12/10/11 22:41

木の実収穫

毎年9月末〜10月初めにかけて、マイタケと同時期に収穫されるのが山ぶどうとサルナシ。

サルナシは小谷ではコクボと呼ばれる。

知らない人に見せると、なにこれ?ナツメ?ときく人が多い。

ナツメってこんな実?

 

キウイフルーツの原種とよく云われるがその由縁は。

むかし、オーストラリアの学者が中国に来たとき、サルナシを食べたらとても美味しかったので中国からこのサルナシを持ち帰った。

それを研究改良して実を作ったらサルナシよりももっと大きく毛の生えた実ができた。

それがオーストラリアに生息する鳥、キウイに似ていたのでキウイフルーツと名をつけたのだという。

 

私的にはキウイよりもサルナシの方がはるかにおいしい。

子どもの頃は学校帰りに木に登ってこれを食べた。

 

そして食べ過ぎると、舌が荒れて痛くなる。

更に、腹がゆるくなってトイレに駆け込む。

 

こちらは山ぶどう。サルナシと同様に栽培されている。

以前ほど酸っぱくなくなったような気がする。

 

これらの木の実はほとんどが道の駅で加工製品として使うが、ほかの業者や個人からも引き合いがある。

今年は豊作だそうである。

 

選別した後は冷凍保存する。

特にサルナシは熟すのが早いため、時間がたつと部分的に腐ってくる。

 

JA山菜加工場で製造するサルナシジャム。これはうまい!

一度お試しあれ!

 40711

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=29210

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません