17/01/24 19:48

昭和レトロの食品

雪の話題は疲れるので、もうお終いにします。
先日Gaviちゃんのブログに、
キリンラーメンの実物が登場しましたw(*゚o゚*)w
幻のラーメン(@_@;)
実物を見たのは初めてでした。
もうとっくの昔になくなったのか、と思っていましたが今でも健在なんですね。
ビックリしました (^◇^) 

長野県千曲市の片田舎に、こんな寂れたお店。歪んだガラスの反射光が時代を感じさせますね。

キリンラーメンって何物?
カゴメケチャップなら知ってるけど・・・
「千代田のソーセーヂ」
お店の奥に40年前の売れ残りがあるかも(汗)
ソーセージじゃなくて「ソーセーヂ」?
東京で「有楽町ビルヂング」って看板を見たことあるけど(笑)

このお店の近くに、
北限の節分草が咲く山があります。
関西には多いらしく、節分の頃にはブログや掲示板で良く見かけます。
オオイヌノフグリのように小さくて可憐な花です。
長野県では1ヵ月以上遅れで3月中旬です。
このときはまだ残雪がありました。
遠かったけど、数年前に見に行ったときの写真です。

 

キリンラーメン
http://kirinramen.jp/

キリンラーメンは一時廃版になったそうですが、
その後復活し、最近はマツコデラックスの紹介で大人気なんだとか。
愛知県碧南市で作られているローカルな食品です。
碧南は昔行ったことあります。
海辺の小さな街。
東京の光学メーカーで働いていた頃、小さなカメラ店へ売り込みに行きました。
交通の便が悪くて、半田からタクシーに乗って海底トンネルで。
交通費が高くて完全に赤字でした。

 

長野には「ポンちゃんラーメン」があります。
キリンにタヌキに、面白いですね(^◇^)
アライグマラーメンとかニャンコラーメンとかも、いいかもよ〜(≧m≦)ぷぷ

これもGaviちゃんご一家のお気に入り。戸隠へキャンプに来たときには必ず買うそうです。
私は小学生の頃はコレが主食のようなものでした(;゜ロ゜)エェ??(爆)
いつも30個入りの箱で買って食べていました。
全国どこでもあるのか?
と思っていましたが、長野だけでした。
味は明星チャルメラに似ていて美味しいです。

信陽食品のサイトへ行って、右下のタヌキのマーク「ポンちゃんラーメンプロモーションビデオ」
をクリックするとポンちゃんラーメンの楽しい動画が見られます。
http://www.shinyo-f.co.jp/

 

昭和のカレーと言えば、コレ。今でもスーパーでたまに見かけます。
「即席カレー」ですよ、即席!
この言葉、今では死語ですよね。
箱入りでなく袋入りというのが、なんとも昭和レトロ。
昔懐かしい家庭の味のカレーです。
今の基準でも、かなり美味しい。
ジャガイモ・人参などゴロゴロ入れたのが似合います。

子供の頃、昼ごろになるとラジオから聞こえてきた
CMソングが懐かしい。
皆さん、どなたかご存知でしょうか?
あの頃は「CMソング」なんて言葉なかったから、何て言うんだろう?
女性歌手の高い美しい声で「オーリエンタルカレー♪」って。
節回しは二葉百合子「岸壁の母」風です。古いなぁ〜

 

さて、昭和レトロというと
昔住んでいたアパートの近くにこんな食堂があります。
ン十年ぶりに行ってみました。
ソースカツ丼が自信作らしい。これを注文。
これが700円ならかなりお値打ちです。
しかし定食など他のメニューは1000円以上と高いです。

カツの下には海苔が敷かれていました。
昔食べた、故郷の須坂市のカツ丼と似ていて懐かしかったです。

店内には昔の写真。
左に見える車は?
トヨタセリカ! この型は昭和48年頃の物です。
スペシャリティカーの草分けです。
スペシャリティカーって何だ〜?これも死語だね(爆)
スポーツカーじゃないんですよね。
「遅いスペシャリティカー」っていう悪評の車もあったなぁ(≧m≦)ぷぷ

ちなみに「ハイオーナーカー」って言葉もあった。
これも、よくわからない。たとえばローレルとかマークIIとか。

右側の出前用バイクもレトロですねぇ。スーパーカブってやつでしょうか。
ソースカツ丼、味噌汁・漬物も美味しかったですが、その後また行って焼きそばとかラーメンとか食べたけど、味はちょっとねぇ・・・って感じでした。
老夫婦が趣味でやってるような食堂ですから、あまり過大な期待はできません。
静かで落ち着いた、くつろげる昭和の空間を味わっただけでも収穫でした。
何杯でも自由に飲める緑茶は、とても美味しかったです。

 

こちらはかなりマニアック (@_@;) 
さすがの私も入る勇気がありませんでした。
この階段を上って行くと、囚われの身になって帰れなくなるかも、って思いません?
床がヒビ割れて寂れたショッピングセンター内の古い喫茶店。
数年前、故郷の須坂市へ行ったときに見つけました。
今もあるのかな?
思い返してみれば、私が子供の頃からあったような・・・

合成着色料で真っ赤に染まったチェリー(~_~;)
合成甘味料の「チクロ」なんかも入ってるのかな?なんて。
チクロって昭和40年代に使用禁止になったのを覚えています。
ちなみに、チクロって砂糖よりずっと旨いんだそうです (°◇°;)

右端の「今話題のナタデココ」って?(;゜ロ゜)エェ??
これが流行ったのは30年も前だったと思うけど。

他のお店はシャッターが閉まって、開いているお店ごくわずか。廃墟のような雰囲気でした。
これは暗い心に唯一、明るいともしびを灯す一軒の喫茶店でしょうか?
店主は、暖かい心の魅力的なお人柄なのかも。
かなり興味シンシンです
でも、常連さんしか受け入れてくれないかもね。

 

さらに話が落ちます。
このお店(?)前を通るたびに気になっていました。

暑い真夏の昼下がり、ここでガラスビンのペプシコーラを立ち飲みして生き返った気分になった人も多かった事でしょう。
ここは長野市郊外。私の祖父が魚屋の小僧だった頃、行商に行った地区だそうです。
当時からあったお店かも?
勿論当時はペプシなんてなかったですけどね。
三ツ矢サイダーはあったかな。

このお店、最近取り壊されてしまいました。
寂しいです。
私がここを借りて、レトロ天体望遠鏡ショップなんてやりたかったのに(^_^;)

 

もっとすごいのは、これ(^_^;)
須坂市のこの食堂は昔よく行きました。
いや、最近も何度か行きました。
こんなボロボロの看板でもちゃんと営業していて、焼きそばやラーメンがとても美味しい人気店だったんですよ〜(^◇^)
安くて大盛りで美味しくて!申し訳ないくらい良心的。

でもマンガ本読みながらゆっくり食べていると、
「兄ちゃん、のびたラーメン好きなんかい!」と叱られました。
でもね、マンガ本が本棚に何十冊とあったんですよね。

去年また行ってみたら、もう閉店してすっかり綺麗になってしまっていました。
一時期、後継者のような若い人が働いていたので期待していたのですが。
どこかへ移転して、今もやってるかもしれません。

お店がなくなって、よくよく見ると、
この長屋造りは文化遺産なのかもしれません。
「蔵の街」「蔵シック」と言って、須坂市は古い街並みやレトロな物を大切に保存して町興しをしています。

 

トラちゃんは、今回はお休み。食欲旺盛で丸々と太って冬眠中ですzzz

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

16/09/29 21:27

レトロな石油ストーブ

明朝の気温は一桁の予報なので、灯油を買いに行って来ました。去年より安くなっていて、1000円でおつりが来ました^^¥

ミケちゃんも、サクラちゃんも大好きだった、このストーブ。
全然石油臭くなくて、とても暖かくて大変な優れものでした。
我が家の家宝!と思っていましたが・・・

 

最後の輝きか?9月の初旬には絶好調でしたが、
突然寿命が尽きました。
芯を上げ下げする歯車が摩耗のため空回り。
分解して苦労して芯の調整などしましたが、修理不可能でした。
芯もほとんど腐ったようにヨレヨレの穴だらけ。
芯はサイズが同じなら交換できますが、歯車は修理不能。
とても残念ですが、捨てることにしました。

このストーブ、25年前に中古で買った物ですが、この型から想像するに50年ぐらい前の製品ではないかと思います。子供の頃おばあちゃんの家にあったのと似ています。芯が50年間無交換だったようで、すごい耐久性です!

中の灯油を完全に抜くために、シャンプーの空き容器のポンプを利用しました。これは便利!
片側に木片をかませて全体を傾けて作業しました。

 

戸隠にある廃品回収所へ持って行きました。ここのおじさんとは顔なじみです。
市のゴミ回収に出すと有料ですが、ここなら無料です。たぶん鉄屑として中国あたりへ輸出されるのでしょう。

ここでは数年前に11万円もする立派な天体望遠鏡が捨てられて雨ざらしになっていて、500円で売ってもらったことがありました。自分で修理して活用しています。シビアにテストしてみましたが一流品でした!

 

 

これは親しくお付き合いしていた小鳥屋のおじさんにもらったストーブです。40年ぐらい前の物かもしれません。
雨水が入って、芯がサビて固着していたので自分で新品に交換しました。これはとても大変な作業でした。
近所の電気屋へ行ったら、ピッタリ合う芯が売られていたのです! もしかすると芯は多くの機種で共通なのかもしれません。

ここに引っ越すときに買った新品の強力なストーブもありますが、古い物から順に使うことにしました。真冬の一番寒いときには一台では力不足なので、二台同時に使います。

この手の石油ストーブは電気系統がないので単純で良いです。
ファンヒーターと違って停電でも使えます。
上で料理ができるし、停電のときにはわずかな明かりにもなります。災害時には大活躍します。

点火装置に乾電池を使いますが、壊れているのでライターで点火しています。そのライターが壊れたときの予備に、レトロなマッチも買って準備してあります。
私は機械は割と得意分野ですが、電気は苦手なんですよ〜(~_~;)
小学校の理科の授業で豆電球、並列・直列がわからなくてつまずいて以来、電気はずっともう拒否反応なんです。オームの法則も知らないねぇ (@_@;)
テレビも電話も扇風機も嫌い。パソコンだけは必需品なので、嫌いだけど我慢して使っています(汗)

 

 

さて、秋の花ですが、
長雨で良い写真が撮れず、時期を逃してしまいました。この花はもう終わりました。

この写真も暗くていけません。
面白い形をしていて、とても魅力的な花だと思います。
サラシナショウマです。平地では見たことがない珍しい花です。
撮影していたら、とても良い香りがしました。

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

16/08/21 22:12

昔の携帯電話発見(^_^;)

最近ネタ切れで、ちょっと間が空きました(^_^;)
庭の桔梗が美しく咲いています。
ずっと前に種を買ってから、大切に育てて来ました。

 

超貧乏症の私ですが、今日パソコンを新しくしました〜(*^^)v
新しいですよ〜 (^_-)-☆
どうです(^_^)/  WindowsVista仕様ですよ〜(笑)

すごい高性能。前とは別世界〜(*^^)v
速度が速すぎて目が回るくらい。電光石火の反応速度です!
(左側の物)

お値段は2年前に中古で1000円でした(≧m≦)ぷぷ
今なら価値はたぶん0円 (^_^;) 
買ってからこれまでしばらくテスト使用していました。LANポートが故障していますが、USBのLANアダプタでネットに繋がりました。
容量は160GBもあって余裕です。(前は80でした)
もちろんWindows(なぜかVistaではなくXPでした)は消してしまって、最新版のLubuntuにしました。この春出たばかりの16.04です(2016年4月という意味)
つまり古いPCが最新のPCに生まれ変わったという事です〜(*^^)v 

前使ってたPCはXP仕様の物でした(右側の青いやつ)
まだ1年近く使えますが、引退です。とりあえずは予備のPCという事です。
これは14.04つまり2年前のOS(基本ソフト)。サポート期間は3年です。次のと一年間ダブっているので安心です。
軽量版のLubuntuではなく、定番のUbuntuならばサポート期間は5年なのですが、これは重いので新しいPCでないと動きません。

Windowsの場合はハードとソフトの抱き合わせ販売(違法?という事で一時裁判沙汰になった)
ですが、Linux系のLubuntuはソフトは無料でコピー自由!面倒なライセンスの問題はありません。
機能はWindowsとほとんど同じで満足です。使い方もWindowsと一緒。
素晴らしい省マネー効果^^¥
私は9年間で約30万円節約できました(*^o^*)/
Windowsアプリとの互換性が無いので、ウィルス感染の心配はありません。
つまり、セキュリティソフトを買う必要がない。これも省マネー^^¥
これについては、次回また日を改めて詳しく。

 

これは珍しい!
昔の携帯電話(°◇°;)リサイクルショップにありました。当然、私は買いませんでした(≧m≦)ぷぷ
ものすごい大掛かりな物です。カバンのように肩にかけて携帯します(汗)

私は携帯電話が嫌いで、昔ながらの黒電話が好きです。もっと古い手回し式なら尚結構。(笑)
手回し式電話はリサイクルショップで時折見かけますよ。

もちろんスマホなんてもってのほか!
こんな私でもガラケイは持っていますが、電源を切ってあって、まったく使っていません。
救急車と消防車とパトカーを呼ぶとき以外は使わない事にしていますΣ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
つまり、根っからのアナログ人間で〜す.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

 

オニヤンマの撮影に成功!
トンボの撮影は難しいです。たくさん飛んでるんですが、止まってくれないので。コンデジで素早く!それで写りはイマイチでした。重く大きい一眼では難しいです。

今年はオニヤンマが多いです。これは嬉しい事。
小学生の頃にはよく教室に飛び込んで来たものですが、最近はほとんど見かけなくなってしまったのです。
ギンヤンマのような他の大型トンボも、今年は多いです。

 

 

長野県内に展開するラーメンチェーン店のテンホウ。
本部は南部の諏訪市だそうで、北部の長野市に進出して来たのは最近の事です。
安いのでよく行きます。500円のタンメンは最高に旨い!
520円の野菜炒め定食も大満足。

しかも食品の安全対策には気を使っていて、食材の放射能検査の表が壁に張られています。
経営者の良心を感じます。「安心・安全」という掛け声は必要ないですが、このような客観的データが必要なんですよね。

16日の送り盆に家族と食べたのはコレ。
ビビン麺(激辛、お子様ご注意!)660円。
冷やし中華の担々麺という感じでした。ボリュームたっぷり。腰の良い太麺の味わいが最高で、温泉玉子の出来も絶妙でした。

激辛というほどではなかったですが、食べ終わる頃には辛さが効いて来て汗ビッショリになりました。これは健康に良さそう(^◇^)

ミニソースカツ丼はラーメン類と一緒だと350円です。
これは素晴らしいサービスでした!

栄養たっぷりで元気が出ました\(^o^)/
ミニというのに、実際には普通盛りぐらいの量があって、満腹になりました。コレが350円じゃ申し訳ない。
良心的で本当に良いお店です。

 

トラちゃん、やっぱり鉄の女だ(°◇°;)
未来の三宅宏美(ウェイトリフティング銅メダル)かも?

二階の猫ベッド、羽毛布団でゆっくりおねん寝。
こうしている間に強靭な筋肉を育成しているのだΣ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
そのうち、飼い主は馬乗りにされて襲われてしまうかも?(;゜ロ゜)エェ??(爆)

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

16/02/04 19:21

柱時計

昔の皆さんの家には、振り子式の柱時計がありましたか?


この時計、リサイクルショップで外に出してあって「無料でどうぞ」
汚れているし動かない。
セイコー製のちゃんと動く物だと9800円の値が付いていました。
これは「アイチ」とかいう聞いたことがないメーカーです。

バラして改造し、天体望遠鏡用の追尾装置を自作できないか?そう思ってもらって来ました。
 


ところが、家に帰ってスプレー式潤滑油をシューとひと吹きしただけで動くようになりました^^¥
動かなかった原因は、ゼンマイが一杯に巻かれていて、固まっていたせいでした。
長期保管するときはゼンマイがゆるんだ状態にしておくべきでしょう。
ゼンマイを巻く道具が付属していなかったので、ヤスリで削って自作しました。四角い穴が嵌れば良いだけのことです。

昔を思い出しましたが、実家にあった柱時計も同じで、
右側の穴でねじを巻くと時計を動かすためのゼンマイ。
左側の穴は鐘を鳴らすためのゼンマイです。
ゼンマイが全部緩んでしまうと時計は止まってしまいます。
今の時計と違って電池は必要ありません。
どのくらい動き続けるんだろう?30daysとか書かれていますが本当かなぁ?
 


中はホコリだらけだったので、外に出して掃除しました。
ガラスも綺麗に磨きました。

 

30分ごとに鐘が鳴ります。
ゴキゲンな和音で、すごく味わい深い良い音です。
6時なら6回鐘が鳴るので時計を見なくても時刻がわかります。6時半には鐘は1回。
どういう仕掛けで6時にちゃんと間違えずに6回鳴るんだろう?
電気仕掛けでなく、全部機械式なのでかなり複雑だと思います。
たぶん複雑な形をした歯車とかカムシャフトが働いているんでしょう。

フタを開けて下から覗くとこんなふうになっています。
かなり複雑です。

左下の2つの小さい金槌みたいなのが右側の2本の棒を叩いて音が鳴ります。
2本の棒が和音になってるんです。

今の時計と違って、すごい手間をかけて丹念に手作りされている感じがします。
かなり高価な物だったのでしょう。
いつ頃の物でしょうか?
もしかすると私が生まれる前の物かも?
 

ところが使ってみると実に正確です。
一日で1分と狂いません。
(昔うちにあった柱時計はかなり狂いました。
クォーツ時計が出るまでは、時計は5分や10分狂うのが当たり前でした。)
 

振り子の下に調整ネジが付いていて、振り子を短くすると動きは速くなります。

これは小学校だったかの授業で習ったような気がしますが、今の子どもたちは振り子なんて身近ではないから理解が難しいでしょうね。

当たり前の事ですが、振り子が止まってしまうと時計は止まります。
時計が斜めになって振り子が内部の摩擦で止まってしまうとダメですから、正確に垂直に設置しないといけません。
設置したら、フタを開けて最初は手で振り子を動かしてやらないと動き出しません。
なんだか面白いですね。

だから大きな地震が来ると止まってしまいます。今の時計では考えられないような事が起こるんですね。
こういう事もすっかり忘れていました。

30分ごとに鐘が鳴るのは、慣れないうちはうるさくて耐えられませんでした。12時には12回も!!
もちろん夜眠っているときにも鳴ります。
お皿を割った夢を見たけど、実は時計の音でした(笑)
ゼンマイが緩みきったら鳴らなくなるので、それまで待つことにしました。

カチカチと時を刻む機械音も、今の時計にはないものです。
この時計のカチカチ音はかなり静かですが、それでも寝ているときには気になります。
慣れてきたら良い音に聞こえて気に入りました。
機械工作が優秀だと音が静かで音色も良いのです。

まるで生き物のようで愛着がわきます。

 

 

これは最近のクォーツ時計で中国製です。
花のデザインが明るいムードなので気に入っています。
正確ですが、面白味は全然ありません。


今回入手した柱時計、本当に良い物でした。
実際に使ってみるまで良さがわかりませんでした。
バラしてしまわなくて本当に良かったです。
スローライフっていうか、豊かな時間の流れみたいなものを感じます。
一生の宝物になりそうです。

 

怠慢そうに見えるトラちゃんですが、実は意外と勤勉です。
時計のように正確!
毎朝6時になると必ず起きて見張りをします。

 

狼が来たぞ〜Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[15 ]   トラックバック[0] 

15/11/10 12:44

日産のレトロカー

皆さん、最近の車のデザインどう思いますか?
お金を出して買いたいと思いますか?
私はNO!です。
こんな所に住んでいるので、しかたなく四駆の軽トラに乗っていますが、もっと楽しい車に乗りたいです。

 

私が好きなのは日産のレトロな車。
80年代以前の物が面白いです。
先日町へ行ったとき珍しい車に出会いました。

 

昭和47年頃のフェアレディZです。
しかも3ナンバーなので2400ccです。
これは希少車なので、すごい高価! 300万以上かも。

 

これも最近目撃したスカイライン。
昭和46年頃の物。
当時のレースで活躍したのは特別仕様のGTRですが、その外観を真似て改造されています。

本物のGTRなら500万はするでしょうけど、これは安い改造車だと思います。

なぜか旧型で価値が上がるのは日産車。
他のメーカーはたとえ性能が良くても人気が出ません。
実際乗ってみた感じではトヨタのほうが良いですけどね。
日産車はデザインがユニークで飽きないし、昔の物でもエンジン等の耐久性が良かったらしいです。

私が2台目に買った車がスカイラインでしたが、その前の車に比べ段違いの高級感がありました。
実はスカイラインは遅い車です。(でした=過去形)けっしてスポーティな車ではありませんが、静かで滑らかな走り、重厚な雰囲気の高級車でした。
アクセルの反応がにぶく、機敏な走りができない。重い感じで加速が悪い。車体の大きさを感じてしまう。
ですが、慣れてしまうとこれが良いんです。
高速へ行くと水を得た魚のようになりました。高速向けの車だったんです。長距離ドライブはとても快適でした。

 

フェアレディZにも乗りました。
これは屋根が開くTバールーフです。
都会的でお洒落な車でした。アメリカで大量に売れた車です。
見た目はスポーツカーですが、実際には高級車です。
高級車のセドリックと同じ2800ccエンジンが搭載されていました。
ゆったりと紳士的に走る中高年向けの車です。

当時の日産車はいろんな個性的な車種がありましたが、実は中身はほとんど一緒でした。
セドリック・グロリア・ローレル・スカイライン・フェアレディ。
エンジンは皆同じです。
だからいいんですよね。部品が共通だから整備が簡単、安上がり、信頼性が高い。
20年間も同じエンジンで継続されました。
さすがに今は現役で走っている車は減りましたが、今でも部品が無くて困ることはありません。
外車趣味に比べると、日産の旧車は維持費が安上がりで良いです。

 

私の憧れの車はこれです。
残念ながら縁がなく一度も乗ったことがありません。
アメ車のようなデザインのローレル、昭和50年頃の物。
「ゆっくり走ろう〜Ohローレル〜♪」
このCMソング覚えていらっしゃいますか?
ローレルは遅い車と思っていましたが、実は大間違い!
こんな重々しい大きな箱型ですが、中身はフェアレディZとほとんど同じだったんです。
それで、今でもマニアには大人気です。

 

軽トラの前はこれに乗っていました。
昭和45年型スカイライン4ドア。私は4ドアのほうが好きです。
25年物の中古を買って自分で2年がかりでコツコツ仕上げて、こんなに綺麗にしました。自家塗装です。
以後10年間愛用していました。

予備に部品取り用として安いのをもう1台買いました。
2台のスカイライン、残念ながら今はうちの庭で眠りについています。

 

シーラカンスのような車(@_@;)これは何?
スカイラインバン、昭和45年頃の物です。
スカイラインの商用車は珍しいですね。後ろのほうにハネ上がったプレスラインは「サーフィンライン」と呼ばれています。

サーファーに似合う車だと思います。
農地の藪の中で長〜い眠りについています。
これもちゃんと整備して走れるようにすれば、楽しい車なんですよ〜
 

日本も、もういいかげん使い捨て文化はやめて、ヨーロッパ諸国のように古い物を長く愛用する文化になってほしいです。

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[11 ]   トラックバック[0]