11/06/18 23:50

久比岐自転車道

昨日夕方から久比岐自転車道を走らせてもらった。

年に数回ここを走ってみる。

 

こちらのブログにコースを詳しく紹介してあった。

http://d.hatena.ne.jp/arakanDI/20110608/1307533871

 

私にとってのこのコースのメリットは・・・・

アップダウンが少ないこと、信号機が少ないこと、交通事故の心配があまりないこと、国道沿いなので熊がでないこと、時間が合えば海に沈む夕日を見ながら走れること、海抜0mなので呼吸が楽なこと、等々。

それと冬も雪が少ないこと。

ただ、冬の北陸は荒れてることが多い。

 

糸魚川押上から上越まで続くこの道は旧北陸線跡。

片道33kmのコースは距離はとり放題であるが、私はまだ糸魚川からマリンドリーム能生往復の片道約10kmしか走っていない。

7時半、すでに日が落ちてからのランニング開始。

 

海を見ていると、海が遠くからせり上がってきたらどうしよう、とも感じる。

それはつい3ヶ月前東北にあった事実。

 

マリンドリーム能生往復のつもりだったが、途中で電話が入ったら心が折れてしまい(なんでも他人のせいにする♪)、能生市街地で折り返し。

 

帰り道、お年寄りがコースにいた。

走ってくる私をじっと見ていたが、にっこりと「はい、こんばんわ」

私も穏やかな声で「こんばんわ」と返す。

 

それだけのことだが、後ろに暖かい視線を感じながらその後はゴールまでハイペースを持続できた。

何がきっかけで元気が出るか、わからないものである。

 

考えてみれば、精神的に元気をもらえば走れるってことは、体力的にはまだまだ余裕があるってことかな?

すなわち、自分の走りを阻害するものは自分のココロ?かな。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=22406

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません