11/11/12 23:57

魔笛

ギターの生のステージ、いつ以来だろ。もしかして30数年ぶりかも。

松川村すずの音ホール。

クラシックギター。スペインの曲特集。

絵画も紹介しながら曲と絵のコラボステージ。

お菓子とドリンクがついていた。

入江のざわめき、アラビア奇想曲、グラナダ、アルハンブラ、魔笛、クラシックギターのファンであれば垂涎のプログラムだ。

30数年前に覚えたスペインの音色にしばし心は引き込まれる。

 

マイクを使わないギターの爪弾き。紙をめくる音さえ会場に響く。

騒ぎたがっている子どもがいる。

それらはこの会場と客層では仕方のないこと。奏者には失礼ではあるが。

 

僕的にやめてほしいと願うのは、音が残っているうちに拍手を贈る人がいること。

曲の最後の余韻も楽しみたいのである。ロックのコンサートではないのだ。

 

今日最も期待していた曲、おそらく生で聴くのは初めて。

フェルナンド・ソル「モーツアルトの魔笛の主題による変奏曲」

自分でも弾きたくて全曲暗譜して練習していた時期もあった。

 

!!!期待どおり。

堪能した。

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=24352

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません