17/02/19 22:34

ズクなし雪掘り

日曜日は寝てよー日。

のんびり起きてみればいい天気。といってスキーに行くわけでもなく、家の周りの除雪。

先日除雪中に大型除雪機が壊れ、そのリベンジ。

本当は今日は青梅マラソンにエントリーしてあった。しかし、練習不足、体重増などで30kmを完走できる可能性は皆無、わざわざ金と時間を使って青梅まで行く価値はなかった。

それでも奈良や京都のように観光半分であれば参加するのだが、青梅マラソンは自分にとって相性のいいレース。そこそこのタイムで走れた自分の記録を大事にしたかった。

 

さてここはわが家の下にある別荘。

管理を言いつけられているわけではないが、雪に埋もれていれば放っとくわけにもいかない。

そのつもりで秋のうちに別荘の裏側にユンボを置いておいた。


裏側はすぐ屋根がつかえてしまう別荘。

 


裏側の一段高いところにあるわが家の畑に置いたユンボで屋根につかえた雪を掘る。

 


作業終わり!

 

今度はわが家のメインの畑。

秋に白菜を収穫せず雪中にしておいたのを掘り出そうという作戦。

行ってみてびっくり!目安にたてておいた棒が見えなくなっている。

 

やむなく概ねのあたりをつけて掘ってみる。

 

少し掘ってみると雪の柔らかい部分があり、スコップでつつくと地面についた。

その深さ、ほぼ背丈!

挫けた。。。

ここを掘ってみたからといってここから白菜が発掘される保証はない。

この畑、こんなに雪深かったのか・・・

来年はちょっと場所を考えよう。

1269140

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/18 23:53

岩戸山へ:小谷スノーシュークラブ

岩戸山。

小谷村と白馬村の境界にある標高1356mの里山である。

標高は低いがどこからでも見えるこの山、わが家からも正面に見える。一度は行ってみたいと思っていた。

そこへ今回小谷スノーシュークラブで岩戸山へ行くとの放送を聞き、天気が不安であったが申し込んでみた。

 


当日朝、わが家から見た岩戸山(左の雲のかかった山)。

昨日の雨よりはましな天気だが、上の方に雲がかかっている。

目的はてっぺんからの眺望なのでちょっと気が引く。

 


集合場所の小谷村役場から。やっぱり雲がかかっている。

総勢21名、乗り合わせて出発。登山口は白馬村青鬼(あおに)地区である。

 


かやぶき屋根が何軒もたたずむ青鬼地区。

景観で近年脚光をあびたが、そのアクセスの悪さと厳しい自然環境で年々空き家が増えている。

 


スタートはここから。

 


小谷スノーシュークラブのリーダー、沢渡さん。

夏も冬も精力的に里山を歩き、その資源を紹介するバイティリティ溢れる方である。

 


参加者の足元はそれぞれ。雪が締まっているので爪カンジキを使う人も何人かいた。

 


本日最高齢、なんと86歳!ことに田舎料理の腕前は地域に名を知られた名物ばあちゃんである。

まさかこちらの世界にも足を入れてるとは知らなかった。

 

さて出発。9時ジャスト。


雪はよく締まっていてツボ足でもいいかと感じるくらい。

 


ばあちゃんの足、速い速い!常にトップグループにいた。

 

 

急登をややトラバース気味に登る。

スノーシューのトラバースはちょっと辛いが、直登はきつい斜度。

 


頂上手前のコルにて。

 

頂上までもう少し。


12時、頂上到着!

ここで昼食。

 


杖代わりにコッパ(木のスコップ)を持ってきた人が穴を掘って腰掛を作っている。

 


サブリーダーさんがコーヒーを入れてくれた。

なかなか本格的(^^♪

 


折よく青空が広がってきれい!

誰の行いがよかったのか。

 

食事が終わったころリーダーが紙を配った。

みんなで歌を歌うのだと。

そんなつもりではなかったが、ハーモニカを持ってきたので伴奏代わりに吹いてみた。

信濃の国とふるさと。

子どものころは得意だったハーモニカ、全然吹いてないのでうまく吹けない。迷惑だったかも(^^;)

 


木々の間から見えるのは栂池から白馬乗鞍、国道までずっと見える。

でも北側は木が多く、残念ながらわが家方面は見えなかった。

 


これは岩岳、八方から神城方面。

 


爪カンジキ、珍しいのを見せてもらった。

アルミスコップの壊れたのを加工して自分で作ったそうである。これは具合よさそう。

 

帰りは楽〜〜〜〜♪

ついついマイペースで飛ばして下ってきてしまった。

初めての岩戸山、おもしろかった。

でも団体行動が苦手な自分、スノーシュークラブではもうないかもしれない。

ありがとうございました!

1268622

 

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/07 22:31

松本名所巡り?

吹雪の小谷を逃れて義父の病院検査のため松本へ。なんでこんなに天気が違うんじゃ!

時間があったので久しぶりに雪のない市内でランニング。

雪の上を走っていると、雪がなければ楽に走れるのに・・・なんて思うんだけど、実際雪のないところへ来てもちっとも楽じゃあない。

まあ、せめて普段あまり行かない名所でも行ってみるか、あまり知らないけど。

 


松本城!これはさすがに定番。

 


旧開智小学校。お城のすぐそばだけどたぶん実物見たのは初めて。

すぐ横に現代の開智小学校がある。

 


そのまたそばに松本市中央図書館。このでかい建物全部図書?

今度は高いところへ上ってみる。

 


放光寺。名所かどうかは知らないが・・・

この寺に県宝の十一面観音立像というものがある、と書かれた立て札があった。

 


その上に長い階段があった。これは駆け上がるってもんでしょ。

行ってみたら秋葉神社。火防の神様である。

丁寧に二拝二拍一拝の礼をして城山公園へ。

 


10mほどの展望台があった。

登ってみる。

怖え!この高さ強烈!東京タワーやスカイツリーよりも恐怖を感じるのはなぜ?

上からは松本の市街地から四方の山までがよく見える。

 


晴れていればここに北アルプスがばーんと!見えるんだろな。

ということでちんたらランは終わり。

 


銭湯で汗を流す。ここは初めてだけどいい湯だ!

でも石鹸やシャンプーはよくありがちなダメな業務用。自前を持ってきてよかった。

 


この銭湯で打ったそばだというので食べてみた。

まずいわけではない、いい出来だが小谷のそばの味には遠く及ばない。

 

さて医者へ行ってた別動隊が意外と早く終わり、そちらも昼飯。


せっかくだからお相伴♪

ソースカツ丼うまかった!

自分の底なしの胃袋が怖い。明日体重計るのがコワイ。。。

1263752

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/06 21:45

中谷火祭り

2月最初の土曜日は世界中見渡せる快晴。

さてさて・・・


道路からブルが押した雪がだいぶ上がってきた。

 

家から真正面に見える八方尾根、黒菱ゲレンデを写してみた。

こんな日にスキーにも行かずになにコタツの番してんだか。

 

陽が傾いてきたころ、ようやく重い腰を上げて走りに。

 

行先はサンテイン小谷から中谷方面。距離は10km以上、走ってみた調子如何。

中谷の交流施設やまつばきでは今夜の火祭りの準備をしていた。


会場には色とりどりの繭玉が立てられている。きれい!

 


すでに準備を終えたごちそう、ここでマレットゴルフをしていた人たちが一足先にお相伴してた。

 

お相伴にあずかりたかったが、走ってる途中では食うわけにも飲むわけにもいかない。

 


これはでかい!大きさ比較のためにそこにいたスギさんにちょっと立ってもらった。

 


今や中谷になくてはならないお姉さま方。お一人は集落支援員のSさん。それとCafe13月のEさん。

わが中土を盛り上げていただいてありがとうございます!

 

あたりは次第に暗くなってくるが、まだ点火には1時間余り。

 

会場入り口付近にはウェルカムキャンドルをセットする人たちもいた。

帰らないと日が暮れてしまう。

火祭りを見られなくて残念だけれど、きっと今夜は最高の祭りだ!

1263362

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/05 22:25

冬の里山歩き

夏では考えられない、時間の空いた日曜日。

今度ヒマができたら・・・なんて考えていたこともいくつかあったが、いざ時間が空いてみてもそんなズクは出ない。

 

ふと山を見て、あ、立山登ってみるか!

曇り空で少し緩んでいるけれど、まあいいや。

スノーシューを持ち出した。


立山は西と東とのいわゆる双耳峰であるが、ピークは西側の矢印のあたり。938m。

ちなみにわが家は730m。

 


冬山らしい幾多の動物たちの足跡が野山にアートを描く。

 


あれ、意外と二本足の足跡も。こんなとこ歩く人いるんだ。

 


平均斜度30〜40度?と思われる急斜面を登る。まだ全総雪崩の危険はなさそうだ。

天気は緩んでいるが意外とパウダースノー。しかもがぶらない(沈まない)。ところにより表面が凍ってカチカチだったりする。


急登を振り返って見る。

スノーシューってスグレモノ♪ 急斜面でも深雪でも足が前に出る。

 


途中、振り返ればわが家がよく見える。家からも見えるんだから当たり前か。

 


雪庇が見えた。尾根だ。

木が多いので雪崩の心配は全くしてない。

 


稜線到着。向こうに見えるのは東側のピーク。

 

ここから直接ピークを狙うのは急すぎるので車道を行く。急がばまわれ。

車道は今登ってきたのとは反対側にある。


ピークが見えた!

 

到着!


頂上にはいくつもアンテナが立っている。これはNHKのアンテナ。

立山は小谷村の中央に位置し、低山とはいえ独立峰なので電波が設置しやすいのだろう。

ただ低山だけに木々が多く、せっかくの位置取りではありながら景観は望めない。

 

さあ帰るか。

登りは1時間余りかかったけど下りは30分もかからず帰れるだろう。帰って別府大分マラソンを見たい。

 

 


ちょっと近道。落ちてしまった。

 

帰りは快適に尻ぞり(ケツゾリ)。シュプールはおれのケツの幅。

そして12時ちょうど、帰宅。おもしろかった。

 

1263040

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]