17/02/23 07:25

蝋梅を見に♪

行って来ました。
長野市東部、千曲川沿いの西厳寺にかなり年季の入った立派な蝋梅があります。
去年は特別早くて1月中旬に咲きましたが、今年は平年並みです。

前日降った雪が残っていました。上のほう、輝いています。
(市街地でも14センチ積もったそうです)

うちのほう、雪はその後も大量に積もって増える一方です。
庭の雪山はいよいよ高く、屋根まで届くかもしれません。
車を出すのに苦労しました  (-_-;)

蕾が可愛いです。

光を透かして見ると綺麗!
半透明の蝋のような質感。これが蝋梅という名の由来でしょう。
ちなみに、梅とは全然違う種類の植物です。

まだ満開にはなっていなくて、最高潮は3月初旬でしょう。
今はまだ香っていませんでしたが、その頃には素晴らしい香りを楽しめるはずです。
梅の香りを強くしたような香水のように良い香りが、あたり一面に漂います。
その頃に、また行ってみたいと思います。
桜と違って長い期間楽しめるのが良いですね〜

蝋梅は昔から日本にありますが、原産地は中国です。
埼玉県だったかに、何百本もの蝋梅が咲く名所があるそうです。
寒さには強いと言われますが、それにも限度があり、
青森県ではほとんど見られなくて、福島の会津でも珍しく、長野でも珍しいです。

うちでも蝋梅を育てていますが、まったく咲く気配がありません。右側の鉢、種から育ててもう8年です。
これは室内で大切にしていますが、外に植えた放任栽培のも、雪の下でも一応枯れずに8年間耐えています。夏には葉っぱが茂ります。
左側はビワです。これも実がなるのは期待できませんが、葉っぱに薬効があるそうです。冬でも緑なので嬉しい観葉植物です。

 

帰りに寄ったスーパーで花柄のビール(正確には第三のビール)を見つけました。毎年これが嬉しいんですよね^^¥
お花見には早すぎますが、早く買っておかないと!
うっかりしていると、3月末にはもう終了してしまうのですよ〜
しかし背景が雪というのがなんとも・・・

 

2月22日はニャンx3の日。クリスマスより重要です(笑)
トラちゃんの大好物のカツオを買って来ました。
ずいぶん威張った顔をしていますね (^_^;)
この後、すごく喜んで食べました。凶暴になって強奪しようとしましたよ〜 (°◇°;)
トンカツも食べるかい?
豆粒のように小さく切ってあげましたが、ちょっと舐めてポイ!
ミケ丸姉さんはトンカツが好きだったんですけどねぇ。

私がちょっと目を離すと、机の上の鉛筆を落としてオモチャにしてしまいます (^_^;)
見ているとやらないので、いけない事だとわかっていてやるんですね(~_~;)

カメラを向けたら怒った顔。游ぶのをやめてしまいました(≧m≦)ぷぷ

今どき鉛筆を?
と思われるでしょうね。レトロ趣味の私は鉛筆が好きなんですよ〜
シャープペンシルは嫌いなんです。やっぱり木の鉛筆じゃないと。もちろんボールペンは嫌いです。
これはHi-Uniという高級鉛筆です。だから芯が折れにくいし、なかなか減りません。書き味なめらかです。
パソコンばかりやってると、字が下手になってしまっていけないので、できるだけ手書きで書くようにしています。
簡単な日記を付けています。横書きではなく縦書きで書いています。

ストーブの下のすのこ板の下、掃除したらヘンな物が出てきました(ё_ё)〜
トラキチの仕業です(^_^;)
こんな物で遊んでいるうちに、中に入って取れなくなってしまったんですね。
乾電池はまだ十分に電気が残っていて、立派に使えました。トラちゃん、ありがとう。

 

ハヤシライスって、カレーに比べるとすごくマイナーですよね。
父の思い出話に出てきたくらいですから、昭和レトロじゃなくて大正ロマンかも。
たまに、こういうのが食べたくなるんですよね。
ハッシュドビーフという名前ですが、ハヤシライスと同じです。
ハッシュドボーがなまってハヤシライスになった、という説がありますが、
実は「林さん」のお店で考案されたメニューが広まったもので、だから「林ライス」なんだそうです。

牛肉とタマネギだけで作れと書いてあったので、
この前はそのとおりに作りました。
たぶん豚肉や鶏肉ではダメ。
サーロインスケーキのような特大の牛肉なら、最高だと思います。牛肉を美味しく食べるための料理なんですよね。

ただ、他の野菜も入れたほうが美味しいんじゃないか?
と思って、今回は具だくさんにしました。
マッシュルーム、人参、ジャガイモ、赤唐辛子。
菜花をトッピング。
これは最高でした (^◇^)
美味しすぎて、つい食べ過ぎてしまいます。
カロリー過多になっていけませんが、バターを追加するともっと美味しいかもしれません。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

16/09/08 01:27

実りの秋^^¥

先日焼酎に漬けたウワミズザクラ、こんなに良い色になりました。

出来上がるまで8ヵ月もかかるそうなので、まだ飲めませんが、聞いたところによれば、
「ドクターペッパー」のような味だとか(^_^;)
ドクターペッパーご存知の方いらっしゃいますか?
私が高校生の頃流行りましたが、いつの間にか消えてなくなりました。コカコーラ社の製品で、コーラのような黒い液体でした。
今でも売ってるんでしょうか?
珍しいので飲んでみたい気もしますが(^_^;)

2度目ですが、ウワミズザクラの実。
こうして見ると、とても綺麗ですよね。花の絵専門のアマチュア画家の人に見せたら、とても魅力的な画材だと言っていました。
今はもう全部腐って落ちてしまいました。収穫時季、わずかなチャンスでした。

今年は木の実がどれも大豊作です (*^o^*)/
不思議なものですねぇ。数年に1回このような豊作の年があるのですよ。

 

ヤマブドウを見つけました!
高い所にあって採れません (-_-;)

一度も食べた経験ありませんが、普通のブドウに比べると酸っぱいそうです。
ヤマブドウは栽培に手間がかかって、うちの庭にもたくさん生えていますが実がなるまで10年もかかるらしい。
これを材料にして珍しいワインを作っている農家をテレビで見た記憶がありますが、大変な苦労をされていました。

 

これはズミ。こんなに大量に実ったのは初めて見ました。
別名コリンゴ。リンゴのような風味ですが、酸っぱいし種ばかりで果肉がほとんどない。
やはり焼酎漬けにして、エキスを抽出します。リンゴ風味の美味しい果実酒ができます。
ズミはいつもの年は雪が降るような晩秋に収穫しますが、今年はどうした事か?こんな季節に実りました。

 

こっちはノブドウ。
美しいだけで、食用にはなりません。青いのはトルコ石、紫はアメジストのようですね。

 

これは何でしょう?
ドングリの葉っぱに美しい玉が付いていますが。
子供の頃遊んだ里山では「お天道様のオシッコ」
と呼んでいました。
図鑑で調べると”虫こぶ”という物で、虫のイタズラらしいです。犯人(?)はタマバチだそうです。
どんな虫なのか?見たことはありません。
「虫が卵を産み付けるとその刺激によってできる物で、中に幼虫がいる」と書かれていました。
自然界には不思議な物がいっぱいw(*゚o゚*)w

 

ワレモコウが咲いています。
これでもバラ科だというから驚きです。
著名な小説家だったか、これが大好きだと言ったので人気が出たようです。
花屋さんで販売するために近所に大々的な「ワレモコウ畑」がありました。高原の涼しい気候だと栽培しやすいらしいです。
嬉しい事に、ワレモコウは春先の新芽が食用になります。花も焼酎漬けにして綺麗な色のお酒ができるそうです。

 

これはウメバチソウ。
こちらに来て初めて知った花です。もしかすると高山植物のコウメバチソウかもしれません。だとすると貴重です。

 

池のチビガエル、兄弟で向い合って可愛いです(*^_^*)
猫もそうですが、動物の兄弟って可愛いですよね〜(^^♪
ヨチヨチ歩きで陸に上がって来ました。気をつけて行ってネ〜
また来年会えるかな?

 

これはアマガエル。町へ行ったときに駐車場横のバラの葉っぱにいました。大きさは1センチぐらい。あまりに可愛いのでパチリ(^_-)-☆
うちの庭でも雨が降りそうになるとアマガエルが鳴きますが、どこにいるのか?姿は見えず。
うちの池から巣立って行くのはアオガエルです。似ていますが、全然違います。アオガエルは珍しくて滅多に見られません。

 

トラちゃん、やっぱり鉄がお好きなようです (^_^;)

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

16/08/27 09:24

紫陽花

少し盛りが過ぎましたが、まだ紫陽花が綺麗に咲いています。

これは”アジサイ御殿”か!?
うちの近所に最近できました。
別荘なので普段は誰もいません。個人でこんな豪邸を持つのは難しいと思うので、たぶん会社の保養所でしょう。

よく手入れされた芝生。
住人がいなくても、代わりに業者が管理しているようです。

 


私が好きなのは上のような豪邸ではなく、こんな質素な家です。
町へ行く途中にあるこのあばら屋、何とも言えず雰囲気があって好きになりました。

早春の風景。
人は住んでおらず、農機具小屋だと思います。
お茶とおにぎり持参で農作業に来て、ここで休憩するのでしょう。
ドラム缶にお湯を沸かして風呂にするのでしょうか?

春たけなわの頃。
この場所は町に近いので、私の所とは気候が全然違います。

それで、椿が咲いていました。
冬の積雪はずっと少ないので、こんなあばら屋でも潰れないで立っています。

 

あばら屋の話で少し盛り上がった(?)ので、
追加します(苦笑)

雪の少ない土地なら良いですけど・・・
うちの近所では空き家になると、このような状態になってしまいます(~_~;)
ネズミとゲジゲジと蛇の棲家になっていると思います。

これでも4月ですよ〜! 厳しすぎる気候で、人間が住むような場所ではありません。正直言って、私も早く引っ越したい。
真冬の2メートルに達する積雪で、押しつぶされたのです。
年中湿気が多いので、土台や柱も腐ってきます。

三省堂国語辞典によれば「あばら屋」「荒ら屋」という漢字になっています。
私は「荒ら家」のほうが合っていると思いますが。
ラーメン屋とか焼き鳥屋じゃないんだから(笑)
家という文字のほうが良いと思います。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

16/08/24 21:50

コスモスと蕎麦畑

コスモスが今盛りです。

 

背景は蕎麦畑。最近すごく増えました。減反政策で米から蕎麦に変えた農家が多いのでしょう。
一昔前は戸隠で蕎麦を食べてもカナダ産だったりしたのですが、今は地元産が多いと思います。

 

巨大な蕎麦工場。
標高1000mの高原にあり、周囲を広大な蕎麦畑に囲まれています。冬は大量の雪に埋もれています (-_-;)
冬の写真もどこかにあったなぁ・・・駐車場の雪の山が凄かった!

蕎麦の白い花が咲き始めていました。花盛りになるのは9月初旬です。
観光名所の戸隠中社界隈には蕎麦店が何十軒もありますが、そこからちょっと離れた場所です。
まさか日本じゅうの蕎麦を全部ここで作ってるわけじゃないと思いますが、そのくらい大規模で従業員は何百人もいるでしょう。村興しに大貢献です。
お蕎麦って日本じゅうの人に人気なんですねぇ。

工場内には蕎麦打ち体験ができる場所や、一般客向けの蕎麦店、土産物店があります。韃靼そば茶も売ってます。
ここの3階の蕎麦店、2〜3回食べに行ったことがありますが、安くてとても美味しかったです。南に遠く富士山が見えそうな、素晴らしく眺望の良い部屋でした。
観光地の蕎麦屋よりも良いです。客が少なくいつもすいていて穴場です。
でも、行く時は事前に電話してから行ったほうが良いかも。
http://www.obinata.co.jp/deaikan/
こちらです。「そばであい館(株)おびなた」

ここの乾麺はスーパーでも売られていて、他社といろいろ食べ比べましたが、一番美味しいと思います。乾麺でこれだけ美味しいと、生蕎麦を買う必要がないと思うくらいです。
(かなり宣伝してしまいましたが、お金をもらってるわけじゃないです)

 

清楚で美しい蕎麦の花。

 

おねむのトラちゃん。
蕎麦色の猫ですねぇ(笑)
お鼻に梅干しが付いてるよ〜(≧m≦)ぷぷ

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

16/08/10 20:59

立秋

暦の上では立秋を過ぎましたが、暑さはいよいよ本番ですね。
気分だけでも涼しく・・・
今、高原に咲いている初秋の花をお届けします。
お盆過ぎれば本格的な秋。9月下旬からはストーブ点火、もう冬です(-_-;)

今からもう薪の準備をしなければ。今年は雪が少ない事を祈るばかりです。

ススキと萩。

 

ナデシコ。
秋の七草ですね。
昔子供の頃には田んぼの畦道などで普通に見られましたが、なぜか最近は激減。
なかなか見つかりません。
朝日で撮ったのはシャキーン!としていて、夕日で撮ったのは穏やかな印象に写りました。

 

桔梗。
これも秋の七草。
しかし野生の桔梗はもう見られなくなってしまいました。
これは種を買って来て育てたものです。
株が充実してよく咲くようになるまで年数がかかりました。

 

フシグロセンノウ。
これはナデシコ科です。
まるでハイビスカスのような鮮やかな花ですが、熱帯の花ではなくて日本の花です。
子供の頃遊んだ里山では一度も見たことがありませんでしたが、この土地に来て初めて知りました。

 

ネジバナ(モジズリ)これでもランの仲間です。
庭に1本だけ生えてきました。いや、裏庭にもう1本見つけました。増えてくれるといいんですが。

 

ツリガネニンジン。
ニンジンとは無関係で、桔梗の仲間です。
別名トトキと呼ばれる美味しい山菜です。
春先の新芽を食べます。ホウレンソウのような味です。

花の拡大です。

濃い色のもありました。

 

 

この前のお蕎麦の話、続編です。
長野の市街地にも美味しいお店があります。
場所は徳間で、スーパーツルヤ・酒のタカぎの前。

席に着くと冷たい蕎麦茶が出て来ました。
暑い日だったので、まるで生き返るような美味しさ!
蕎麦茶って美味しいものですね。

ざる蕎麦650円。
すごく冷たくて最高に美味しかったです。
観光地で食べる900円の蕎麦よりも上質!
本格手打ちで、お蕎麦は包丁で手作業で切ったのがわかります。量も多くて満足です。
蕎麦汁の味も、ダシが良くきいていて最高でした。

長野市の水道は水質が悪いので、浄水器を使っているのでしょうね。腕の良い職人さんがいる。それでこんなに美味しいお蕎麦が出来るのでしょう。
接客も丁寧で、とても良い雰囲気のお店です。

食後に出て来た蕎麦湯。
これがあると、満足感とくつろぎの気分にひたれますね。

お蕎麦+日替わりの豚丼・天丼などで850円の蕎麦ランチもあって、お腹ペコペコの人でも満足できます。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]