12/09/10 23:55

石坂・北野へ

職場の前の桜並木、その下は今ニラの花盛り。一面真っ白な花の絨毯。

自生するニラである。

 

このニラの花畑をベースに「お祭りの疲れと酒とカロリーを取ろう」ラン。

夕方5時半からのスタートなのであまり遠くへ行く気はなかったのだが・・・

 

来馬川原を南へ走る。

浦川まで行ったら戻ってこようと思って。

でも頭の中にはいつか浦川上って山一周してきたいと思っていた。

 

浦川に着いた。

もう少し登ってみるか。

 

半分くらい登ってみた。

出るとき鉛のようだった足が急登で?軽くなってる。

もうちょい行ってみよう。

 

石坂。裏側橋を渡った。

ここまでくれば戻るより北野を抜けて来馬へ下った方が早いな・・・

 

高車で天文台を建てて住んでいる松田先生が草刈りをしていた。

「あっ、どーも、こんちわ〜!」

「おっ、ご苦労さん!」

 

北野の養魚場。

ここはヤマメを養殖していて、サンテイン小谷などに卸している。

ヤマメは柔らかくておいしい。骨まで食べられる。

 

もう少し行くとコースのピーク。標高800m余り、と特別高いわけではないが東の尾根の向こうに高妻、乙妻がとびだして見える。

ここからは下り。スタート地点までず〜〜っと下り。

 

今日つけてきたのは普通のランニングウォッチ。

ガーミンではないのでペースは不明。距離も不明。

その時計も寿命か、ついに電池が切れて真っ白。時間もわからなくなった。

 

下りなので飛ばす。急ぐ。

このあと山コンの会議がある。

 

風吹登山道入り口をすぎ、林の中に入ってくると夕暮れのこと、薄暗くなってきた。

薄暗い山道を快調に飛ばして落ちていく。

 

先の方でガサガサと音がする。

ん?

道路の右下5mくらいのところをガサガサと動いている黒いのはクマじゃないか?

走る足音を聞いて逃げようとしてるのかな?

勝手な想像を巡らしながら、オウッ!と声をかけてみた。

ピタッと静止する黒い影。

その間に駆け下りて通り過ぎる人間の姿。

 

やがて眼下に見えてくる人家の灯り。

ホッとしながらスピードを落とさず村の中を走る。

 

時間は?クルマに戻って時間を確認し、よし、間に合うぞ。

今日はダウンなし。道の駅の風呂で10分以内。

 

会議、なんとかセーフ!

はらへった〜。

35218

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=28790

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません