12/01/30 22:48

雪、また雪

来る日も来る日も雪、また雪。

寝て起きれば腰までの積雪、という印象が最近は強い。

 

わが家は茅葺き屋根にトタン葺き。急勾配なので雪はすぐに落ちる。

しかし、そのあとはこの状態。こんな朝が続いている。

腰までの雪をかき分けながら車庫まで行き、除雪機を持ち出す。

小谷村では各地区に多少の地元負担金で除雪機が配備されている。

うちではそれを使わせてもらっている。

家の裏側。ここの雪も片づける。

 

雪に埋もれていた部屋にようやく明かりがさす。

裏側は急傾斜となっているため、7m程度ある屋根に雪がつきそうである。

そしてもはや裏側に雪捨て場がなくなってきた。

 

うちはまだ母屋の雪だけは落ちてくれるので楽である。屋根に上るのは土蔵だけ。

屋根に雪が3m、5m積もっても早々つぶれるものではないが、天気が緩んだ時が怖い。

2月になればいつ雨が降っても不思議はない。

積雪に雨が降れば、雪はたちまち数倍の重さとなって家を押しつぶそうとする。

そんなことにならないように、皆は苦労しながらなんとか屋根雪を落とす。

 

本日、村に豪雪対策本部が設置されたようである。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=25512

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません