13/08/31 23:39

ケーナ&カリンバ

友人に誘われてのコンサート。

今夜は長野、ケーナとカリンバ。

中南米のケーナとアフリカのカリンバ?どんな組み合わせかと思って、会場である「門前町屋ぎゃらりぃー十二天」を訪ねてみた。

 

ギャラリー店内に準備してあったのはパーカッション!

ジェンベ(まるいの)とカホン(四角いの)。

ワンドリンク付き、オープニングは二つのジェンベとカホンのパーカスアンサンブル。

いや〜、うまいものである。

 

で、しっかり聴衆の気持ちを集めて、次はカリンバ。

これは初めて聴いた。よくわからない・・・

欲をいえば、あまりエフェクターで音をかまわず、生で聴かせてほしかったな・・・

 

ケーナ。

奏者もドソロは初めてだといってたが。

この地味な笛であの演奏は素晴らしい。

曲もわかりやすく、皆の知っている曲をジャンルを問わず演奏した感じ。

でも!日本の民謡や島唄までは聴けるが、歌謡曲やシャンソンまではちょっと許せない気分。

ケーナの音色はやっぱりフォルクローレの音。インカの歴史の音である。

 

最後にやってくれた「コンドルは飛んでいく」、よかった!

せっかくあの見事なパーカッションがいたのだから「花祭り」、ほしかったなぁ。

 

久しぶり(30年?)のフォルクローレ、アンデスの想い、楽しめた♪

誘ってくれてありがとう!

145395

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

先日はありがとうございました。
お見送りもせず申し訳ありませんでした。
奥様にもよろしくお伝えください。

ケーナのみの演奏はなかなか大変なものです…。
来月、本家本元のフォルクローレコンサートがございます。よろしければご案内いたします。
これは100%フォルクローレですよ〜。
よろしければ一度聴いてみてください。

ブログからのごあいさつで申し訳ありません。ひとまずお礼まで。
投稿者: クミコ   13/09/06 10:29
こちらこそ、あいさつもせず帰ってしまってすみません。

私はフォルクローレにはギターの世界から入りました。
かなり前のことなので忘れてしまいましたが、たしかユパンキというギタリストがいた記憶があります。
圧倒的に印象の強いのが夫婦で歌っていたクリスティーナとウーゴでした。この人たちの歌うコンドルや花祭りはもちろん、トゥクマンの月、太陽の乙女たち、といった曲をよく覚えています。
日程があうかわかりませんが、コンサート情報お知らせください。
ありがとうございました。
投稿者: sasarahf   13/09/06 18:39


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません