13/10/24 23:13

救急車

今朝のこと。

後ろからけたたましいサイレンの音。北小谷に向かう国道を南から救急車が追ってきた。

それをやり過ごし、さて?と興味津々なのは小谷道路の工事個所。

 

前からちょっと気になっていたのである。

工事用の信号待ちの間に緊急車両が着たらどうするんだろうと。

ちょうどその時は北向きのクルマが対向車を待って信号で停められているところ。対向車はまだ来ていない。

 

後ろから見ていたら救急車は右車線を走って信号ヵ所まで行き、そこで係員に停められた模様。

 

そして北から来た対向車が3台ほど。

それをやりすごして救急車のみが片側通行に入っていった。後続車は少し時間をおいてからのGO!サイン。

おそらく係員が無線でやり取りをし、北側の信号ではいったん通しかけた車を緊急停止させたが、3台はすでに入ってしまった後、というようなことなのだろう。

 

よく見かけるのは、こういう信号機で前の車が発信するとかなり手前から右いっぱいに寄ってアピールする車。

きらいな性格である。というか、そういう輩は係員が停まれといっても停まるのだろうか。

 

救急車の行先はケアハウスいわかがみ。

大事なければよいが・・・

174338

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません