13/09/29 20:14

第1回北信州ハーフマラソン

北信州ハーフマラソンに出場した。

ハーフなんてずいぶん久しぶり♪ しかも第1回大会。

まず結果は、というとこのありさま(-_-;)

8月に靭帯を故障して5日間の入院、9月に入って軽く走り始め、はからずも今日の大会は自分の復活を確認するレースとなった。

いきなりハーフはやっぱり無謀だったような・・・

 

コースは下の画像中央付近に見える野沢温泉から

木島平スキー場の麓をまわり

新幹線飯山駅付近までの21km。

いいコースである。

全体に200mの標高差、狙えばいいタイムが出るに違いない。

 

前日受付はあまり人が来なくてガラーンとしていた。

 

スタートの野沢温泉役場前広場。

子どもたちのチアダンスなど入ってにぎやか。

 

さてレースは・・・

下り基調のコースなので最初は少し突っ込んでみた。これが命取り。

故障上がりで練習もできず、筋肉もついてないくせに過去の思いだけが頭に残っている。

 

半分も行かないうちにダウン寸前。

歩きたいっ、停まりたい(>_<) ただただ我慢の地獄レース。

 

自分が着ているTシャツは小谷振興公社のオリジナル。

えんでかし とは小谷弁で歩いていきましょう、ということになる。

しかし、それを知ってか知らずか他のランナーさんたちは自分の横を涼しい顔で追い越していく。

こら待て!とんでかし とは書いてねえだろが!

足だけではない。

9月からずっと続く腰痛。走れる程度のものではあるがこれがきいてくる。

さらに!追い打ちをかけるように走ってる間に痛風まで出てきた。

年寄りじゃん!

 

それでもなんとか歩かず、足を停めずにゴーーーール!

目標は病み上がりの完走だったのでこれは素直に喜んでおこう。

レースとは恐ろしいもの、個人練習であればいくら自己に厳しくしても歩いていたに違いない。

 

ゴール後、体が重く、だるく、吐きっぽくて、出店やサービスがいっぱい用意されていたがストレッチもそこそこに帰る。

小谷から出ていた他の5人の方、たぶんIさんは表彰台に上ったと思われるがそれを見て讃える元気もなく帰る。

秋の北信州はいい。好天に望む北信五岳の峰々、乾いた稲の匂い、温泉の雰囲気。

信濃という感じがする大好きなところ。

来年は鍛えなおして記録狙おうか!

162237

 

 

 

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません