しました。

 

ナナフシです。なんとなく好きな虫なんです。
ここにはカマキリはいません。雪と寒さのせいでしょう。
カマキリとは正反対で、ナナフシは草食性の優しい虫です。こんなに弱い虫、しかものろまなのに、よく生きて行けるな、と思います。

 

秋の夜長は寝て過ごす(=^・^=)
良い季節になりました。お気に入りのタオルケットは京都西川の高級品ですが、爪を引っ掛けるので糸くずだらけでボロボロです(~_~;)

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

18/08/14 09:02

もう秋の花が

まずは雲海(と言って良いのか?)をご覧ください。

日の出前、旧鬼無里村の光景です。
新居のほうの自治会で空き地の草刈りがあるので、朝暗いうちから出かけました。集合時間は6時なんです。
途中通るのがこの場所です。
こういう行事に参加するのは、新しい地区に馴染んで受け入れてもらうためには、大切な事だと思います。
おかげで、こんな神秘的な光景を目にすることができました。

右側のV字谷から太陽が昇りつつあります。
この谷のずっと向こうが長野市街になります。
下には棚田が広がっています。

自治会で先日予定されていた納涼祭は、台風のため中止になってしまい、残念でした。毎年バーベキューと流し素麺大会なのだそうです。
 


さて、本題ですが秋の花。

紫陽花とコスモスが同居です。

ススキの穂も出てきました。

オミナエシは秋の七草。
フジバカマを除き、秋の七草は全部咲き揃いました。
ナデシコ、ススキ、オミナエシ、クズ、キキョウ、ハギ

ギボウシは光輝く美しさですね。
花がいっぱいなので盆花は自前で調達でき、毎年とても豪華になります。

 

前回のコメント欄に書いた、最近2000万円で売れた広大な中古別荘というのは、これです。
何年も売れなかったので最終的には1800万に値下げされたように記憶しています。
やっぱり紫陽花が咲いていますね。2日前の撮影ですが。
家は普通の住宅の5軒分ぐらいの大きさで、敷地面積は1000坪ぐらいあります。
これを個人で買って、使いこなせるでしょうか?
でも買ったのは個人のようです。
我々一般庶民とは世界が違いますね。
庭は駐車場にすれば車が20台は入ると思うので、美術館にでもすれば良いと思います。
庭にテニスコートを作る事もできます。
それに、数年前の事ですが庭に見事なタマゴタケが生えていましたw(*゚o゚*)w
私は遠くから指をくわえて見ていただけでした。

さて、キノコの話に移ります。
庭の松の切り株に出ました^^¥
美味しいマツオウジです。これは初夏のキノコ。普通は梅雨どきに出ます。
松茸に似た風味があるので、ホイル焼きにして醤油と鰹節で食べると旨い!

 

お盆なので先代猫さんたちのお墓にもお参りしました。
トラちゃんも3年間お世話になったミケ丸大姉猫神様です。
2008年没、享年13歳。
初代ニャゴ丸大姉様、サクラ姉様のお墓にもお参りしました。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/08/09 08:21

あじさい御殿

今こちらでは紫陽花の季節です。

素晴らしい豪邸に、綺麗に整備された庭、お見事です。

別荘なので家主は滅多に来なくて、庭の整備は全部業者まかせ。優雅な生活ですね。

個人の所有物とは考えにくいので、会社の保養所だと思います。
お客様を招待してパーティを開いたり、そういう利用方法なのかな。

紫陽花はまだまだ先まで、9月頃まで楽しめます。

 

これはうちの近くの中古別荘。
5年ぐらい前に売れて湘南ナンバーの車が時々来ていましたが、また空き家になってしまいました。
お金をかけていろいろ直したのに、たった5年でもったいない。
湘南から通うのは遠くて無理があったのかな?
こっちに住めば良いのに・・・
しかし冬の厳しさにビックリしたのでしょうか。

この前の「猛犬注意」の会社で販売しています。
↑社長代理
950万だそうな。意外と高いのでビックリ。
まあ323坪もあればねぇ。家も大きくて立派だし。
家も土地もうちの3倍以上の広さです。
庭にキノコがボコボコ出ると思います。春は美味しいコゴミがいっぱいだし、イワカガミの群生地もあります。
どなたか買いませんか?

 

トラちゃんの夕涼みです。
毎度同じような写真で(笑)
トラちゃんは左利きかな?

先日また逃げました (^_^;)
幸いすぐに見つかったので、
「おいで、おうちへ帰ろう」
と言ったら少し考え込んで、ゆっくりこちらへ歩いて来ました。
「お利口だね!」
ほめてあげたら気を良くして足が早まり、私を追い越して走って家の玄関前まで行きました。
快挙です!!

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

18/07/30 00:37

猛犬注意!!

いつも美味しい湧き水を頂きに行く家の犬です。
私は犬が大の苦手なので、ナデナデした事はもちろん近寄ったこともありませんが、どう見ても猛犬ではなさそうです(≧m≦)ぷぷ
近所の人の話では猛犬とは正反対だそうな。
涼しい高原の避暑地で、いつも気持よくお昼寝しています。
最初にここへ行ったのは10年前でしたが、その後10年間まったく変化がありません。まさに十年一日のごとく。

うちのは猛ニャン?Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
うちの前にも「猛ニャン注意!!」大きな看板を出そうかな(笑)

 

台風が去って青空にすじ雲。
風は吹かなかったし、雨は良いお湿り程度でした。

喜んだのはカエルの子です。
次々と巣立って行きました。大人になって、また帰って来てね(^O^)/

 

裏庭のヤマユリが咲きました。
まるで香水のような香りが庭じゅうに漂って素晴らしいです。
巨大な花ですが、これは日本の山野草です。
関東地方に多く、西日本にはないらしい。
猫にユリの花粉は猛毒だそうなので、しばらくの間トラちゃん裏庭は厳禁です。

オレンジ色のはコオニユリ。オニユリはよく見かけますが、コオニユリは珍しいです。

ナデシコもたくさん咲きました。
植えて3年ぐらいですが、ドンドン増えて嬉しいです。

鮮やかなオレンジ色のフシグロセンノウもナデシコ科です。
これは庭のは絶えてしまったので、道端に咲いているのを撮影しました。

高原ではアジサイはこれからです。初秋まで咲いています。

 

今年は猛暑のため野菜が高騰していますね。
先日スーパーでキュウリ1本60円でした。
ところが、近所の直売所では5本で120円^^¥
どうしてこんなに違うんでしょう?
真夏のキャベツは高原ならではの産物です。これは150円でした。(去年は100円でした)
味もスーパーの野菜より美味しい感じがします。わずかな違いですけどね。
最近違いがわかるようになりました。
育った土地によって、作った農家によって味が違います。
自分の畑の野菜の味はイマイチです。肥料の配分とか育て方、まだまた未熟ですので。

妻の畑の収穫です。
秋の産物かと思っていたカボチャが意外と早くできて驚きました。ジャガイモはキタアカリという品種です。
どちらも保存がきくし主食の足しになるので嬉しいです。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/07/05 03:20

夏本番

夜の入道雲の撮影に成功しました。
このときは竜巻注意情報が出ていました。
この入道雲の下では激しい雷雨になっていたのでしょう。

今年は梅雨明けが妙に早かったですが、以後長野市は猛暑日が4日も続きました。うち36度以上の日が2日!
ここは高原の避暑地なので30度を越すことはありません。
クーラーも扇風機も必要ありません。夕方になると急激に涼しくなって長袖が必要になります。
ですが暑さには慣れていないので、25度を越えるともう暑いと感じます。街へ買い物に行くのが恐怖です。
だから滅多に行きません。お金がかからなくて良いです。

夏になってトラちゃんの居場所も変わりました。
階段の上の踊り場で倒れています (^_^;)
こうして見るとまだ子猫のようですね。

これはヨガマット。今度これを使って柔軟体操をしようかと思って綺麗にしていたら、占領されました(=^・^=)
こんな人工素材のゴムのような物が好きとは意外でした。

気持ち良さそうに寝転んで、

寝返りを打ちました。

 

大きなセミが出て来ました。エゾゼミです。
この土地ではエゾゼミが90%以上です。

美しい蝶が来ました。
コムラサキです。国蝶のオオムラサキは見たことありませんが、もっとずっと大きいらしいです。
うまく撮れませんでしたが、鮮やかな紫色ですね。

裏側も綺麗な色です。

オタマジャクシは順調に育っています。毎日ぐんぐん大きくなります。顔も何だか表情がうかがえるようになって来ました。

 

ホタルブクロが咲きました。
ナツツバキも純白の綺麗なのが咲きました。葉っぱも美しい。

この赤い実は、春先に黄色い小さな花を咲かせたナニワズです。
近縁種のジンチョウゲは中国産で、日本には雄株しか無いので種はできませんが、ナニワズは実を付けます。
美味しそうに見えますが、食べられるという話は聞きません。
真っ赤な実には、ヒョウタンボクのような毒草もあるので要注意です。

サクランボ、毎年1回は食べたい物ですが、高価なので買う気が起きません。
たまたま売れ残りが半額だったので買いました。まだ十分新鮮で美味しかったです。山形県産でした。

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0]