18/04/26 05:39

残雪・桜・水芭蕉

桜前線がうちにも到着です(^O^)/
遠くのほうに白くチラホラ咲いているのが山桜です。
ですがまだ残雪があります。
真夏のような暑さが数日続きましたが、雪は消えません。
いつもなら5月の連休明けまで雪がありますが、今年はもうすぐ消えるでしょう。

近くに高さ20mぐらいの山桜の大木があります。
神代桜ほどではないですが、なかなか素晴らしい。
すごく暖かかったので、開花して翌日にはもう満開に近くなりました。

葉っぱが出てから花が咲くのが山桜の特徴です。
これは紅山桜だと思いますが、今年はなぜか白に近い色です。
数年前はもっと紅が濃かったのでした。

この木の下には種がこぼれて発芽して、小さい桜の木がたくさんあります。
それを自宅に移植しました。

10センチぐらいの小さい苗でしたが、その後10年で3mぐらいに生長し花をたくさん咲かせるようになりました。

最初の花が咲くまで5年ほどかかりました。

庭を桜でいっぱいにしようという計画です。
左に若葉が少し見えますが、これはウワミズザクラです。
桜とは全然違う花で、実は食べられます。

今年は7本の木が咲きました。
同じ親から生まれた桜ですが、木によって花の色が違うのが面白いです。
他に少し遅咲きの純白の山桜もありますが、これは今年は純白ではなくピンクになりました。
不思議ですね。
まだ咲き始めなので、満開になるのは少し先になります。
写真は次回お見せできると思います。

 

近くの小川には水芭蕉が咲きました。黄色い小さい花はリュウキンカです。

雨上がりの水滴が似合う花ですね。

カタクリはまだ咲いています。
下を向いて咲く花なので、この神秘的な紋様はなかなか見られません。

山菜の季節になり、いろんなのが次々と出て来ます。
前回ご紹介したコゴミ(クサソテツ)ですが、ご近所さんから大量にいただきました。
食べきれないので半分は冷凍保存です。
コゴミの旬はわずかな期間。2日遅れるともう食べられません。
普通の野菜と違ってそれが難しいところです。
人気があるのでスーパーにも売られています。

パンにマヨネーズを塗って、茹でたコゴミを載せてオーブントースターで焼きました。
何にでも相性が良く、クセがないがコクがあり美味しい山菜です。
カレーに入れたり、ポタージュスープにも良いです。
もちろん和風料理なら最高。
鶏肉と卵とじにしてみたら美味しかったです。

 

先日の旧中条村の分校ですが、別アングルから。
こんな小さな学校に1年生から6年生までいたのですね。
校庭も狭くて運動会は難しいでしょう。傾斜地なので土地が狭いのです。
水仙が咲いていました。

イラストマップ中央の奈良井会館がこれです。
その左下のほうの夕陽見小屋が北アルプスの眺望が見事な展望台です。
そのすぐ下に田舎カフェがあります。
右側に子連れのイノシシが描かれていますが、農作物を荒らすイノシシはいらないなぁ(苦笑)

他にも面白そうな場所がたくさんあります。
奈良井アルプスロードですが、この道は狭くて軽自動車でないと厳しいです。
信州の山村はそんな道ばかりです。

 

24日は最初に飼った猫ニャゴ丸の命日でした。
わずか5年の命でした。あれから23年が過ぎましたが、忘れることはできません。
出会ったのは7月7日七夕の日、仕事中トラックで通りかかった田んぼの中の道端でした。
捨てられて食べるものに困ってバッタなど食べていたようです。ペット禁止のアパートでしたが連れて帰りました。
この写真はその年の夏です。
以後成長して忠犬ハチ公のような立派な猫になり、大切な事たくさん教えてくれました。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/04/11 00:48

雪だ!

4月8日の朝起きたら積雪10cmでした。
クリスマスツリーができました(@_@;)

先日咲いたナニワズの花にも雪が積もりました。

咲きそうだったチオノドクサの蕾も雪の中。
しかし2日後には咲きました (*^o^*)/
ピンクのほうが少し早くて、ブルーは少し遅れています。
この写真のとき、ピンクのほうの蕾は雪に潰されて倒れていました。

ネコヤナギにも雪が積もり、しかし2日後には綺麗な金色に咲きました。

 

アズマイチゲの群生地が近くにあります。
本当に素晴らしい!!
後ろに見える黄色い小さい花はキバナノアマナです。
これも珍しいです。しかも食用だそうです。
もちろん、もったいなくて食べられません。
(白い花のアマナもあります)
※アズマイチゲは福寿草と同じキンポウゲ科なので毒草です。

裏庭のカタクリ、もうすぐ咲きそうです。
種を蒔いて花が咲くまで8年という話ですが、実際には5年ぐらいでした。
気候や土壌などの環境が合っているらしく、ドンドン増えています。
面白いことに、これは蟻が種を運んで行って増えるのだとか。
種は甘い味がするらしいです。

球根はチューリップなどに比べると地中深くにできます。
だから掘り採るのは大変です。
この球根から片栗粉ができますが、貴重品なので絶対に食べてはダメ!
市販の片栗粉はジャガイモやトウモロコシです。
カタクリの葉っぱは天ぷらやおひたしで美味しく食べられます。これも貴重品なので2枚3枚程度です。

このような深い鉢に植えて、そのまま土に埋めて育てました。
なぜならば、鉢に植えないと球根を野ネズミに食われてしまうからです。
花が咲いたら、新居に持って行って玄関横に置きたいと思います。

 

梅の蕾が出ました (*^o^*)/
これは蕾ですよね!?
植えて10年も咲かないので、諦めていたんです。

北海道では梅は函館と札幌だけで、旭川・帯広では梅は無理だそうです。
そういう事で、私の所も寒さに負けて花は永久に咲かないんだろうと思っていました。
本当に咲いてくれるんだろうか?
不安と期待と半々です。
咲いたら祝杯を挙げなきゃ!!

 

 

何だこりゃ!?
アンモナイトから足が出た?(@_@;)
どこが頭でどこが尻尾で、どうなってるのか、何がなんだかわかりません (^_^;)
春だからアンモナイトからも芽が出るのでしょうね。

 

pilさんのブログで「おやき」の話が発展して、昔なつかしい「みそパン」の話になりました。
私が幼稚園児だった頃は、お昼がいつもみそパンでした。
これが美味しくて忘れられません。
もう10年以上探していますが、今はどこにも売ってません。
先日ラジオで聞きましたが、本場は群馬県がなのであちらでは今でも販売されているそうです。

昔を思い出して作ってみました。
本当は四角い分厚いパンなのですが、たまたま手元にあった丸いパン(Pascoイングリッシュマフィン)を利用しました。
このパンはそのままで何も付けなくても、すごく美味しいです!
私は焼いてバターを付けて食べます。
ハムやチーズ・レタスなど中に入れたら最高に美味しいと思います。

味噌を塗って、上から砂糖をパラパラ。
オーブントースターで少し焦げ目が付く程度に焼きました。
とても美味しかったのですが、昔の味とは違います。
昔のは、味噌を砂糖水で薄めてハケで塗っていたのではないか?と思います。
砂糖ではなく水飴(麦芽糖)だったかもしれません。
サラダ油も混ぜていたかも。

次回はその路線で行ってみたいと思います。
ゴマをパラパラ載せるとさらに美味しいと思います。
サラダ油の代わりにゴマ油を使えば良さそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/04/06 04:35

桜開花(*^o^*)/

あれから庭のナニワズが咲きました。
チオノドクサも可愛い蕾を出しました。

4月4日、妻の新居へ向かう途中で桜の開花を知りました。
裾花川の深い谷へ下りて行く途中、芋井地区の桜です。

この後いつもは県庁前から長野駅前を通って行くのですが、
この日は桜を見たくて、山越えの別ルートに変更してみました。
細い曲がりくねった山道を、小田切→七二会→中条へと向かいます。
軽自動車でないと狭くてキビシイです。道が悪いのでかなり時間がかかりました。

ここの桜は2分咲き。
景色が良くて、お花見には絶好の場所ですね。

椿を見つけました。
椿は寒さに弱いので信州の山村では珍しいです。
これは見事!
横には小さな祠がありました。ここは七二会地区です。

北アルプスの絶景ポイントを通過。
春霞ですが、それもまた良いものです。

1時間半で中条に到着。農協の裏山の桜は満開でした。
気候があまりにも違うのに驚くとともに、
今年は特別で、いつもより10日ぐらい早いのだと思います。

 

冬季間は休業だった田舎カフェが営業再開しました。
古民家でゆっくりくつろいでお食事ができます。
田舎カフェのイラストマップです。
中条道の駅から車で5分ぐらいです。

入り口に咲いている、最初は枝垂れ桜かと思いましたが、よく見ると梅です。
枝垂れ梅なんですね。

席に着くと、まずお茶におやき、フキノトウの天ぷらと大根の漬物が出て来ました。
高級感がありとても美味しい。
フキノトウは丸ごとではなく、このように刻んでかき揚げ風にするのは良いアイデアですね。こっちのほうが美味しいです。アクが良く抜けるからでしょう。
おやきは焦げ目のついた本格派です。

中条名物のおぶっこ(味噌煮込みうどん)
今が旬の野沢菜の菜の花が美味しい。
透き通るような柔らかく煮込んだ大根、
珍しいオレンジ色の不思議な野菜、人参、かぼちゃ、2種類のキノコ、白ゴマがたっぷり。
行くたびに具材が違うので楽しめます。

これ全部セットで700円です(^O^)/
この日は特別に食後にアイスクリームもサービスしてくれました。
おやきの中身はキャベツなどの野菜ミックスでした。
味噌味の油炒めです。
食べきれないので家へ持ち帰りました。

 

帰り道、夕方の撮影です。天候急変、あいにくの雨模様でしたが、晴天なら見事だと思います。
山中にこんなにたくさんの桜があるとは驚きです。
これはまさに桃源郷ですね
春以外にはまったく目立ちません。
この山の向こうは信州新町、ジンギスカンの本場です。

この桜、人が植えたものとは考えにくいので自生しているのだと思います。
近くで見ると、いわゆる山桜ではなくソメイヨシノに似たような綺麗な桜です。
野生種のエドヒガン桜かもしれません。各地の神社などに見事な古木が多い種類です。

 

トラちゃん、裏庭で美味しい物を見つけました^^¥
なんだかわかりませんが、マタタビのような植物です。ここに写っているのはキイチゴの枝で別物です。
その下に何か美味しい植物の根があるんですよ。
酔っ払ったようにメロメロになってヨダレだらだらです。
ドイツの太郎ちゃんも同じような事やってましたね。
これからの季節いろんな面白い物があって、外に出るのが嬉しくてしかたありません。
エモノのトカゲも冬眠から覚めました。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]