14/09/19 21:48

警察訓練

警察署協議会、今回は警察の訓練を見せてもらった。

 

まず、警察犬の訓練。

署で警察犬を飼っているわけではなく、地元ボランティアの方が飼育、訓練をして有事の際は駆けつけるということのようである。

 

みせてもらった訓練はそれほど複雑なものではないが、犬にそう仕込むということが容易ではなさそうだ。

布を2枚、手でこすり、一枚を4つのイミテーションと一緒に置く。

 

そして臭いをつけたもう一枚を犬に嗅がせ、探してこいというもの。

 

犬はバカバカしいくらい簡単に一つを咥えてきた。探しさえしない。

 

嗅覚は多少の個体差はあれどもさすがは犬である。

しかし今日連れてきたもう1頭の犬はまだ1歳。何を命令されているのか理解できず、5つの囮を通りこして向こうまで行ってしまった。

 

さてこちらは人の訓練。

山岳救助隊。この人たちはれっきとした警察官である。

 

装備の用具を紹介してくれた。

聞いたことはあるが現物は初めて見るものが多い。

 

特に冬山の捜索で絶対必要な三種の神器、それはビーコンとゾンデ棒とスコップ。確かにそうだと思う。

 

訓練は警察署の壁を使って懸垂下降と上昇。

途中でも停止し、両手を使う訓練も。

 

上昇。

巧みなロープワークで起用に上がっていく。しかし楽じゃあない。

 

人も犬も、ベテランになればなるほど難しいことを簡単そうにこなす。

山岳救助隊って特別な資格がいるのだろうか・・・?

返ってきた返事は、「努力と体力と根性です!」。

339556

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません