11/02/25 23:11

ダイエットの記憶

しまった〜〜!!

自分でキリ番を踏んでしまった!

 

しばらく雪解けが激しかったけど、今夜は雪です。

 

2005年、年が明けて自分の体重はいよいよ増加激しく、食欲はそれに比例していや増すばかり。

過去何度も試みたダイエット。何を試しても有効だったものはなく、30年間に毎年500gずつ増えた体重はまさに“水を飲んでも太る”カラダを作り出していました。

このまま放っておけば、この身長で80kgを記録するのは時間の問題・・・

 

そこでかあちゃんが提案したのが、マイクロダイエット(宣伝ではありません)。

3度の食事の1食〜2食をこのマイクロダイエットに置き換える、というものです。

栄養条件はOKと感じましたが、ただし!絶対条件はそれ以上食べない!ということ。

意志を強く持つ!と約し、非常に高価ではありましたが始めてみました。

 

方法は、朝はしっかり食事をとる。夜は家族で食事をするのに1人だけスープ飲んでるのもつらいものがある、ということで昼食をこれに置き換えました。

しかし、広がりきった胃袋がスープ1杯で満足できるとは思えず、キャベツの千切りを併用しました。

すなわち、朝は通常の和食。

昼はマイクロダイエットのスープ&キャベツの千切り。

夜はカロリーを抑えた食事。

そしてここが勘所、間食をしない!

 

最初はやっぱりつらかったですね。

特に間食。甘党の私はお茶菓子などに手を出さないでいるのは結構ホネが折れました。

当然、職場ではわからないはずもなく、堂々とダイエットだ、と公開していました。

 

最初の1ヵ月、変化らしい変化はありません。以前はこの程度であきらめていたと思います。

当初、最高体重75kg。体脂肪率26%くらいだったと思います。

夜、やっぱり腹が減るのがつらく、見かねたかあちゃんはダシだけで煮たこんにゃくとか、カロリーの低い夜食を考えて作ってくれました。

 

2ヵ月目にはいるとだんだん成果が出てきます。

やがて70kg以下になると、ようし、第1段階クリア!と張り合いが出てきました。

それ以後はおもしろいように体重は落ちていき、春先には65kgを割り、体の軽さを実感できるようになると空腹が快感とも感じられるようになります。

ただ週末は飲み会やくつろぎタイムが多く、必然的に週末に向かって下がり、週末にちょっと上がる、という現象は仕方なかったですね。

 

4ヵ月、30年前の体重、体型に戻りました。感動です!

最大減少幅16kgくらい。体脂肪率も14%まで落ちていました。

朝目が覚めて、腹がペタッと背中にへばりつき、肋骨が浮き出ているのに快感を覚えました。

►若い頃の服が着られるようになりました(あったんか??)

►翌年から人間ドックがA判定になりました(以前はいつもD〜E判定)

►背骨がむき出しになり、寝転がると痛いです

►以前はドテッとしていたのが、軽くなってズクが出るようになりました。

 

そうするとだんだん欲がでてきて、昔のように走れるかな…20代前半に駅伝小谷チームに属していたんです。

練習不足の故障は知っていたので、最初は舗装道路を避け、中学のグランドの隅をトコトコと走らせてもらいました。

 

ということでランニングのはじまりはじまりぃ〜

また後日に

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=20833

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません