15/02/06 23:49

特殊詐欺

先日、特殊詐欺の研修を受ける機会があった。

特殊詐欺とはいわずと知れたオレオレ詐欺などのお金を騙し取る詐欺である。

 

警察ではこれを8項目に分類している。

1. オレオレ詐欺。−ケータイ変わった風邪ひいたってやつ。

2. 架空請求詐欺。ーネットなどで契約不履行で違約金払えってやつ。

3. 融資保証金詐欺。−お金をご用立てしますから支払い能力を証明するために・・・ってやつ。

4. 還付金詐欺。−お金が戻りますからATMに行ってくださいってやつ。

5. 金融商品取引名目詐欺。ー絶対儲かるからとパンフなど送ってくるやつ。

6. 情報提供名目詐欺。ーロト6などの当たり番号を教えるってやつ。

7. 交際あっせん名目詐欺。−お相手紹介しますよってやつ。

8. その他

 

しかしこれらの分類は犯人側にはまったく関係のないこと。

彼らは金が取れさえすればいいのだ。

犯人によれば、電話に出さえすればこっちのもの、とまで言ってるそうである。

 

犯人はツールを使う。

それは電話であり、パソコンであり、使い走りの小僧など。

特に電話が多いことから、防御策として最近はこんな物も出ている。

 

なんにしても危うきに近寄らず。犯人とハナシをしないことが最善策。

・ 合言葉を決める。

・ 電話は折り返す。

・ 違和感を感じたら迷わず相談。

 

下の画像は詐欺師が配布したパンフレット。

見事なものである。

 

昨年5月、長野県知事から緊急事態宣言が発令された。

自分も隠居して社会に出なくなれば、正直引っかからないという自信はない。

統計によると、被害者になりやすいのは

自分は大丈夫と思っていて、社会の集まりに顔を出さない70歳以上の女性に多いという。

 

今や一大産業とさえ感じられる特殊詐欺。

内容にもよるが量刑はどの程度なんだろう。

提案したい。死刑は無理だろうから無人島へ島流しの刑!

487976

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません