19/07/12 01:42

日産ブルーバード

希少なレトロカー!
昭和45年頃の日産ブルーバードです。
この家に前からあったんですが、最近1年以上もの間見かけないので手放してしまったんだろうと思っていました。
そしたら色が変わってピカピカになって戻って来ました!
この赤は真っ赤ではなくて渋い色で良いですね。
とてもオシャレに見えます。
街を走っているとみんな振り返って見るでしょうね。
ブルーバードなんだから青系にしても良かったかな、と思うんですが。
塗装にはかなり高額の費用がかかったはずです。

前はこんな色でした。
緑がかったクリーム色、この色もとても良かったです。

よく見るとホイールも変わりました。
前はスピードスターでしたが、今度はハヤシストリート。
どちらもレトロカーの定番アイテムです。
今はなかなか入手できないと思います。
バネを改造してローダウン(車高を低く)されています。
これはカッコ良いですが、乗り心地は悪くなってしまいます。
凸凹の道路は走れません。
サーキット仕様のレース用ということです。

最近の車はゴテゴテとした曲線美(?)
なので昔の直線的なデザインの車はスッキリした感じで新鮮です。
このブルーバードは当時「スーパーソニックボディ」と呼ばれました。
「スーパー」というのは当時の流行語だったのかな?
スーパーマーケットが登場したのも同じ頃でした。

SSSというのは「スーパースポーツセダン」の略です。
大げさな面白い言葉で夢がありますね。
あの頃の庶民には車は憧れでした。
見た目は普通の4ドアの乗用車ですが、ポルシェなどのスポーツカーに負けないぐらいの走行性能だということなんですよ。
空気抵抗はかなり多いでしょうけどね(笑)
実際に昭和40年代にはブルーバードは海外のラリーに出場して大活躍しました。
今はブルーバードという名称の車がなくなってしまって寂しいですね。

こちらは私の家にあるスカイライン、やはり昭和45年頃の日産車です。
前ドアに古めかしい三角窓があります。(ブルーバードはこの時代初めて三角窓がない先進的な車でした)
2年かけて苦労して自分で塗装しました。
以来20年たちますが、ご覧のとおりピカピカです。
でもエンジンがかからずタイヤも回らず、残念ながら走れる状態ではありません。
機械は使わずに放置すると劣化してしまいます。

当時の日産はプリンス自動車を吸収合併した後でした。
ブルーバードは日産系、スカイラインはプリンス系でした。
似たような車ですが、ブルーバードが小型でキビキビ走るのに対し、スカイラインは小回りがきかず高速道路で真価を発揮するタイプでした。
スカイラインはエンジンが大きいので、前が長いです。
ブルーバードがSSSなのに対し、スカイラインはGTでした。
これはグランドツーリングの略です。
SSSもGTも高価な上級グレードに冠せられる称号でした。

こんな古い車が現存しているのは、当時は上質な鉄板を採用していたから錆びにくいのです。
ところが少し新しい昭和50年代の車はコストダウンのためか鉄板が弱く、ボロボロに錆びてしまって、ほとんど現存していません。

最近はこういった形の4ドアセダンは珍しくなってしまいました。
タクシーにはまだ残っていますけどね。
当時と同じ形にして、中身だけを最新技術の省エネ・低公害にして売り出したらヒット商品になると思いますけど。

梅雨寒で薪ストーブが稼働しました。
部屋干しの洗濯物を乾かしました。
除湿機を使うと電気代が高いし、これなら空気が乾燥するし上でお湯を沸かして一石二鳥です。いや、ゴミも燃やして片付くので一石三鳥。
薪は無尽蔵にあるので、なんといっても燃料費がタダ。

待望のホタルブクロが咲きました。
何年も前から何回も植えたのに絶えてしまって、諦めた頃にやっとです。
NEccoSunさんの家には自然に生えてきたそうで、羨ましいです。
後ろの大きな桜の木はサクラちゃんのお墓です。
この下に埋葬しました。

サクラちゃんが咲かせてくれたのかもしれません。
何年たっても忘れられませんね。

右上にUPした花はアザミと野バラです。
花は清楚で魅力的ですが、トゲが痛くて森を歩くときは要注意です。

このプラケースの上が最近お気に入りです。
中には薪が入っています。
女の子なのでピンクの蝶ネクタイがお似合いです。
元々ピンクはサクラちゃん、ブルーはトラちゃんでしたが、
今はその日の気分で使い分けています。

お手入れに余念がありません。
食欲旺盛、お腹のタプタプは健在です(笑)

夏のセミが出て来ました。
エゾゼミです。ここにはアブラゼミとかミンミンゼミはほとんどいません。関西に多いクマゼミはもちろんいません。
そういえばいつの間にか、あんなに賑やかだったハルゼミの声が聞こえなくなってしまいました。
エゾゼミ?図鑑を見て確認したら少し違うような・・・若い頃は緑色なのでエゾゼミかもしれませんが、体がやや小さかったのでヒグラシかもしれません。
だとすれば嬉しいです。夕方にカナカナカナ♪と鳴くセミです。

シジュウカラの子育ての頃、ネズミかリスのような動物が木の幹を登っていたので心配しましたが、よく見たら鳥でした。
キツツキの一種でコゲラです。
コゲラはスズメぐらいの大きさの可愛いキツツキです。
小さいくせに、いっちょまえにコツコツと木を突きます。
この写真はキハダの木で虫を食べているところです。

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

うわぁ〜、懐かしい車ですね!
私はF1などのカーレースが好きなのですが(インディの佐藤琢磨ファン)旧車のイベントでサーキットへ行ったこともあるんです。
旧車を修理する友人も小田原にいるんですよ。
40年代って、パーツも良い物で劣化しにくいのですね!詳しくない私なので知らなかったです〜。
それにしても綺麗なブルーバードにスカイライン、貴重なお車を拝見できて嬉しいです。
ロッドさん、家宝ですね(^^)

サクラちゃんのお墓にホタルブクロ
可愛いところが一緒ですね!
サクラちゃんが咲かせたに違いないと思います。

トラちゃん、食欲があって何より!
おばちゃん、お腹は見なかったことにするあらね〜
ピンクの蝶ネクタイ似合ってるよーん!
投稿者: まりん   19/07/12 22:19
まりん様
嬉しいコメントです!ありがとうございます。
旧車に興味があるとはまったく意外でした。
旧車って、どうしてこんなに魅力があるんでしょうね。
これ、復刻版新型車として発売できないものなんでしょうか?

サーキットへ行ったんですか!
羨ましい。私は一度も行ったことないんですよ。

去年うちへアメリカ人が訪ねて来て、
スカイラインの大ファンだと言うんです。
「これはまさに芸術!」とか言ってました。
日本人の奥様が通訳してくれました。近所に住んでいて比較的新しいスカイラインGTRに乗っています。
で、そのルーツであるこの旧車のスカイラインが欲しいというのです。
「売ってくれないか?」
と言われましたが、困ってしまいました。
手放したらもう二度と入手できませんからね。
この車は輸出されていなかったのに、海外のマニアに人気があるんだと知って驚きました。

もうじきお盆。
サクラちゃんが咲かせてくれたのでしょう。
清楚なホタルブクロはお墓にお供えするのに似合う花ですね。
今日はメカジキを買って来て煮魚にしたんですが、トラちゃんがすごく反応して、食欲の鬼になって爪を立てて襲って来ました (@_@;)
味付けしてしまったので、腎臓に良くないので少しだけ食べさせましたが、猛烈に喜びました。
今度また買って来て、トラちゃんのために味付けなしで煮てあげようと思います。
サクラちゃんは、お鼻が綺麗なピンクだったのでサクラという名前にしたんですよ。真っ白い毛並みも桜のイメージでした。
だからピンクの蝶ネクタイが似合ったんです。
トラちゃんには似合わないかな、と思ったんですが一応女の子なので使っています。
似合うと言っていただいて嬉しいです (*^o^*)/
投稿者: ロッド   19/07/13 01:32
車のことはよくわかりませんが「ブルーバード、お前の時代だ」こんなコマーシャルがあったなと、ふと思い出しました。
変なことが、記憶に残っているものです(*´艸`*)
サクラちゃんの咲かせてくれたホタルブクロ。
そう思うと、より一層愛おしく見えますね(*´▽`*)
トラちゃんのお腹のタプタプに、親近感。(笑)
同じタプタプでも、トラちゃんの場合はチャームポイントなんだから、得ですよね〜。
投稿者: pil   19/07/13 06:08
pil様
コメントありがとうございます。
そのCM思い出しました。
沢田研二ですね。
あの頃のブルーバードはすでに魅力半減でした。全然印象に残っていません。
スカイラインは今でも残っていますが、全然存在感のない車になってしまいました。
ブルーバードっていう名前は魅力的だったんですが、消滅してしまって残念です。
お客はワガママで、こうやっていろいろ難クセつけるので、自動車メーカーの人たちの苦労は大変だと思います。

この場所には2−3年前にホタルブクロを植えたと思うんですが、もう忘れていました。
今後はたぶん毎年咲くと思います。楽しみが増えました。
サクラちゃん、ありがとう。

お腹のタプタプは猫のチャームポイントなんですよね。
人間の場合は?
女性の場合は同性から見るとどうか知りませんが、男性から見るとふくよかなほうが魅力的です。
若い頃はアスリートだったので、厳しく管理して気にしていましたが、最近は気にしなくなりました。
投稿者: ロッド   19/07/13 10:08
プラモデルかと思いました!
私も断然昔の車のデザインが好きです。
最近の車はゴテゴテしてスマートではないですね。
そういうデザインが流行りなんでしょうがそろそろスッキリした車が流行るような気がします。

サクラちゃんのホタルブクロ、きれいですね♪
うちの庭は勝手に生えてきたものがたくさんあります。
今はネジバナがたくさん!
庭というよりほとんど野原かな(^^;

梅雨時は蒸し暑かったり肌寒かったり色々です。
体調を崩されませんように。
投稿者: NEccoSun   19/07/13 21:00
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
プラモデル!
その表現当たってます。まさにそんな感じ。
カーデザイナーって憧れの職業です。
何十枚もスケッチして、最終的には実物大の模型を作るんです。
それを少しずつ修正して「ああでもない、こうでもない」と・・・

NEccoSunさんの車もスッキリした直線的な箱型ですよね。
でも、もう古いので次に買うとしたら?
何を選ぶか?悩んでしまいますよね。

だいたい、ゴテゴテした曲線美の車は合理的ではありません。
ちょっとぶつけて凹んだ場合にも、修理に手間がかかって金額が高いです。
直線的な箱型ボディのほうが室内の広さを確保するにも有利。

かと言ってあまりにも直線的なデザインは良くないです。
実際に昭和55年頃の日産車がそうでした。
真四角で「菓子箱が走ってるようだ」とバカにされました(笑)
このブルーバードは直線と、ほどよい曲線でよくバランスがとれていると思います。

ホタルブクロは大好きなので、嬉しいです。
NEccoSunさんの所にはいろんな物が自然に生えてきて良いですね!
自然に生えてきたアスパラも見事な収穫です。
ネジバナも栽培するとなると難しいです。芝生などに生えるので、周囲の環境に依存しているのだと思います。
つまりイネ科の雑草があるほうが良いみたいなんですよ。

今年の梅雨は雨が多くジメジメして嫌ですね。
その後は薪ストーブではなく除湿機が稼働しています。とても快適でトラちゃんもご満悦ですが、電気代が心配です。
投稿者: ロッド   19/07/14 04:35
ドアミラーに歴史を感じますね〜。
ウチには車が無かったので詳しくありませんが^^;

関東も梅雨寒で、野菜の日照不足が心配です。
薪ストーブはいいですね^^

昨日ヤマユリと蓮を見てきましたが、
季節のお花はやっぱりいいですね〜。
投稿者: しーな   19/07/14 16:07
しーな様
コメントありがとうございます。
うちにも車がなかったんですよ。
父は免許を持っていませんでした。
私も子供の頃は車には興味がなかったんです。
これと同じブルーバードは叔父さんが乗っていました。
これと同じスカイラインは2軒隣の家にありました。
小学生の頃です。

ドアミラーですが、この当時の車はドアミラーが許可されずデンデンムシのような(笑)フェンダーミラーだったんですよ。
この車のオーナーはセンスの良いドアミラーを見つけてきたもんだと思います。

薪ストーブは空気が乾燥するから良いです。
石油ストーブでも乾燥はしますが、石油を燃やすと二酸化炭素と水になるので、水蒸気も出てしまうんです。
今年の梅雨寒は困ったもんですね。こちらも関東と同じです。
野菜は高騰するかもしれません。

ヤマユリは豪華で素晴らしい花だと思います。
ユリの王者の風格ですね。
うちにもあるんですよ。今蕾が大きくなってきたところです。
元々この地域にはなかったんですが、北関東方面から進出してきたんです。
次回は季節の花特集の予定ですので、ご期待ください (^_^)/
投稿者: ロッド   19/07/14 19:27
こんばんわ〜
いつもコメントありがとうございます。
ホタルブクロが咲いたのですね。素朴な色合いでかわいいですよね。
以前我が家にもあったのですが、なぜか消えてしまいました。

ストーブが登場したのですね。
こちらも
ここのところ寒いくらいです〜
外では長袖を着ないと風邪ひきそうです〜
結局今日も一日雨でした。
投稿者: misako   19/07/14 20:08
misako様
コメントありがとうございます。
掲示板のほうは閑古鳥状態ですが、kingyoさんは目の調子が悪いとのことです。
パソコンを見ないようにしているそうです。
スマホならちょっと見る程度だそうで、Facebookでは「イイネ」しています。
時代が変わったようで、皆さんFacebookなどなど新しいSNSのほうに流れて行ってしまいます。

ホタルブクロは雑草のような物なので簡単かと思いきや、何度も植えたのに成功しませんでした。
でも、これでもう大丈夫。来年も咲いてくれると思います。
今日は近所を散歩していたら白い花もありましたよ。
他にもいろんな珍しい花や、まだ初夏なのに赤い実もありました。
次回は「高原の花」特集の予定ですので、ご期待ください。

石油はあまり使いたくないのですが、薪は面倒なのでいつも敬遠しています。
でも薪ストーブが一番合理的なんですよね。
今も外は雨、雨です。本当に憂鬱です。
投稿者: ロッド   19/07/14 21:29
味のある車さんかっちょいいですよぉ!

サクラちゃんのホタルブクロさんかわいい色合いですねぇ!
お家の方もホタルブクロ見かける季節になってきたです。
何か涼しげに感じるですねぇ。
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
そちらの愛車「ロバくん(ローバー)」のほうが合理主義の車ですね。
フロントガラスが平面なのには驚きました。
実用一点張りで質実剛健なのが良いです。

ホタルブクロは大好きな花です。
天気が悪くて良い写真が撮れませんでした。
昨日は散歩に出かけたら白いのも見つけました。
あちこちにいっぱい咲いていました。
投稿者: ロッド   19/07/15 23:45
車のことはよく分かりませんが、亡き父が若かりし頃、家電製品や車は近所の人よりも一足早く先に買うのが好きだったそうで(笑)、車も近所の中ではほぼ一番乗りに買ったとか。
私が覚えてるのは昭和40年代半ば以降ですが、どの車種だったのか…(汗)。でもこういう形だったのだけは覚えてます(^^;
こっちだと、メルセデスのものすごく古いやつに乗ってる人が時々いますが、人気みたいです。うちの地下の駐車場でも見かけます。
セミ、懐かしいなあ、こっちにはいないから。
実家地方ではカナカナカナ…はあまり聞かなかったような。アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホーシの三つはよく覚えてます。
コゲラ、そんなに小さいんですね。
そういえば一時期しょっちゅううち周辺にきてたアオゲラが最近は全く姿を見せません。子育てが終わったのかな…。
投稿者: alpenkatze   19/07/16 04:33
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
昔はこういうタイプの車が普通でしたが、今は逆に珍しくなってしまいました。
メルセデスは保守的なので、今でもこういうタイプ(セダン)を多く作っていますね。
頑丈で耐久性に優れているので、古くなっても人気があるようです。

ドイツにはセミがいない!?
不思議です。寒冷地だから?北海道にもセミがいますよね。
今朝またセミが生まれていました。でも鳴き声はまだ聞こえません。
ツクツクホウシやヒグラシの声は良いですね♪

コゲラは結構たくさんいますよ。
高原だけじゃなくて平地や市街地にもいます。
アオゲラのように派手な声は出さず「ギイー」という地味な小さな声です。
小さな体でコツコツコツと忙しく木をつついています。

鳥は子育てを終えると移動して行ってしまうようですね。
投稿者: ロッド   19/07/16 09:50


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません