14/10/12 21:32

安曇野ハーフマラソン

信州安曇野ハーフマラソン・プレ大会

 

暑くなく寒くなく、常念岳から有明山へのアルプスの眺望はすばらしく、まさに最高のコンディションの中、プレ大会を走らせてもらった。

 

今回は6月からのアキレス腱の故障でろくに練習もできず重いカラダでの参戦、しかし妙にスタート前からテンションが上がり偶然会ったカズヒコ君と一緒にスタート。

けっこうきつかったがコースは平均的にアップダウン少なく、ガマンガマンで思わぬ好結果が出た。

 

昨年の北信州ハーフが1:55、春の軽井沢ハーフが1:50、そして今回久しぶりの50分切り。ん〜満足。

思えばハーフで1:40台を出したのは4年ぶり、いわい将門ハーフ以来だ。さあ、これで調子づいてPersonalBestめざそうか。

 

 安曇野市消防団音楽隊の演奏が励ましてくれる。こっちも一緒にやりたいな〜♪

 

ゴールして完走者へのプレゼント!中身は安曇野のおいしいりんご3個。Nice!

 

会場ではこんなマッサージサービスも。珍しくスポーツ関係の出店はなかった。

ゆっくりダウンして着替えてきたらもう食べ物は終わり(+_+) こりゃいくらなんでも早くね?

 

最後の方はスタッフが並んでランナーをお迎え。

このレース、スタッフの対応はすばらしい!それと距離表示がとっても正確。

コースの作り方というべきか、応援の人がアクセスしやすい。応援の声がたえないのも励み。

でも途中、「ありがとう虫」が出た。

いつのまにオレのそばにいたんだろう。応援者にいちいち「ありがとうございます」って。

自分とて応援はありがたいし、礼もいいたいがそんな余裕はない。自分が精いっぱい走ることが最大のお礼だと自分は思う。

お礼を言うためにコースを走るんなら自転車ででもやってもらいたい。うっとおしい。

ありがとう虫から必死で逃げたおかげで少しタイム上がったかも(^_^;)

 

途中、同級生が応援してくれた。

新聞に名簿が載っていたので見ててくれたのだろう。1000人とはいえ、ひとりのランナーを探し出すのは容易なことではない。

がんばれ、がんばれって。うれしかった。片手を挙げて挨拶しただけだけれど。

 

最終ランナーの後をついて回収車やパトカー、救急車までついてきた。

ラストランナーが入るとみんなで拍手(^^♪

 

レースが終わってもまだまだ活躍中のスタッフさん。

帰っていく選手たちに温かい言葉をかけながら礼。心からにこやかに(^_^)/~

 

久しぶりの1:40台は本当にうれしかった。

途中、あわよくば1:45イケるかと思ったが、やはり最後はへたばる(-_-;)

最近はトレードマークにさえなってるタオル鉢巻を絞ったらお椀一杯分くらいの汗がざばーっと。

今日はがんばったご褒美に新蕎麦をいっぱい食べてよろしいヽ(^o^)丿

366492

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=37507

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません