12/03/30 22:26

夜の白沢峠

そこまで行くつもりじゃなかったんだけど・・・・

 

昨日のこと。

仕事が終わってから白馬に行ってガーデンで車の中で着替え。

着替えながら、どーしようかな、あっちかこっちか、ううむ平地も捨てがたいぞ。

とりあえずヤマ登ってみようか。

 

大出から嶺方に向かう道路。除雪の影響でガタガタ。

舗装の欠けているところに足を取られないように注意しながら上る。

ヘッドライトをつけていてよかった。

 

思いのほか調子がいい。

速くは無理だがコンスタンスに上っていける。しかし・・・・

行けども行けども着かないじゃないか!

 

暗闇で突然グボッ、ズブズズ〜と音がする。

たちまち汗が冷たくなる。青くなっていたに違いない。

まさか?おいまだ雪の中だぞ・・・・

そっちを振り向いて見ると、音の犯人は擁壁から吹き出す水だった。

 

頂上近く。このカーブを曲がればトンネルだ!

と思い勇気リンリンでカーブを曲がると、もうひとつカーブが!

誰もいないのをいいことに「だましやがって!」と悪態をつきながらなんとかトンネルに着いた。

 

いったんトンネルの向こう側まで出て戻る。

下り坂注意!といいきかせながらゆっくりと。

しかし、やっぱりきた。

 

嶺方の上、わずかな空腹感。

やばい!と更にペースを落とす。

しかし、嶺方を下って沢と合流するころは青息吐息。

歩くまい、歩いたら終わり。歩いたら明日は風邪ひいて寝込んでいる自分がいる。

 

途中から蕨平に抜ける。これは予定通り。

蕨平へのわずな登りを走って突然開ける白馬の夜景。おお〜!

これが見たかった!

 

やっと戻ってきた。

往復約19.5km。時間2:15。

この高度差で行も帰りも同じタイムってのはどーも気に入らないが・・・・

 

夕暮れの五龍と八方尾根。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=26393

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません