12/12/23 19:46

都大路駅伝

 全国高校駅伝大会、都大路。

「都大路」にあこがれて、このコース走ってみたいな〜と今年の春は京都マラソンに参加。

「都大路」ってどこですか?と地元の人にきいたら、そういう地名の通りはありませんと言われた(^_^;)

 

さて午前は女子の部。

号砲一発スタート!

あ〜!転倒!

長野東の湯沢選手と須磨学園(>_<)

しかし長野湯沢、すぐに持ち直し一時はトップを快走。

結果は10位、1時間9分11秒。よくがんばった。

 

男子、長野は出遅れたが、4区春日が25位から13位にまで上げ、その後も浮き沈みしながら10位、2時間6分24秒でゴール。よく追い上げたものだ。

振るわなかった昨年の21位を大きく上回る走り、選手も高見澤新監督もがんばった?(^o^)/。

 

優勝は豊川、2時間2分55秒。2時間2分台は過去4番目の成績だとか。

しかし、日本人だけのチームとしては平成20年の佐久長聖のみ。2時間2分18秒という驚異的な記録。

そのときのオーダーはここ↓

http://www.koukouekiden.jp/record/archive/m_59/all_record.html

この名選手たちがまた正月の箱根駅伝を盛り上げてくれる。楽しみである。

 

豊川4区の一色選手、広いストライド、姿勢は動かず、表情も変わらず淡々とした走り。

ああいう走り好きだな〜と佐藤悠基選手とイメージを重ねながら見ていると、解説の金さんが「佐藤選手の走りに似てますね〜」♪

自分でもあんな走りができないかな・・・なんて思うけど、けど、イメージがあるのはいいことだ!ということにしておこう。

選手の皆さんに励まされた。ありがとう!

56917

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=30147

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません