18/06/15 09:29

車検の準備

2年ごとに来る車検はイヤですね。
かなりストレスになります。
金銭的負担はもちろんですが、精神的にも。

安くするために前はユーザー車検を何度かやりましたが、不慣れなため事務手続き等のストレスが多く、今は業者にお任せです。
車検で支払う費用、実は80%が自賠責保険や税金等の法定費用で、業者の儲けはごくわずかなのです。

先日車の調子が悪くていつもの車屋へ行ったら、他のお客が車検で、下回りの錆止め塗装を5000円で奨められていました。
昔は黙っていても毎回車検のたびにやりましたが、今は安くしないとお客が来ないので注文に応じてやるようになっています。
私も近々車検なので、奨められました。

これがその車屋の社長です。
頭にジャガイモが載ってます(爆)
名前はフクちゃん(=^・^=)
男の子でとても人懐っこい。8歳だったかな。

家族経営で、皆さん猫好きです。
社長(人間の)はビートたけしに顔が似ていて、早口の話し方も似ています(^O^)/
年齢的にも同じくらい。

 

私の軽トラ、もう12年なので下回りはサビサビです。
このままだと錆止め塗装は拒む事はできそうもないと思って、自分でやることにしました。
素人でもできる技術のいらない簡単な作業ですが、丁寧に几帳面にやらないとかえって汚くなってしまいます。
泥で汚れた上から塗装してしまう事もあります。

ボディをピカピカにする人が多いですが、実は見えない部分が大切です。
まずコイン洗車場へ行って下回り洗車をしました。スチーム洗車機で泥などを綺麗に落とします。
400円でした。これは車検のときに車屋にまかせると5000円取られます。
合計1万円の節約^^¥

雪国では車検の年でなくても毎年春にやらないと、冬の間に道路に解氷剤(塩カル)を大量に撒くので、下回りがサビてグサグサに腐ってしまいます。

普通は下回りの塗装は、ホームセンターに売っている「シャーシブラック」という黒色の缶スプレーを使いますが、家に強力な錆止め塗料が余っていたので、これを使うことにしました。
前の車にも使って結果良好でした。
OldTimerというカー雑誌で知った塗料で、鉄橋などの塗装に使われる物です。
これをコンプレッサーとスプレーガンを使ってスプレーします。

塗る前にこのようなブラシでこすってサビと汚れを落とし、ボロ布にシンナーをふくませて綺麗に拭きました。
手間を惜しまず良い仕事を!です。
車屋にまかせると何もせずそのまま塗ってしまいます。だから劣化が早く、次の車検でまた塗装しなければなりません。
つまり儲かるしくみになってるんです。

Before→Afterこんなに綺麗になりました。
余計な部分まで塗らないように、布や新聞紙を巻いたりテープを貼ったりしました。
部品ひとつひとつに愛情こめて塗装しました。半日かかりました。

マフラーには耐熱塗料を塗りました。これは缶スプレーです。
マフラーは錆びやすく消耗品ですが、少しでも長持ちさせたいです。

さて、この日は後ろ半分だけでしたが、別の日に今度は前半分をやりました。
前のほうがゴチャゴチャと複雑なので手間がかかりました。

とても綺麗になりました^^¥
これで末永く愛用できそうです。
普通は黒ですが、明るいグレーなので目立ちます。
車屋のオヤジもビックリ仰天するでしょうね。
たぶんジャガイモが頭から落ちると思います(笑)

あとはワイパーを新品に交換して、ウォッシャー液を満タンに入れておきます。ただの水でもOKです。
こんな簡単な事ですが車検費用の節約になります。
これは車検の点検項目になっているので、車検のときには必ず交換・補充されてお金を取られます。

車検で何をやるかというと、全部点検をするわけではありません。項目が決まっていて、他の部分は見ません。
素人でもわかるごく当たり前の事が大半です。
ヘッドライトやウィンカー、ワイパーは作動するか?クラクションは鳴るか?
スピードメーターは40キロで検査するので、100キロで走ると15キロぐらい狂っていることがあります。
それで警察に捕まる事もありえます。

普通にちゃんと走っている車ならば、何もしなくても車検は通ります。
車検でちゃんと整備してくれているから安心?それは甘い!
妻の車は車検後すぐに通勤途中で止まってしまい、車を乗り捨ててタクシーで職場に向かいました(≧ω≦*)
その次の車は、車検後すぐに白煙が出て坂道を上れなくなってしまい、トラックに載せられて運ばれて行きました (-_-;)
新車で買ってまだ5年ぐらいの新しい車ですよ。
出張引き取り費用と修理代で15万かかりました。
車検の前から調子悪かったので、ついでに修理を頼んでおいたのにやってくれませんでした。

前回の私の車検では、車検後すぐに故障が多発して収拾がつかない状態になり、2ヵ月間修理工場に車を預けて何度も何度も再修理(≧ω≦*)
その間ずっと代車での生活を強いられました。
修理費用は車検も含めて30万円もかかりました!!

維持費が安いのを期待して軽トラを新車で買ったのに、これでは、まるでマニアが乗るクラシックカーのようなレベルです!
実際に私もクラシックカーマニアなので、40年も前の日産スカイラインに10年間乗っていましたが、こんなにお金はかかりませんでした。
むしろ妻の軽自動車(新車で買った)のほうが費用がかかりました。(不祥事で先日家宅捜索が入ったメーカーです)

昔の国産車は頑固一徹の職人集団が責任を持って作っていたので、品質はとても良かったです。
本当は古いスカイラインに一生乗るつもりだったのですが、いかんせん昔の車。四輪駆動ではないので雪道は危険で走れず。お蔵入りとなりました。
古い車ですが燃費は良く、加速が良く走りは爽快でした。しかも滑らかで静かで高級感のある走りです。
室内はゆったり広く快適な乗り心地、トランクも広く荷物がたくさん積める。
それなのにボディサイズは小さくてコンパクト。すごい合理主義の車です。
ところが、その後モデルチェンジして、カッコ良さばかり優先で無駄だらけのダメな車になってしまいました。
またこれと同じ車を再生産して欲しいと思います。

昔レースで活躍(50連勝)ポルシェと互角の勝負をしたという武勇伝ばかりが有名な車ですが、実はファミリーカーで実用車だったのです。
雪の心配がない地方ならば、今でも乗っていたと思います。大切にすれば一生使えるほどの優れ物でした。
錆びにくい上質な鉄板で造られているので、50年近く経った今でも健在です。

しかし最近の日本車、どうかしてるぞ!
品質管理はどうなってるんだ!?
リコール隠し、法律で定められた検査をしてなかったとか、不祥事が多発してますよね。昔の栄華を知る世代には嘆かわしく寂しい思いです。
先進技術ハイテクとかそんな事よりも、ごく当たり前の基本的な事をしっかりやって欲しい。
機械物に当たり外れがあるのはわかりますが、ちょっとひどすぎます。今は国産車よりも外国車のほうが良いのかな?

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

車検はあっという間にやってきますね。
下回りの塗装は雪国ではやったほうがよいのですね。
ケチるとかえって節約にならないのかな。
車も古くなると部品交換が多くて高くつきます。
そうそう、ワイパーのゴムとウォッシャー液なんて自分でやっておけばよいのですよね。
レトロなスカイライン、かっこいいです♪
最近の車はデザインだけでなく性能もよくないのですか?
いろんな機能が付きすぎて故障しやすいのでしょうか。
投稿者: NEccoSun   18/06/15 21:34
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
最近の車はわかりません。
妻が乗っている新しい車はもちろん、私の軽トラも電気系統が複雑で電気に弱い私はサッパリです(~_~;)
これはプロの整備士でも同じで、電気系のトラブルは原因がわからず何度も再修理に出してもなかなか完治しません。
この1月から原因不明の電気系トラブルに悩まされています。
突然止まってしまいそうで怖いです。

さらに別のトラブルが発生!今実際に悩んでいます。
こんなに手をかけて綺麗にしたのに、昨日エンジンがかからなくなり、今朝もダメ (-_-;)
ところが数分後に突然かかりました!気まぐれです。
いったん止めてしまうと二度とかからなくなる!
そう思ってエンジンを止めないようにして修理工場に駆け込みました。
まだ原因は特定できていませんが、セルモーターの寿命ではないかと疑っています。

また修理代がン万円かかる(~_~;) エアコンも故障してしまって全然冷えないし、車検ではすり減ったブレーキも交換しないといけません。
全部直すと10万円ぐらいかかるかも?
プラス車検代・・・

そしたら貸してくれた代車が12年も前の古い車なのに快調で、すっかり気に入ってしまいました。
「コレ、売って下さい!」と言ってしまいました(汗)
お値段はまだ決まっていないので、計算しておくと言っていました。
とても複雑な心境です。

まあ、こうして苦労すればするほど、レトロなスカイラインが良かったと痛感します。
何と言っても故障が少ないのが一番ですよね。たとえ故障しても構造が単純なので原因はすぐわかります。
ただ、性能は悪いですよ。古い車ですから。
それに比べると新しい車は性能は良いですが、残念ながら原因不明の故障が多いような気がします。

あと、古くなった場合の消耗部品ですが、
昔の車に比べると早く寿命が来るような気がします。
儲けを出すために故意に寿命が短くなるように作っているのかな?なんて意地悪な想像をしたくなってしまいます。

下回りの塗装ですが、
私の軽トラは早くサビてしまいましたが、今借りている代車は一度も塗装してないのにサビていません。前オーナーは雪の多い飯綱町なのに、です。
メーカーが違うせいでしょうか。鉄板の錆止め処理を最初からしっかりやってあるようです。
実際に見て、サビてきたら塗装するのが良いのではないでしょうか。無駄にお金を使う必要はないと思います。
下回りのスチーム洗車は必要だと思いますが、塗装までは必要ないような気がします。
投稿者: ロッド   18/06/16 00:26
車検で・・・色々勝手にされることがあって・・・
お家はおにいちゃんがうるさいです。
さび止め、車検なんかで使われるのはロッドさんもおっしゃってるシャーシブラックですが、これはあまりいいのもではないので・・・ロッドさんもたぶん使われたものだと思うですがノックスドールを使って必要な時に自分でやってるです。
オイルもそうですが・・・
車検、めんどくさいですねぇ・・・
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
おにいちゃん、車には詳しいので私と同じような人種ですね^^¥
錆止めに優れたノックスドールですか!
かなりのマニアですね。私も買ったことがありますよ。

愛車のロバくん(英国のローバー)20年いや30年も前の車だと思うんですが、見事に維持されていて尊敬します!
そういう意味では外国車のほうが良いと思うんです。
国産車は儲け主義で、早く買い換えるようにできているような。
大切な部品も早く寿命が来るし、古い車の部品はもう廃版になってしまって入手できなかったり。
サービス悪くてとっても困ります。

この前、戸隠キャンプでお会いしたときには私の軽トラが故障してしまって置き去りになり、家まで送っていただき、翌日に修理工場が引き取りに来て、ご迷惑おかけしました (~_~;)
あんな事は、あってはならない事なんです。
最近の国産車、本当にどうかしてます!
しかも軽トラなんて実用車なんですから。

今またもや深刻なトラブルで困り果てています。
トンネルの入り口で止まりそうになって冷や汗かくし、
エンジンがかからないんですよ(≧ω≦*)
修理工場に預けっぱなしで、今は代車に乗っています。

今後も長年大切に乗ろうと思って、手間をかけて下回りの塗装をしたのに、無駄骨折りになるかと思うと悲しいです。
明日、車屋の社長に相談に行こうと思っています。
車がないと生活できないので、本当に困っています。

今の車が本当に直るのだろうか?
ダメならば次の車を探さないといけません。
信頼性を信じて高いお金を払って新車を買ったのに、中古車と同様いやそれ以上に故障が多いのでは・・・
こんなはずじゃなかった!
最初から中古車を買えば良かったと思っています。
投稿者: ロッド   18/06/18 00:18
車のことはさっぱりですが、とにかく故障は困りますね!
我が家の車も、フォードそしてプジョーと、中古車でしたが、どちらも大きな故障をすることなく、頑張ってくれました。
(フォードを手放したのは、オートマに買い替えるためでした。)
車体の下、見たことないですが、やっぱりサビますよね。
前の車の時、確かマフラー周辺の部品を、2度ほど交換した記憶が...
もちろん修理工場にお任せでしたけど。
自分でメンテナンスできればいいですね。
投稿者: pil   18/06/18 14:33
pil様
コメントありがとうございます。
前はフォードだったんですか。故障がなくて良かったですね。
これだけは当たり外れがありますから。
フォードは今は日本から撤退してしまいました。昔はマツダと提携して華やかな時代がありましたけど。
今フォードに乗っている人たちのアフターサービスはどうするんだろう?
当然どこか別の会社が引き継いでやっているんでしょうけど、車は日常生活の必需品でとても大切な物ですし、長く使う物ですから、そこのところが一番重要です。

昔々の事を知る年配の人は「最近の車は故障しなくなった。修理工場の仕事がなくなっちゃうんじゃないか?」
なんて言っていましたが、最近また事情が変わったようで、難しい車が増えてきて故障が多くて大繁盛!?のようです(苦笑)

長年大切に乗ろうと思って、せっかく手をかけて綺麗にした愛車ですが、故障多発で修理が追いつかないので手放すことに決めました。
今、車屋へ行って話をしてきたところです。
私なんかはもちろんのこと、専門家でも修理できなくて、もうお手上げです。
同車種でも他のは問題ないそうで、たまたま私のが「ハズレ」だったようです。機械物は複雑で当たり外れがあって、わかりません。
次の車、だいたい目星がつきました。運良くちょうど良いのがあったんです。
投稿者: ロッド   18/06/18 18:43
軽トラックは足回りが良いとお気に入りだったのに、さらにこんなに一生懸命に手入れされてたのに残念なことになりましたね。
家電製品などは当たりハズレががあると良く聞きますが、それよりずっと高い金額の車でハズレがあるというのはひどい話です。

去年の冬のロッドさんの記事で、解氷剤を使う地域では、車の下側のさび止めが必要だということを知りました。
コチラでは融雪剤などを使うことはまずありませんが、海に近い所だと、車や自転車、ベランダなど、塩害でサビてしまいます。
見た目だけではなく、車内部の機械にも影響するのでしょうか?

私の軽自動車も新車で買ってから10年になり、次の車検の前に買い替えようかという話になっています。
車がなくては生活できない場所ではないけれど、やはりもう車無しの生活は考えられません。
投稿者: woojyan   18/06/18 23:57
woojyan様
コメントありがとうございます。
この記事を書いた時点では予想していなかった展開になってしまいました。
昨日車屋へ行っていろいろと相談して来ました。

私は車が大好きで、修理工場に勤めていたこともあり、一般の人よりも知識と経験は豊富ですが、たかが軽トラと言えないくらい難しいことがわかりました。最近の車は不調の原因を特定するのが大変難しい。
今は安い車でもコンピュータ制御になっていて、電気系統が複雑です。その理由は省エネと環境問題への対応です。

経験豊かな車屋の社長(ビートたけし似)に聞いた話ですが、やはり当たり外れがあって、30年も前の軽トラでも悪い所はどこもなく快調に走り続けているのもあるそうで、驚きました。
そうかと思えば10年も乗らないうちにお払い箱になる車もあるそうです。
メーカーによる優劣も多少はあって、メーカーごとに違った弱点があるのも話してくれました。しかしそれ以上に個体差の品質バラツキがあるそうです。困った事ですね。つまり車はそのくらい複雑な機械なのです。

この前、田舎暮らしの事で相談を受けたとき、軽トラをお薦めしましたが、あれから考えが少し変わりました。
便利な軽自動車はたくさんあります。
背の高いワゴンタイプの車も良いと思います。
ただ、屋根がない軽トラだと鉢植えの木など立てたまま運べる利点があります。

新車で買って長く乗るのが一番経済的だ、というのが定説でしたが、今の私は考えが変わりました。
私の軽トラも、妻の軽乗用車も、新車で買ったのに故障が多く、とても大変でした。
新車でも当たり外れが大きいので、中古車でも良いと思います。むしろ安い中古車のほうが良いです。ダメで元々ですから。
意外とそういう車には掘り出し物があります。なぜならば調子が良いから長年快調に走り続けたわけで、そういう車は古くなっても故障しません。中古車の場合、走行距離は長いほうが信頼性が高いかもしれません。
私が今まで買った車で一番良かったのは、15万円で買った日産レパードです。10年落ちで走行84000キロ。ボディはキズだらけでデコボコ、内装もコーヒーをこぼしたようなシミがあり最悪。
ところがとても快調で燃費も良く、素晴らしい実用車で、その後10年乗りました。高速道路ではまるで新幹線のような快適さ^^¥ 故障はまったくありませんでした。
まだまだ乗れたのですが、人に譲ってしまいました。
車の寿命は個体差が大きいので、調子の良い車は手放さないほうが良いと思います。次に買う車が良い車とは限りませんから。

あと、下回りのサビですが、海に近い土地も要注意ですね。
下回りには走るときに大切な役割をする部品が多いので、年に1回ぐらいは下回りをスチーム洗車して塩分や泥を綺麗に落としてやりたいものです。
投稿者: ロッド   18/06/19 02:25


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません