11/10/23 22:18

エーデルワイスカペレ

軽井沢ハーフマラソンに行かれなかった今日、ちょっと得した気分。

 

あずみの公園のイベントに小谷村として参加してきた。

そこで見たのがこれ。

Edelweisskapelle

アルプス民族音楽楽団「エーデルワイスカペレ」

 

会場にブラスの音が響いたとたんに体は無意識にそっちを向き、あとは仕事を放り出してステージに釘付け。

トランペット、クラリネット、アコーディオン、バス、トロンボーンのクインテット。

私の大好きなヨーデルやポルカが次から次へと演奏される。体が踊りだしそう♪

 

みんながいくつかの楽器やボーカルをこなす。

アルプホルンはお客さんのテーブルの上に載せての3重奏+伴奏。

お客さんは珍しそうに内側を覗いたり、直接の音を楽しんだり。

そんなことができる機会はまずあるまい。

 

クーグロッケン、つまりカウベル。

もともと楽器ではないものを音程のあうものを揃え、楽器として演奏するのは大変だとの説明があった。

聴いてびっくり!見てびっくり!

一つ一つを拾い上げてのトレモロ、立派に聴かせられる「曲」である。

ハンドベルでさえこんなに曲にはなるまい。和音も入ってくるし何より見ていて楽しい。

 

アルプスのダンスも披露してくれた。

さまざまな手のつなぎ方でのバリエーション。

 

本日午後からの公演で約30分を4回。

堪能した〜けどもっと聴きたい!

 

メンバーの方と少しお話させてもらった。

皆さん、音大出身であるとのこと。うーん、音楽を学んだ後こんな生き方もあるんだ。うらやましい!

 

彼らは微笑みながら実に楽しそうに音楽をこなす。

聴いているほうも本当に楽しい。

 

楽そうに演奏するのは上手だから。

同じ曲でも下手な人は難しそうに、大変だな〜と思わせるが、上手な人ほど簡単そうに楽しそうにこなす。

一度上手な人のステージを見て、あ、楽そう、これなら自分にもできるかな、と楽譜を取り寄せてみたらこれがとんでもない、ほとんど人間業じゃない!ということがあった。

音楽に限らず、スポーツでも芸術でもそうなんだろうなと思う。

 

もうひとつ感じたこと。

どの楽器を使っているときでも、体幹がしっかりしている、と感じた。

走るときでなく奏でるときに見てそう感じたのは初めて。

皆さん、かなりの実力者なんだろうな・・・・

 

エーデルワイスカペレの皆さん、ありがとうございました!

http://www.edelweisskapelle.jp/profile.html

 

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=24066

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません