11/02/23 00:08

ベルギー人が?

数年前のことですが・・・

休日の午後、家への帰り道、わが家の下で何やら人が集まってがやがやしていました。

何かな?と思って軽トラを停めてみると、外人が数人でスキーをしている様子。

わが家の下は30年以上前に大規模な地辷りがあり、そのときに地肌が削られてできた大きな斜面に雪崩防止の柵がいくつも取り付けられています。

それが手頃なミニジャンプ台の連続であり、彼らの目をひいたようです。

どうやってこんな山奥の場所めっけたんだか

私自身もここでスキー乗って跳んだらおもしろいだろうな、思うことはあっても怪我が恐くてやる気にはなれませんでした。

何度かスキーで下ったことはありますが、柵は避けて通っていました。

 

欧米人は陽気ですね。クルマを停めるとすぐにハーイ!と言って微笑みかけてきました。

滑る人が数人と、大きなカメラで写す人がいました。

ちょっと話してみて、どうやら英語圏ではない様子。

どうやって尋ねたのか記憶がありませんが、彼らの話によると白馬に滞在していること、映画を撮りに来たこと、ベルギー人であること、と私は理解しました。

 

クルマでわが家の方に上っていく彼らの後をついて私も家路をたどります。

わが家のそばからボードをはいた人が順に滑っていきました。イヤッホー!?と奇声を発しながら。

 

そろそろ日も落ちようとしていました。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=20801

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません