13/05/18 19:50

休日ラン 小谷紀行

こんな天気に走らないのはもったいない!

ということで、午前中の農作業の後メシも食わずすきっ腹でスタート。

向かうは山。いや、まず谷。

 

国道まで下りたあと北に向かい、浦川沿いに上る。

そして浦川橋からはこんな風景が!真正面に雨飾山。

 

走っていると後ろから来た車が停まった。

「がんばるね〜、どこまで?」

「このまま来馬へ抜けようと思って・・・」

 

声の主は元高校教員のM先生。

この山奥に天文台のある家を建てて冬も住んでいる。

 

やがて大きな沢。

何という沢か知らないが、この清流にはいつも癒される。

 

北野をすぎると東に見えるのが、堂津、高妻、乙妻の雄姿。

手前は小谷城があったと云われる平倉山。

 

あとは下る、下る。

来馬地区まではひたすら下り。途中、風吹山登山道との分岐をすぎ、やがて着いた来馬の村営グランド。

姫川河川敷の村営グランドでは子どもたちがサッカーに汗を流していた。

   

 

今度は南へ。

ナイスタイミングで大糸線鉄橋を渡る鉄道車両を撮れた♪

 

中谷方面へ上る。

川尻の信号機から小谷温泉方面へヨタヨタと上り、やがて県道をはずれて土谷地区へと向かう峠道を上り始めるとこんな風景がある。

中央の大きな建物が中土小学校跡地に建てられた交流施設「やまつばき」である。

 

この山道(車道)はもうダメ、歩き。

自分の中学までの通学道路だった。

 

やっと着いた〜!大峯峠!

代かきをしていたご近所さんに片手を上げてあいさつ。

ここまで来れば自宅まで下りを走って5分ほど。車道を避け、あえて山道を行く。

  

 

帰ってきた〜わが家。

たかだか20km余り、でも疲れたぁ・・・

もう今日は百姓やめ!グタッとする〜♪

97968

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=32121

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません