19/05/24 07:44

鳥さんに怒られた (^_^;)

トラちゃん毎日巣箱の観察をしています。
巣箱の周囲にはヤマブキが咲いています。

あれ以来鳥さんの姿を見ないので、
トラちゃんに見られているのが嫌で引っ越してしまったのかな?
と思っていました。

ところが昨日、
トラちゃんが庭の真ん中の木陰で休んでいると

巣箱から鳥さんが出て来て、にらまれました。
気の強い鳥さんですねぇ。
まだいるのがわかって良かったです。
そろそろ雛が生まれる頃です。

頭ツヤツヤ、ほっぺ真っ白の綺麗な鳥さん(シジュウカラ)です。

トラちゃんにガンを付けた後、また入って行きました。
この後トラちゃんは室内に収容しました。

 

コシアブラの収穫です。
このくらいの小さい新芽が良いのですが、もうアッという間に大きくなってしまって時季は終わりました。
天ぷらにすると美味しくて、山菜の女王と言われています。
ウドに似たような味です。

ウドはその後また収穫できました。
根本の白い部分は筋っぽくてダメでした。
意外なことに青い部分のほうが柔らかくて美味しい。
先っぽの所は天ぷらにしたら最高に美味しかった!

大きい葉っぱはオヤマボクチ。
これはほんのりゴボウのような風味があって、噛みしめるととても美味しいです。
揚げるとお煎餅のようになりました。若い葉っぱは筋がないです。

トラちゃんが喜んで根っこを齧っていたリョウブ、新芽を天ぷらにしました。
クセがなくて美味しかった、というか、クセがないということは味もないということです。
パンの耳を揚げたような(笑)

庭のウワミズザクラの花が咲きました。
苗木からだと10年以上かかります。
老木になると花数がすごく多いですが、うちのは5個だけ。
この花穂の若いのを塩漬けにすると美味しいそうですが、もったいなくて食べられません。
秋になるとブドウのような紫色の実が成って、ホワイトリカーに漬けると香りがとても良い最高の果実酒ができます。

 

この前の戸隠牧場の写真、掲載しきれなかった分です。
別の角度から。
見事な枝ぶりの大木です!

コブシの大木も。
東京あたりと比べると花は2ヶ月遅れですね。

可憐なカタクリもたくさん咲いていました。

 

さて、最後にゲテモノ (°◇°;)

ススメバチの親分を退治しました^^¥
尻尾の先端が切れていますが、全長50mm近くありそう (@_@;) 
こんなのに刺されたら大変です!!
アブラムシがたかっている木の枝に止まってお食事中(蜂は害虫駆除する益虫です)
のところにそっと近づいて、高枝切りバサミで捕まえました。
一発で仕留めないと逆襲されるので緊張しました。
この季節のは女王蜂なので、1匹駆除すると100匹以上駆除したのと同じでお手柄です。
つまりこれから巣を作って100匹以上も子供が生まれるという事。
これはオオスズメバチなので、枯れ木の根元などの地中に巣を作ります。
森を歩いていてうっかり踏んでしまったら大変です!

先日は県庁近くの住宅街に熊が出ました。
民家の庭を歩いていたが、駆除できず取り逃がしたとのこと。
熊に襲われてケガをした事件があり、近所で目撃情報多数です。

蜂に熊に蛇、これからの季節は山の暮らしは危険がいっぱいです。
怖いもの見たさで熊の写真を撮ってみたいという気持ちもありますが(汗)

カテゴリ[ ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/04/19 01:43

巣箱

小鳥の子育ての季節になりました。
いつも悲しい結末になっているので、巣箱はもうやめようかと思いましたが、工夫を凝らして実行です。

その前に季節の花の話題を。

ネコヤナギが咲きました。
春の訪れを知らせてくれる花です。
この後、蕾がさらに膨らんで黄金色になります。

福寿草も。
平地より1ヵ月以上遅いです。
フキノトウ。
他ではもうとっくに終わっていますが、ここでは今が旬。
このように花が咲いてしまうともう遅いので、蕾の状態のを食べます。

ノビル(地元名;のびろっ玉)
アサツキに似ていますが、ずっと辛い。
味噌を付けて炊きたてご飯に最高(^O^)/
私が一番好きな山菜です。

 

さて、今年の巣箱。
いつもと違って雨の当たる場所に設置するので、雨漏りしないように屋根を工夫しました。
底には水抜き穴を4個開けてあるので快適な環境です。
ワクモなど痒い虫が涌くことがあるので、熱湯消毒してから天日乾燥しました。
穴の大きさは30mmこれはシジュウカラなどカラ類用です。
鳥の習性によって箱の寸法が決まっているので、本を見ながら作ります。
キツツキ用は大型です。

いつもは家の壁に付けていましたが、垂直の滑りやすい壁でも蛇が上って来て悲しい結末になるので、自然環境と同じほうが良いのではないか?
そう思って、今年は木の幹に設置しました。

私は高所恐怖症なので、高さ3mでも怖かったです。
針金で縛り付けましたが、風が吹いただけでフラフラするので、電気ドリルに長い延長コードを付けて穴を明け、木ねじ2本でしっかり固定しました。

なんと翌日にもう、クリーム色の可愛いヤマガラちゃんが来てくれました。
待ってたんですね(*^o^*)/

そしたら次の日には今度はシジュウカラに乗っ取られてしまいました。
そのまた次の日には、またヤマガラが来ていました。

巣箱の近くに蝶が止まったので撮影しました。
タテハチョウ(エルタテハ)です。
冬眠から覚めて出てきたのです。

もう1個設置してやりたいところですが、どうしましょう。
なかなか大変な作業なんですよ。

大変というのは巣箱作りもそうですが、蛇対策です。
周囲に枝があると乗り移って来るので、周囲の木の枝を全部切り払いました。

そして幹には滑りやすいビニールを巻き、
スカートのように下はヒラヒラにして、さらに上下2ヵ所で2重にしました。
さらに、傘のように巻いたプラ板で蛇を防ぎます。
3重の防御です。
これなら登って来れないでしょう。

家の壁にはこのように溝があります。
これがいけなかったらしい。
溝がない平らな壁ならば、蛇は絶対に登って来れないはず。
この溝に体を入れて伸びたり縮んだりして少しずつ登って、何度も失敗したでしょうけど、執念深く何度もトライして登って来たのだと思います。
毎年、90%以上の確率で蛇の餌食になってしまいます。
去年は雛だけでなく親鳥も殺られてしまったのはショックでした。
下に残骸が落ちてたんですよ。

その前の年には親鳥が雛に餌を運んで来たら、
中には先客がいました!
そして、果敢にも蛇を相手に戦っている姿を目撃しました。
頭の毛がボサボサになってしまいました。
しかし健闘むなしく完敗、親鳥は諦めて森の奥深くへ去って行きました。
そして二度と戻って来ませんでした。
ショックだったのでしょうね。

入り口から蛇が侵入して来たら、中で寝ている小鳥たちは逃げ場がありません。
その恐怖を思うと胸が痛みます。
今考えついたんですが、巣箱に裏口を作っておいたらどうでしょう?
時代劇を見ていると、掛け軸をめくったら裏側に隠し扉があって、敵が襲って来たときにそこから逃げる(笑)
その発想です(@_@;)
しかし鳥の習性からして、出入り口が2ヵ所あるのはどうなんだろう?わかりません。

 

雪の季節も終了。
雪解け水で沼のように泥んこだった庭も乾き、トラちゃんお散歩です。
まだ雪が残ってますねぇ。

前の道路に出て警戒しながら歩きます。
遠くのほうからワンコが歩いて来たことがあったので、それを思い出して、すぐに引き返しました。

お早いお帰りです。
ちょっとお散歩して気が済めばいいんです。
これからの季節、お散歩は毎日の日課。
一番の楽しみです。
桜が咲いたらお弁当持って

一緒にピクニックですね(^◇^)
昨日街へ買い物に行ったら桜がちょうど満開でした。
ここの桜はいつ咲くかな?

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

18/07/10 05:47

また蛇が!

巣箱のシジュウカラ、滝のような大雨が降った翌日から来なくなってしまいました。
小鳥は丸1日餌を食べないと死んでしまいます。
雨降りでも餌を探しに行かなければなりません。
雨のせいで死んでしまったのでしょうか?

ところが!
久々に晴れた昨日の朝、玄関を出て巣箱の下を見ると、
蛇が逃げて行きました。
わずかに尻尾が見えただけでしたが。

まさか、こんな高い所まで登れるはずがない。
壁はツルツルの鉄板です。
しかも蛇が乗りそうな所にはビニールを貼って滑りやすくしてあります。
蛇の仕業ではないと思っていました。

しかし蛇が隠れた場所、薪置き場なんですがここを片付けてみたら、なんと!
小鳥の羽と、蛇の抜け殻が見つかりました (≧ω≦*)
雛だけではなく親鳥までやられたのです!!
片方の翼と骨。まだ新しいです。

巣箱の下には、蛇が嫌うという木酢液を撒いたんですが効果ありませんでした。

親鳥は飛べるので素早く逃げるはずですが、たぶん夜、雛を抱いて眠っている所を襲われたのでしょう。
入り口も出口もひとつなので逃げ道はありません。
その恐怖と言ったら・・・
とてもやりきれない気分です。

どうやってツルツルの滑りやすい垂直の壁を登るのか?
蛇はジャンプします。
一階の窓枠の上に乗って、そこからジャンプして巣箱に届くでしょうか?これは無理でしょう。

いろいろ考えたところ、壁の縦の溝がいけないんだろうと思いました。
左右の2本の溝を巧妙に利用して、左右から突っ張りながら少しずつ上に登って行く。
小さい蛇ならこの細い溝に体を入れることができると思います。
少し大きい蛇でも、体はとても柔軟なので細くすることはできるはず。
これは仮説にすぎませんが、これが正しいとすると巣箱をどんなに高い場所に設置してもダメです。
壁一面にビニールシートを貼るとか、そういう対策が必要です。

蛇は1回で成功しなくても、何度落ちてでも執念深く挑戦します。
事実、朝早くに外で何かが落ちる「バシッ」という音を何回か聞いたことがありました。
驚いて外に出てみましたが、蛇の姿は無く何事もありませんでした。

来年はどうしよう?
小鳥のためにと思って巣箱を掛けても、結局は蛇のために餌を提供しているような状況に、もう無力感、嫌気がさしてきました。
10年間、毎年ほぼ90%蛇の餌にされています。

こんな場所に巣箱を掛けた自分の責任か?その巣箱を信用して利用した小鳥が悪いのか?
結論から言って、小鳥よりも蛇のほうが頭が良いのは確かだと思います。
鳥類は爬虫類が進化してできた高等動物だなんて説はウソではないか?
恐竜はきっとすごく頭の良い高等動物だったのだろうと思います。だからあんなに栄えたんでしょうね。

毎年この場所に巣箱を掛けるので蛇は覚えているのでしょうし、その蛇が死んでも次の蛇に語り継がれているのかも。
それにこの人工物である壁の登り方も、一朝一夕には習得できないはず。自然界にはこんなのはありませんから。
しかもこの形状の壁はうちだけです。
こういう情報も蛇から蛇に語り継がれているのかもしれません。
そこまで考えたくなるほど、蛇は巧妙です。
私が蛇に敵対心を持ち、いつも巣箱を見張っている事も知っていて、なかなか姿を見せません。私がいない時を狙って犯行におよびます。
それと、雛が小さいときは襲いません。
大きく成長した巣立ち間際を襲います。育つのを待っているのです。そのぐらいの知能犯です。
親鳥にせっせと育てさせ、丸々太った一番美味しい所をいただく(≧ω≦*) ひどい奴です!!

小鳥は自衛のため毎年巣の場所を変えるのでしょうね。
蛇に見つからないようにと。
運を天に任せる、蛇が来ない事を祈る!
それしかありません。
 


ホオジロのように地上に巣を作る小鳥もいます。
とても危ないと思うのですが、
しかし100%蛇にやられてしまうのならホオジロは絶滅してしまうはず。ところがホオジロはたくさんいます。
蛇もマヌケなところがあるのでしょう。

この写真は数年前の物ですが、お散歩に行ってトラキチが見つけたホオジロの巣です。
数日後には空っぽになっていました。無事巣立ったのなら良いのですが。

 

巣箱、来年は家の壁ではなく天然木はどうでしょう?
自然環境に近いほうが良いかも。
桜の木は?
蛇はたやすく登って来るでしょうね。横の木から乗り移って来る可能性も大です。

カツラの木。
これも登りやすそうです。
自然界ではシジュウカラは枯れ木にキツツキが開けた穴などに営巣します。
人工物では伏せた植木鉢や郵便ポストに営巣することもあります。
それでも蛇に襲われないのでしょうか?

テラスの柱は?
これなら壁のほうがよほど安全ですね。
周囲にビニールを巻いても、グルグルと巻き付いて登って行ってしまうでしょう。

 

トラちゃんも、そんな所で無防備な姿で寝ていると蛇に呑まれてしまうぞ!(ここは蛇がいた場所の近くです)
呼んだらこっちを見ましたが、脳天気な性格なのでニコニコしています(笑)

蛇はアゴが外れたようになって、自分より大きな動物を呑み込むことができます。
ネットで蛇の画像を見て驚きました。見たくない画像でした。

インドネシアでは人間が蛇に呑まれてしまった事件がありました。蛇の体内から行方不明になった人の人骨が!つい最近の話です。同じ集落の人々は恐怖に怯えているそうです。
日本にはそんな大きな蛇はいませんが、子猫なら呑まれてしまうでしょう。
素早く逃げてもダメです。蛇はいざ獲物を襲うときはすごい敏捷です!一気に飛びかかって来ます。
だから、すばしこいネズミや小鳥でも捕まってしまいます。

私がここで見た最大の蛇は人間の腕ほどの太さがあって、全長2m以上ありました (@_@;) 
ヤマカガシもアオダイショウと同じぐらい大きくなります。ヤマカガシが小さいという情報はウソです。
しかし!アオダイショウは3mという記録があるらしい(°◇°;)

ここでは恐ろしい大蛇を年1回は目撃します。
熱帯のニシキヘビではないか?と思うほどの大きさですよ。
山梨県の人のブログで見ましたが、キジを襲っている巨大な蛇(アオダイショウ)の写真がありました。
巻き付いて格闘していましたが、結局どうなったのか?結末は不明です。

サクラがまだ元気だった頃、散歩中に大きなヤマカガシに出会いました。コブラのようにかま首をもたげて威嚇して来ました (°◇°;)
サクラは面白がって手を出そうとしたので制止しました。
いつもお世話になっている車屋の猫「フクちゃん」は大きな蛇を捕まえて持ち帰ったそうですよ(@_@;)

アオダイショウなら安心ですが、ヤマカガシは毒蛇でそれはマムシよりも強い毒だそうです!
マムシに比べて性質はおとなしいので攻撃性は低く、一目散に逃げて行くので噛みつくことは滅多にありませんが、いじめたり追い詰めたりすると危険です。
また、口から毒液を噴射するので、それが目に入ると失明するそうです。
実はこの土地に一番多いのはヤマカガシです。
池に入って泳ぎながらオタマジャクシを食べるヤマカガシのチビもたくさんいます(~_~;)

カテゴリ[ ]   コメント[9 ]   トラックバック[0] 

17/07/15 20:08

小さな命

庭の池でチビガエルが生まれました(*^o^*)/
蟻のような小ささです。
ヨチヨチ歩きです。
こんな小さいのが、10年後には10センチ以上のヒキガエルに成長するんですから大したものですね。
ヒキガエルはすごく長生きだそうです。
天敵に気をつけて、無事に成長して欲しいものです。

 

夕涼みのトラちゃん、ずり落ちそうになっています(笑)

上から見ると。

 

待望のタマゴタケが出ました!

まだ傘が開いていないので、美味しいだろうな・・・
と思いきや、ひどい虫食いで食べられませんでした。

鮮やかな赤が美しいので観賞用に良いですね。
これほど真っ赤なキノコは他にはないです。
裏側のヒダと軸とが黄色なのが重要なポイント。
裏が白いのは毒キノコです。

 

紫陽花が咲きました。

 

ホタルブクロ。

 

シモツケソウ。

 

これは過去の写真ですが、アカゲラ。

巣から飛び出して行く瞬間を撮ることができました。

先日の写真展では、これとそっくりの写真がありました。
プロの作品はさすがに綺麗でした。
たぶん同じ年に同じ場所で撮ったのでしょう。

こちらはアオゲラです。
アカゲラもアオゲラも家の周囲でよく見かけます。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

17/06/30 00:29

初夏の鳥

過去に撮った写真ですが、ちょうど今の季節の鳥たちを見てください。
今年はまだ全然撮れていません。
鳥の写真は難しくて、なかなか撮れません。

初夏と言えばホトトギスですね〜
「特許許可局♪」と鳴きます。深夜に鳴いていることもあります。
ここにはカッコウはいませんが、ホトトギスとツツドリがいます。
ツツドリの鳴き声は「ボンボンボン」筒のような音です。
鳴き声が違うだけで、ホトトギスとはほとんど区別できません。
鷹と見間違う精悍な姿で、空を飛んでいるのは時々見ますが、このように枝に止まっているのは、ほとんど目撃できません。

 

歌うノジコ。
ホオジロに近い種類ですが、色合いはカナリアの原種に似ています。
歌声もカナリアに負けないくらい素晴らしい(^^♪

 

ミソサザイ。
スズメの半分ぐらいしかない小さな体ですが、すごく大きな声を出します。素晴らしい美声で歌います。
短い可愛い尻尾が立っているのが特徴です。

 

近所にニッコウキスゲが咲く家があります。
(誰もいなくて空き家か、別荘です)
植えた物ではなく、最初から生えていたのだと思います。
しかし、たくさんあるのはこの場所だけで、他ではちょっとしか見られません。

この微妙な色合いが魅力ですね〜
これと似た黄色いユリ(園芸種?)が平地にもありますが、それとは種類が違います。
ニッコウキスゲは高山植物で、本州中部以北の寒冷地の高原にしかありません。

県内では、ここからは遠く離れた霧ヶ峰高原がニッコウキスゲの名所ですが、最近は鹿に食われてしまって困っているそうです。

 

クルマバネツクバネソウ。
これも高原にしかない珍しい植物です。

 

シオデ。
これはアイヌ語だそうです。つまり北海道・東北で親しまれている山菜です。
福島県会津の人のブログに、大量に収穫して食べている写真がありました。
アスパラのような味がします。つる草ですが、アスパラと同じユリ科です。

(右)少し大きくなってしまいましたが、このぐらいなら食べられます。

 

前回の天体望遠鏡ですが、筒先キャップに取っ手を付けました。
外すとき指でつかみにくいので苦労していましたが、これは便利。
盆栽用のアルミ線(下に写っている)をホームセンターから買って来て、切って叩いて潰して穴を開けてネジで取り付けました。この用途なら強度的にも十分です。
軟らかいので自由自在に加工しやすく、楽しい工作でした。
見た目も良い感じに出来ました。

 

桐タンスのレストア、今度は大きな引き出しです。
表面の凹凸やキズが多くて、面積が広かったので手間がかかりましたが、綺麗になりました。

このように硬質スポンジにサンドペーパーを巻きつけて作業します。左右で比べてください。面白いように綺麗になります。
金具の近くの細かい所は、サンドペーパーを小さく切って折り曲げて指先で注意深く削ります。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0]