18/07/10 05:47

また蛇が!

巣箱のシジュウカラ、滝のような大雨が降った翌日から来なくなってしまいました。
小鳥は丸1日餌を食べないと死んでしまいます。
雨降りでも餌を探しに行かなければなりません。
雨のせいで死んでしまったのでしょうか?

ところが!
久々に晴れた昨日の朝、玄関を出て巣箱の下を見ると、
蛇が逃げて行きました。
わずかに尻尾が見えただけでしたが。

まさか、こんな高い所まで登れるはずがない。
壁はツルツルの鉄板です。
しかも蛇が乗りそうな所にはビニールを貼って滑りやすくしてあります。
蛇の仕業ではないと思っていました。

しかし蛇が隠れた場所、薪置き場なんですがここを片付けてみたら、なんと!
小鳥の羽と、蛇の抜け殻が見つかりました (≧ω≦*)
雛だけではなく親鳥までやられたのです!!
片方の翼と骨。まだ新しいです。

巣箱の下には、蛇が嫌うという木酢液を撒いたんですが効果ありませんでした。

親鳥は飛べるので素早く逃げるはずですが、たぶん夜、雛を抱いて眠っている所を襲われたのでしょう。
入り口も出口もひとつなので逃げ道はありません。
その恐怖と言ったら・・・
とてもやりきれない気分です。

どうやってツルツルの滑りやすい垂直の壁を登るのか?
蛇はジャンプします。
一階の窓枠の上に乗って、そこからジャンプして巣箱に届くでしょうか?これは無理でしょう。

いろいろ考えたところ、壁の縦の溝がいけないんだろうと思いました。
左右の2本の溝を巧妙に利用して、左右から突っ張りながら少しずつ上に登って行く。
小さい蛇ならこの細い溝に体を入れることができると思います。
少し大きい蛇でも、体はとても柔軟なので細くすることはできるはず。
これは仮説にすぎませんが、これが正しいとすると巣箱をどんなに高い場所に設置してもダメです。
壁一面にビニールシートを貼るとか、そういう対策が必要です。

蛇は1回で成功しなくても、何度落ちてでも執念深く挑戦します。
事実、朝早くに外で何かが落ちる「バシッ」という音を何回か聞いたことがありました。
驚いて外に出てみましたが、蛇の姿は無く何事もありませんでした。

来年はどうしよう?
小鳥のためにと思って巣箱を掛けても、結局は蛇のために餌を提供しているような状況に、もう無力感、嫌気がさしてきました。
10年間、毎年ほぼ90%蛇の餌にされています。

こんな場所に巣箱を掛けた自分の責任か?その巣箱を信用して利用した小鳥が悪いのか?
結論から言って、小鳥よりも蛇のほうが頭が良いのは確かだと思います。
鳥類は爬虫類が進化してできた高等動物だなんて説はウソではないか?
恐竜はきっとすごく頭の良い高等動物だったのだろうと思います。だからあんなに栄えたんでしょうね。

毎年この場所に巣箱を掛けるので蛇は覚えているのでしょうし、その蛇が死んでも次の蛇に語り継がれているのかも。
それにこの人工物である壁の登り方も、一朝一夕には習得できないはず。自然界にはこんなのはありませんから。
しかもこの形状の壁はうちだけです。
こういう情報も蛇から蛇に語り継がれているのかもしれません。
そこまで考えたくなるほど、蛇は巧妙です。
私が蛇に敵対心を持ち、いつも巣箱を見張っている事も知っていて、なかなか姿を見せません。私がいない時を狙って犯行におよびます。
それと、雛が小さいときは襲いません。
大きく成長した巣立ち間際を襲います。育つのを待っているのです。そのぐらいの知能犯です。
親鳥にせっせと育てさせ、丸々太った一番美味しい所をいただく(≧ω≦*) ひどい奴です!!

小鳥は自衛のため毎年巣の場所を変えるのでしょうね。
蛇に見つからないようにと。
運を天に任せる、蛇が来ない事を祈る!
それしかありません。
 


ホオジロのように地上に巣を作る小鳥もいます。
とても危ないと思うのですが、
しかし100%蛇にやられてしまうのならホオジロは絶滅してしまうはず。ところがホオジロはたくさんいます。
蛇もマヌケなところがあるのでしょう。

この写真は数年前の物ですが、お散歩に行ってトラキチが見つけたホオジロの巣です。
数日後には空っぽになっていました。無事巣立ったのなら良いのですが。

 

巣箱、来年は家の壁ではなく天然木はどうでしょう?
自然環境に近いほうが良いかも。
桜の木は?
蛇はたやすく登って来るでしょうね。横の木から乗り移って来る可能性も大です。

カツラの木。
これも登りやすそうです。
自然界ではシジュウカラは枯れ木にキツツキが開けた穴などに営巣します。
人工物では伏せた植木鉢や郵便ポストに営巣することもあります。
それでも蛇に襲われないのでしょうか?

テラスの柱は?
これなら壁のほうがよほど安全ですね。
周囲にビニールを巻いても、グルグルと巻き付いて登って行ってしまうでしょう。

 

トラちゃんも、そんな所で無防備な姿で寝ていると蛇に呑まれてしまうぞ!(ここは蛇がいた場所の近くです)
呼んだらこっちを見ましたが、脳天気な性格なのでニコニコしています(笑)

蛇はアゴが外れたようになって、自分より大きな動物を呑み込むことができます。
ネットで蛇の画像を見て驚きました。見たくない画像でした。

インドネシアでは人間が蛇に呑まれてしまった事件がありました。蛇の体内から行方不明になった人の人骨が!つい最近の話です。同じ集落の人々は恐怖に怯えているそうです。
日本にはそんな大きな蛇はいませんが、子猫なら呑まれてしまうでしょう。
素早く逃げてもダメです。蛇はいざ獲物を襲うときはすごい敏捷です!一気に飛びかかって来ます。
だから、すばしこいネズミや小鳥でも捕まってしまいます。

私がここで見た最大の蛇は人間の腕ほどの太さがあって、全長2m以上ありました (@_@;) 
ヤマカガシもアオダイショウと同じぐらい大きくなります。ヤマカガシが小さいという情報はウソです。
しかし!アオダイショウは3mという記録があるらしい(°◇°;)

ここでは恐ろしい大蛇を年1回は目撃します。
熱帯のニシキヘビではないか?と思うほどの大きさですよ。
山梨県の人のブログで見ましたが、キジを襲っている巨大な蛇(アオダイショウ)の写真がありました。
巻き付いて格闘していましたが、結局どうなったのか?結末は不明です。

サクラがまだ元気だった頃、散歩中に大きなヤマカガシに出会いました。コブラのようにかま首をもたげて威嚇して来ました (°◇°;)
サクラは面白がって手を出そうとしたので制止しました。
いつもお世話になっている車屋の猫「フクちゃん」は大きな蛇を捕まえて持ち帰ったそうですよ(@_@;)

アオダイショウなら安心ですが、ヤマカガシは毒蛇でそれはマムシよりも強い毒だそうです!
マムシに比べて性質はおとなしいので攻撃性は低く、一目散に逃げて行くので噛みつくことは滅多にありませんが、いじめたり追い詰めたりすると危険です。
また、口から毒液を噴射するので、それが目に入ると失明するそうです。
実はこの土地に一番多いのはヤマカガシです。
池に入って泳ぎながらオタマジャクシを食べるヤマカガシのチビもたくさんいます(~_~;)

カテゴリ[ ]   コメント[9 ]   トラックバック[0] 

17/07/15 20:08

小さな命

庭の池でチビガエルが生まれました(*^o^*)/
蟻のような小ささです。
ヨチヨチ歩きです。
こんな小さいのが、10年後には10センチ以上のヒキガエルに成長するんですから大したものですね。
ヒキガエルはすごく長生きだそうです。
天敵に気をつけて、無事に成長して欲しいものです。

 

夕涼みのトラちゃん、ずり落ちそうになっています(笑)

上から見ると。

 

待望のタマゴタケが出ました!

まだ傘が開いていないので、美味しいだろうな・・・
と思いきや、ひどい虫食いで食べられませんでした。

鮮やかな赤が美しいので観賞用に良いですね。
これほど真っ赤なキノコは他にはないです。
裏側のヒダと軸とが黄色なのが重要なポイント。
裏が白いのは毒キノコです。

 

紫陽花が咲きました。

 

ホタルブクロ。

 

シモツケソウ。

 

これは過去の写真ですが、アカゲラ。

巣から飛び出して行く瞬間を撮ることができました。

先日の写真展では、これとそっくりの写真がありました。
プロの作品はさすがに綺麗でした。
たぶん同じ年に同じ場所で撮ったのでしょう。

こちらはアオゲラです。
アカゲラもアオゲラも家の周囲でよく見かけます。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

17/06/30 00:29

初夏の鳥

過去に撮った写真ですが、ちょうど今の季節の鳥たちを見てください。
今年はまだ全然撮れていません。
鳥の写真は難しくて、なかなか撮れません。

初夏と言えばホトトギスですね〜
「特許許可局♪」と鳴きます。深夜に鳴いていることもあります。
ここにはカッコウはいませんが、ホトトギスとツツドリがいます。
ツツドリの鳴き声は「ボンボンボン」筒のような音です。
鳴き声が違うだけで、ホトトギスとはほとんど区別できません。
鷹と見間違う精悍な姿で、空を飛んでいるのは時々見ますが、このように枝に止まっているのは、ほとんど目撃できません。

 

歌うノジコ。
ホオジロに近い種類ですが、色合いはカナリアの原種に似ています。
歌声もカナリアに負けないくらい素晴らしい(^^♪

 

ミソサザイ。
スズメの半分ぐらいしかない小さな体ですが、すごく大きな声を出します。素晴らしい美声で歌います。
短い可愛い尻尾が立っているのが特徴です。

 

近所にニッコウキスゲが咲く家があります。
(誰もいなくて空き家か、別荘です)
植えた物ではなく、最初から生えていたのだと思います。
しかし、たくさんあるのはこの場所だけで、他ではちょっとしか見られません。

この微妙な色合いが魅力ですね〜
これと似た黄色いユリ(園芸種?)が平地にもありますが、それとは種類が違います。
ニッコウキスゲは高山植物で、本州中部以北の寒冷地の高原にしかありません。

県内では、ここからは遠く離れた霧ヶ峰高原がニッコウキスゲの名所ですが、最近は鹿に食われてしまって困っているそうです。

 

クルマバネツクバネソウ。
これも高原にしかない珍しい植物です。

 

シオデ。
これはアイヌ語だそうです。つまり北海道・東北で親しまれている山菜です。
福島県会津の人のブログに、大量に収穫して食べている写真がありました。
アスパラのような味がします。つる草ですが、アスパラと同じユリ科です。

(右)少し大きくなってしまいましたが、このぐらいなら食べられます。

 

前回の天体望遠鏡ですが、筒先キャップに取っ手を付けました。
外すとき指でつかみにくいので苦労していましたが、これは便利。
盆栽用のアルミ線(下に写っている)をホームセンターから買って来て、切って叩いて潰して穴を開けてネジで取り付けました。この用途なら強度的にも十分です。
軟らかいので自由自在に加工しやすく、楽しい工作でした。
見た目も良い感じに出来ました。

 

桐タンスのレストア、今度は大きな引き出しです。
表面の凹凸やキズが多くて、面積が広かったので手間がかかりましたが、綺麗になりました。

このように硬質スポンジにサンドペーパーを巻きつけて作業します。左右で比べてください。面白いように綺麗になります。
金具の近くの細かい所は、サンドペーパーを小さく切って折り曲げて指先で注意深く削ります。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

17/06/11 19:26

いのち輝く季節

シジュウカラが子育てをしています。
お父さん、お母さん、よく協力して頑張っています。

こんな大きな虫をくわえて来たので、雛はもう大きく育っているのでしょう。
もうすぐ巣立ち。無事に巣立って行くことを祈るばかりです。

毎年巣箱を掛けていますが、去年はヘビにやられたので今年は場所を変えました。
少しでも凹凸があると、ヘビは垂直の壁でも登って来るそうです。ネット動画で見ました。
これはアオダイショウに限った事で、他のヘビは登れないらしい。
アオダイショウは腹に滑り止めのギザギザが付いているのだそうです。爬虫類なのに頭が良く、しぶといです!
他にもカラスなど天敵が多く、無事に巣立つ確率は50%ぐらいではないか?と思います。

庭の一角に作った小さな池で、ヒキガエルのオタマジャクシが大量に生まれました。
去年はなぜかほぼ全滅だったので、嬉しいです。

 

高山植物のイワカガミ、この土地で見られるとは思いませんでした。もっとずっと高い山に生えているのか、と思っていました。
今年は庭のイワカガミが咲かないので、咲くまで待っていたところチャンスを逸してしまいました。
近くの群生地へ行ってみたら、咲き終わった後でした。

これだけはぜひ皆さんに見ていただきたいので、古い写真ですが引っ張り出して来ました。
それで、これは3年前の写真です。日付は6月1日でした。

 

ホオノキの大きな若葉は、初夏のシンボルという感じがします。
モクレンの仲間なので、モクレンに似た白い大きな花が咲きますが、大きな木でないと咲きません。

ホオの葉の上に魚を載せて焼きます。
これは北海道稚内産の氷魚(こまい)の干物です。
最高に美味しいので、お奨めです。
葉っぱは焼けてしまうので、新鮮な葉っぱを採って来て雰囲気を出しました。
魚の生臭さを消してくれる爽やかな香りがします。葉っぱも一応食べられます。

ホオの葉でおにぎりや餅菓子を包むと、防腐効果があるそうです。

右は、ほお葉味噌です。
シーチキンとタマネギと味噌を混ぜて、ほお葉の上で焼きます。
爽やかな初夏の香りがします。
タケノコを添えました。
これは群馬・長野の県境の深山に生える「ネマガリダケ」
「笹の子」と言っても良いような、小さなタケノコですが味は最高です。
これは頂き物で、10日ほど前に食べました。
熊の生息域で危険をおかして採る貴重品なので、買うと高価です。東北では犠牲者が出ていますね。
子供の頃、父に連れられてタケノコ採りに行った思い出があります。あれは万座温泉の近くでした。

 

近所の小川にワサビが自生しています。
丸い葉っぱが全部ワサビです(^O^)/
根を掘って食べたことはありません。貴重品なので根は採らない事にしています。

これの若葉を摘んで来て、おひたしにします。
これは最高(^◇^)
食べたのは10日前なので、今はもう旬を過ぎてしまったでしょう。白い花が咲く頃が食べ頃です。
ワサビはアブラナ科なので菜の花に似ていますが、色は白です。

 

裏庭でブルーベリーが花盛りです。
今年は花数が特別に多いので、豊作が期待できます。

 

トラちゃん家に入れたはずなのに、いない!
まさか逃げたか? (°◇°;)

二階で日光浴していました。
最近はここが午後3時のトラちゃんの定位置です(=^・^=)

カテゴリ[ ]   コメント[13 ]   トラックバック[0] 

17/01/01 01:01

酉年のお正月(^◇^)

皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。
今年は、いつになく穏やかな元日を迎えることができました。
寒さは厳しいですが、よく晴れて星が綺麗に見えます。
積雪10センチ。いまだかつてない少なさです。

いままでは、大晦日・元日といえば猛吹雪、豪雪との闘いで、除雪作業に追われ、まるで戦争のような厳しい年越しでした!!

 

元日の大雪の中、トラちゃんが脱走したこともあったなぁ・・・(汗)
根性なしだから、すぐに帰って来たけどね。
顔に雪つけて(笑)そのときの写真です(-_-;)

 

 

穏やかな年の暮。
大晦日の夕方の西空に、こんな美しい月が見えました。

 

酉年なので、鳥の写真を集めてみました。

アトリの群れ。
シベリアから渡って来る冬鳥です。

思い思いの姿勢で飛んでいるのが面白いです。
ロケットみたいなのもいますね。
スズメよりやや大きい。
すごく用心深くて、止まった写真はめったに撮れません。

 

これはウソ。アトリ科です。
丸々太ってかわいい〜(*^_^*)
スズメと同じぐらいの大きさ。
春先によく見られます。口笛のような声でフィーフィーと鳴きます。
渡り鳥ではなく、年中日本にいるらしいですが、夏には見られません。高い山へ行くらしいです。うちのあたりでも夏は見られません。

 

ミソサザイ。
スズメの半分ぐらいの、小さい、尻尾が立った可愛い小鳥です。
小さい体に似合わず、素晴らしい美声の大きな声で歌います。(左下)
これは6月に戸隠で撮影。うちの庭にもたまに来ます。
冬は市街地でも見られます。

 

お正月はトラちゃんと2人ですごろく遊びをします。トラちゃん、イカサマやって早く上がるのはやめてネ(≧m≦)ぷぷ

今年はトラちゃん12歳になります。
つまり、小学校6年生。

鉛筆転がして游ぶなんて、まだガキだねぇ(笑)

 

 

鮭がないとお正月になりません。
外で煙モウモウと出して、炭火でこんがりと美味しく焼けました。

長野は鮭ですが、松本はブリだそうです。

他県の影響で、年越し蕎麦を食べる人が最近増えましたが、
長野では昔から大晦日は鮭とご飯です。その他、ありとあらゆるご馳走が盛りだくさん(*^o^*)/
長野だけじゃなくて、東北地方でもそうだと聞きました。
黒豆とかごまめとかの、おせち料理は大晦日から出て来ます。

さきほどラジオで聞いた話では、真田丸で有名になった上田市でも私の所と同じで、大晦日からおせち料理を食べ始めるそうです。
これが普通だと思っていたのですが、地方によってずいぶん違うのですね。
それじゃ、他の地方ではどんなふうに新年を迎えるのでしょうか?
大晦日に蕎麦なんて質素な物を食べるのは、どうしても納得がいきません。

昔(たぶん戦前)は自分の誕生日ではなく、大晦日にみんな一斉に年をとったので、一年で一番おめでたい日だったらしいです。
「数え年」生まれたときにすでに1歳で、
大晦日になると2歳になるのですね。
だから年配の人は大晦日という言葉は使わずに「お年とり」と言います。
昔の習慣のほうが良かったと思います。
 


うちのお雑煮です。
主役は春を予感させる菜花。
鶏ガラ昆布カツオ出汁、シイタケ・シメジ・ネギ・大根・里芋・白菜・金時人参・筍・ホタテ・・・
早い話が「ちゃんこ鍋」です(笑)

何と言っても食べる事がすべての基本ですからね(^◇^)
今年も美味しい物を食べてHappyになりましょう!

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0]