11/09/11 02:37

土谷宵祭り

今夜は年に1回の土谷諏訪神社宵祭り。

ほぼ1日かけて準備をし、夜はお宮が大フィーバー!

いつもなら夕焼けでも夜7時になれば雨が降り出す雨祭りだが、今年は珍しくいい天気。

 

浦安の舞を演ずる美少女二人。

 

獅子舞。

獅子舞は奉納式典の一部としてどこのお宮でもやるが、それぞれに趣向が違う。これもまたおもしろい。

 

特設売店もこの盛り上がり。

毎年中谷の若い衆が応援に来てテキヤ稼業に精を出す。

子供たちはヨーヨーとおもちゃに集中。

 

さてステージでは!

今年の演目は「信州小谷太鼓」。そして伊那より「田楽座」一行がきて舞台を彩る。

両方とも主体は太鼓。

しかしそれなりに聴き応え、見ごたえがあり楽しめる。

 

小谷太鼓の若きホープ、Sakiちゃん。

男子顔負けの力強さとリズム感に溢れた演奏に会場の目は釘付け。

 

田楽座。

彼らはプロ集団。太鼓だけでなく民謡、寸劇、何でもこなす。

 

あ、さて!さて!さてさてさてさて、っさても南京玉すだれ!

 

 

太鼓の乱舞。

小谷太鼓も上手だが、違いは表情。

プロはプロ。全員が表情ひとつに「お客様」を楽しませようという気持ちが表れている。

 

田楽座の皆さん。

彼らは伊那であり、生活圏は中京も近い。

娘が名古屋の大学時代に同じようなことをしているサークルに入っていたので、ちょっときいてみた。

そうしたらなんと!学生時代の同期同サークルがいた!

「娘さんのお名前は?」ときかれ、答えると

「同期です!一緒にやってました!」

意外なところで意外なつながりを発見するとうれしいものだ。

田楽座の皆さん、そして小谷太鼓の皆さん、ありがとう!!

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=23503

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません