13/03/10 22:04

越後まつだい冬の陣

何年か前から注目していて、いつか行ってみたいな〜と思っていた越後まつだい冬の陣「のっとれ!松代城」。

3kmの雪上障害物競争に行った♪

ところが!悪天候のためまさかの中止宣言!

 

早く着いたので会場見聞。

神輿がいっぱい。どうやら各地区ごとにそれぞれ個性ある神輿を出しているようだ。

中止でなければこの神輿が練り歩く様が見られたのかな。

  

  

 

説明会場の体育館の中。

各戦士(ここでは選手を戦士という)のゼッケンとヘルメット、それに軍手が実に整然と並べられていた。

ここで中止連絡の一報が入ったのは9時頃。早く会場入りしていた戦士たちからざわめきが。

それほどの悪天候とは思わなかったが、競技の特性上の危険率、天候悪化の可能性、イベント会場のテントの都合などあったようだが、この大会2年前に大会直前の3月12日大地震で中止になった経過があるので堅実な線をいったかな・・・勝手な想像。

 

さて楽しみにしていた競技内容は?

会場横に見える柵。おおっ!これだ!

本来ならこんな場面が展開されたはず。

高さ3m位の柵は「騎馬止め」と呼ばれていた。

 

せっかくだから登らせてもらった(^_^;)

これ絶対おもしろい!童心に帰っちゃう。

写っている人はやはり同じことを考えるいずこかの戦士。

 

そしてこの段差は!

ひょいひょいと登ってはみたが、実際競技ではぁはぁいってるときにひょいひょいとは登れまい。

段差1m余り。

 

それも前の画像があった。足を持っているのは引っ張っているんじゃなくて助けている様子。

わが地区の雪遊び会なら間違いなく引っ張るが(^_^;)

 

このタイヤロープは離れた場所らしいので行ってはみなかったが、これもそそるものがあるなあ。

 

そして最後の登りかな?上に見えるのが松代城・・・らしい。

参加賞のタオルはこの松代城においてあるそうで、今日は持ってくることができなかったとの報告。

事務局がそう言って「ごめんなさい」と頭を下げると会場から拍手と笑いが起こった。

なんともおおらかなアットホームな大会である(^^)

 

雨の中、撤収に精を出す人たち。

選手よりも、これだけ大掛かりな準備に何日もかけた主催者側の皆さんの方がよほどかわいそうである。


さてこの大会「体力勝負」と「運力勝負」がウリ。

事務局から「抽選は予定通り行います」と報告されるとまた会場はどよめく。

景品がすごい!どこから経費でるんだろ???

時間前に写真を撮る戦士たち。さすが越後は米どころ!↑

 

このパフォーマンスは仮装にかけた戦士たち。

ヒーローが会場の野次馬に「上ってこい、勝負だ」といって逆に野次馬にやられている図(笑)

  

仮装賞はパフォーマンスを含めて会場の拍手の多さで決まる。

 

さてお待ちかねの抽選会。

甲冑武者が番号を引く。

 

やはり米どころ。景品は米、酒、蕎麦が多い。

この人は米15?、蕎麦セット1箱、それに酒だったかな。持ちきれないのでスタッフが手伝っている。

そんな賞が何度発表されたことか。

ほかに酒漬けの刑(名酒1升)、釜茹での刑(温泉1泊)、それぞれ5〜7名くらいに当たった。

 

そしてメインは。

遠島の刑。なんと遠島先はハワイ!しかも5人!

当たった人に女武者に扮したディーラーがいちいち出身地をきいていたが、遠くは仙台、飛騨高山など。

結構ファンが多いんだね〜(^^)

自分もわくわくしながら笑い転げながらみていたが、残念、なにも当たらなかった(T_T)

 

昼ごろ解散となり、帰り道はうっすら雪が。

すでにノーマルタイヤ、ヒヤヒヤしながらの帰宅。

それにしても雪の多いところである。

 

来年もきっと来ます!

以前の画像は関係ブログ、主催者のページからお借りしましたm(__)m

76378

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=31211

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません