11/10/31 23:20

孫子の兵法

孫武、伍子胥などの名前を思い出しながら、テレビで孫子の兵法なるドラマを見ていた。

紀元前500年頃、中国春秋時代の物語。

 

祖国、楚を追われ復讐を誓う伍子胥。

同様に斉から逃げた孫武は呉の国で宰相となっていた伍子胥の軍師となる。

そして、物語は呉越同舟、臥薪嘗胆などの歴史に残る言葉を産み出していく。

 

名高い孫子の兵法は後年世界中多くの軍略家のお手本となった。

特に武田信玄の旗印、風林火山は孫子の兵法として有名である。

 

三国志から始まった中国古典好み、ここしばらく忘れていた。

中国と日本の帝政、よく似た部分が多い。しかし、大きな違いがひとつ。

それは、中国では常に侵略してその国を制した者がその国の天子となるが、日本では天子(天皇)は日本中で1人だけ、その血筋は絶えることがない、ということ。

 

秦の始皇帝という名前は教科書にも載っている。

なぜ「始」なのか。

これは秦という国で中国を制覇した政という人が「皇帝」という呼称を初めて用いたからだとされている。

では皇帝とは?

 

中国では漢字に序列があり、皇・帝・王・覇という順序で決まっており、その役割の定義づけもある。

同様に兄妹でも伯・仲・叔・季と決まっている。

 

・・・ときりがないから、吹・走以外の趣味はまたいずれ。

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=24189

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません